もしもし情報局 > ミュージシャン > キース=リチャーズ

キース=リチャーズの情報 (KeithRichards)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

キース=リチャーズの情報 (KeithRichards) 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、出身地]


【ポケモンGO】
ポケモンの発生場所、時間


■名前・氏名
キース=リチャーズ
(Keith Richards)
■職業
ミュージシャン
■キース=リチャーズの誕生日・生年月日
1943年12月18日(年齢78歳)
■出身地・都道府県
不明

キース=リチャーズと同じ年に生まれた芸能人(1943年生まれ)

キース=リチャーズと同じ誕生日の人(12月18日)

キース=リチャーズと同じ出身地の人


もしもしロボ調査[Wiki(ウィキ)情報]

キース=リチャーズ

略歴

キース・リチャーズは1943年ケント州ダートフォードで生まれる。ローリング・ストーンズでデビューしたときにはリチャードと名乗っていたが1978年に本名のリチャーズに戻す。

13歳の時に、母親からギターをプレゼントされ、以後ギターに熱中するようになる。ダートフォード・テクニカル・スクールに入学するが、放校となる。1960年、シドカップ・アート・スクール在学中に幼い頃からの知り合いだったミック・ジャガーに再会。しかし、それまでも互いに話すことはなくとも見かけることはあったという。ダートフォード駅にいたミックと再会した際、ミックがマディ・ウォーターズとチャック・ベリーのレコードを所持していたことから、お互いにロックンロールやR&Bに興味があることを知り、バンドを結成する。こうしてミックとともに「当時面白いことが起きつつあるってことを知ったんだ」というキースはロンドンに移り住んだ。1962年、そこでブライアン・ジョーンズと出会い、ロンドンのはずれのエディス・グローヴにミックとブライアンと3人で暮らすようになる。同年ブルースやR&Bのコピーバンドとして、ローリング・ストーンズを始動させる。やがてベースにビル・ワイマン、ドラムにチャーリー・ワッツを加えて、1963年シングル「カム・オン」で、ローリング・ストーンズはデビューする。この際にキースはファミリー・ネームを複数形のリチャーズからリチャードへ変えている。これは、マネージャーだったアンドリュー・オールダムのアイディアでリトル・リチャードやクリフ・リチャードと同じくすることで、「よりポップスターらしく」するためだったという。

当初、カバーバンドとしてスタートしたストーンズだったが、アンドリューの方針で、キースはミックと共にオリジナル曲の作曲をスタートさせる。ロック史に残るソングライティングチーム、「ジャガー/リチャーズ」の誕生である。やがてこのソングライティングチームは多くのヒット曲を連発し、キースはミックと並ぶストーンズの顔となる。1969年、初期のリーダー格だったブライアン・ジョーンズの脱退、死去に伴い、それは決定的となる。

1967年に初めてドラッグの家宅捜査を受けて、逮捕されてから約10年間、ドラッグによるトラブルが絶えなかったが、この家宅捜査についてはいくつかの疑問が残されていて、キース自身も「記憶にないヘロインが自分の家から出てきたんだ」と発言していて、これについてはMI5やFBIの仕組んだものだともいわれている。そうした中1977年、トロントで麻薬売買の容疑で逮捕されてからは、本格的にドラッグ中毒の治療に乗り出し、ついにはクリーンアップに成功する。また、1978年12月にはソロ名義でシングル「ハーダー・ゼイ・カム/ラン・ルドルフ・ラン」(前者はジミー・クリフの、後者はチャック・ベリーの、それぞれカヴァー)をリリースしている。こうしてドラッグから立ち直ったキースだが、1980年代に入ってミックとの軋轢が徐々に表面化し始める。アルバム『アンダーカヴァー』をリリース後、ミックが本格的にソロ活動を行い始めたことが一因となっている。キースにとってはストーンズが活動の中心であったため、こうしたミックの活動に我慢ができなくなっていった。さらに不運が続き、メンバーたちの仲を取り持っていたイアン・スチュワートが死去。このために軋轢が激化し互いに歯止めが利かなくなっていったことで、80年代半ば、ストーンズは解散の危機を迎えた。

そんなバンドの状態の中、1986年には『ダーティ・ワーク』を発表した。この作品は、ほぼ全編に渡ってキース主導の下制作されたことが強く影響していることから、「キースのアルバム」と呼ばれることもある。同作品の最後には、キースのアイディアで1985年12月に亡くなったスチュワートへの追悼の意味もこめて、彼の弾く「キー・トゥ・ハイウェイ」が隠しトラックとして収められている。またこの頃、キースは憧れているチャック・ベリーの還暦を祝うこと、影響を与えたことによる感謝の意味を込めてチャックのドキュメンタリー映画を製作。キース自身がプロデューサーとなりながら、長年のノウハウを用いてチャックのバックに努めている。この映画は「ヘイル!ヘイル!ロックンロール」として1986年に公開され、翌1987年のナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 ドキュメンタリー映画賞に見事輝いている。この映画によるセッションがきっかけで、ついにキースはこのバンドで組んだドラマー、スティーヴ・ジョーダンと共にソロ・プロジェクトを立ち上げた。これはメンバー中、もっとも遅い本格的なソロ活動となった。キース・リチャーズ&エクスペンシヴ・ワイノーズとして活動を始めたキースは、1988年にアルバム『トーク・イズ・チープ』をリリースし、数は多くないながらもツアーも行っている。アルバムではキースのリーダー作という雰囲気が全編に渡って感じられる仕上がりとなっているが、プロデュースの名義にはジョーダンの名もあげられている。ジョーダンは後にこのことについて、「キースが曲から歌詞まで全部やると思ってたのに、アイディアを求められたんだ」と発言している。ちなみに、エクスペンシヴ・ワイノーズとは「飲んだくれ」という意味で、レコーディング中に高級な酒ばかりを飲んでいたことに由来し、キースらしいジョーク混じりの意味に転じたもの。

1989年になると、各自で行っていた活動に変化が訪れた。ロン・ウッドによる提案で、キースはミックと対面しリラックスムードの中ストーンズの活動について話し合う機会を得た。そこでは自然と新たな曲作りが行われ始めたとのことで、一気にレコーディングという流れになっていったという。こうして新作『スティール・ホイールズ』をリリースし、同時に大規模なワールド・ツアーを行うことも発表された。この中には、日本での公演も含まれていた。こうして無事にツアーを終了させたキースは、再び自身のバンドであるエクスペンシヴ・ワイノーズを開始させ、1992年にアルバム『メイン・オフェンダー〜主犯〜』をリリースした。このアルバムを引っさげてワイノーズは一部のヨーロッパと南米地域だけでツアーを行った。このツアーでは、先のストーンズとして行ったツアーの成功に伴う部分が大きかったが、いくつかの公演ではスタジアムも使われこれを成功させている。

ワイノーズの活動と前後して、ストーンズのベーシストであるビル・ワイマンがストーンズを脱退する。このためキースは新たにバンドのベーシストのオーディションを行わなくてはならなくなった。このオーディションの結果、ダリル・ジョーンズがストーンズの新しいベーシストに決定したが、正式なメンバーではなくサポート・メンバーとしての採用だった。同時にそのまま新曲のレコーディングが決まり、1994年には『ヴードゥー・ラウンジ』として発売され前回同様、大規模なツアーが行われた。以降キースは、ストーンズとして活動を行うためにソロ・プロジェクトは行っていない。21世紀を迎えた現在、幾多の困難を乗り切り自身70歳を過ぎたにも関わらず、ローリング・ストーンズを「世界最高のロックバンド」として牽引し続けている。

2015年9月、23年ぶりの新作ソロ・アルバム『クロスアイド・ハート』を発表し、全英アルバムチャートではソロ・アルバムとしては自己最高の7位、アメリカのBillboard 200でも自己最高の11位を記録した。

人物

ロック・ミュージックが不良の音楽と呼ばれ、そのイメージの代表格であるローリング・ストーンズにおいて、ミック・ジャガーと共にストーンズの音楽性の柱であるキースは、同時に不良のイメージの柱でもある。後述するドラッグ問題に代表されるキースの無法者的イメージは、ロックンロールのひとつのアイコンとして語られることもしばしばである。しかし、ドラマーのチャーリー・ワッツによれば、キースはどちらかといえば無口で内向的な人間なのだという。また、実際に会った人々(インタビュアーやコメンテーターも含む)によれば、着飾らない人間味溢れた人物であるという。悲しみにくれたエリック・クラプトンに手紙を送ったこともある他(後述)、2011年にはイギリスワイト島にあるAngel Radioというラジオ局のトランスミッターが損傷し、直すのに資金がないということを知って会計士を通じてその資金を提供したという。Angel Radioはリスナーからの寄付によって経営されているため、設備費についても同様のことである。後に同ラジオ局は、BBCのインタビューに「キースからの寄付と知って心臓が止まりそうになった」と語っていて、残った資金はライセンス料の支払いに回すことができたといったことなどはそれを示したエピソードである。2011年に東日本大震災が発生した際は日本の惨状に非常に心を痛めたという。彼はすぐに自身のホームページにメッセージを掲載し、数量限定でTシャツを販売、その収益を被災者支援に充てるといった行動を取っている。

また、大変なヘビースモーカーでもある。キースは、バンドメイトであるロンのアルコール問題について質問された際、「酒はやめられてもタバコはやめられない」と発言した。インタビュー中や、プライベートな映像の中でも喫煙しながらそれらに応じている姿が見られ、多くのライヴ映像などでも演奏中にタバコを吸いながらプレイしているのが確認できる。70年代にはドラッグを頻繁に摂取していたことでジャンキーとなっていたが、70年代末にクリーンアップに成功して以降も、タバコだけは現在においても頻繁に吸っている。後述のジョニー・デップとの映画出演の際も、撮影現場で喫煙し瞬く間に数本が灰皿に埋もれたという。2006年にはア・ビガー・バンツアーで行われたスコットランド公演にてステージで喫煙した際、当局より罰金を課せられる可能性があると警告されたこともある。スコットランドでは近年の世界的な禁煙傾向の高まりを受けて条例によって公共の場での喫煙は罰則を受けることになっているため、ステージでのパフォーマンスも意識したキースの喫煙が適用されるかが焦点だった。しかし、ステージは条例適用外として罰則が与えられることはなかった。

ミック・ジャガーがビジネスマンとしての才覚も持ち、音楽的にも最新の音にも目を配る鋭敏さと抜け目無さを持ち合わせているのに対し、キースはあくまでバンドマンとして演奏することに心血を注ぐ姿勢を貫いており、打ち込み等を多用した流行の音にも背を向け、あくまでブルースやレゲエといった「生身の人間によるグルーヴ」にこだわる姿勢を見せている。しかし最新のサウンドに全く興味がないわけではなく、MXR社が新型エフェクターであるフェイザーを先駆けて販売した際、アルバム『女たち』で、その特性上作成可能な4種類全てのサウンドをいち早く使用している。80年代以降はミックとキースのこの正反対の性格が、時として両者の対立も生んでいるが、この2つの個性のぶつかりがあってこそ、ストーンズは存続しているのである。

「眠らない男」としても有名である。アルバム『メイン・ストリートのならず者』のレコーディング時には、9日間一睡もしなかった時があったという。このエピソードについてキースは、スタジオで仕事をし続けていたら思ったよりも時間が経っていたという程度の認識しか持っておらず、まさか一週間以上も経過していたとは思わなかったという。また、この時もっとも長く付き合ってくれたのがチャーリーだったとも語っている。こうしたエピソードなどから、チャーリー・ワッツの人柄とドラムに対して絶大な信頼を寄せている。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』の主演、ジョニー・デップは、主人公のジャック・スパロウ船長はキースをイメージして演じた、と公言している。これは、海賊は反逆者であり、反逆者といえば象徴になるのはロック・ミュージシャンだということから着想を得たのだという。なお、キース自身も2007年、シリーズ3作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』でジャック・スパロウの父親、ティーグ役として出演しギターを弾く姿を見ることができる。ちなみに、ミックとの関係が悪化していた時期には、頻繁に映画出演を繰り返していた彼に苦言を呈する意味で「自分は映画出演なんかしない」と宣言した事もあった。そもそも、2作目にオファーされた時は断わっており、この出演はジョニーの熱望で実現したものである。なお、ジョニー・デップによるとキースは出演したシーンは全て2テイクで撮っており、キースが帰った後に「キースは2テイクの男なんだ」と嬉しそうにインタビューで語っている。このティーグ役はハマリ役だとして、映画ファンからも好評を得た。これを受けてキースは、同シリーズ4作目にあたる『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』にも同キャラクターとして再出演することに繋がった。さらに、5作目が製作されることになれば、再びこの役で出演するだろうとも語っている。

またキースは、エリック・クラプトンやジョージ・ハリスンとは互いにブラザーと呼ぶ仲である。特にクラプトンとは仲がよく、これまでストーンズのステージにクラプトンがゲスト出演したことがあるが、これはキースからの呼びかけだという。クラプトンとは互いの音楽的趣味やライフ・スタイルが似ている点などがそうさせた要因でもある。1991年にはクラプトンの息子が転落死するという悲劇が起こった際、クラプトンの元には親族や友人含め多くの人物が彼を訪ねてきたが、キースはあえて会いには行かずクラプトンに対して追悼の手紙を出している。これはキースもまた、生後間もない息子を失った経験があることによるためである(詳しくは後述)。

もしもしロボ「キース=リチャーズの情報に関する情報が見つかるかもしれないよ!
もしもしロボに再調査を依頼する
(数秒で調査します!)

※新しい情報があった場合は記事が追加されます。無かった場合はページ更新のみされます。

Keith Richards


ポケモンの発生場所、時間
ポケストップの場所


キース=リチャーズさんはスリーパーを探しているのかも知れない!


注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
キース=リチャーズ
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

話題の芸能人・有名人

おまかせワード

ピッピ  ギャロップ  ピクシー  パラス  ラッキー  ナッシー  ガース  ドードー  サンド  プリン  パウワウ  ヒトカゲ  ゴーリキー  ウインディ  ガラガラ  ピカチュウ  リザード  クラブ  ゼニガメ  ズバット  コダック  コクーン  タマタマ  スピアー  スリープ  コイル  ポッポ  スリーパー  ゴースト  カラカラ 

グループ

AKB48G predia でんぱ組.inc Rev.from DVL Splash! Chelip ライムベリー からっと☆ palet CoverGirls Ange☆Reve CheekyParade E-girls 放課後プリンセス フェアリーズ 赤マルダッシュ☆ HKT48 AeLL. Silent Siren ALLOVER 9nine LinQ GALETTe amorecarina SUPER☆GiRLS ハロプロ GEM NMB48 Prizmmy☆ 愛乙女★DOLL ひめキュンフルーツ缶 乃木坂46 まなみのりさ 夢みるアドレセンス PASSPO☆ asfi Especia 東京女子流 乙女新党 アイドリング X21 AKB48 Candy Kiss アリス十番 アイドルカレッジ チームしゃちほこ ベイビーレイズ SKE48 ももクロ BABYMETAL THE ポッシボー Doll☆Elements キャンディzoo アップアップガールズ(仮) さんみゅ~ さくら学院 私立恵比寿中学 風男塾 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「キース=リチャーズ」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました