もしもし情報局 > 女優 > 東京都 > 加賀まりこ

加賀まりこの情報 (かがまりこ)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

加賀まりこの情報 (かがまりこ) 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、出身地]


【ポケモンGO】
ポケモンの発生場所、時間


■名前・氏名
加賀 まりこ
(かが まりこ)
■職業
女優
■加賀まりこの誕生日・生年月日
1943年12月11日(年齢74歳)
■出身地・都道府県
東京出身

加賀まりこと同じ年に生まれた芸能人(1943年生まれ)

加賀まりこと同じ誕生日の人(12月11日)

加賀まりこと同じ出身地の芸能人(東京都生まれ)


もしもしロボ調査[Wiki(ウィキ)情報]

加賀まりこ

来歴・人物[ソースを編集]

東京都神田区小川町(現:千代田区神田小川町)に生まれ、新宿区神楽坂で成人した、現在も新宿区在住。父・加賀四郎は大映のプロデューサーとして知られ、姪に俳優の田中健夫人の女優、加賀千景を持つという芸能一家の中で育つ。伯父・加賀一郎はアントワープオリンピックで100mと200mに出場しており、ベルリンオリンピックにも役員として選手団に同行、祖父は元衆議院議員の加賀卯之吉、母方の祖母は神田錦町で貸席を営んでいた松本フミ、伯父・加賀二郎は松竹株式会社元常務、また父方・母方の従兄妹は元女優の岸雅子(のち加賀周子)、シャボン玉ホリデーカバーガールをつとめた加賀美知子、元日本テレビプロデューサーの加賀義二。加賀本人は父似と語っている。

姉は13歳年上、兄は12歳年上。小学生の時分より隣町である神田神保町の古本街に通い、澁澤龍彦翻訳の「マルキ・ド・サド選集」を愛読。小さい時から思ったことは何でも口にする歯に衣きせぬ毒舌だったという。また映画で見た、オードリー・ヘプバーンの髪型にするため1人で美容院に行くほどの早熟な子供であった。

中学校時代には陸上競技を行っており、2年時には走幅跳で都大会で優勝している。高校生になると行動範囲は広がり、六本木や麻布界隈で飯倉の高級イタリアレストラン「キャンティ」に学生服のまま通っていた。また、キャンティのママの自立した生き方に強い憧れを抱いていたという。なお、六本木野獣会のメンバーと誤解されることがあるが、本人は無関係だと否定し、「野獣会などは田舎者の集まり」と言っている。

千代田区の一橋中学を経て明星学園高等学校入学。同校在学中の1960年、通学姿を見初めた篠田正浩と寺山修司に路上でスカウトされ、フジテレビ系ドラマ『東京タワーは知っている』でデビュー。芸名は秋山庄太郎に付けてもらった。「加賀だったら、『まりこ』が明るくていいじゃないか」とのことだった。

松竹と5年間の新人契約を交わして1962年に『涙を、獅子のたて髪に』で映画デビュー。その後、数々の映画やCMで作品にてプロフェッショナルな演技力と、小悪魔的なルックスで人気を呼ぶ。反面、常に歯に衣着せぬ発言、かつ強気であったため「生意気」のレッテルを貼られ、尖ったキャラクターイメージでお馴染みとなり、『夜のヒットスタジオSUPER』の司会でもその言動が波紋を呼ぶこととなる。

20歳の時、次々に舞い込んでくる仕事と女性週刊誌がイメージだけで書く記事に嫌気がさし、人生をリセットする目的で半年先のスケジュールまでキャンセルして、単身パリに渡る。それまでに稼いだ金で豪遊のかたわら、イヴ・サン=ローラン、フランソワ・トリュフォー、ジャン=リュック・ゴダール、フランソワーズ・サガンらと交友する。

半年が経ち、金が底をつき帰国を考えていた矢先に国際電話で演出家・浅利慶太から「舞台に出るかい?」と舞台出演の打診をされる。帰国後、劇団四季の舞台『オンディーヌ』に出演。連日大入りの大盛況で日生劇場始まって以来の大成功となる。この舞台で初めて、女優としての喜びを知り、以降女優業に本腰を入れる。

川端康成は大変加賀を気に入っており、撮影所や劇場によく見学にきたり、ともに朝食を摂ることもある仲であった。加賀は川端について「いいダチ」と述懐している。1965年に出演した映画『美しさと哀しみと』の作品中のレズビアン「坂見けい子」を加賀が演じることになり、川端は原作者として加賀と初対面した。川端は加賀のリハーサルの演技を見て、「加賀さんの熱つぽい激しさに私はおどろいた」、「私がまるで加賀まりこさんのために書いたやうな、ほかの女優は考へられないやうな、主演のまりこがそこに現はれた」と述べ、登場人物の「けい子」というエキセントリックで妖精じみた娘に、「演技より前の、あるひは演技の源の、加賀さんの持つて生まれた、いちじるしい個性と素質が出てゐた」と褒めた。

1972年未婚のまま女児を妊娠、シングルマザーとして育児をする決意するも、1972年2月14日、出産7時間後に子供は死亡した。

その後も第一線で活躍。2007年放送の『花より男子』に出演したことで若い世代からも「道明寺のお母さん」と認知され、特に女子高生から声をかけられることが増えた(本人は自虐的に語っている)。またこの役について「鉄の女というか、血が通ってない役は似合わないと思って最初は断ったけど、クランクイン1週間ほど前にプロデューサーと演出家の方に口説かれ、その熱意に打たれて出演を決めた。反響が凄かったわ」と語っている。

現在ではTBS社員の演出家・清弘誠と事実婚の関係である。

2011年秋に中尾彬と一緒に肺炎予防大使に就任。肺炎予防推進プロジェクトの一環で、肺炎球菌ワクチン接種の啓発に一役買った。

2013年6月からは1ヶ月間スポーツニッポン紙上で「我が道」を連載。

飯島愛とは『クイズ赤恥青恥』(テレビ東京)で出会って共演して以来親交があった。飯島は加賀の出産当日に亡くなった娘と同じ1972年生まれという共通点もあって「私もあなたのお母さんになってやるよ」というつもりで交流が始まったという。飯島の死後(2009年)に行われたお別れ会では発起人の一人として名前を連ねた。

エピソード[ソースを編集]

出演した東京都の「TOKYO SLIM」(半透明のごみ袋PR)のCMが話題になった際、実施スタート時のゴミ出しの姿を写真週刊誌にスクープされた。当時は新宿区若宮町にお手伝いさんと2人で在住。

肩書き・名刺など「実体のない権威をかざす奴」は嫌い、と発言している。

「加賀まりこ」という発音は、スペイン語圏で「Caga maricón.」と聞こえ、「オカマがウンコをする」という意味。cagaはウンコする、maricónはオカマ。これは第757回『クイズダービー』(1990年9月15日放送分)の7問目の三択問題や、『BAZOOKA!!!』(#175, 2016年8月1日放送分)の「地下クイズ王決定戦VI」で出題された。

2000年過ぎ頃まで10余年に亘り、更年期障害に悩まされていたという(NHKドラマ『ダイヤモンドの恋』制作発表会見で告白)。

風間杜夫・萩原聖人らと並んで芸能界屈指の雀士として知られる。きっかけはまだ子供の頃に既に大学生になっていた兄と姉の友人が家に来て麻雀をしているのを、兄や姉の膝の上に乗って見ているうちに覚えていったという。過去に『THEわれめDEポン』(フジテレビ系)で4回の優勝経験があるほか、現在も『麻雀BATTLE ROYAL』(MONDO TV)などテレビの麻雀番組で対局姿を披露することがある。

スポーツ観戦も好きで、大相撲で好きだった力士は初代若乃花。東京場所によく観戦に行っていたことがあった。またプロ野球も好きで、基本的にはアンチ巨人。1958年の日本シリーズでは1958年10月21日の第7戦を後楽園球場で観戦し、稲尾和久の4連投4連勝の瞬間に立ち会っていた。なお、その稲尾とも麻雀で対局したことがあった。

選択的夫婦別姓制度に賛同。

※自動巡回調査の為、文章がおかしな場合がありますがご了承ください。

もしもしロボ「加賀まりこの情報に関する情報が見つかるかもしれないよ!
もしもしロボに再調査を依頼する
(数秒で調査します!)

※新しい情報があった場合は記事が追加されます。無かった場合はページ更新のみされます。

kaga mariko


ポケモンの発生場所、時間
ポケストップの場所


加賀まりこさんはサンドパンを探しているのかも知れない!


注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
加賀まりこ
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

話題の芸能人・有名人

岡副麻希 山口尚美 佐々木蔵之介 深田恭子 高畑充希 山崎紘菜 佐々木誠二 高畑裕太 大倉修吾 岩本輝雄 山口五和 寺田菜々海 大橋巨泉 小池百合子 永六輔 伊藤ユミ 田名部匡代 山本順三 鉢呂吉雄 徳永エリ 山崎力 石井浩郎 舟山康江 増子輝彦 岡田広 中曽根弘文 関口昌一 大野元裕 猪口邦子 小西洋之 中川雅治 朝日健太郎 蓮舫 竹谷とし子 三原じゅん子 真山勇一 中西健治 森裕子 岡田直樹 山崎正昭 芝博一 二之湯智 福山哲郎 佐藤啓 柳田稔 江島潔 永江孝子 福岡資麿 金子原二郎 足立信也 松下新平 野村哲郎 松村祥史 鶴保庸介 末松信介 野上浩太郎 武豊 美馬怜子 広瀬アリス 広瀬すず 岡村隆史 子守康範 増田ユリヤ 指原莉乃 渡辺麻友 松井珠理奈 小嶋陽菜 優香 青木崇高 西内まりや 市川海老蔵 小林麻央 小倉智昭 小島よしお ベッキー 天童よしみ 坂口憲二 ファンキー加藤 さかなクン 清原和博 杉村太蔵 福山雅治 上野樹里 浅茅陽子 高城亜樹 市川紗椰 能年玲奈 坪井康晴 春風亭昇太 高橋みなみ 冨田真由 小林麻耶 古舘伊知郎 舛添要一 荻原桃子 峠恵子

おまかせワード

サンド  SHU-I  Apeace  MBLAQ  ピカチュウ  B1A4  リザード  ポッポ  ZE:A  DISH//  大国男児  女性アイドルグループ  ココア男。  CNBLUE  2PM  U-KISS  A-JAX  コクーン  ジャニーズWEST  超特急  INFINITE  無限男子  FTISLAND  D☆DATE  ヒトカゲ  Kis-My-Ft2  NYC  ゼニガメ  2AM  スピアー 

グループ

キャンディzoo ALLOVER 乙女新党 PASSPO☆ LinQ 夢みるアドレセンス 赤マルダッシュ☆ asfi 風男塾 フェアリーズ アップアップガールズ(仮) 乃木坂46 palet アイドリング E-girls GEM AKB48 9nine Ange☆Reve SUPER☆GiRLS AKB48G Rev.from DVL からっと☆ amorecarina BABYMETAL ベイビーレイズ さくら学院 愛乙女★DOLL HKT48 X21 Prizmmy☆ ハロプロ さんみゅ~ Especia predia Silent Siren まなみのりさ 東京女子流 GALETTe SKE48 チームしゃちほこ 放課後プリンセス NMB48 でんぱ組.inc Chelip アリス十番 Splash! CoverGirls Candy Kiss アイドルカレッジ ももクロ ひめキュンフルーツ缶 私立恵比寿中学 AeLL. Doll☆Elements THE ポッシボー CheekyParade ライムベリー 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「加賀まりこ」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました