もしもし情報局 > ミュージシャン > 大阪府 > 鈴木貴雄

鈴木貴雄の情報 (すずきたかお)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

鈴木貴雄の情報 (すずきたかお) 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、出身地]


【ポケモンGO】
ポケモンの発生場所、時間


■名前・氏名
鈴木 貴雄
(すずき たかお)
■職業
ミュージシャン
■鈴木貴雄の誕生日・生年月日
1972年12月5日(年齢47歳)
■出身地・都道府県
大阪出身

鈴木貴雄と同じ年に生まれた芸能人(1972年生まれ)

鈴木貴雄と同じ誕生日の人(12月5日)

鈴木貴雄と同じ出身地の芸能人(大阪府生まれ)


もしもしロボ調査[Wiki(ウィキ)情報]

鈴木貴雄

メンバー

米国ニューヨーク州・スカースデール出身。4歳までニューヨークで過ごし、その後はシンガポール・イギリスなど、転々とする。なお、英語力は「人付き合い程度」。(本人弁)

体格はかなり細身で、身長は171cm、体重は50kg前後(変動するとの事)。

メジャー前半期までのライブやMVではジャージやジャケットを着ていたが、2012年頃からスーツやワイシャツ+ネクタイというスタイルになった。それに伴い髪色や髪型も変化している。

小学校時代の一つ下の後輩に佐々木亮介(a flood of circle)が、中学の同級生に吉木諒祐(THE NOVEMBERS)が、高校の後輩にSKY-HIがいる。とくにSKY-HIとは現在でも深い親交があり、たびたびラジオ対談や楽曲参加などもしている。

中学時代はバスケ部のキャプテンをしていた。今でも腹筋だけは欠かさず続けているという。

3歳上の兄がいる。

バンドのマスコットキャラ「しょくぱんくん」のデザインは彼の手によるもの。本人曰く「7秒で描いた」。

好きな邦楽バンドは椿屋四重奏、syrup16g、ACIDMAN、GRAPEVINEなど。

「洋楽を勉強しようと」思ったのはユニゾン結成以降であり、誕生日が同じという理由でジェフ・ベックから聴き始めた。好きなアーティストはレッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ジャミロクワイなど。

初めてアコースティックギターでカバーしたのはゆずの「夏色」。

2019年10月20日よりXIIXのメンバーとしても活動中。

ATELIER Z Lower East Side - 2006年に入手して以降、多くのライブやMVで使用。sonicのブレンダーが搭載されている。ブレンドスイッチを外している。オフホワイト。

ATELIER Z Original Model - サブギター。メインギターよりはっきりしたホワイトなため、見分けやすい。

ATELIER Z Z#355 - 「mix juiceのいうとおり」のMVで使用。

Fender Custom Shop Telecaster ’60s Model - 「MR.アンディ」、「cody beats」、「君の瞳に恋してない」のMVで使用。

Fender Custom Shop Stratocaster ’50s Model - 「桜のあと (all quartets lead to the?)」、「春が来てぼくら」のMVやライブなどで使用。

Gibson Les Paul Custom - 結成初期に使用。「バンドにとってロックな音じゃなかった」との理由から、上記のLower East Sideを入手してからは使用していない。

Bogner Shiva 12×1

Marshall JCM800

Ampeg HeadAmp V-4 4thアルバム頃から使用

SUNN Cabinet 12nchが2発 Ampegとセットで使用

バンドのメインソングライター。斎藤が作詞・作曲した「スカースデイル」および「三日月の夜の真ん中」以外の全楽曲の作詞・作曲を手掛ける。

2015年10月29日よりQ-MHz、2018年11月26日よりTHE KEBABSのメンバーとしても活動中

Sago Classic Style J4 Custom(シグネチャーモデル) - メインベース。2013年より使用。サブベースとして同カスタムのものをもう1本所持しており、現在、USGのレコーディング・ライブは全てこの2本のみで行っている。

Vanzandt Jazz Bass Type(3-tone Sunburst) - 指板にバインディングが施され、ブロックポジションが採用された70年代仕様モデル。インディーズ時代〜メジャー初期、「水と雨について」、「マスターボリューム」、「MR.アンディ」のMVなどで使用。

Fender Mexico Precision Bass - “CIDER ROAD”ツアーの際、「光のどけき春の日に」〜「いつかの少年」で使用。同ツアーのNHKホール公演のライブDVDでも使用が確認できる。またTHE KEBABSではメインベースとして使用している。

Top dog Jazz Bass Type(個人製作ベース) - 佐久間正英によって製作されたもの。2010〜2013年にかけて使用。ボディはアッシュ、指板は黒檀、LINDY FRALINのピックアップを搭載。

Ampeg SVT-VR (神田商会60周年記念モデル)

Fender Dual Showman 1977 スピーカーを大口径のものに交換

Crews Maniac Sound DPA-2 プリアンプ

EBS Micro Bass II プリアンプ

EBS MULTICOMP

SHIGEMORI PRETONE

HAYHUGE SwollenPickle ファズ

虹色のギターストラップ。田淵のトレードマークの一つ。

身長180cm、体重70kg。

14歳(中学三年生頃)からドラムを始めた。

USG結成前は浪人しながら別バンドで活動を行っていたが、USG結成を機にそのバンドと予備校を同時に辞め加入した。

アルパカが好き。

メンバーの中で髪型や服装、髭の有無などが最もよく変わる。

バンドのグッズ開発も手掛けている。

田淵とは小学校が一緒で、田淵と同じサッカークラブだった。

本人曰く「音楽と食べる事だけが取柄」との事だが、斎藤は『打ち上げなどでの料理の取分けは素手で行う』と明かしている。

メンバー内唯一の花粉症患者で、ライブ中に症状が出た場合は「感極まったフリをして誤魔化す」と語っている。

「自分の使用する楽器に制限を設けたくない」との思いから、楽器店とのエンドースメント契約を行っていない。

「身体を動かす事」や「大自然の中で自分のちっぽけさを実感する事」が趣味であるほか、「編み物にハマっていた時期があった」と斎藤が語っている。

好きな音楽は「ミッシェルとかイエモンの時代のロックバンド」と述べており、影響を受けたミュージシャンとして黒夢などを挙げている。またミューズについて「世界で一番かっこいいスリーピースバンド」と表現しており、夏に聴きたいアルバムとして『HAARP』を挙げている。

2014年よりSchroeder-HeadzのサポートでマレーシアのJAZZ FESTIVALに出演するなど、ソロとしても活躍の場を広げている。

大のゲーマーであり、特に『スプラトゥーン』シリーズは全国ランキング800万人中、2000位以内にランクインするほどの腕前。2019年には友人と共にチーム『スナッ区・シジマ駅』を結成し、公式大会である『スプラトゥーン甲子園2019』に出場した(3回戦敗退)。

2014/11月。YOUTUBEチャンネルPACAO開設。2020/2/29公開のスプラジオを皮切りにゲーム配信を実施。非公式大会ではあるが解説も行っている。2020/6/7にPACAO杯という自身主催のスプラトゥーン大会開催予定。

DW collecter’s maple Natural to Regal Blue Fade - 現在のメインドラム。2012年10月の「誰かが忘れているかもしれない僕らに大事な001のツアー」熊本公演から使用。

DW collecter’s maple Blood Red Sparkle - 「流星のスコール」、「リニアブルーを聴きながら」のMV、「誰かが忘れているかもしれない僕らに大事な001のツアー」などで使用。

Ludwig Vistalite - 「マスターボリューム」、「MR.アンディ」のMVなどで使用。

Ludwig LM400 14inch(スネアドラム)

Slingerland ’70 14inch(スネアドラム)

GOSTRAY EVO 14*6.5inch (スネアドラム)

MEINL Byzance Medium Thin 16inch(クラッシュシンバル)

MEINL Byzance Vintage 20inch(クラッシュシンバル)

MEINL Classic Custom 10inch(スプラッシュシンバル)

MEINL Byzance Medium 14inch(ハイハットシンバル)

MEINL Byzance Medium 20inch(ライドシンバル)

MEINL Byzance Traditional (チャイナシンバル)

SABIAN Max Stax (エフェクトシンバル)

Los Cabos 5A

Tama 1st Chair(ドラムチェア) - 内部を改造してベースアンプを内蔵し、キックに合わせて振動するようにしている。

DW 5002TD4(バスドラムペダル) - フットボードに滑り止めのテープが施されている。

Roland SPD-SX(サンプリングパッド)

LP ティンバルカウベル

略歴

7月24日、斎藤が高校時代のバンド仲間、田淵と鈴木を誘いバンド結成。バンドでの初スタジオ入り。「星追い達の祈り」を演奏。この時点でのバンド名は「ユニゾン」。

7月31日、TEENS’ MUSIC FESTIVAL楽器店大会に出場し、大賞を受賞する。

9月18日、TEENS’ MUSIC FESTIVAL関東甲信越大会セミファイナルに出場、落選。

9月25日、「UNISON SQUARE GARDEN」に改名。

11月13日、大塚CAVEにて初めてのライブ。

12月15日、鶴見TOP’Sにてライブ。

12月28日、深沢坂上MAPLE HOUSEにてライブ。

3月、デモCD『流星行路』リリース。

10月、デモCD『センチメンタルピリオド』リリース。

8月、ライブ会場とハイラインレコーズのみ限定でアルバム『新世界ノート』をリリースし、完売。

自主企画イベント『箱庭フェスティバル』を開催。

12月13日、初のワンマンライブ『流星前夜』を開催。約250人を動員。

1月16日、『新世界ノート』、『流星前夜』のミニアルバム2枚をリリース。

2月13日、レコ発イベント『トイボックスストーリー』を下北沢CLUB Queにて開催。

5月30日、2回目のワンマンライブ『トイボックスストーリー』を開催。

7月23日、トイズファクトリーよりメジャーデビュー。1stシングル『センチメンタルピリオド』リリース。

7月25日 - 26日、CLUB Queの夏企画にてツーマンライブ2days。2日目は自主企画『トイボックスストーリー』でもある。

10月10日、代官山UNITにてワンマンライブを開催。12日にも梅田Shangri-Laにて追加でワンマンライブを開催。

1月12日、自主企画ライブ『fun time HOLIDAY』を大阪にて開催。

1月28日、2ndシングル『マスターボリューム』リリース。

3月4日、配信シングル『MR.アンディ -party style-』リリース。

4月15日、初のフルアルバム『UNISON SQUARE GARDEN』リリース。それに伴い、全国22か所を回るツアーを開催。うち後半6か所はワンマン公演。それ以外の公演は3マンライブ。

12月、『QUATTRO SQUARED 〜テンポアップのクアトロ4days〜』と銘打って東名阪CLUB QUATTROでワンマンライブを開催。東京は2days。

2月10日、3rdシングル『cody beats』リリース。

3月、東名阪+新潟にて自主企画ライブ『fun time holiday 2』を開催。

4月7日、 2ndフルアルバム『JET CO.』リリース。

リリースに合わせ、TOKYO-FM『RADIO DRAGON』内『MONTHLY DRAGON』(30分コーナー)にて1ヶ月間パーソナリティを務める。

5月8日千葉LOOK公演より、全国13か所を回るワンマンツアー『“JET CO. TOUR”』をスタート。

6月18日、ツアーファイナル渋谷AX公演ソールドアウト。終演後 2日後に裏ファイナルを行うことを発表。

6月20日、新代田FEVERにて裏ファイナル公演『“JET CO.” TOUR -an extended session-』開催。ツアーで披露されなかった曲を中心としたセットリスト。

11月-12月、秋の2マンツアー『meet the autumn tour 2010』を開催。前ツアーで行かなかった県を中心に回る。後半3公演はワンマンで、初めてファイナルを大阪で行う。

11月24日、4thシングル『スカースデイル』リリース。

3月-4月、全国6か所にて自主企画ライブ『fun time HOLIDAY 3』を開催。当初は全国7ヶ所を予定していたが、宮城・東京公演は東日本大震災の影響により中止。東京公演は振替が行われ最終的に全国6ヶ所となった。

5月11日、5thシングル『オリオンをなぞる』(テレビアニメ『TIGER&BUNNY』OPテーマ)リリース。当シングルでバンドとして初の累計売上1万枚を超すなど好セールスを記録。

6月の毎木曜日にUstreamで『ユニゾンTV』を配信(全5回)。1時間番組で、クイズやショートコント等さまざまな企画が行われた。

6月30日、単発ワンマン『ユニゾンをなぞる』を下北沢GARDENで開催。ユニゾンTVにて生中継された。

7月6日、3rdフルアルバム『Populus Populus』リリース。

7月9日盛岡club changeより、『TOUR2011 “Populus Populus”』スタート。全国16箇所を周り、8月20日にはバンド初となる日比谷野外音楽堂公演を開催。

1月30日-2月1日、3日間に渡り、自主企画ライブ『fun time HOLIDAY 4』を開催。

4月、東名阪ワンマンツアー『Spring Spring Spring』開催。新たな試みとして、全8曲20分ノンストップのメドレーを披露。

6月3日、東日本大震災により延期となっていた『fun time HOLIDAY 3』仙台公演の振替公演として『COME BACK TO “fun time”』を仙台Rensaにて開催。

7月25日、6thシングル『流星のスコール』リリース。

9月19日、7thシングル『リニアブルーを聴きながら』(『劇場版 TIGER&BUNNY -The Beginning-』主題歌)リリース。

9月-11月、赤坂BLITZ公演を皮切りに全国18か所を回る『誰かが忘れているかもしれない僕らに大事な001のツアー』を開催。

2月6日、4thフルアルバム『CIDER ROAD』リリース。オリコン週間アルバムチャートでは初登場9位を記録し、バンドのアルバムで初のトップ10入りを果たす。

2月-4月、「“CIDER ROAD” TOUR 2013 〜4th album release tour〜」スタート。全国18箇所を周り、4月10日のファイナルにはバンド初となるNHKホール公演を開催。

7月、自主企画ライブ『fun time HOLIDAY 5』を開催。

11月6日、8thシングル『桜のあと (all quartets lead to the?)』(テレビアニメ『夜桜四重奏 〜ハナノウタ〜』OPテーマ)リリース。

2月5日、9thシングル『harmonized finale』(『劇場版 TIGER&BUNNY -The Rising-』主題歌)リリース。

2月14日、テレビ朝日「ミュージックステーション」に初出演。

3月、斎藤のポリープの摘出手術のため約1か月半の活動休止を発表。

2月-3月、ツアー『UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2014 “桜のまえ”』開催。

6月22日、自主企画ライブ『fun time ACCIDENT powered by SMA40th』を開催。

8月27日、5thフルアルバム『Catcher In The Spy』リリース。

9月-12月、ツアー『UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2014 “Catcher In The Spy”』開催。

3月、自主企画ライブ『fun time ACCIDENT 2』を開催。

5月18日、FM802(ROCK KIDS 802)共同企画『ACCIDENT CODE “R”』を開催。

5月20日、10thシングル『シュガーソングとビターステップ』(テレビアニメ『血界戦線』EDテーマ)リリース。この曲がヒットし、ユニゾンの名がより広く知れ渡る。

6月5日、テレビ朝日「ミュージックステーション」に出演。

7月14日、BSスカパー「FULL CHORUS 〜音楽は、フルコーラス〜」出演。

7月22日、10周年記念アルバム『DUGOUT ACCIDENT』リリース。

7月24日、日本武道館にて単独公演『UNISON SQUARE GARDEN LIVE SPECIAL “fun time 724”』開催。同日、ファンクラブ『UNICITY』が発足。

7月25日、日本テレビ「バズリズム」出演。

9月、FCライブ『UNICITY Vol.1』東名阪にて開催。

11月-翌年1月、ツアー『UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2015-2016“プログラムcontinued”』開催。年またぎのツアーとなった。

4月-5月、FCライブツアー『UNICITY Vol.1.5』を開催。

7月6日、6thフルアルバム『Dr.Izzy』リリース。

7月8日、テレビ朝日「ミュージックステーション」に出演。

7月-12月、ツアー『UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2016 “Dr.Izzy”』開催。40カ所44公演というバンド史上最長のツアーとなる。9月13日、追加公演が発表され、新たに4公演加わり、44カ所48公演となった。

10月1日、JFN系列『R&R Band Wagon』レギュラー出演開始。

1月1日、BSフジにて「UNISON SQUARE GARDEN LIVE&ドキュメント〜ユニゾンを解剖する〜」放送。

2月5日、配信シングル『Silent Libre Mirage』(テレビドラマ「男水!」主題歌)リリース。

4月-6月、全国12ヶ所にて自主企画ライブ『fun time HOLIDAY 6』を開催。

4月5日、TOKYO FM『ARTIST LOCKS!』にて毎週水曜日「ユニゾンLOCKS! Supported by カルピスウォーター」レギュラー出演開始。

5月17日、Blu-ray Disc / DVD「UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2016 Dr.Izzy at Yokosuka Arts Theatre 2016.11.21」発売。

8月9日、11thシングル『10% roll, 10% romance』(テレビアニメ『ボールルームへようこそ』第1クールOPテーマ)リリース。

10月-翌年1月、ツアー『UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2017-2018「One roll, One romance」』開催。

11月8日、12thシングル『Invisible Sensation』リリース。(テレビアニメ『ボールルームへようこそ』第2クールOPテーマ)

11月15日、13thシングル『fake town baby』リリース。(アニメ『血界戦線&BEYOND』OPテーマ)

1月24日、7thフルアルバム『MODE MOOD MODE』リリース。収録曲名や曲順は発売当日のCDショップにて、実際の商品上で発表され、公式解禁はCD発売1週間後、配信リリース日である1月31日に行われた。

3月7日、14thシングル『春が来てぼくら』(テレビアニメ『3月のライオン』第2シリーズ第2クールOPテーマ)リリース。

11月7日、15thシングル『Catch up, latency』(テレビアニメ『風が強く吹いている』OPテーマ)リリース。

7月3日、バンド初のカップリングベストアルバム『Bee-Side Sea-Side 〜B-side Collection Album〜』がリリースの他、インディーズ時代に初リリースの後、2008年に再発された『新世界ノート』及び『流星前夜』も再発。

7月24日、バンド15周年記念トリビュートアルバム『Thank you, ROCK BANDS! 〜UNISON SQUARE GARDEN 15th Anniversary Tribute Album〜』がリリースされた。

7月27日、バンド結成15周年記念ライブ『プログラム15th』が大阪・舞洲スポーツアイランド 太陽の広場 特設会場で開催。

10月11日、16thシングル『Phantom Joke』(TVアニメ『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』OPテーマ)リリース(CD先行販売は10月8日より)の他、同シングルタイトル曲を含むこれまでのシングル・タイトル曲と、アルバムからセレクトされた代表曲を、プレイリストとして配信開始。同バンドの初のストリーミング配信となる。

ディスコグラフィ

流星行路

ナツノヒ

スノウリバース

センチメンタルピリオド

Phantom Joke

センチメンタルピリオド

マスターボリューム

MR.アンディ -party style-

cody beats

スカースデイル

オリオンをなぞる

流星のスコール

リニアブルーを聴きながら

桜のあと(all quartets lead to the?)

harmonized finale

天国と地獄

シュガーソングとビターソング

徹頭徹尾夜な夜なドライブ

パンデミックサドンデス

mix juiceのいうとおり

アトラクションがはじまる(they call it "NO.6")

10% roll, 10% romance

Invisible Sensation

fake town baby

Silent Libre Mirage

君の瞳に恋してない

春が来てぼくら

Catch up, latency

カラクリカルカレ

センチメンタルピリオド

サンポサキマイライフ

デイライ協奏楽団

等身大の地球

MR.アンディ —party style—

WINDOW開ける

マスターボリューム

いつかの少年

箱庭ロック・ショー

クローバー

センチメンタルピリオド

マスターボリューム

MR.アンディ —party style—

箱庭ロック・ショー

cody beats

23:25

スカースデイル

オリオンをなぞる

kid, I like quartet

カウンターアイデンティティ

リニアブルーを聴きながら

桜のあと (all quartets lead to the?)

シュガーソングとビターステップ

天国と地獄

徹頭徹尾夜な夜なドライブ

パンデミックサドンデス

シャンデリア・ワルツ

mix juiceのいうとおり

流星のスコール

harmonized finale

Own Civilization (nano-mile met)

Dizzy Trickstar

オーケストラを観にいこう

fake town baby

静謐甘美秋暮抒情

Silent Libre Mirage

MIDNIGHT JUNGLE

フィクションフリーククライシス

Invisible Sensation

夢が覚めたら (at that river)

10% roll, 10% romance

君の瞳に恋してない

ネット配信

    いつかの少年(studio ver.)

    カラクリカルカレ(studio ver.)

    ガリレオのショーケース(studio ver.)

    クローバー(studio ver.)

    空の在処(studio ver.)

    月と天秤(studio ver.)

    デイライ協奏楽団(ショートバージョン)

    TOKYO(田淵ver.)

      TOKYO(鈴木ver.)

      2月、白昼の流れ星と飛行機雲(弾き語りバージョン)

      23:25(studio ver.)

      真夏の光線、少年時代の面影(studio ver.)

      MR.アンディ(studio ver.)

      メロウ(studio ver.)

      ロック・ショー(studio ver.)

      未発表曲

        愛はきっと

        Alone

        クリスマスに雪は降らなかった

        情熱サティスファクション

        今年はサティスファクション

        ショートグラフ

        水性の(instrumental)

          天空

          bad music disco

          星追い達の祈り

          マイクロフォン

          夢で会えたら(斎藤が弾き語りで披露)

          レボリューションナンバーミー(未演奏)

          「神に背く」→「少し黙ってろ」→「カウンターアイデンティティ」

          「世界の真ん中、心の真ん中」→「ノンフィクションコンパス」

          2007.05.22@Zher the Zoo YOYOGI『さよなら第九惑星』『MR.アンディ』『カラクリカルカレ』『センチメンタルピリオド』(過去にYoutubeで公開)

          2008.01.16@SHIBUYA O-NEST『水と雨について』(J-WAVE『TOKYO REAL-EYES』にてオンエア)

          2008.03.30@JCB HALL『水と雨について』(J-WAVE『TOKYO REAL-EYES』にてオンエア)

          2008.07.31@ROCK IN JAPAN『センチメンタルピリオド』(WOWOWにてオンエア)

          2009.04.28@TOWER RECORDS渋谷店B1FSTAGE ONE『クローバー』『マスターボリューム』『センチメンタルピリオド』(過去にNapsterにて配信)

          2009.07.05@赤坂BLITZ『カラクリカルカレ』『サンポサキマイライフ』『マスターボリューム』『MR.アンディ(party style)』『ガリレオのショーケース』『センチメンタルピリオド』(過去にYoutubeで公開)

          2009.10.18@新潟大学"新大祭"『クローバー』『サンポサキマイライフ』『MR.アンディ』『フルカラープログラム』『マスターボリューム』『等身大の地球』『カラクリカルカレ』(FM-NIIGATAにてオンエア)

          2010.06.18@SHIBUYA-AX ワンマン公演(M-ON TVにてノーカットオンエア)

          2010.12.31@SHIBUYA CLUB QUATTRO『チャイルドフッド・スーパーノヴァ』『センチメンタルピリオド』『カウンターアイデンティティ』『スノウリバース』(J-WAVE 『TOKYO REAL-EYES』にてオンエア)

          2011年6月毎木曜"ユニゾンTV"(Ustreamにて放送)

          2011.06.30@下北沢GARDEN ワンマン"ユニゾンをなぞる"(Ustreamにて本編生中継)

          2011.08.05@ROCK IN JAPAN『オリオンをなぞる』(WOWOWにてオンエア)

          2011.08.20@日比谷野外音楽堂『オリオンをなぞる』(過去にYoutubeにて公開)

          2011.12.04@日本武道館『カウンターアイデンティティ』『kid,I like quartet』(WOWOWにてオンエア)

          2011.12.31@COUNTDOWN JAPAN(WOWOWにて一部オンエア)

          2012.02.26@DEVILOCK NIGHT『スカースデイル』『場違いハミングバード』(WOWOWにて生中継)

もしもしロボ「鈴木貴雄の情報に関する情報が見つかるかもしれないよ!
もしもしロボに再調査を依頼する
(数秒で調査します!)

※新しい情報があった場合は記事が追加されます。無かった場合はページ更新のみされます。

suzuki takao


ポケモンの発生場所、時間
ポケストップの場所


鈴木貴雄さんはユンゲラーを探しているのかも知れない!


注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
鈴木貴雄
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

話題の芸能人・有名人

おまかせワード

キャンパスナイトフジ  アイドリング!!!  セクシー☆オールシスターズ  Survive-ZERO  ChocoLe  AKBアイドリング!!!  ココロコロン  欅坂46  D-Rive  乃木坂46  Starmarie  Springs  アイドルカレッジ  推定少女  オトメ☆コーポレーション  Chu!☆Lips  Pabo  EARTH  アナ★バン!  C-ZONE  シークレットガールズ  SweetS  テクプリ  DANCEROID  完熟娘。  アフィリア・サーガ  W∞アンナ  SNH48  恵比寿マスカッツ  キャラメル☆リボン 

グループ

Especia AeLL. CoverGirls 風男塾 夢みるアドレセンス 東京女子流 SKE48 Silent Siren THE ポッシボー 赤マルダッシュ☆ ハロプロ NMB48 キャンディzoo アイドルカレッジ アイドリング BABYMETAL ライムベリー Doll☆Elements palet からっと☆ GALETTe Chelip HKT48 GEM E-girls ALLOVER CheekyParade LinQ 私立恵比寿中学 X21 AKB48 amorecarina SUPER☆GiRLS 放課後プリンセス Ange☆Reve さくら学院 乃木坂46 まなみのりさ さんみゅ~ アリス十番 Splash! チームしゃちほこ Candy Kiss AKB48G 乙女新党 ベイビーレイズ ももクロ アップアップガールズ(仮) Prizmmy☆ 愛乙女★DOLL asfi フェアリーズ PASSPO☆ でんぱ組.inc predia Rev.from DVL ひめキュンフルーツ缶 9nine 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「鈴木貴雄」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました