もしもし情報局 > 俳優 > ブラッド=ピット

ブラッド=ピットの情報 (BradPitt)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

ブラッド=ピットの情報 (BradPitt) 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、出身地]


【ポケモンGO】
ポケモンの発生場所、時間


■名前・氏名
ブラッド=ピット
(Brad Pitt)
■職業
俳優
■ブラッド=ピットの誕生日・生年月日
1963年12月18日(年齢58歳)
■出身地・都道府県
不明

ブラッド=ピットと同じ年に生まれた芸能人(1963年生まれ)

ブラッド=ピットと同じ誕生日の人(12月18日)

ブラッド=ピットと同じ出身地の人


もしもしロボ調査[Wiki(ウィキ)情報]

ブラッド=ピット

生い立ち

トラック会社の経営者である父と高等学校のカウンセラーであった母との間に生まれた。生後まもなくミズーリ州スプリングフィールドへ転居し、保守的な家庭で南部バプテストとして育てられた。弟が2人いる。イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランド、北アイルランド、ドイツの血を引く。

幼少時には3歳当時の1966年に公開された日本の怪獣映画『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』を見て感動し、後年の2012年に開催された第84回アカデミー賞の授賞式でそれを語っている。

キカプー高等学校(英語版)在学時はレスリング、水泳、バスケットボール、ゴルフ、テニスのチームのメンバーだったほか、ディベート、校内自治、演劇活動に勤しんだ。高校卒業後はミズーリ大学コロンビア校に入学し、広告を中心としたジャーナリズムを専攻した。友愛会シグマ・チー(英語版)に参加し、いくつかの友愛ショーに出席した。しかし、将来を見据えた際に物事が何も進展しないように感じ、自分が今までに映画を観て感じた情景や彷彿とするような気持ちを忘れられず、俳優になることを決意。学位を取得する2週間前に大学を中退し、手持ち金325ドルでロサンゼルスに向かった。

ロサンゼルスではロイ・ロンドン(英語版)から演技レッスンを受ける傍ら、運転手やエル・ポヨ・ロコ(英語版)の店員など、様々な仕事をしていた。1986年にはビバリーヒルズに移住している。

キャリア

1987年に『追いつめられて』の端役で映画デビュー(クレジットなし)。1987年5月にはNBCのソープオペラ『Another World』に2話出演しテレビデビューした。同年11月ABCのシットコム『愉快なシーバー家』にゲスト出演した。1987年12月から1988年2月にはCBSの『ダラス』にチャーリー・ウェイドのボーイフレンドのランディ役で4話出演した。ピットはそのキャラクターを「干し草に引っかかる馬鹿なボーイフレンド」と説明している。1988年にはフォックスのドラマ 『21ジャンプストリート』にゲスト出演した。

同年、『リック』で映画初主演。しかしこの作品はクロアチア紛争勃発のために一時お蔵入りとなり、1997年まで公開されなかった。1989年にはホラー映画『処刑教室-最終章-』で主演を務めた。テレビでは『Head of the Class』、『フレディの悪夢』、『ナイスサーティーズ』にゲスト出演したほか、『愉快なシーバー家』に再出演した。

1990年にはNBCのテレビ映画『トゥルー・ブルース』で主人公ビリーを演じ、ジュリエット・ルイスと共演した。また同年、フォックスの全6話の短期ドラマ『グローリー・デイズ』とHBOのテレビ映画『ザ・イメージ』に出演した。翌1991年の映画『傷だらけのランナー』ではリック・シュローダー演じる犯罪者の兄弟で、高校生ランナーのジョー・マロニーを演じた。

映画やテレビへのゲスト出演を繰り返した数年後、1991年のロードムービー『テルマ&ルイーズ』でテルマ(ジーナ・デイヴィス)のボーイフレンドのJ.D.を演じ、知名度を上げた。この作品でのデイヴィスとのラブシーンは、ピットをセックスシンボルにした出来事として挙げられている。『テルマ&ルイーズ』の後に出演した映画『ジョニー・スエード』(1991年)と『クールワールド』は、批評的にも興行的にも失敗した。

1992年、ロバート・レッドフォード監督による伝記映画『リバー・ランズ・スルー・イット』で主役のポール・マクリーンを演じた。この作品でのピットの演技はキャリアを築き上げたと評価された。

1993年、ロードムービー『カリフォルニア』でジュリエット・ルイスと再共演。連続殺人鬼のアーリー・グレイスを演じた。また、犯罪映画『トゥルー・ロマンス』ではフロイドを演じた。その年彼はShoWest賞の明日の男性スター賞を受賞した。

1994年はピットのキャリアの大きなターニングポイントとなった。映画『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』では吸血鬼のルイス・デ・ポアント・ドゥ・ラック(英語版)を演じ、トム・クルーズ、キルスティン・ダンスト、クリスチャン・スレーター、アントニオ・バンデラスと共にアンサンブルキャストの一人を務めた。演技はあまり評価されなかったものの、同作によりMTVムービー・アワードで2部門を受賞した。

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』の後は『レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い』(1994年)に主演し、移民のウィリアム・ラドロー大佐(アンソニー・ホプキンス)の息子のトリスタン・ラドローを演じた。この作品により初めてゴールデングローブ賞主演男優賞候補に挙がった。映画自体のレビューは賛否あったものの、ピットの演技は好評を得た。

1995年、犯罪スリラー映画『セブン』で連続殺人鬼(ケヴィン・スペイシー)を追う刑事を演じ、モーガン・フリーマンやグウィネス・パルトローと共演した。ピットは同作をすばらしい映画と言い、自分の演技の幅が広がったと語った。この作品は批評家からも評価され、『バラエティ』は彼の演技をベストとし、ピットが「ねばり強く精力的な刑事」を体現したことを好評した。『セブン』は全世界で3億2700万ドルを売り上げた。

『セブン』の成功の後、テリー・ギリアムのSF映画『12モンキーズ』に出演。作品の評価とともにピットの演技も好評を得て、本作でゴールデングローブ賞助演男優賞を受賞、アカデミー賞助演男優賞にも初めてノミネートされた。

翌1996年、法廷ドラマ『スリーパーズ』に出演。映画は賛否両論であった。1997年の映画『デビル』ではハリソン・フォードと敵対するIRA暫定派テロリストのローリー・ディヴァニーを演じ、アイルランド訛りの英語を披露した。『デビル』は世界興行収入が1億4000万ドルに達したが、批評的には失敗した。その年末にはジャン=ジャック・アノーの映画『セブン・イヤーズ・イン・チベット』に主演し、オーストリア人登山家のハインリヒ・ハラーを演じた。この作品では共演のデヴィッド・シューリスと一緒にカリフォルニアやヨーロッパのアルプス山脈でロック・クライミングの訓練をした。同作は批評家に酷評され、失敗作と言われた。

1998年の『ジョー・ブラックをよろしく』では、人間を研究するために青年の身体を借りているという設定の死神役を演じたが、『サンフランシスコ・クロニクル』のミック・ラサール(英語版)は、「ピットは観客に彼が死と永遠の謎の全てを知っている設定だと納得させることはできなかった」と評し、映画評論家のロジャー・イーバートは「ピットは素晴らしい俳優だが、この演技は誤算だ」と評すなど、ピットの演技に対し否定的な意見が寄せられた。映画自体の評価も賛否両論であった。

1999年、デヴィッド・フィンチャー監督の映画『ファイト・クラブ』でカリスマ的人物であるタイラー・ダーデンを演じた。ピットはボクシング、テコンドー、グラップリングのレッスンを受けて撮影に臨んだ。ピットは役作りのために前歯を除去し、撮影後に元に戻した。同作は興行収入は予想を下回るものだったが、翌2000年にDVDが発売されて以降、カルト的な人気作品となった。

その後2000年のギャング映画『スナッチ』でアイリッシュ・ジプシーのボクサー役を演じた。作品そのものの評価はいくらかの批判があったものの、ピットの演技は概ね好評を得た。

翌2001年にはロマンティック・コメディ映画『ザ・メキシカン』でジュリア・ロバーツと共演。同作は批評的には今一つだったが、興行的には成功をおさめた。同年は1億4300万ドルの興行収入を上げた冷戦スリラー『スパイ・ゲーム』にも出演し、ロバート・レッドフォードと共演した。。同年11月22日、テレビドラマ『フレンズ』の第8シーズン第9話「ブラピの「ヘイト・クラブ」」で、当時の妻ジェニファー・アニストン演じるレイチェル・グリーン(英語版)の同窓生役でゲスト出演した。この演技によりエミー賞のコメディ・シリーズゲスト男優賞にノミネートされた。さらに12月、1960年の『オーシャンと十一人の仲間』をリメイクした強盗映画『オーシャンズ11』にラスティ・ライアン(英語版)役で出演した。ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、アンディ・ガルシア、ジュリア・ロバーツらのアンサンブル・キャストに加わった。『オーシャンズ11』は批評家から好評を得たほか、全世界で4億5000万ドルを売り上げ興行的にも成功した。

2002年2月、MTVのリアリティ番組『ジャッカス』の2つのエピソードに出演。1つではゴリラの着ぐるみに入ってロサンゼルスの通りで暴れ、もう1つのエピソードでは市民の前で突然拉致される役割である。同年、ジョージ・クルーニーの監督デビュー作『コンフェッション』にカメオ出演した。2003年にはドリームワークスのアニメ映画『シンドバッド 7つの海の伝説』のシンドバッド役とテレビアニメ『キング・オブ・ザ・ヒル』のゲスト出演で初めて声優を務めた。

2004年の映画『トロイ』ではアキレスを演じるにあたり、撮影の6カ月前から剣の訓練をした。撮影中にアキレス腱を怪我して製作が数週間遅れるなどしたが、同作は全世界で4億9700万ドルを売り上げこれまでの出演映画で最も商業的に成功した作品となった。『ワシントン・タイムズ』のスティーヴン・ハンターは、「ピットはこういった過酷な役柄を演じさせると優れている」と評した。同年公開の『オーシャンズ12』は世界で3億6200万ドルを売り上げ、ピットとクルーニーのダイナミックさは「ポール・ニューマンとロバート・レッドフォード以来の相性」であるとCNNのポール・クリントンにより評された。

2005年、アクション・コメディ映画『Mr.&Mrs. スミス』に出演。作品自体は平凡な評価だったが、作中でのピットとアンジェリーナ・ジョリーのコンビネーションに関しては概ね好評を得て、興行的にも成功し2005年のヒット作のひとつとなった。

翌2006年、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の『バベル』でケイト・ブランシェットと共演。この作品はゴールデングローブ賞 作品賞(ドラマ部門)を受賞し、またアカデミー作品賞にもノミネートされ、ピット自身もゴールデングローブ賞助演男優賞にノミネートされるなど好評を得た。ピットは後にこの映画への出演を自分のキャリアで最高の選択の1つだったと語っている。

2007年には西部劇ドラマ『ジェシー・ジェームズの暗殺』でアメリカのアウトローであるジェシー・ジェイムズを演じた。同作はピットが経営する会社プランBエンターテインメントで製作された。『フィルム・ジャーナリスト・インターナショナル(英語版)』のルイス・ビール(英語版)によるとピットは「恐ろしくカリスマ的」な役割を果たしているとされ、ヴェネツィア国際映画祭 男優賞が与えられた。また、ピットはプロモーションのために同映画祭に出席。途中、ボディガードを押しのけて現れたファンによって抱きつかれるというハプニングがあったが、無事に2008年の同映画祭会場で男優賞のトロフィーを手にした。

2008年、ブラック・コメディ映画『バーン・アフター・リーディング』に出演し、初めてコーエン兄弟とコラボレーションした。同作は批評家から肯定的な評価を受け、『ガーディアン』誌では「しっかりと巻かれた、巧みなスパイコメディのプロットで、ピットの演技が面白さの一つである」とした。同年、デヴィッド・フィンチャー監督の『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』に主演。老人の姿で生まれた男が齢を取るごとに若返ってゆくという物語で、『ボルチモア・サン(英語版)』のマイケル・スラゴウ(英語版)は「ピットの繊細な演技が『ベンジャミン・バトン』を不朽の名作に作り上げている」と高く評した。同作の演技により、初めて全米映画俳優組合賞にノミネートされ、さらに4度目となるゴールデングローブ賞、2度目となるアカデミー賞ノミネートも果たした。同作はアカデミー賞では合計13部門でノミネートされ、全世界での興行収入は3億2900万ドルに達した。

また、同年はクエンティン・タランティーノ監督の『イングロリアス・バスターズ』にも主演。ドイツ占領下のフランスでナチスと戦うアメリカ軍人のアルド・レイン中尉を演じた。この作品は興行的にも成功し、評論家にも高評価された。同作はアカデミー賞を含む多くの映画賞にノミネートされており、ピット自身もMTVムービー・アワード演技賞にノミネートされた。翌2010年にはアニメ映画『メガマインド』でスーパーヒーローのメトロ・マンの声を務めた。

2011年、パルム・ドールを受賞したテレンス・マリック監督の『ツリー・オブ・ライフ』でショーン・ペンと共演。また同年、実話を原作としたドラマ映画『マネーボール』でオークランド・アスレチックスのゼネラル・マネージャーのビリー・ビーンを演じ、批評家から強力な支持を集め、ピットは再びアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。

もしもしロボ「ブラッド=ピットの情報に関する情報が見つかるかもしれないよ!
もしもしロボに再調査を依頼する
(数秒で調査します!)

※新しい情報があった場合は記事が追加されます。無かった場合はページ更新のみされます。

Brad Pitt


ポケモンの発生場所、時間
ポケストップの場所


ブラッド=ピットさんはガルーラを探しているのかも知れない!


注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
ブラッド=ピット
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

話題の芸能人・有名人

おまかせワード

1982年  1974年  10月10日  ずうとるび  2月25日  レイジー  ハイソサエティー  ハイ・スパンキー  5月1日  3月10日  ポップコーン  1975年  4月8日  1976年  1970年  2月21日  ジャニーズ少年団  1979年  1972年  リトル・ギャング  メッツ  1973年  ジューク・ボックス  5月25日  11月  6月1日  7月25日  1977年  2月10日  8月 

グループ

GEM GALETTe Chelip 9nine Ange☆Reve Splash! まなみのりさ からっと☆ SKE48 PASSPO☆ 私立恵比寿中学 Prizmmy☆ E-girls 愛乙女★DOLL ももクロ キャンディzoo でんぱ組.inc アリス十番 AKB48 乃木坂46 Doll☆Elements さくら学院 風男塾 HKT48 アップアップガールズ(仮) 放課後プリンセス ひめキュンフルーツ缶 ベイビーレイズ Especia BABYMETAL Rev.from DVL CheekyParade アイドルカレッジ asfi アイドリング さんみゅ~ フェアリーズ 東京女子流 Candy Kiss ライムベリー NMB48 THE ポッシボー palet predia 乙女新党 X21 AeLL. チームしゃちほこ ハロプロ SUPER☆GiRLS CoverGirls AKB48G 夢みるアドレセンス ALLOVER 赤マルダッシュ☆ LinQ Silent Siren amorecarina 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「ブラッド=ピット」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました