もしもし情報局 > 1965年 > 12月17日 > 野球選手

池山隆寛の情報 (いけやまたかひろ)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

【6月23日】今日誕生日の芸能人・有名人

池山隆寛の情報(いけやまたかひろ) 野球選手 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、年齢、出身地、星座]

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
もしもしロボ

池山 隆寛さんについて調べます

■名前・氏名
池山 隆寛
(読み:いけやま たかひろ)
■職業
野球選手
■池山隆寛の誕生日・生年月日
1965年12月17日 (年齢58歳)
巳年(へび年)、射手座(いて座)
■出身地・都道府県
兵庫出身

(昭和40年)1965年生まれの人の年齢早見表

池山隆寛と同じ1965年生まれの有名人・芸能人

池山隆寛と同じ12月17日生まれの有名人・芸能人

池山隆寛と同じ出身地兵庫県生まれの有名人・芸能人


池山隆寛と関係のある人

野口祥順: 2000年、入団当初は「長打力を秘めた、走攻守三拍子揃った選手」として、「ポスト池山隆寛」が球団からの期待だった。


升野英知: 甲子園出場は目標というより、「絶対に出るもんだ」と思っていたため、帽子のつばの裏に「全国制覇」と書き、打席でいかに目立つ動きをするかを研究して、当時憧れていた池山隆寛(ヤクルト)のフォームを真似していた。


栗村智: 池山隆寛のブンブンスタジアム(2003年4月 - 9月)


南渕時高: 同い年である古田敦也や池山隆寛とは以前から親交があり、彼らからは「ブチ」と呼ばれている。


バカリズム: 甲子園出場は目標というより、「絶対に出るもんだ」と思っていたため、帽子のつばの裏に「全国制覇」と書き、打席でいかに目立つ動きをするかを研究して、当時憧れていた池山隆寛(ヤクルト)のフォームを真似していた。


青木宣親: 岩村明憲の退団後から球団より背番号「1」への変更を打診され続けていたが、ヤクルトの背番号1番はこれまで若松勉、池山隆寛、岩村明憲といった生え抜きスターが背負ってきた名誉ある背番号であるため、青木が時期尚早と固辞し続けていた。


田畑一也: ヤクルトでチームメイトだった池山隆寛と最後に対戦した。


山崎隆広: 秋季キャンプでは池山隆寛打撃コーチのアドバイスを受けてフォーム改造に取り組み、すり足をやめて、足を上げてタイミングをとる打法に変えた。


野村克也: 主砲の池山隆寛や広沢克己らには、三振を減らすことや状況に応じたバッティングを指導。


関根潤三: 関根は就任1年目のキャンプで『ブンブン丸』こと池山隆寛に「いいと言うまで止めないこと」と素振りを命令している。


小橋正佳: 父・小橋洋は尼崎市立尼崎高等学校(後に自身が在学)の野球部監督として、後にヤクルトでチームメイトになった先輩である池山隆寛らを指導した。


西山秀二: 1993年6月6日の対ヤクルト(広島市民球場)の7回表、一死三塁の場面で、ヤクルトの打者レックス・ハドラーが放った三ゴロの間に走者の池山隆寛が本塁突入の際、余裕でアウトのタイミングだったにもかかわらず、西山にタックルしたことから西山が激怒し、池山を殴ったことから両軍総出の大乱闘に発展した。


濱田太貴: どんな球にも迷わずフルスイングする姿がヤクルトOBの池山隆寛を彷彿とさせることから「令和のブンブン丸」と呼ばれることもある。


加藤伸一: いわゆる昭和40年生まれの選手で構成された「40年会」一員で、同会会員は古田敦也、山本昌、佐々木誠、八木裕、水野雄仁、吉井理人、池山隆寛、香田勲男、紀藤真琴、村上隆行、長嶋一茂ら(『ボク達同級生!プロ野球昭和40年会VS48年会』〈関西テレビ放送〉)。


松下敏宏: 甲子園出場は目標というより、「絶対に出るもんだ」と思っていたため、帽子のつばの裏に「全国制覇」と書き、打席でいかに目立つ動きをするかを研究して、当時憧れていた池山隆寛(ヤクルト)のフォームを真似していた。


デュウェイン=ホージー: チームメイトに借りたバットで打席に立つ(本人は池山隆寛のバットがお気に入りだったようである)。


ウェイド=ロードン: なお、日本で印象に残った選手として野手では山崎賢一や池山隆寛、落合博満、投手では槙原寛己や斎藤雅樹をはじめとした巨人の投手陣を挙げている。


岩村明憲: 1999年は池山隆寛と併用で三塁を守り83試合に出場し、規定打席には届かなかったが、打率.294、11本塁打を記録した。


小山田健一: 2001年にヤクルトが日本シリーズで優勝した際に、池山隆寛が小山田の遺影を持ってセレモニーに臨んだことで知られる。池山は後に著書『池山隆寛のブンブンブン! 夢、ありがとう プロ野球栄光と挫折の19年』でも小山田について「お世話になった人」として触れている。


加茂川重治: 2回戦(初戦)で市尼崎高と対戦、池山隆寛に本塁打を浴び延長10回惜敗。


高橋智: 同じ代打では池山隆寛が優先的に好機で起用されることへの反発もあり、8月1日にヘッドコーチの渡辺進に二軍行きを通達された際には「二度と一軍に呼ばないでください」と発言した。


杉浦享: その後は池山隆寛、広沢克己ら若手が台頭により、1990年に野村克也の監督就任前後から左の代打の切り札として活躍する。


川畑泰博: 2年生時の1983年に投手として夏の甲子園予選決勝に進出するが、池山隆寛のいた市尼崎高に完封負け。


ジャック=ハウエル: 尚、その前の試合6月6日対広島戦では本塁でクロスプレーとなった池山隆寛が西山秀二に殴られると乱闘に発展して西山の頭を抑え込んでいた。


宇野勝: 中日時代はシーズン20本塁打以上を9回(うち30本以上は3回、40本以上は1回)記録し、3度もベストナインに選ばれたが、当時のセントラル・リーグには山下大輔、高橋慶彦、池山隆寛といった人気・実力を兼ね備えた遊撃手が存在していたため、オールスターゲームにはなかなか出場できなかった。


土橋勝征: 野村が広沢克己、池山隆寛、飯田哲也といった当時のレギュラークラスの選手を何度となく叱責したのに対し、こと土橋に関してはほとんど叱ったことがないと言われるほど強い信頼をおいており、「ID野球の優等生」とも呼ばれた。


田中和基: その後もイースタン・リーグ公式戦での打率が1割台の前半にまで低迷していたため、二軍監督の池山隆寛の勧めでノーステップ打法を導入し、5月23日から一軍へ復帰すると、1番中堅手としてスタメンに定着。


仁志敏久: 7月19日の対ヤクルト戦では、巨人キラーの石井一久に対して、松井秀喜以外はすべて右打者を並べるという監督の長嶋茂雄の采配のために左翼手を守った(二塁が元木大介、三塁が石井浩郎)が、その試合で池山隆寛の高い飛球をランニング本塁打にしてしまい、その後二度と守ることはなかった(試合後、長嶋は自分の起用ミスのせいであると仁志を庇い、先発の斎藤雅樹に謝罪した)。


山田哲人: これで30本塁打は2019年以来5度目となり、球団ではバレンティン(8度)、池山隆寛(5度)に次ぐ記録となった。オリックス・バファローズとの日本シリーズでは第5戦の8回にタイラー・ヒギンスから値千金となる同点3点本塁打を打ち、大杉勝男、池山隆寛に並ぶ球団最多タイの日本シリーズ4本塁打目を記録した。


仲田幸司: 阪神球団は元々地元出身の池山隆寛を3位で指名予定であったが、2位でヤクルトに指名されたため、安藤統男監督の意向で仲田の強行指名に踏み切った。


池山隆寛の情報まとめ

もしもしロボ

池山 隆寛(いけやま たかひろ)さんの誕生日は1965年12月17日です。兵庫出身の野球選手のようです。

もしもしロボ

選手としての特徴・人物、詳細情報などについてまとめました。事件、引退、テレビ、現在、卒業に関する情報もありますね。池山隆寛の現在の年齢は58歳のようです。

池山隆寛のプロフィール Wikipedia(ウィキペディア)

■プロジェクト:野球選手  ■テンプレート

池山 隆寛(いけやま たかひろ、1965年12月17日 - )は、兵庫県尼崎市出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)、コーチ、野球解説者、野球評論家、タレント。

フルスイングを信条としており、その豪快なスイングから「ブンブン丸」の愛称で親しまれる。そのバッティングスタイルから現役時代は、三振が多かったものの、1988年から5年連続で30本塁打を達成するなど、ヤクルトスワローズ一筋で19年間にわたり活躍したフランチャイズ・プレイヤーであった。

兵庫県尼崎市出身。市立尼崎高校では三塁手、三番打者として1983年夏の甲子園に出場。2回戦(初戦)では、延長10回の熱戦で加茂川重治投手のいた茨城東高に勝って3回戦に進むが、エース山田武史を擁する久留米商に9回逆転サヨナラ負けを喫する。1983年度ドラフト会議にてヤクルト、近鉄、巨人が2位指名で競合し、抽選の結果ヤクルトスワローズが指名権を獲得して入団する。背番号は36。1992~2000年まで1。

1985年に一軍に定着し、三塁手、遊撃手として19試合に先発出場。

1987年には、前年までレギュラー遊撃手だった水谷新太郎がシーズン全休となったため、桜井伸一とのポジション争いを制して開幕から遊撃手、八番打者として起用される。同年は初めて規定打席(29位、打率.250)にも到達した。

1988年は水谷が復帰したが定位置を守り、6月には三番打者に座る。持ち前の長打力で同年から5年連続で30本塁打を記録。

1989年には自己最高の34本塁打を放つ。

1990年には打率.303(リーグ8位)、31本塁打(落合博満に次ぐリーグ2位)、97打点(落合博満に次ぐリーグ2位)という記録を残し、遊撃手としては史上初の「3割30本」を達成した。同年8月23日の中日戦ではサイクル安打も達成した。

1991年は32本塁打を放ちチームに貢献した。

1992年からは背番号を1に変更した。チームのリーグ優勝に貢献し、西武との日本シリーズでは第5、6戦で本塁打を放つ。

1993年は左肋骨骨折の故障や頭部死球による影響等で、108試合の出場にとどまり、連続30本塁打がストップ。以降も、頭部死球の恐怖心が拭えず、打撃は消極的になり、20本塁打に届かなくなった。西武との日本シリーズでは、第1、2戦で8打数5安打1本塁打と活躍するが、その後は無安打と真価を発揮できなかった。

1994年はシーズン後半に故障離脱した影響もあり、99試合の出場に留まり規定打席にも到達できなかった。

1995年は1991年以来の全試合出場を果たしリーグ優勝に貢献。オリックスとの日本シリーズでは第1戦で勝ち越し打、第3戦ではサヨナラ3点本塁打を放ち日本一に貢献。優秀選手を獲得した。

1996年からはアキレス腱痛に悩まされ始める。一軍定着後では自己最低の53試合に終る。

1997年からは宮本慎也の台頭もあり三塁手へ転向する。守備の負担が減ったこともあり2年ぶりに規定打席にも到達しリーグ優勝に貢献。日本シリーズでは第5戦で決勝打を放ち日本一に貢献。この年も優秀選手を獲得した。

1998年は宮本が脱税事件の関係で開幕から出場できなかった事もあり開幕から暫くは遊撃手で出場をした。

2000年は監督の若松勉が衰えが目立ってきた池山を説得し、岩村明憲を三塁手のレギュラーに抜擢し、二塁手や外野手として先発出場したがレギュラー定着はできず代打を務めることが多くなった。

2001年には背番号1が岩村に渡り、自身は前年に入団時の36に戻した。

2002年には右膝を痛め二軍生活が続いた。自身の身体に限界を感じ現役を引退した。

2002年10月17日、明治神宮球場での広島東洋カープ戦で引退試合が行われた。45000人の満員の大観衆で埋まり、「3番・遊撃手」でこの年初の先発出場(この年痛めた右膝痛から途中からは一塁に回った)。打撃では5打数1安打で、8回には現役最後の安打となる左中間二塁打を放ち、守備でも4回に遊撃、延長10回には一塁でもファインプレーを披露した。

試合は1-1の同点で迎えた10回表に広島が1点を勝ち越したが、その裏ヤクルトは「池山にもう一度打順を回そう」と、飯田哲也がセーフティバントを試み一塁へヘッドスライディング、続く稲葉篤紀が犠打で繋いで、2死二塁の局面、つまり本塁打が出れば逆転サヨナラとなる場面で池山に打順が回った。ファンが代名詞のフルスイングを求めて「池山コール」を送る中で、池山は長谷川昌幸が投じた球速150km超の直球に1球目、2球目と続けて空振り。3球目、152kmの直球に対して、代名詞のフルスイングで空振り三振に終わり、1-2で試合は終了した。三振をするときの池山は、「右膝が曲がらない」状態であったといい、試合終了後はまともに歩ける状態ではなく、足を引きずりながらマウンドに歩み寄って長谷川らと握手を交わした。

試合後には引退セレモニーが行われ、引退挨拶で「今日まで19年、多くの応援を頂いた。こんなに幸せな男はいません。これから第二の人生の打席に入りますが、必ず皆様の前に戻ってきます」とメッセージを送り、最後に自身が好きな言葉である「夢ありがとう」を叫んだ。また同年急逝した、ヤクルトスワローズ元応援団長の岡田正泰への感謝の言葉を述べ、スタンドを埋めたファンの涙を誘う場面もあった。なお夫人は、引退の意向を告げられた際に「死ぬ思いで頑張ってきたのを見てきましたから」と振り返っている。

2003年からフジテレビ(2004年まで)・ニッポン放送の野球解説者およびサンケイスポーツの野球評論家(いずれも2005年まで)を務めた。

2006年からはヤクルト時代の恩師である野村克也監督の下で東北楽天ゴールデンイーグルス一軍打撃コーチを務め、2009年に退任するまでに首位打者2人(2008年のリック・ショート、2009年の鉄平)、本塁打王1人(2007年の山崎武司)を輩出した。山崎は「池山さんならヤクルト時代から野村克也監督のID野球が染みついているからバッティング、データ面でも参考になりました」と著書に記している。この時の背番号は2018年1月より永久欠番となっている77で、永久欠番の対象者である星野仙一監督以外が唯一使用した背番号でもあった。

2010年はデイリースポーツの野球評論家を務めた。

2011年には古巣であるヤクルトへ復帰。

2012年までは二軍打撃コーチを務めた。

2013年には一軍打撃コーチを務めた。

2014年には再び二軍打撃コーチを務めた。

2015年には二軍野手総合コーチを務めた。同年10月にヤクルト退団を発表した直後に、再び楽天へ復帰することが決定し、同年11月の秋季キャンプから楽天の一軍打撃コーチを務めた。

2017年には楽天の一軍チーフコーチを務める。

2018年には二軍監督を務めたものの、同年10月5日に来季の契約をしないことを通知された。

2019年は再びデイリースポーツの野球評論家を務めた。同年10月3日、2020年よりヤクルトの二軍監督に就任することを発表。2022年現在まで同職を務めている。

プロ野球関連以外の仕事としては、2012年12月1日から2015年3月31日までの委嘱期間で駿河台大学の客員教授を務め、当初の任期を延長する形で2015年4月1日から2018年3月31日までの委嘱期間で再び駿河台大学の客員教授を務めた。2022年3月にはタレントのマネージメントや関連商品の企画・販売などを行う企業「株式会社BUN36」を設立し、自身はその代表取締役CEOに就任した。また、現在は東京都文京区にてクラスター水やサプリメントの製造・販売などを行っているグローブサイエンス株式会社でスポーツ生理学・整体部門の顧問(アドバイザー)も務めている。

選手としての特徴・人物

先述のように、フルスイングを信条としており、強打の遊撃手として、長年にわたり活躍した。安打に比しての本塁打の比率が高く、1988年から5年連続で30本塁打を達成しており、通算のIsoPは0.211になる。

1987年のキャンプで、関根潤三監督から直々にバッティング指導を受ける。監督の前で連日1時間半ひたすら素振りを続けた。ときたま監督がいなくなるのだが、いつ戻ってくるか分からないので池山は必死でバットを振り続けた。実は関根監督はコーヒーを飲みに行っていたのだが、池山のニックネームとなる「ブンブン丸」は、監督のコーヒータイムにより生まれた。

広沢克己とは公私共に親しく、「イケトラコンビ」と呼ばれて親しまれた。引退試合で広沢も駆け付けたが、その際広沢は「グラウンドでの思い出より個人的なものの方が多いよ」と振り返っている。なお池山は2002年のシーズン前に「ファンが望む池山隆寛じゃなくなったら辞める」と考えていたが膝の痛みが更に悪化したことや、若い頃の自身の映像を見て「自分ではない別の選手と感じた」こともあり、このシーズンを以て現役引退を決心することになった。

1990年に就任した野村克也監督からフルスイングを避けるように言われ葛藤したが、この年は唯一の打率3割を記録した。

長男は浦和学院高校で甲子園出場の経験あり、高校卒業後は東京国際大学でプレーを続けた。次男はゲーム系実況者、登録者約33万人の人気YouTuber 「BOXING ch」として活躍している。

304本塁打は球団記録。

詳細情報

年度別打撃成績

年度 球団 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 盗塁死 犠打 犠飛 四球 敬遠 死球 三振 併殺打 打率 出塁率 長打率 OPS
1984 ヤクルト 10 7 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1985 65 94 85 5 12 3 0 0 15 1 1 2 1 0 8 4 0 29 6 .141 .215 .176 .392
1986 65 162 147 17 36 10 1 6 66 15 2 1 4 2 8 1 1 47 0 .245 .285 .449 .734
1987 127 453 400 42 100 25 1 13 166 46 3 1 11 2 37 13 3 112 8 .250 .317 .415 .732
1988 130 554 504 72 128 21 2 31 246 81 12 8 8 4 31 0 7 120 8 .254 .304 .488 .792
1989 130 540 484 80 128 13 2 34 247 74 6 3 6 2 47 2 1 141 7 .264 .330 .510 .840
1990 130 556 502 83 152 25 4 31 278 97 11 3 2 2 48 1 2 100 14 .303 .365 .554 .918
1991 132 557 498 74 134 28 1 32 260 80 13 5 1 4 48 1 6 124 12 .269 .338 .522 .860
1992 127 536 477 74 133 29 2 30 256 79 13 5 1 4 52 3 2 148 9 .279 .350 .537 .886
1993 108 451 390 63 100 15 1 24 189 71 10 5 3 4 51 1 3 95 9 .256 .344 .485 .828
1994 99 402 362 46 94 16 0 19 167 55 8 2 0 4 35 0 1 83 9 .260 .332 .461 .793
1995 130 521 456 64 120 24 2 19 205 70 8 5 0 3 56 2 6 105 14 .263 .349 .450 .799
1996 53 205 183 20 49 11 0 7 81 29 3 2 0 1 21 0 0 40 8 .268 .341 .443 .784
1997 124 505 439 65 121 26 3 18 207 79 11 1 2 9 49 7 6 76 21 .276 .350 .472 .821
1998 118 455 400 63 110 20 0 18 184 59 3 5 2 1 48 1 4 79 9 .275 .358 .460 .818
1999 60 225 204 22 45 4 0 8 73 23 1 1 4 3 14 0 0 47 7 .221 .267 .358 .625
2000 67 175 157 21 36 3 0 9 66 21 3 0 2 0 16 1 0 43 1 .229 .301 .420 .721
2001 65 85 73 7 14 4 0 4 30 12 0 0 0 3 7 1 2 30 1 .192 .271 .411 .682
2002 44 48 43 1 9 1 0 1 13 6 0 0 0 0 4 0 1 19 0 .209 .292 .302 .594
通算:19年 1784 6531 5811 819 1521 278 19 304 2749 898 108 49 47 48 580 38 45 1440 143 .262 .331 .473 .805

各年度の太字はリーグ最高

表彰

ベストナイン:5回(遊撃手部門:1988年 - 1990年、1992年、1993年)

ゴールデングラブ賞:1回(遊撃手部門:1992年)

月間MVP:1回(野手部門:1998年6月)

優秀JCB・MEP賞:2回(1989年、1990年)

日本シリーズ優秀選手賞:2回(1995年、1997年)

セ・リーグ・スター大賞:1回(1997年)

記録

初出場:1984年8月9日、対阪神タイガース19回戦(明治神宮野球場)、9回裏に釘谷肇の代打として出場

初打席:同上、9回裏に福家雅明から三振

初先発出場:1985年4月16日、対広島東洋カープ1回戦(明治神宮野球場)、7番・遊撃手として先発出場、2打数無安打

初安打:1985年4月21日、対横浜大洋ホエールズ2回戦(明治神宮野球場)、3回裏に池内豊から左前安打

初打点:1985年9月8日、対中日ドラゴンズ23回戦(郡山総合運動場開成山野球場)、4回裏に桑田茂から適時打

初盗塁:同上、8回裏に二盗(投手:鹿島忠、捕手:中尾孝義)

初本塁打:1986年6月12日、対横浜大洋ホエールズ10回戦(横浜スタジアム)、4回表に門田富昭から左越ソロ

100本塁打:1990年7月21日、対中日ドラゴンズ18回戦(ナゴヤ球場)、7回表に鹿島忠から2ラン ※史上163人目

150本塁打:1992年4月29日、対阪神タイガース4回戦(阪神甲子園球場)、6回表に猪俣隆からソロ ※史上94人目

1000試合出場:1993年9月12日、対広島東洋カープ21回戦(広島市民球場)、6番・遊撃手として先発出場 ※史上341人目

200本塁打:1993年10月3日、対横浜ベイスターズ24回戦(横浜スタジアム)、5回表に森山良二から2ラン ※史上65人目

1000本安打:1994年8月11日、対中日ドラゴンズ20回戦(ナゴヤ球場)、7回表に野中徹博から ※史上179人目

1000三振:1994年9月24日、対阪神タイガース26回戦(阪神甲子園球場)、2回表に郭李建夫から ※史上20人目

250本塁打:1997年5月5日、対中日ドラゴンズ6回戦(明治神宮野球場)、6回裏に山本昌から3ラン ※史上37人目

1500試合出場:1998年7月27日、対広島東洋カープ19回戦(明治神宮野球場)、5番・三塁手として先発出場 ※史上124人目

1500本安打:2001年4月4日、対読売ジャイアンツ2回戦(明治神宮野球場)、8回裏に石井弘寿の代打として出場、南真一郎から左中間へ適時二塁打 ※史上81人目

300本塁打:2001年5月6日、対広島東洋カープ7回戦(広島市民球場)、7回表に副島孔太の代打として出場、山﨑健から右中間へ3ラン ※史上24人目

サイクルヒット:1990年8月23日、対中日ドラゴンズ22回戦(明治神宮野球場) ※本塁打・単打・二塁打・三塁打の順

1イニング2本塁打:1993年5月19日、対広島東洋カープ6回戦(明治神宮野球場)の3回

1イニング7打点:1993年5月19日対広島東洋カープ6回戦(明治神宮野球場)の3回 ※NPBタイ記録

405守備機会連続無失策(1991年6月1日 - 同年9月28日) ※当時のセ・リーグ遊撃手の最高記録

オールスターゲーム出場:7回(1988年 - 1992年、1994年、1998年) ※1993年は出場辞退

神宮球場最多本塁打:167本

背番号

36(1984年 - 1991年、2000年 - 2002年)

1(1992年 - 1999年)

77(2006年 - 2009年)

96(2011年 - 2015年)

88(2016年 - 2018年、2020年 - )

2024/06/19 00:51更新

ikeyama takahiro


池山隆寛と同じ誕生日12月17日生まれ、同じ兵庫出身の人

佐々木 恭子(ささき きょうこ)
1972年12月17日生まれの有名人 兵庫出身

佐々木 恭子(ささき きょうこ、1972年(昭和47年)12月17日 - ) は、フジテレビのアナウンサー。 兵庫県西宮市出身。 神戸大学教育学部附属住吉小学校、神戸大学教育学部附属住吉中学校、…

小林 春彦(こばやし はるひこ)
1986年12月17日生まれの有名人 兵庫出身

小林 春彦(こばやし はるひこ、1986年12月17日 - )は、日本の講演家・著作家・コラムニスト・男性モデル。愛称は「春彦さん」。 障害のある児童生徒・学生の進学・就労支援プロジェクトDO-IT…

大角 茉里(おおすみ まり)
1985年12月17日生まれの有名人 兵庫出身

大角 茉里(おおすみ まり、1985年12月17日 - )は松竹芸能に所属するフリーアナウンサー。元愛媛朝日テレビ・元千葉テレビ放送アナウンサー。 兵庫県出身。大阪女学院中学校・高等学校、神戸松蔭…

佐々木 美玲(ささき みれい)
1999年12月17日生まれの有名人 兵庫出身

佐々木 美玲(ささき みれい、1999年〈平成11年〉12月17日 - )は、日本のアイドル、ファッションモデルであり、女性アイドルグループ・日向坂46のメンバー、『non-no』の専属モデルである。…

山端 零(やまはた れい)
1985年12月17日生まれの有名人 兵庫出身

山端 零(やまはた れい、1985年12月17日 - )は、日本の男性声優。ゆーりんプロ所属。 小さい頃から変身願望のようなものがあり、中学卒業、高校生くらいの時に役者、職業としての声優に魅力を感…

末松 信介(すえまつ しんすけ)
1955年12月17日生まれの有名人 兵庫出身

末松 信介(すえまつ しんすけ、1955年12月17日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(4期)、自由民主党兵庫県支部連合会長。 東京オリンピック・パラリンピック担当大臣、文部科学…

脇浜 紀子(わきはま のりこ)
1966年12月17日生まれの有名人 兵庫出身

脇浜 紀子(わきはま のりこ、1966年12月17日 - )は、京都産業大学現代社会学部現代社会学科教授。元読売テレビアナウンサー、プロデューサー。 兵庫県神戸市兵庫区出身。実家があまり恵まれた方…

松田 慎司(まつだ しんじ)
1967年12月17日生まれの有名人 兵庫出身

■プロジェクト:野球選手  ■テンプレート 松田 慎司(まつだ しんじ、1967年12月17日 - )は、兵庫県出身の元プロ野球選手(投手)。現在は東京ヤクルトスワローズのスカウ…

西任 白鵠(にしと あきこ)
1973年12月17日生まれの有名人 兵庫出身

西任 暁子(ニシトアキコ、Akiko Nishito、にしと あきこ、1973年12月17日 - )は、日本のDJ、歌手、スピーチコンサルタント、著述家。 大阪府生まれ、福岡県育ち。5歳からピアノ…

津々見 沙月(つづみ さつき)
1974年12月17日生まれの有名人 兵庫出身

出口 佳代(でぐち かよ、1974年12月17日 - )は、日本の女性声優。兵庫県出身。アーツビジョン所属。 本名は出口 佳代(でぐち かよ)。言霊群団「夢吽空」の団員でもある。 一時期、芸名を津…


TOPニュース

Hey! Say! JUMPの有岡大貴松岡茉優が結婚を発表

令和6年6月6日に66歳になった人は?

藤原さくら、ライブ活動休止を発表

サッカー日本代表の堂安律が一般女性と結婚を発表

NHK大河ドラマ「光る君へ」で松下洸平がペラペラの宋語で話題に

King&Prince永瀬廉が右耳負傷の為一時活動休止を発表

いくよくるよの今くるよさん、膵がんの為死去

立憲民主党の蓮舫氏が東京都知事選に出馬

平野紫耀神宮寺勇太岸優太の3人ダンスボーカルグループのNumber_iから新曲「BON」のMV公開。

結婚・離婚・再婚・年の差婚まとめ

元宝塚トップスターの光原エミカが1000万円詐取の疑いで逮捕

超有名女優と結婚した人気歌手が不倫の噂

藤原さくらYouTubeで新曲公開!『初恋のにおい』ショートアニメ

「つばさの党」代表の黒川敦彦ら3人を逮捕


池山隆寛と近い名前の人

池山 智瑛(いけやま ちあき)
1992年5月4日生まれの有名人 愛知出身

池山 智瑛(いけやま ちあき、1992年5月4日 - )は、日本の元アイドル、女優。2013年に結成された日本の女性アイドルグループChubbiness(チャビネス)の元メンバー。愛知県出身。エイベッ…

池山 文(いけやま ふみ)
1974年4月3日生まれの有名人 愛知出身

4月3日生まれwiki情報なし(2024/06/23 11:31時点)

池山 心(いけやま こころ)
1966年8月27日生まれの有名人 兵庫出身

しましまんずは、日本の漫才師である。所属事務所は吉本興業。 1989年4月コンビ結成。 2023年3月、自らの単独ライブで両者の個人名を改名することを発表した。 出演 テレビ 現在は無し。 …

池山 孝明(いけやま たかあき)
1978年9月20日生まれの有名人 東京出身

9月20日生まれwiki情報なし(2024/06/23 13:31時点)

池山田 剛(いけやまだ ごう)
5月25日生まれの有名人 宮城出身

池山田 剛(いけやまだ ごう、5月25日 - )は、日本の漫画家。女性。宮城県仙台市生まれ、神奈川県横浜市育ち。血液型はA型。 2002年、小学館の『少女コミック』本誌15号にて掲載された、「GE…

注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
池山隆寛
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

最近追加された芸能人・有名人

りんごちゃん_(ものまねタレント) 藤井祐眞 吉成名高 平埜生成 五十嵐カノア 清原翔 大山健司 萩原利久 早瀬憩 浅野典子_(競泳選手)

グループ

asfi ALLOVER アイドルカレッジ Especia ライムベリー 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「池山隆寛」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました