もしもし情報局 > 数学者 > エミリー=デュ=シャトレ

エミリー=デュ=シャトレの情報 (EmilieduChatelet)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

エミリー=デュ=シャトレの情報 (EmilieduChatelet) 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、出身地]


【ポケモンGO】
ポケモンの発生場所、時間


■名前・氏名
エミリー=デュ=シャトレ
(Emilie du Chatelet)
■職業
数学者
■エミリー=デュ=シャトレの誕生日・生年月日
1706年12月17日
■出身地・都道府県
不明

エミリー=デュ=シャトレと同じ年に生まれた芸能人(1706年生まれ)

エミリー=デュ=シャトレと同じ誕生日の人(12月17日)

エミリー=デュ=シャトレと同じ出身地の人


もしもしロボ調査[Wiki(ウィキ)情報]

エミリー=デュ=シャトレ

自然科学分野での研究と著作

1737年にエミリーは Dissertation sur la nature et la propagation du feu (自然および火の伝播に関する論考)と題する論文を出版した。これは火に関する彼女の科学的研究に基づいており、現在赤外線として知られているものを予言し、光の本質を議論している。1740年に著されたInstitutions de Physique (物理学講義)は、彼女の当時13歳の息子が学ぶべき科学および哲学の新概念を概説したものだが、当時最先端の知識人達による複雑な概念をも内容に含んでいた。

エミリーは1749年に亡くなるが、この年になって代表的な業績を完成させた。すなわちニュートンのPhilosophiae Naturalis Principia Mathematica (プリンキピア・マテマティカ、自然哲学の数学的諸原理)を、注釈を付けつつラテン語からフランス語へ全訳したことである。これには力学の原理を元に彼女が導いたエネルギー保存則の概念が含まれている。

現在でもプリンキピア・マテマティカの仏語訳と言えば彼女のものが代表的である。

生涯

エミリーの父ルイ・ニコラ・ル・トノリエ・ド・ブルトゥイユ (Louis Nicolas le Tonnelier de Breteuil)は書記長とルイ14世への大使の紹介役を務めた。この職は王宮の社交活動の中心となるもので、一家は大変な良家とみなされた。交友関係にはフランス科学アカデミーの終身書記であった著述家ベルナール・フォントネルも含まれる。彼女の母ガブリエル・アンヌ・ド・フルレー (Gabrielle Anne de Froulay) は聖職者の家に育った。

エミリーは、美しく育ちそうもない困った少女と思われており、情操教育のためとしてフェンシング、乗馬や体育のレッスンを受けていた。当時最高水準の教育を受け、12歳の頃にはラテン語、イタリア語、ギリシア語、ドイツ語に堪能だった。後に彼女はギリシア語やラテン語の戯曲や哲学書をフランス語に翻訳することになる。他に彼女は数学、文学や自然科学の教育を受けた。またダンスを好み、ハープシコードの腕前はかなりのもので、オペラも歌い、アマチュアの女優でもあった。賭け事にも相当入れ込み、数学的に戦略を練っていた。フォンテーヌブロー城でのある一晩で、彼女は84,000フラン(現在の数億円に相当)をすったことがある。これはカードのイカサマによる被害かもしれない 。

1725年6月20日、彼女はフロラン=クロード・デュ・シャトレ公爵 (Marquis Florent-Claude du Chastellet) と結婚し、シャトレ公爵夫人となった(なお Châtelet という綴りはヴォルテールによるものだが、現在では普通こちらで呼ばれる)。これは貴族社会でよくある政略結婚で、夫婦の共通点はほとんどなかった。しかしそれが当時の貴族社会のしきたりだったのだ。3人の子供を儲けた後、彼女は夫に対する責任を果たしたと考え、夫婦関係を維持したまま別居することを夫に承諾させた。公爵は軍人でブルゴーニュ地方スミュール=アン=ノーソワ村 (Semur-en-Auxois) の村長だったが、彼女の方は絢爛たる貴族社会に身を置き続けた。当時のフランス上流階級において、既婚者が愛人を持つことは夫婦関係の問題とされなかった。

24歳になったエミリーはド・リシュリュー公爵と恋愛関係を持ち、この関係は1年半程続いた。ド・リシュリュー公爵は文学と哲学に関心があり、彼女は同じ水準で会話の通じる数少ない女性の一人だった。彼女は関連文献を読み漁り、劇場にも頻繁に通い、知的な会話を楽しんだ。このとき彼女が語ったニュートンの業績に関する興味に対し、ド・リシュリュー公爵は高等数学の講義を受けてニュートンの理論をより深く理解するよう勧めた。こうして科学アカデミー会員のピエール・ルイ・モーペルテュイが彼女に幾何学を教えることになった。モーペルテュイは数学者、天文学者、物理学者であり、アカデミーにおける関心の的となっていたニュートンの理論を支持していた。

ヴォルテールはエミリーにとって結婚後にできた4番目の愛人であり、ヴォルテールがロンドンへの旅行から戻った後に二人は出会った。彼女はヴォルテールをフランス北東部オート=マルヌ県のシレ=シュール=ブーレーズ村 (Cirey-sur-Blaise) の別荘で暮らすよう誘い、二人の交際はこの後長く続いた(夫は寛大にもこれを許していた)。そこで彼女は物理学と数学の研究を行い、科学論文や翻訳記事を出版した。ヴォルテールが友人に宛てた手紙や二人がお互いの仕事に関して付けたコメントから判断するに、二人は愛と尊敬を大いに育んでいたようである。

エミリーの最後の恋は彼女にとって命取りとなった。40代に入った頃、彼女は若い兵士で詩人ジャン・フランソワ・ド・サン=ランベール (Jean François de Saint-Lambert) と恋に落ち、子を身篭った。彼女は友人に宛てた手紙の中で、高齢のために出産に耐えられないかもしれないという恐れを告白している。彼女は4人目の子を出産したが、6日後にリュネヴィルで42歳で塞栓により亡くなった。

ヴォルテールは、友人であるフリードリヒ2世に宛てた手紙で、エミリーのことを「彼女は偉大な人物だった。唯一の欠点は女だったことだ」と評しているが、当時の世相からすれば大変な褒め言葉であった。

もしもしロボ「エミリー=デュ=シャトレの情報に関する情報が見つかるかもしれないよ!
もしもしロボに再調査を依頼する
(数秒で調査します!)

※新しい情報があった場合は記事が追加されます。無かった場合はページ更新のみされます。

Emilie du Chatelet


ポケモンの発生場所、時間
ポケストップの場所


エミリー=デュ=シャトレさんはマタドガスを探しているのかも知れない!


注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
エミリー=デュ=シャトレ
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

話題の芸能人・有名人

おまかせワード

9月11日  3月1日  5月31日  7月26日  12月25日  10月3日  INSPi  2月28日  7月31日  7月4日  Ya-Ya-yah  HEADS  2月23日  MiMyCEN  11月3日  5月15日  チン☆パラ  FLAME  4月29日  9月19日  LDH  11月25日  Lead  8月28日  w-inds.  マーベラス  3月14日    1999年  EXILE 

グループ

ももクロ 9nine GEM 乙女新党 GALETTe キャンディzoo Silent Siren Especia まなみのりさ SUPER☆GiRLS からっと☆ LinQ ひめキュンフルーツ缶 SKE48 Chelip Splash! AKB48G BABYMETAL アリス十番 風男塾 さんみゅ~ 放課後プリンセス アイドルカレッジ asfi でんぱ組.inc チームしゃちほこ ハロプロ THE ポッシボー 愛乙女★DOLL 東京女子流 赤マルダッシュ☆ NMB48 Prizmmy☆ アップアップガールズ(仮) CoverGirls 夢みるアドレセンス CheekyParade PASSPO☆ ALLOVER さくら学院 私立恵比寿中学 Rev.from DVL 乃木坂46 amorecarina E-girls ライムベリー ベイビーレイズ X21 AeLL. フェアリーズ Ange☆Reve HKT48 AKB48 predia Doll☆Elements アイドリング palet Candy Kiss 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「エミリー=デュ=シャトレ」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました