もしもし情報局 > ミュージシャン > 千葉県 > カトウタロウ

カトウタロウの情報 (かとうたろう)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

カトウタロウの情報 (かとうたろう) 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、出身地]


【ポケモンGO】
ポケモンの発生場所、時間


■名前・氏名
カトウ タロウ
(かとう たろう)
■職業
ミュージシャン
■カトウタロウの誕生日・生年月日
1975年12月12日(年齢45歳)
■出身地・都道府県
千葉出身

カトウタロウと同じ年に生まれた芸能人(1975年生まれ)

カトウタロウと同じ誕生日の人(12月12日)

カトウタロウと同じ出身地の芸能人(千葉県生まれ)


もしもしロボ調査[Wiki(ウィキ)情報]

カトウタロウ

メンバー

サラリーマンPUNXと称して、働きながらバンド活動を行っていた。

インディーズ時代の表記はhidaka、メジャー移籍後はカタカナ表記。

BEAT CRUSADERSを結成する前は、旧メンバーthaiと初代ドラムのイワハラと「PESELA-QUESELA-IN」(ペセラ・ケセラ・イン)というバンドでも活動していた(この時点では「日高央」表記)。

散開(解散)後は、ソロ活動、ヒダカトオルとフェッドミュージック、MONOBRIGHTを経て、PUNKバンドTHE STARBEMSを結成。並行してさまざまなバンド、アーティストのプロデュースも行っている。ソロユニットGALLOWとしても活動中である。THE STARBEMSより前の活動は素顔にサングラスを着用して行っていたが、THE STARBEMSから素顔で活動し、アーティスト表記もカタカナから漢字の「日高央」に戻している。

既婚者で1児の父。

元popcatcherのボーカリスト・ベーシスト・ギタリストであり、インディーズレーベルCAPTAIN HAUS RECORDINGSの取締役社長。

自称、ビークルのトップブリーダー。ビークルの良心。裏のリーダー。

もともとはギタリストである。学生時代にフルートをやっていたが従兄と交換し、ギターをやる様になった。

ベースは、フェンダー・ジャズベース等の数種のベースを使い分けている。

並行して「BANDWAGON」のギタリスト、「AVANTI」のギタリストとして活動していた。

趣味でやっている写真を「横浜写真アパートメント」(テラウチマサト主催の写真展)に出展したこともある。

昔は剣道部だったという。

散開後は、並行して行っていた、自身が率いるバンド「kuh」のギター・ボーカルとして活動する一方、DJ活動や、カトウタロウとマシータ、ヒロヤマテツシ(RYUKYUDISKO)と共に「TOQUIO LEQUIO TEQUNOS(トキオ・レキオ・テクノス)」を結成、ベースとして活動中。

現在は素顔で活動しているが、写真を撮られたりする際は横を向いたり、遠くの方にいたり、顔を隠すようにピースしたりするなど、はっきりと顔を見せない事が多い。

元FUNSIDEのギタリスト。

学生時代はサッカー部。ギターを始めたのはこの頃で、体育祭の組体操で転落し腕を骨折、そのときに家にあったウクレレを触ったのがきっかけである。

短パン、ブレザー、ギブソン・SGというスタイルは、カトウがリスペクトしているAC/DCのギタリスト、アンガス・ヤングのコスプレである。使用ギターはアンガスに倣い、ギブソンSGである。ちなみにスタジオに来たときの服装があまりにダサかったため、ヒダカに「SG持ってるならあれやれ!」といわれ、コスプレすることになる。

大半の曲でコーラスを担当しているが、曲によってはメインボーカルやキーボード(ヤマハKX-5を使用)も担当する。

既婚者である(2006年5月27日に千葉LOOKで行われたライブで婚姻発表)。

BEAT CRUSADERSと並行し、ヒダカらとともにGALLOWのボーカリストとして活動していたが、2007年12月16日に下北沢shelterで行われたfed musicのツアーファイナルにて脱退。

散開後はフリーのギタリストとして活動している。また、「TOQUIO LEQUIO TEQUNOS」のギターとしてのほか、GOING UNDER GROUNDの中澤寛規とのユニット『ナカザタロウ』、キャプテンストライダムの永友聖也とのユニット『永友タロウ』としても活動中。

現在は素顔で活動しており、テレビや雑誌等のメディアにも多く露出している。

オカマ口調で喋る事もある。

元NATSUMEN(ナツメン)のドラマー。ピアノも弾ける。バンドでは原始人キャラクター。

サークルKの社員だったことがある。

素顔や体格、歩き方までもが安斎肇に似ているらしく『ミュージックステーション』出演時にタモリの楽屋を訪問した際にお墨付きをもらった。また後日別番組で本人と遭遇した際は本人に「君か!」と抱きしめられたとのこと。

既婚者で2児の父(2007年4月30日『ヒダカトオルのオールナイトニッポン』にて婚姻発表、2008年3月16日HAWAIIAN6『RINGS TOUR FINAL 東京 7 DAYS』ゲスト出演に第一子妊娠発表、2008年8月10日に仙台ヒルサイドアウトレットで行われた『TALK CRUSADERS』で第一子誕生をメンバーが発表。(本人は欠席))。2011年9月22日には第二子が誕生。息子達は公式ブログにて度々登場している。

散開後はフリーのドラマーとして活動している。また、「TOQUIO LEQUIO TEQUNOS」のドラムスとしても活動中。

現在は素顔で活動している。

元MONGHANG(モンハン)のベーシスト兼リーダー。

ヒダカトオルにバンドに誘われた時はキーボードが弾けなかった。

絵が得意で、個展を開いた事や雑誌に掲載されたこともある。

トレードマークは辮髪。

「BLOCKBASTARD」等のテクノボーカルは彼がつとめている。

既婚者で(2007年10月8日『ヒダカトオルのオールナイトニッポン』にて婚姻発表)、2010年8月3日には第一子(長女)が誕生した。

散開後は、かつてのMONGHANGのメンバーと新たに「WUJABINBIN」を結成。JOHNSON MOTORCAR、ATOM ON SPHEREのベース、GOING UNDER GROUNDのサポートキーボード、ベースとして素顔で活動している。

umu (産屋敷光孝/うむやしきみつたか)(ベース、ボーカル) 三重県桑名市出身。現在は「big the grape」で活動中。

araki (荒木隆之/あらきたかゆき)(ドラム、ボーカル) 1月14日- 、広島県広島市出身。崇徳中学、崇徳高校卒。BEAT CRUSADERS脱退後は「DRUNK FUX」で活動していた。

thai (田井宏之/たいひろゆき、 - 2011年11月26日)(キーボード、ギター、ボーカル) 千葉県出身。2011年11月26日に心筋梗塞のため急逝した。享年34歳。

岩原幸夫(いわはらゆきお/イワハラユキオ)(ボーカル、ギター、ベース、ドラム、プログラム等)千葉県出身で日高央の同級生。グループ魂のドラマーを経て、自身がボーカルとギターを務めるBROKEN SPACE(現在は解散または活動休止している模様)、NEIGSを結成し活動中。ビークルのみならずGALLOWのオリジナルメンバーでもある。

tomotaka hatano コンピレーションCD「CD Bros. Vol.1」にてベースとしてクレジットされている。

kenji tamura 詳細不明。YouTubeにて、初期メンバーとして結婚パーティーで一緒に演奏する模様がアップされている。元TOTOS(THIS TIME RECORDSのギターポップバンド)のボーカル、キーボード、ギター。

ユキメンバー (ボーカル) thai

ウムメンバー (ギター) umu

ラキメンバー (ベース) araki

ノヴメンバー (ドラム) shinobu(ASPARAGUS)

ヒダカトオル

イワハラユキオ 現BROKEN SPACE。BEAT CRUSADERSの初代メンバー 2009年04月09日脱退

カトウタロウ 2007年12月16日脱退

経歴

PESELA-QUESELA-INに在籍していた日高央と岩原幸夫によって「BEAT CRUSADERS」結成。自身のEVOL RECORDS名義でデモテープを作成・販売し(ここからhidakaのようにアルファベット表記)、下北沢CLUB Queを中心にライブ活動開始。後にiwaharaが脱退し幾度かのメンバーチェンジを経て、PESELA-QUESELA-INよりthai、元メンバーたちの紹介などでumu、arakiが加入しインディーズ期のラインナップに。

5月10日 - LASTRUMから「NEVER POP ENOUGH e.p.」でインディーズデビュー。

6月20日~7月1日 - アメリカ西海岸ツアー。

4月19日~4月27日 - オーストラリアツアー。

8月 - hidaka以外のメンバーが脱退。

12月 - カトウタロウ・クボタマサヒコ・ケイタイモ・マシータが加入(ここからカタカナ表記に)。クボタが取締役社長を務めるCAPTAIN HAUS RECORDINGS内にヒダカが立ち上げたレーベル「NAKED TEACHER」へ移籍。

6月 - メジャーへ移籍。DefSTAR RECORDSへ。

7月22日 - DefSTAR RECORDSからミニアルバム『A PopCALYPSE NOW 〜地獄のPOP示録〜』でメジャーデビュー。

8月 - BEAT CRUSADERS主催のロックフェスティバル「BOYZ OF SUMMER」を開始。

10月20日 - メジャーデビュー後初のシングル「HIT IN THE USA」リリース。アニメ「BECK」のオープニングテーマとなる。さらに同番組の音楽プロデューサーをヒダカが担当。

4月 - ヒダカがSPACE SHOWER TVで毎週木曜18時~19時にレギュラー放送『STUDIO GROWN』を開始。

4月13日 - シングル「FEEL」発売。

5月11日 - メジャー1stフルアルバム『P.O.A.〜POP ON ARRIVAL〜』発売。

6月1日 - アルバムから「LOVEPOTION #9」をDVDシングルとしてリカット。アナログ盤シングルも同時発売。

9月7日 - リクエストカバーアルバム『MUSICRUSADERS』発表。

9月28日 - ビデオクリップ集『PHANTOMS OF THE PopERA 〜ポペラ座の怪人たち〜』発売。また、アルバム「MUSICRUSADERS」から「I CAN SEE CLEARLY NOW」をアナログ盤シングルとしてリカット、同時発売された。

4月 - ヒダカがSPACE SHOWER TVで毎週月曜23時~24時にレギュラー放送『WORLD RIDE』を開始。

4月4日 - 「TONIGHT,TONIGHT,TONIGHT」がアニメ『BLEACH』OP主題歌になる。

4月5日 - ビークル初の両A面シングル「DAY AFTER DAY/SOLITAIRE」発表。

4月7日 - ヒダカがFM802で毎週金曜23時~24時にレギュラー放送『NTTドコモ関西 BEAT ON THE RADIO』を開始。

4月8日 - ヒダカがJ-WAVEで毎週金曜27時~29時にレギュラー放送『HANDSOME★ACADEMY』を開始。

5月3日 - YOUR SONG IS GOODとのスプリットアルバム『BOOOOTSY』発売。同時にアナログ盤シングル「FOOL GROOVE/OUR MELODY」も発売。

9月6日 - シングル「TONIGHT,TONIGHT,TONIGHT」発売。

10月11日 - TROPICAL GORILLAとのスプリットアルバム『CELL No.9』発売。

1月1日 - ヒダカがニッポン放送で毎週月曜25時~27時にレギュラー放送『BEAT CRUSADERS ヒダカトオルのオールナイトニッポン』を開始。

1月17日 - ASPARAGUSとのスプリットアルバム『NIGHT ON THE PLANET』を発売。同時にインディーズ時代のベスト・アルバム『BEST CRUSADERS』とDVD『1999-2003 LASTRUM YEARS』がセットになった『1999-2003 LASTRUM YEARS CDVD BOX』を発売。

4月9日 「BEAT CRUSADERS」がニッポン放送主催でオールナイトニッポン40周年始球式!らいぶはじめまAX!!を、ジン・椿屋四重奏・Base Ball Bearと共に開催。

4月18日 - シングル「GHOST」発売。

5月30日 2ndフルアルバム『EPopMAKING 〜Popとの遭遇〜』発売。

5月31日 全国ツアー「EPopMAKING SENSE 2007」スタート。

10月7日 「WINTERLONG」がアニメ『獣神演武 -HERO TALES-』OP主題歌になる。

1月16日 - シングル「WINTERLONG」発売。

2月20日 つじあやの×BEAT CRUSADERSの楽曲「ありえないくらい奇跡」が、『超劇場版ケロロ軍曹3 ケロロ対ケロロ天空大決戦であります!』の主題歌に抜擢される。

6月4日 - デビュー10周年、ヒダカトオル40歳を記念した3rdフルアルバム『popdod』発売。

6月6日 全国ツアー「LEMON HEAD 2008」スタート。その後、「SUMMEREND 2008」「SHOOT THE SKY 2008」と立て続けにツアーを行う。また、同時進行でアコースティックライブ「ART CRUSADERS」も行われた。

2月18日 メジャーデビュー後初のベスト・アルバム『VERY BEST CRUSADERS』発売。

2月21日 ベストアルバムを引っさげ、ZEPPツアー「Oh my ZEPP」スタート。

6月10日 ZEPPツアー・ドラマを収録したDVD『Oh my ZEPP/PRETTY IN PINK FLAMINGO』発売。

6月24日 メロン記念日とのコラボレーションシングル「DON'T SAY GOOD-BYE」TOWER RECORDS限定発売。

7月2日 高橋瞳×BEAT CRUSADERSの楽曲「ウォーアイニー」が、アニメ『銀魂』エンディングテーマに抜擢される。

9月9日 『Oh my ZEPP/PRETTY IN PINK FLAMINGO』ブルーレイディスク盤およびサウンドトラック、高橋瞳×BEAT CRUSADERSのシングル「ウォーアイニー」発売。

9月23日 シングル「LET IT GO」発売。

6月6日 午前6時6分6秒、オフィシャルウェブサイト上で9月4日付での解散を発表。旧知の雑誌やメディア等にも一切事前告知をしない電撃発表であった[1]。

9月4日 「OTODAMA'10~音泉魂~」をもって散開。

もしもしロボ「カトウタロウの情報に関する情報が見つかるかもしれないよ!
もしもしロボに再調査を依頼する
(数秒で調査します!)

※新しい情報があった場合は記事が追加されます。無かった場合はページ更新のみされます。

katou tarou


ポケモンの発生場所、時間
ポケストップの場所


カトウタロウさんはトランセルを探しているのかも知れない!


注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
カトウタロウ
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

話題の芸能人・有名人

おまかせワード

南俊夫  新自ク  日本未来の党  日本民主党  窪田志一  山口節生  民社  さきがけ  畑田重夫  古賀裕也  大日本誠流社  自由連合  全日本ドライバーズクラブ  津田宣明  共生新党  維新  浜田マキ子  日本国民政治連合  日本国民権利擁護連盟  雑民党  若林義春  志良以榮  自民  金子詔一  吉田万三  大原光憲  国民  東郷健  増田眞一  国民党 

グループ

amorecarina SUPER☆GiRLS GEM LinQ アップアップガールズ(仮) X21 風男塾 THE ポッシボー さんみゅ~ 乃木坂46 キャンディzoo AKB48G 9nine ももクロ チームしゃちほこ asfi ALLOVER E-girls アイドルカレッジ AeLL. 乙女新党 アリス十番 Candy Kiss ライムベリー 私立恵比寿中学 赤マルダッシュ☆ Prizmmy☆ からっと☆ predia Rev.from DVL NMB48 Splash! 東京女子流 palet Silent Siren でんぱ組.inc 愛乙女★DOLL さくら学院 放課後プリンセス Doll☆Elements Chelip AKB48 フェアリーズ アイドリング 夢みるアドレセンス まなみのりさ PASSPO☆ HKT48 ハロプロ ベイビーレイズ CheekyParade GALETTe Ange☆Reve BABYMETAL SKE48 ひめキュンフルーツ缶 CoverGirls Especia 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「カトウタロウ」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました