もしもし情報局 > 経営者 > 東京都 > 本田親男

本田親男の情報 (ほんだちかお)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

本田親男の情報 (ほんだちかお) 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、出身地]


【ポケモンGO】
ポケモンの発生場所、時間


■名前・氏名
本田 親男
(ほんだ ちかお)
■職業
経営者
■本田親男の誕生日・生年月日
1899年11月21日
■出身地・都道府県
東京出身

本田親男と同じ年に生まれた芸能人(1899年生まれ)

本田親男と同じ誕生日の人(11月21日)

本田親男と同じ出身地の芸能人(東京都生まれ)


もしもしロボ調査[Wiki(ウィキ)情報]

本田親男

来歴

本田の祖先は、武蔵国本田郷の領主・本田左衛門尉貞親で、島津忠久夫人の父。

1899年11月21日、鹿児島市下荒田町生まれ。鹿児島師範学校附属幼稚園を経て、1906年に鹿児島市立八幡小学校へ入学。このころ本田の人間形成に与えた訓育がある。旧薩摩藩独自の教育制度・郷中制度の精神を受け継いだ学舎「研明舎」での教育がそれで、本田は5歳ごろより小学校の放課後にここへ通い、先輩舎生の監督下で諸学科の復習や予習をした。学習後は校庭で相撲、東郷示現流の立木打ち、大将倒し(騎馬戦)、鹿児島湾遠泳、荒田八幡宮参拝などをした。10歳当時には、天保山から桜島まで往復水泳ができた。

1909年9月には父が急逝。父は県立鹿児島中学(当時)を経て東京専門学校政治科(当時)を卒業後、鹿児島商議所初代書記長を経験後鹿児島新聞社入社(経済記者→主筆→編集長)、退社後は市会議員を努めた。本田(10歳)は喪主として葬列の先頭に立ったが、この時、父の後を継いで新聞記者になろうと決意した。

1912年、県立鹿児島二中入学。本田は新聞研究部へ入部、毎朝西鹿児島駅(当時)に到着する大阪毎日新聞や時事新報を受け取りに行き、放課後、部員同士で東京や大阪のニュースを読み討論した。この新聞研究部は当時の二中第3代校長が創設したもので、第3代校長は新聞の中から毎週一度、社説を選んで複写し、全校生徒に読ませて感想文を書かせた。本田は二中でジャパン・タイムスの付録、週刊学生版を愛読し、時事英語で使われる単語を暗記した。好きな学科は英語、国語、漢文で、なかでも作文は得意であったが、代数幾何はまったくの不得手だった。

このころ、本田は「中央公論」や「太陽」などを購読し、世界の動向や外交問題に興味を持った。また、在京・在阪の各紙・各誌に文章や俳句の投稿にも熱中した。本田は新聞記者志望であることを公然と言っていたが、当時の鹿児島における士族社会では、軍人、官吏、教師に就くことが良しとされていたため、世間受けは決して良くなかった。

1918年、早稲田大学高等予科英文学科入学。ホイットマン詩集「草の葉」は、その解読・暗誦に没頭した。当時は頻繁に芸術座通いをし、ツルゲーネフ、トルストイ、メリメなどを観劇したほか、浅草日本館でオペラ鑑賞もした。当時、「早稲田騒動」の影響で、本田は学業に対しさほど熱心ではなかったが、早稲田文学社主催の講演会には毎回出席した。

そんな中、第一次大戦による日本の急激なインフレで、父の遺産が底を突きそうになったため、アルバイト先を求めて叔父のもとを訪ねた。叔父は本田が父の後を継いで記者志望であることを知っており、伝を頼って当時の神戸新聞主筆を紹介、本田は主筆の私設助手として採用され、論説の資料収集や執筆補佐をした。本田はあくまでも学費の足しにして早稲田を卒業するためにアルバイトをしたのだが、「書く」ことに魅せられて中退する。

主筆の紹介で主幹の面接を受け、1920年、神戸新聞社に入社。入社後は学芸部、社会部、運動部を渡り歩くが、1924年には大阪毎日新聞社へ入社、神戸支局へ配属され、社会部記者を経験する。1931年の満州事変で従軍記者、1932年の第一次上海事変では上海特派員となる。帰国後は福岡支局長、神戸支局次長、本社社会部副部長を歴任。社会部デスク時代の1936年、特派員として欧州へ渡り、ベルリンオリンピックを取材、1937年には盧溝橋事件に伴い特派員団長として天津へ出張。自身も華北で従軍している。

1938年、本社社会部長に就任。1940年以降は本社社長に随行し、中国、タイ、インド(当時オランダ領)を視察した。1942年、題号が東京、大阪共に「毎日新聞」に統一されると同時に改組で「編集局長」のポストが新設されるに伴い、毎日新聞大阪本社編集局次長に就く。1945年8月上旬に長岡克暁急逝に伴い大阪本社編集局長代行。同年11月には取締役に就任し、大阪本社代表、編集局長担当となる。選抜中等学校野球大会復活にも尽力し、進駐軍より甲子園球場を取り戻し、1947年3月30日の第19回大会を実現させた。

1948年12月、第8代毎日新聞社社長に就任。1949年には人口問題調査会を創設し初代会長にも就任し、同時に球団毎日オリオンズを組織し、パ・リーグに加盟。1950年、自治制度を視察するために渡米し、当時のハリー・S・トルーマン大統領とホワイトハウスで単独会見、帰国するが、同年、アメリカ新聞協会の招待で再度渡米。14カ国の新聞界代表と共に国際新聞編集者協会の設立を決議し、同協会理事として日本国内委員長を務めた。また、部下の高橋信三とともに新日本放送(現毎日放送)開局にも奔走し、1951年(昭和26年)9月1日、日本初の民放発足に成功した。

1957年(昭和32年)には日本新聞協会会長に推挙され、就任、左右問わず政治的圧力に対する言論の自由の堅持、新聞販売における過当競争の自戒を唱えた。1958年、取締役会長に就任するが、1961年(昭和36年)には辞任し、最高顧問。同時に高橋の要請を受けて毎日放送初代取締役会長となった。1977年(昭和52年)、高橋の社長退任と同時に会長を辞任、取締役相談役となる。

1962年(昭和37年)には第15回新聞大会(日本新聞協会主催)にて「新聞文化賞]受賞、1970年(昭和45年)勲一等瑞宝章受章。

1980年7月30日、急性肺炎、急性心不全で死去。同年8月11日には毎日放送による社葬が執り行われたが、昭和天皇より香典を賜ったほか、銀杯一組と従三位を贈られた。

1981年11月、新聞界の功労者として顕彰するため、「自由の群像」(千鳥ヵ淵公園内)に刻銘されている。

関連文献

「毎日新聞百年史 1872→1972」毎日新聞百年史刊行委員会編、1972年

「創立七十周年記念誌 甲南」鹿児島県立甲南高等学校創立七十周年記念事業実行委員会編、1976年

「鹿児島大百科事典」南日本新聞社鹿児島大百科事典編纂室編、1981年

「本田親男 追想」本田一二編、1983年

杉道助1950.12-1961.1

高橋信三1961.1-1977.6

坂田勝郎1977.6-1980.6

高木一見1980.6-1985.6

斎藤守慶1985.6-1997.6

柳瀬璋1997.6-2002.6

山本雅弘2002.6-2007.6

河内一友2007.6-2015.6

三村景一2015.6-現在

本田親男1961.1-1977.6

高橋信三1977.6-1980.1

坂田勝郎1980.6-1985.6

高木一見1985.6-1989.6

斎藤守慶1997.6-2002.6

山本雅弘2007.6-2010.6

河内一友2015.6-現在

毎日新聞グループホールディングス (グループ持株会社 東京都千代田区)

東京本社(東京都千代田区)

大阪本社(大阪府大阪市北区)

西部本社(福岡県北九州市小倉北区)

中部本社(愛知県名古屋市中村区)

北海道支社(北海道札幌市中央区)

福岡本部(福岡県福岡市中央区)

名古屋本部(愛知県名古屋市中区)

毎日新聞

TAP-i

デジタル毎日

毎日小学生新聞

毎日ウィークリー

点字毎日

サンデー毎日

毎日新聞縮刷版

エコノミスト

エコノミスト投資の達人

月刊Newsがわかる

MMJ

まんたんブロード

毎日デイリーニューズ

MAINICHI RT

毎日中学生新聞

毎日こどもしんぶん

カメラ毎日

毎日年鑑

スポーツニッポン新聞社

福島民報社

下野新聞社

東京放送ホールディングス(TBSテレビ / TBSラジオ / BS-TBS)

毎日放送(テレビ / ラジオ)

RKB毎日ホールディングス(RKB毎日放送(ラジオ))

テレビ山口

和歌山放送

ラジオ福島

BS11

選抜高等学校野球大会

都市対抗野球大会

社会人野球日本選手権大会

全日本クラブ野球選手権大会

全国高等学校ラグビーフットボール大会

日本フットボール優勝大会

甲子園ボウル

毎日テニス選手権

黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会

全日本実業団対抗駅伝競走大会

全日本実業団対抗女子駅伝競走大会

別府大分毎日マラソン

びわ湖毎日マラソン

全国高等学校駅伝競走大会

奥むさし駅伝競走大会

毎日杯

毎日王冠

王将戦

名人戦

本因坊戦

全日本アマチュア本因坊戦

浜寺水練学校

毎日新聞の歴史 / 大阪毎日新聞 / 東京日日新聞

時事新報

光文事件

竹槍事件

本社襲撃事件

西山事件

グリコ・森永事件に関する捏造事件

Who are you ? 報道

社長監禁事件

毎日デイリーニューズWaiWai問題

毎日新聞社の人物 / 本山彦一

松本重太郎

原敬

小松原英太郎

福地源一郎

関直彦

伊東巳代治

加藤高明

城戸元亮

岡實

奥村信太郎

高石真五郎

本田親男

上田常隆

梅島貞

山本光春

田中香苗

平岡敏男

山内大介

渡辺襄

小池唯夫

斎藤明

朝比奈豊

高橋信三

坂田勝郎

斎藤守慶

古谷綱正

西山太吉

細川隆一郎

三宅久之

鳥井守幸

岩見隆夫

鳥越俊太郎

嶌信彦

岸井成格

牧太郎

近藤勝重

与良正男

芥川龍之介

井上靖

山崎豊子

日曜くらぶ(日曜版)

JNN

JRN

毎日新聞ニュース

桜田です!

アサッテ君

ウチの場合は

ぐうたらママ

毎日かあさん

マイナビ出版

毎日映画社

毎日信用組合

ナゴヤキャッスル

千葉ロッテマリーンズ

まいまいクラブ

毎日jp

大阪毎日新聞社の人物

毎日新聞社の人物

日本のジャーナリスト

第一次上海事変の人物

日中戦争のジャーナリスト

日本の新聞編集者

鹿児島県出身の人物

1899年生

1980年没

もしもしロボ「本田親男の情報に関する情報が見つかるかもしれないよ!
もしもしロボに再調査を依頼する
(数秒で調査します!)

※新しい情報があった場合は記事が追加されます。無かった場合はページ更新のみされます。

honda chikao


ポケモンの発生場所、時間
ポケストップの場所


本田親男さんはバタフリーを探しているのかも知れない!


注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
本田親男
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

話題の芸能人・有名人

おまかせワード

NMB48  NGT48  MilkyWay  キャナァーリ倶楽部  SKE48  乃木坂46  ZYX  DiVA  TPE48  ノースリーブス  GAM  JKT48  渡り廊下走り隊7  ラブ・クレッシェンド  AKBアイドリング!!!  High-King  ガーディアンズ4  アイドリング!!!  SDN48  AKB48  ROMANS  あぁ!  Buono!  フレンチ・キス  SNH48  HKT48  でんでんむChu!  てんとうむChu!  欅坂46  きら☆ぴか 

グループ

赤マルダッシュ☆ THE ポッシボー 乙女新党 でんぱ組.inc CheekyParade LinQ Prizmmy☆ palet AKB48 チームしゃちほこ ハロプロ 東京女子流 E-girls SUPER☆GiRLS Silent Siren SKE48 asfi アイドルカレッジ ひめキュンフルーツ缶 9nine AeLL. CoverGirls まなみのりさ NMB48 アリス十番 ももクロ 放課後プリンセス HKT48 夢みるアドレセンス Especia Doll☆Elements フェアリーズ 愛乙女★DOLL ライムベリー amorecarina GEM ベイビーレイズ PASSPO☆ さくら学院 GALETTe predia さんみゅ~ Rev.from DVL Splash! BABYMETAL Chelip 私立恵比寿中学 アップアップガールズ(仮) 乃木坂46 AKB48G アイドリング X21 Ange☆Reve キャンディzoo ALLOVER からっと☆ 風男塾 Candy Kiss 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「本田親男」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました