もしもし情報局 > 推理小説作家 > モーリス=ルブラン

モーリス=ルブランの情報 (MauriceLeblanc)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

モーリス=ルブランの情報 (MauriceLeblanc) 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、出身地]


【ポケモンGO】
ポケモンの発生場所、時間


■名前・氏名
モーリス=ルブラン
(Maurice Leblanc)
■職業
推理小説作家
■モーリス=ルブランの誕生日・生年月日
1864年12月11日
■出身地・都道府県
不明

モーリス=ルブランと同じ年に生まれた芸能人(1864年生まれ)

モーリス=ルブランと同じ誕生日の人(12月11日)

モーリス=ルブランと同じ出身地の人


もしもしロボ調査[Wiki(ウィキ)情報]

モーリス=ルブラン

生涯・人物

『ジル・ブラス』紙に連作短編 "Contes essentiels" を発表した際(不定期。1893年4月28日から1894年11月5日まで)には、「L'Abbé de Jumiège(ジュミエージュ大修道院長)」のペンネームを用いた(ただし、1894年4月2日号分からは本名で発表されている。ジュミエージュ大修道院はフランス革命の時にその本来の役目を終え、『奇岩城』や『カリオストロ伯爵夫人』でもその遺跡の姿が描写されている)。

亡くなる数週間前に、「ルパンが私の周りに出没して何かと邪魔をする」という趣旨の被害届を警察署に出し、そのため警察官が24時間体制で警備し、最期の日々の平穏を守った。

お金に細かい所があり、経済的に不自由が無くなっても、出版社に鉄道の割引券(permis de circulation)を度々無心して、南仏などへの旅行に利用していた。

1898年頃、助言を求めていた若い作家からの手紙に対し、次のように答えている。

ヴォコットの別荘は当時の姿のまま現存しており、期間は限定されるものの宿泊もできる。

初期の「ルパン」シリーズ創作について、のちにルブランはこう語っている。「知らないうちに、潜在意識が僕を操っていたのです。たいした努力なんてしなくても、奇妙なシチュエーション、荒唐無稽な出会い、複雑な筋立てのアイデアがどんどん湧いてきました。そして、まったく驚いたことに、それらは不思議なほどたやすく解決してしまうのです。何もないところから生まれたアルセーヌ・ルパンは、こうして頭の中に出来上がってきたのです」。

「Le Censeur politique et littéraire」の編集次長であったアンドレ・ビイーは「アシル・フロベールの立ち会いのもと誕生したことを自慢の種にしていた」「好みをすり減らす如き(ルパンシリーズ)の仕事のせいで、彼は神経を患い、クルヴォー通りのバルコニーで仕事をしなければならなかった。バルコニーはガラス張りのベランダに囲まれていて、その黄色いガラスのために、(常時)太陽の光が差しているように見えた。彼は横臥しながら鉛筆だけで書いていた。時々彼に付き添っていたジョルジェットの芝居がかった態度のおかげで兄の慎み深さがより一層際立っていた」「彼の取り巻きは、ルブランが後戻りしない覚悟で、ただただ金儲けの文学に励んでいるのを見て嘆き」、そして「彼自身、そのせいで悲しんでいるように見えた」と回想している。

「L’Enthousiasme」については出版後もルブランが原稿を手元に遺していた。

主な作品

Des couples『夫婦たち』(1890年)- 連作短編集

Une femme『或る女』長編(1893年)

Ceux qui souffrent『苦しむ人々』(1894年)- 短編集

L’Œuvre de mort『死の業』長編(1895年)

Les Heures de mystère『謎の時間』(1896年)- 短編集

Armelle et Claude『アルメルとクロード』長編(1897年)

Voici des ailes!『これぞ翼だ!』(1898年)

Les Lèvres jointes『閉ざされた口』(1899年)

L’Enthousiasme『熱狂』長編(1901年)

Gueule-Rouge 80-chevaux『赤い口 80馬力』(1904年)- 短編集

La Frontière『国境』長編(1908年)

La Robe d’écailles roses『鱗柄のピンクのドレス』(1912年)- 短編集

L‘Éclat d’obus『砲弾の破片(オルヌカン城の謎)』長編(1914年)

Le Cercle rouge『赤い輪』(アメリカ映画『赤い輪』The Red Circle を、モーリス・ルブランがノベライズした活劇大長編)(1914年)

Les Trois Yeux 『三つの眼』『三つの目』(1919年。1920年刊)(英訳タイトル: The Three Eyes

Le Formidable Événement 『驚天動地』『ノー・マンズ・ランド』(1920年、1921年刊)(英訳タイトル: The Tremendous Event

Le Cercle rouge 『赤い輪』(1922年)(1915年アメリカの連続活劇The Red Circleを、舞台をフランスに移してノベライズしたもの)

Dorothée, danseuse de corde 『女探偵ドロテ』『綱渡りのドロテ』(1923年)(英題:Dorothy the Rope Dancer、米題:The Secret Tomb、ポルトガル語タイトル:A rival de Arsène Lupin

La Vie extravagante de Balthazar 『バルタザールの風変わりな毎日』『バルタザールのとっぴな生活』長編(1927年刊)

Peau d’Ane et don Quichotte 『ロバの皮とドン・キホーテ』長編(1925年刊)

Le Prince de Jéricho 『ジェリコ公爵』(1929年、1930年刊)(英訳タイトル: Man of Mystery

De minuit à sept heures 『真夜中から七時まで』(1931年、1932年刊)(英訳タイトル: From Midnight to Morning

Le Chapelet rouge 『赤い数珠』(1932年、1934年刊)(新聞『ラ・ヴォロンテ』連載時(1932年)の題はLes Clés mystérieuses『謎の鍵』。後に『カリオストロの復讐』に登場するルスラン判事が謎を解く)(米題:Man of Miracles

L’Images de la femme nue『裸婦像』長編(1934年)

Le Scandale du gazon bleu『青い芝生の醜聞』長編(1935年)

La Pitié 『慈悲』(1906年初演)

もしもしロボ「モーリス=ルブランの情報に関する情報が見つかるかもしれないよ!
もしもしロボに再調査を依頼する
(数秒で調査します!)

※新しい情報があった場合は記事が追加されます。無かった場合はページ更新のみされます。

Maurice Leblanc


ポケモンの発生場所、時間
ポケストップの場所


モーリス=ルブランさんはオニドリルを探しているのかも知れない!


注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
モーリス=ルブラン
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

話題の芸能人・有名人

おまかせワード

CoverGirls  Candy☆Drops  つりビット  サンスポアイドルリポーター  palet  とちおとめ25  ジュネス☆プリンセス  notall  スルースキルズ  東京女子流  ステーション♪  少女時代  さんみゅ〜  G☆Girls  Doll☆Elements  危ない女の子シスターズ  なないろファンタジー  ホワイトスター  DokiDoki☆ドリームキャンパス  KNU  ナト☆カン  KARA  バクステ外神田一丁目  キラポジョ  nanoCUNE  仮面ライダーGIRLS  おはスタ  おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!  川崎純情小町☆  でんぱ組.inc 

グループ

amorecarina Ange☆Reve asfi GEM AKB48G さんみゅ~ アリス十番 CheekyParade フェアリーズ LinQ 私立恵比寿中学 ベイビーレイズ 9nine ももクロ アップアップガールズ(仮) CoverGirls さくら学院 Prizmmy☆ アイドルカレッジ Doll☆Elements Silent Siren 放課後プリンセス Rev.from DVL からっと☆ AKB48 キャンディzoo PASSPO☆ 乃木坂46 X21 乙女新党 SUPER☆GiRLS 夢みるアドレセンス 赤マルダッシュ☆ THE ポッシボー Candy Kiss ひめキュンフルーツ缶 風男塾 でんぱ組.inc ライムベリー まなみのりさ 愛乙女★DOLL E-girls BABYMETAL 東京女子流 チームしゃちほこ アイドリング Chelip predia Splash! ハロプロ palet HKT48 SKE48 AeLL. GALETTe NMB48 Especia ALLOVER 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「モーリス=ルブラン」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました