もしもし情報局 > 文芸評論家 > 群馬県 > 黒古一夫

黒古一夫の情報 (くろこかずお)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

黒古一夫の情報 (くろこかずお) 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、出身地]


【ポケモンGO】
ポケモンの発生場所、時間


■名前・氏名
黒古 一夫
(くろこ かずお)
■職業
文芸評論家
■黒古一夫の誕生日・生年月日
1945年12月12日(年齢74歳)
■出身地・都道府県
群馬出身

黒古一夫と同じ年に生まれた芸能人(1945年生まれ)

黒古一夫と同じ誕生日の人(12月12日)

黒古一夫と同じ出身地の芸能人(群馬県生まれ)


もしもしロボ調査[Wiki(ウィキ)情報]

黒古一夫

著書

『北村透谷論 天空への渇望』冬樹社 1979

『小熊秀雄論 たたかう詩人』土曜美術社 1982

『原爆とことば 原民喜から林京子まで』三一書房 1983

『祝祭と修羅 全共闘文学論』彩流社 1985

『大江健三郎論 森の思想と生き方の原理』彩流社 1989

『村上春樹 ザ・ロスト・ワールド』六興出版 1989

『村上春樹と同時代の文学』河合出版 1990

『立松和平-疾走する「境界」』六興出版 1991 「立松和平-疾走する文学精神 増補」随想舎 1997

『原爆文学論 核時代と想像力』彩流社 1993

『三浦綾子論 「愛」と「生きること」の意味』小学館 1994

『大江健三郎とこの時代の文学』勉誠社 1997

『立松和平伝説』河出書房新社(人間ドキュメント)2002

『小田実「タダの人」の思想と文学』勉誠出版 2002

『作家はこのようにして生まれ、大きくなった 大江健三郎伝説』河出書房新社 2003

『野間宏 人と文学』勉誠出版(日本の作家100人)2004 

『灰谷健次郎 その「文学」と「優しさ」の陥穽』河出書房新社 2004

『戦争は文学にどう描かれてきたか』八朔社 2005

『原爆は文学にどう描かれてきたか』八朔社 2005

『魂の救済を求めて 文学と宗教との共振』佼成出版社 2006

『林京子論 「ナガサキ」・上海・アメリカ』日本図書センター 2007

『村上春樹 「喪失」の物語から「転換」の物語へ』勉誠出版 2007

『村上龍 「危機」に抗する想像力』勉誠出版 2009 

『黒古一夫書評集』勉誠出版 2010 

『『1Q84』批判と現代作家論』アーツアンドクラフツ 2011

『辻井喬論 修羅を生きる』論創社 2011

『文学者の「核・フクシマ論」―吉本隆明・大江健三郎・村上春樹』彩流社 2013

『井伏鱒二と戦争:『花の街』から『黒い雨』まで』彩流社 2014

『村上春樹批判』アーツアンドクラフツ、2015 

もしもしロボ「黒古一夫の情報に関する情報が見つかるかもしれないよ!
もしもしロボに再調査を依頼する
(数秒で調査します!)

※新しい情報があった場合は記事が追加されます。無かった場合はページ更新のみされます。

kuroko kazuo


ポケモンの発生場所、時間
ポケストップの場所


黒古一夫さんはハクリューを探しているのかも知れない!


注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
黒古一夫
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

話題の芸能人・有名人

おまかせワード

          わ行          は行        ら行                  や行    ま行         

グループ

asfi amorecarina ベイビーレイズ Prizmmy☆ さくら学院 CheekyParade でんぱ組.inc Splash! SUPER☆GiRLS ライムベリー Ange☆Reve palet E-girls 愛乙女★DOLL キャンディzoo HKT48 私立恵比寿中学 Silent Siren からっと☆ GEM 東京女子流 さんみゅ~ まなみのりさ 風男塾 ALLOVER フェアリーズ アップアップガールズ(仮) ひめキュンフルーツ缶 Doll☆Elements 9nine 赤マルダッシュ☆ THE ポッシボー 夢みるアドレセンス X21 ハロプロ PASSPO☆ CoverGirls LinQ GALETTe アリス十番 Rev.from DVL Candy Kiss アイドルカレッジ SKE48 Chelip チームしゃちほこ 乃木坂46 ももクロ AKB48G BABYMETAL NMB48 放課後プリンセス Especia 乙女新党 AeLL. AKB48 predia アイドリング 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「黒古一夫」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました