もしもし情報局 > 自転車レーサー > アルベルト=コンタドール

アルベルト=コンタドールの情報 (AlbertoContadorVelasco)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

アルベルト=コンタドールの情報 (AlbertoContadorVelasco) 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、出身地]


【ポケモンGO】
ポケモンの発生場所、時間


■名前・氏名
アルベルト=コンタドール
(Alberto Contador Velasco)
■職業
自転車レーサー
■アルベルト=コンタドールの誕生日・生年月日
1982年12月6日(年齢38歳)
■出身地・都道府県
不明

アルベルト=コンタドールと同じ年に生まれた芸能人(1982年生まれ)

アルベルト=コンタドールと同じ誕生日の人(12月6日)

アルベルト=コンタドールと同じ出身地の人


もしもしロボ調査[Wiki(ウィキ)情報]

アルベルト=コンタドール

経歴

2月6日、英テレグラフ紙などの報道各社は、CASがコンタドールのドーピング違反を認定し、2年間の出場停止を裁定したと報じた。出場停止処分は2011年1月25日から適用され、既に受けていた暫定的な出場停止処分の5ヶ月と19日間(2010年8月26日〜2011年2月14日)を差し引き、処分は2012年8月4日までとなる。2012年のジロ・デ・イタリアとツール・ド・フランスへの出場はできなくなり、また出場停止期間の成績は無効となるため、違反のあったとされる2010年のツール・ド・フランスとともに、2011年のジロ・デ・イタリアの総合優勝も剥奪されることとなった。

2月7日、チーム・サクソバンクはUCIとの規定に基づきコンタドールとの契約を解除すると発表した。

6月8日、当年8月より、3年契約でチーム・サクソバンクに復帰することが明らかになった。

8月6日開幕のエネコ・ツアーより活動復帰。総合4位に入った。

続いて、ブエルタ・ア・エスパーニャに出場。序盤から中盤にかけて、ホアキン・ロドリゲス、クリス・フルーム、アレハンドロ・バルベルデと総合首位争いする展開となり、第11ステージの個人タイムトライアル(ITT)終了時点では、首位のロドリゲスにわずか1秒差につけた。ところが、ほとんどが平坦ながらも、ゴール地点だけ『激坂』というトリッキーなレイアウトとなった第12ステージでロドリゲスの後塵を拝し、さらに超級カテゴリゴールが3ステージ続いた第14〜16ステージにおいてもじりじりとロドリゲスに離される展開となった。第16ステージ終了時点において、ロドリゲスとの差は28秒。もっとも、その後の区間はITTがなく、さらに山岳ステージも1つしかないため、ロドリゲスの総合優勝が現実味を帯びてきたかと思われた第17ステージ、ゴールまで約51kmもある2級山岳カテゴリのラホス峠付近よりアタックをかけたところ、後続の反応が意外と悪かったため、その動きを察知したコンタドールが、残り約23km地点で先頭グループから抜け出しを図るべく再度アタックをかけたが、それに対応できたのはパオロ・ティラロンゴだけだった。その後、バルベルデが猛追し、最後はコンタドールに6秒差まで詰め寄ったが、コンタドールが逃げ切って区間優勝。そして、総合首位だったロドリゲスが2分38秒遅れの区間10位でゴールするのがやっとだったため、ついにコンタドールが同ステージ終了後にマイヨ・ロホを奪取した。その後も総合首位を守ったコンタドールは、4年ぶり2度目のブエルタ総合優勝を果たした。

ティレーノ〜アドリアティコ 総合3位・ポイント賞

バスク一周 総合5位

クリテリウム・デュ・ドフィネ 総合10位

ツール・ド・フランスでは、第20ステージでナイロ・キンタナとホアキン・ロドリゲス、マイヨ・ジョーヌのクリス・フルームの先行を許してしまい総合2位から総合4位へ転落。しかしチーム総合では所属していたサクソ・ティンコフはトップだったため、辛うじてパリの表彰台に登壇することができた。

ティレーノ〜アドリアティコ 総合優勝

カタルーニャ一周 総合2位

バスク一周 総合優勝

ツール・ド・フランスでは、第5ステージで昨大会王者のクリス・フルームが早々にリタイア。しかしもう1人のライバルであるヴィンチェンツォ・ニバリの先行を許してしまう。ところが、第10ステージの峠の下りで落車し、右足脛骨高原骨折によりリタイアとなった。

ブエルタ・ア・エスパーニャでは、同じくツールをリタイアしたクリス・フルームや同年ツールで総合4位となったアレハンドロ・バルベルデらとマイヨ・ロホ争いを展開した。クイーンステージである第16ステージで優勝し、復活を印象づける。アンカレス峠への頂上ゴールとなった第20ステージでフルームとの一騎打ちに。ペースを変えて揺さぶるフルームの攻撃に動じず、1発でアタックを決めてステージ優勝。個人タイムトライアルの第21ステージでも安定した走りを見せ、自身3度目の総合優勝を達成した。

ブエルタ・ア・アンダルシア 総合2位

ティレーノ〜アドリアティコ 総合5位

ジロ・デ・イタリアに4年振りに出場。第5ステージで早くもマリア・ローザを獲得。しかし第13ステージで残り3.1~2km地点の落車に巻き込まれ、ファビオ・アルにマリア・ローザを奪われてしまう。翌日の第14ステージの長距離(59.4km)個人タイムトライアルでアルからたった1日でマリア・ローザを奪取。第19,20ステージではアルのステージ優勝を許すも、膨大なリードを守り抜き、アルに1分53秒差をつけて自身2度目のジロ総合優勝を果たした。

ルート・デュ・スュド 総合優勝

ダブルツールを目指して臨んだツール・ド・フランスでは、第2ステージでチーム総出の横風分断作戦を決行。この結果、ナイロ・キンタナとヴィンチェンツォ・ニバリ、アレハンドロ・バルベルデら総合争いのライバルたちに対し約1分のリードを築く。しかし、ラ・ピエール・サン・マルタンへの頂上ゴールとなった第10ステージでステージ優勝したクリス・フルームから大きく遅れてしまう。さらに第19ステージでは二バリの独走ステージ優勝を許してしまい総合5位に後退。表彰台へのラストチャンスとなった第20ステージのラルプ・デュエズでも遅れ、総合優勝したフルームから9分48秒遅れの総合5位という結果となった。

パリ〜ニース 総合2位

カタルーニャ一周 総合2位

バスク一周 総合優勝

春先のパフォーマンスの良さを受け、現役引退を撤回する。

クリテリウム・デュ・ドフィネ プロローグ 優勝

7年振りの王座奪還を目指し出場。しかし第1ステージでいきなり落車。続く第2ステージでも落車に巻き込まれ、ここでライバルたちに1分ほど遅れをとってしまう。落車の影響からか、第5ステージではライバルたちのアタックによりペースが上がった集団から脱落。結局、微熱だったこともあり第9ステージの途中でリタイアした。

シーズン前からの目標であったリオ五輪は回避。

ブエルタ・ア・ブルゴス 総合優勝

前哨戦であるブルゴスを制して臨んだブエルタでは、初日のチームタイムトライアルでいきなり出遅れてしまう。第7ステージでは落車。しかし第15ステージで、スタート直後にアタック。マイヨ・ロホのナイロ・キンタナも追い付き、抜け出した選手達の集団は協調してフルームのいる後続集団を引き離す。ステージ優勝は出来なかったが一気に総合4位にジャンプアップ。第19ステージの個人タイムトライアルでエステバン・チャベスを逆転し表彰台圏内の総合3位となるも、第20ステージでチャベス擁するオリカ・バイクエクスチェンジの総攻撃を喰らい、再びチャベスに逆転され総合4位でフィニッシュ。総合表彰台には僅か13秒届かなかったが、総合敢闘賞を受賞し、地元マドリードの大声援を受けた。

パリ~ニースでは2年連続でスカイの前に屈し、総合2位。

ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャでも、絶好調アレハンドロ・バルベルデに届かず総合2位。

バウケ・モレマや大ベテランアイマル・スベルディアなどの強力で豪勢な布陣で昨年の雪辱を果たすべく出場。しかし第9ステージで遅れてしまう。第13ステージではミケル・ランダとともに集団から飛び出すも、最後の山岳であるミュール・ド・ぺゲールで山岳賞ジャージを着るワレン・バルギルとナイロ・キンタナに追いつかれ、スプリントでバルギルとキンタナに敗れてステージ3位となったが、その攻撃的な走りが評価され敢闘賞を受賞。ガリビエ峠を越える第17ステージで再び逃げに乗るがプリモシュ・ログリッチのアタックに対応できずステージ優勝を逃し、さらにガリビエ峠の頂上でメイン集団に追いつかれて、またさらにマイヨ・ジョーヌ集団からも遅れ、タイム差を広げられてしまうが、2度目の敢闘賞を受賞。続く第18ステージではラストのイゾアール峠でアタックしたバルギルを追うものの、山岳王バルギルのペースについていけず、バルギルに総合順位で逆転(バルギル9位、コンタドール10位)されてしまう。しかし、マルセイユでの個人タイムトライアルとなった第20ステージで6位に入り、バルギルを逆転し総合9位でフィニッシュした。

8月7日、ブエルタ・ア・エスパーニャを最後に引退することを自身のインスタグラムで発表した。

現役最終レースとして臨んだブエルタでは、早くも山岳ステージとなった第3ステージで他の総合勢から遅れを喫してしまう。結果的にこの遅れが総合表彰台を逃すことに繋がった。第8,9ステージでは復調し、レース中盤で漸く総合トップ10に入る。第16ステージの個人タイムトライアルで総合5位に浮上、翌日はステージ2位となり徐々にタイム差を縮めていく。そして、現役最後の山岳ステージとなった第20ステージではハルリンソン・パンタノや、チームの垣根を超えたエンリク・マスのアシストでメイン集団から抜け出すことに成功。残り5kmでついに単独先頭に立つ。しかし、メイン集団からアタックしたクリス・フルームと唯一フルームに追いついたワウト・ポエルスがどんどんタイム差を縮めてくる。しかし、2人の猛追も届かず、17秒差でコンタドールが逃げ切りに成功。現役最後の勝利と「バキューンポーズ」を披露した。総合成績の表彰台には20秒届かなかったが、総合敢闘賞が授与された。コンタドールの絶対に諦めない精神力と、後半にかけて徐々に調子を上げていく強さを見せた歴史に残るステージ、大会となった。

9月20日に東京都、恵美須町のSUBARU STAR SQUAREにて行われたジャパンカップの記者会見での出場選手発表にて、トレック・セガフレードのメンバーとして初来日することが決定。公式戦からは引退しているため、ロードレースには出場しないが、クリテリウムに出場する。

10月21日、宇都宮市で行われたジャパンカップ・クリテリウムに出場。序盤からレースをコントロールし、集団の先頭に出て牽引するなど積極的な走りを見せた。クリテリウム三連覇は達成できなかったが、別府史之をアシストする走りでレースを盛り上げた。レース終了後には別府史之とツーショットを撮影し、また観客に「バキューンポーズ」を披露するシーンも見られた。

クレンブテロール陽性反応

9月29日、コンタドールの広報担当者が、ツール・ド・フランス開催期間中である2010年7月21日に行われたドーピング検査結果で、クレンブテロールの陽性反応が出たことを明らかにした。

これを受けコンタドールは、翌30日に記者会見を行った。その場において、世界アンチドーピング機構(WADA)によると、クレンブテロールの検出量はわずか50ピコグラム(0.000 000 000 05グラム)に過ぎず、この数字はWADAが認める含有量の400分の1以下の数字であることも踏まえ、食物汚染における結果だとして、自身の関与を否定した。

国際自転車競技連合(UCI)は、ドーピング関与の疑いをかけるにしてはあまりにも微量であるとして、早急にBサンプル結果に基づいて結論を下したいと言明。最終的な調査が終わるまで、コンタドールを出場保留処分とした。但し、同年春のドーピング検査で同様にクレンブテロールが微量検出され、食物汚染の可能性も指摘された李富玉は2年間の出場停止処分を受けている。

その後コンタドールは、スペイン産の食肉を摂取した際に汚染されたものだとした訴えをWADAに行ったが、WADAはそのような事実は認められないとして却下した。

11月8日、UCIはスペイン自転車競技連盟に対し、コンタドールの処分を検討する審議を開始するよう要請した。UCIの規定では1ヶ月以内に結論を出さねばならないが、スペイン車連は3ヶ月は必要だと主張している。

2011年1月26日付のエル・パイス(El Pais)紙は、スペイン自転車競技連盟(RFEC)のコンタドールへの裁定は、1月28日、パルマ・デ・マヨルカのホテル・サン・ネット(Hotel Son Net)において、サクソ・バンク - サンガードのGM、ビャルヌ・リースが同席した上で行われ、10日間の裁定不服申し立て期間を置いた上、当年2月9日に決定すると見られると述べた。また同紙は、RFECが水面下でコンタドールに対し、1年間の出場停止を提示したと見られている、とも述べている。

1月28日、スペイン自転車競技連会長、フアン・カルロス・カスターニョは同国のラジオ番組において、コンタドールに1年間の出場停止処分を提示したことを表明。また、前年のツール・ド・フランス総合優勝の記録も剥奪されるとの見通しにも言及した。

2月11日、ホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ首相が公式記者会見で、コンタドールが無罪であることを確信していると表明。また2月14日付のエル・パイス紙は、出場停止処分はないとする記事を掲載した。

2月15日、スペイン自転車競技連盟は、コンタドールの裁定不服申し立てを踏まえ、当初提示していた1年間の出場停止を撤回し、不問に処すことを決した。この裁定を受けコンタドールは、翌16日開幕のヴォルタ・アン・アルガルヴェに出場した。

2月16日、ツアー・オブ・オマーンを視察中のUCI会長、パット・マッケイドは、コンタドールに対するスペイン自転車競技連盟の裁定について批判の意を示し、また後日スポーツ仲裁裁判所(CAS)を通じ、世界アンチ・ドーピング機関(WADA)とともに経緯について質す構えも示した。

3月24日、UCIは、スペイン車連の裁定を不服として、CASに提訴。

5月20日、CASは、コンタドールに対する公聴会を、当年6月6日から8日までの期間に行なう予定とし、裁定については、ツール・ド・フランスの開幕直前までに出したい意向としていた。

しかし、5月26日になってCASは、公聴会の延期を発表。これにより、裁定がツール・ド・フランスの期間中、又は終了後となる可能性も出てきた。

5月30日、WADAの事務局長・デヴィッド・ハウマンは、公聴会延期を尊重する構えを示した。

5月31日、CASの公聴会は、当年8月1日から3日まで行うこととし、コンタドールは当年のツール・ド・フランスに参加が可能になった。一方、UCIとWADAは、CASにおける裁定如何によっては、2010年以降に獲得したタイトルを剥奪する見通しを言及した。またこれに関連してツール・ド・フランス主催者のアモリ・スポル・オルガニザシオン(ASO)は、コンタドールの参加を止める理由はないと表明。

7月26日、CASの公聴会が再度延期されることになった。

8月27日、改めてCASの公聴会を、当年11月21日〜24日に、スイスのローザンヌで行うことを決定した。

11月23日、CASの公聴会に、かつてのチームメイトであったパオロ・ティラロンゴとベンハミン・ノバルが証人として証言台に立ったが、詳細な内容については両者ともコメントを差し控えた。

11月24日、公聴会で15分間に亘って供述し、食肉汚染によるものだという主張を貫いた。

12月21日、CASは裁決を、翌2012年1月15日〜20日の間に下すことを表明。

1月16日、CASは、裁決が当月末までずれ込む可能性を示した。前週、レディオシャック・ニッサンのオーナー、フラヴィオ・ベッカが、前月チーム・サクソバンクがイスラエルでキャンプを行なった際、イスラエルの評決官にバイアスがかけられたのではないかという疑いの目を向けた話を受け、スペイン自転車競技連盟(RFEC)に確かめるためだとしている。

1月30日、CASは、当初当月末までに出すとしていたコンタドールへの裁決をまたもや延期することを決め、当年2月6日に裁決が出る見通しとなった。

2月6日、CASは、UCI及びWADAが訴状に挙げた、コンタドールのクレンブテロール陽性を認め、コンタドールに当年8月5日まで、2年間の出場停止処分を下した。これにより、2010年のツール・ド・フランスの総合優勝者はアンディ・シュレクに、また2011年のジロ・デ・イタリアの総合優勝者はミケーレ・スカルポーニとなる見通し。さらにCASはコンタドールに対し、2485000ユーロの罰金を支払うよう命じた。ちなみに、罰金要求額はコンタドールの推定年俸(約500万ユーロ)の約7割にあたる350万ユーロを基に、その約7割分として算出したものである。

CAS(スポーツ仲裁裁判所)による裁定の要旨は、コンタドール側が主張した食肉の汚染を原因とするケースは発生し得るとしつつも、一般的にはスペインの食肉がクレンブテロールに汚染されている確率は非常に低いとし、WADA側が主張した意図的なドーピングについても可能性は同様に低いとするものであった。合理的判断において汚染源となった可能性が最も高いのはサプリメント製品であるが、これはCASの意見であり原因として特定するものではないとした。

4月2日、UCIが定めるチームポイントの約3分の2を獲得していたコンタドールの2010年のツール・ド・フランス以降の成績抹消により、コンタドールが所属していたチーム・サクソバンクに対し、UCIプロチームライセンスの剥奪が検討されていた問題で、UCIは、とりあえず当年度末まではライセンスを認める決断を下した。

4月3日、コンタドールが同月2日までにCASへの不服申し立てを行わなかったため、出場停止処分が確定した。

もしもしロボ「アルベルト=コンタドールの情報に関する情報が見つかるかもしれないよ!
もしもしロボに再調査を依頼する
(数秒で調査します!)

※新しい情報があった場合は記事が追加されます。無かった場合はページ更新のみされます。

Alberto Contador Velasco


ポケモンの発生場所、時間
ポケストップの場所


アルベルト=コンタドールさんはカメックスを探しているのかも知れない!


注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
アルベルト=コンタドール
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

話題の芸能人・有名人

おまかせワード

ブーバー  ゴースト  カブト  パウワウ  フリーザー  ラッキー  カイロス  ブラッキー  ガース  クラブ  サンダース  ギャロップ  ナッシー  ブルー  ミュウ  カラカラ  ストライク  ドードー  ファイヤー  ベイリーフ  スリーパー  ガラガラ  タマタマ  マリル  ポリゴン  キマワリ  サンダー  ゴーリキー  コイル  スリープ 

グループ

ベイビーレイズ predia 赤マルダッシュ☆ CheekyParade asfi からっと☆ さくら学院 NMB48 Ange☆Reve Silent Siren GEM フェアリーズ SUPER☆GiRLS Rev.from DVL アップアップガールズ(仮) X21 AKB48 9nine Candy Kiss THE ポッシボー AeLL. 私立恵比寿中学 愛乙女★DOLL チームしゃちほこ 乃木坂46 Splash! 東京女子流 amorecarina キャンディzoo 放課後プリンセス ひめキュンフルーツ缶 Doll☆Elements ハロプロ まなみのりさ さんみゅ~ Especia Prizmmy☆ CoverGirls GALETTe E-girls 風男塾 SKE48 夢みるアドレセンス PASSPO☆ アイドリング palet ALLOVER ライムベリー Chelip でんぱ組.inc 乙女新党 AKB48G アイドルカレッジ HKT48 アリス十番 BABYMETAL LinQ ももクロ 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「アルベルト=コンタドール」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました