もしもし情報局 > 辞書 > あみん

「あみん」とは

あみん|Wiki【もしもし辞書】


もしもしロボ調査[Wiki(ウィキ)情報]

あみん

あみんは、岡村孝子と加藤晴子の2人による音楽グループ。アルファベット表記は「Aming」。

歌うときは、向かって左側に岡村、右側に加藤が立つ(コンサートでは曲目によって立ち位置が入れ替わることもある)。岡村の歌う主旋律に加藤がハーモニーを加える曲が多い。

1980年代前半にシングル4枚とオリジナルアルバム2枚をリリースののち活動休止、2007年に活動を再開した。

来歴

岡村孝子と加藤晴子は、名古屋市千種区の椙山女学園大学の同級生として知り合った。岡村は愛知県立岡崎北高等学校を卒業して1浪後に入学、加藤は愛知県立小坂井高等学校を卒業後に現役で入学しており、2人は1歳違いである。大学入学時、岡村が履修届の書き方を加藤に尋ねたのが2人の出逢ったきっかけである。

岡村が加藤に自作の曲を聞かせたことで、2人は意気投合して、デュオを結成することになった。デュオ名は、さだまさしの楽曲「パンプキン・パイとシナモン・ティー」(1979年、アルバム『夢供養』収録)に登場する喫茶店「安眠(あみん)」から採った。当初は「亜未夢」という漢字を当てていたものの「あくむ」などと誤読されることが多かったため、平仮名表記に変えた(さだが喫茶店の名前にした「安眠」の由来は、ウガンダの独裁者イディ・アミンである)。

1981年秋、あみんは第22回ヤマハポピュラーソングコンテスト(通称ポプコン)に「琥珀色の想い出」で出場。本選(全国大会)へは進めなかったが、中部北陸大会で優秀曲賞を受賞した。ちなみに、このとき同じブロックからアラジンの「完全無欠のロックンローラー」が本選に進み、グランプリを獲得した。

1982年春、第23回ポプコンに「待つわ」で出場、5月16日の本選に進出、グランプリを獲得した。

同年7月25日、「待つわ」で日本フォノグラムよりレコードデビュー。1982年唯一のミリオンセラー(102万枚)を記録した。あまりの有名さと分刻みのスケジュールで、大学の授業に出ると教授から「芸能人は来るな」と教室を追い出されたというエピソードもあった。同年12月31日には『第33回NHK紅白歌合戦』に出場した。

1983年4月25日、1枚目のアルバム『P.S. あなたへ…』をリリースした。他のアーティストからの提供曲も歌わせたいというレコード会社側の意向と、できるだけ多く自作曲を歌いたいという当人の意向が衝突し、当初は前年10月にリリースする予定だったものを延期して、あみん側の意向を通し、オリジナル曲中心の構成となった。同年5月から全国6か所で初ツアーも行った。

この頃から、加藤が活動を辞める意思を示した。「芸能界は私のいる場所ではない」が動機だった。岡村も加藤に同意した。岡村は後に、「私が半ば強引に誘ってデビューした。ハコ(加藤)の気持ちを尊重したかった。別の人と組んでとレコード会社の人に言われたけど、ハコ以外の人とのあみんは考えられなかった」と振り返っている。

結局、1983年12月18日、愛知県勤労会館のコンサートが最後の活動となった。このコンサートがファイナルであることはあえて公表されず、翌々日の12月20日にリリースしたアルバム『メモリアル』をもって休止ということになっている。アルバム『メモリアル』は、前作とは対照的に、全曲がヤマハ音楽振興会所属・出身アーティストによる既発表曲のカバーであった。

加藤は大学を卒業後、テレビ東京に就職、のち結婚し、一般人の主婦として生活を送る。

岡村がソロデビューした後も、プライベートでは岡村・加藤の交流は続いていた。加藤の娘は長年、母親がかつて歌手としてヒット曲を出したことを知らず、岡村からの電話を母親に取り次ぐことがあっても、相手が有名なシンガーソングライター「岡村孝子」だとは知らなかったという。

2002年、岡村のリクエストにより、デビュー20周年記念シングル『天晴な青空』にコーラスとして加藤が参加する。同年9月6日、渋谷公会堂でおこなわれた岡村のコンサート「DO MY BEST」ツアー最終日のアンコールに加藤が登場し、あみんを一夜限りで再結成して「待つわ」を歌った。ただし、当時から半音下げたキーによる演奏だった。その模様は、岡村のライブDVD『Encore V 〜20th Anniversary Concert Tour, '02 DO MY BEST〜』に収録されている。

NHK『夢・音楽館』(2005年)で、岡村はあこがれのさだまさしと初共演した。岡村はソロ時代は一切音楽番組の出演を断っていたが、さだの共演とのことで出演した。同年の岡村のコンサートもNHKのBSで放送後、視聴者からDVD発売や再放送等の反響が大きくなった。さらにこれが縁となり、さだとのコラボレーションによるシングル「銀色の少女」(2006年)が発表され、加藤との共演が再び実現した。2006年12月16日、岡村のソロコンサート『Christmas Picnic』のアンコールで加藤が飛び入り出演し、あみんとしての活動を2007年より再開することが発表された。結果、岡村のテレビでのさだとの出演が、あみん再結成のきっかけとなった。

2007年6月20日付けでBMG JAPAN(岡村が所属しているレーベルでもある)よりリリースのシングル「ひまわり/待つわ'07」(うち「待つわ'07」は、レコードデビュー曲の新録音)で活動を再開し、同年7月25日にはアルバム『In the prime』をリリース、これに続き同年8月24日から9月15日のコンサートツアー『25th Anniversary “Aming” Concert Tour 2007』を実施した。

同年7月11日にはまた、およそ25年ぶりに「あみん」としてNHK総合テレビの音楽番組『SONGS』に出演し、「夢をあきらめないで」「待つわ'07」「ひまわり」を歌った。番組では、ライブだけでなく、母校である椙山女学園を訪問し、互いに宛てた手紙を披露するVTRも挿入され、ある時期から全く別の人生を歩いてきた2人が、さまざまな経験をして再び結成するまでの道のりを描いた。

同年12月19日、1980年代(活動休止前)の発表曲をまとめた『P.P.S. あなたへ…』(デジタル・リマスタリング音源)と、9月15日のコンサートを収録したライブDVD『25th Anniversary Aming Concert Tour 2007 In the prime 〜ひまわり〜』がリリースされた。DVDには、『SONGS』に出演した際に歌唱収録されたままお蔵入りとなった「銀色の少女 〜あみんVersion〜」の映像がボーナストラックとして収録されている。

同年12月31日、『第58回NHK紅白歌合戦』に出場した。年明けに発表された個人別視聴率では、第1部の中で上位5組に入る好記録を達成した。

2008年以降もあみんとして活動中である。

2017年8月5日、第49回思い出のメロディー(NHK総合)に出演し、「待つわ」を披露し、これが、9年ぶりのテレビ(生放送)出演となった。

ディスコグラフィー

※1982~1983年にリリースされたアルバムは、CD化にあたりポニーキャニオンから再発売された(「CD選書」など)。

※自動巡回調査の為、文章がおかしな場合がありますがご了承ください。

もしもしロボ「あみんに関する情報が見つかるかもしれないよ!
もしもしロボに再調査を依頼する
(数秒で調査します!)

※新しい情報があった場合は記事が追加されます。無かった場合はページ更新のみされます。


ポケモンGO(ぽけもんごー)が日本で配信中!!
「プレイ方法がよく分からない」という人が多いみたい
【ピカチュウを手に入れる方法(裏技)】
初期ポケモン3匹(ヒトカゲ、ゼニガメ、フシギダネ)がマップ上に現れたら、タップせずに移動を続ければ初期ポケモンをピカチュウにできる
あみんさんはサンダーを探しているのかも知れない!


注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
あみん
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

おまかせワード

R  令和  モシモシ・レコーズ  1980年代  Q  S  Z    U  1990年代  Y  V  T  もしもしピット  もしもしスタジオ  1970年代  もしもし原宿  X 

話題の芸能人・有名人

おまかせワード

Z  T  U  もしもし原宿  令和  S  X  モシモシ・レコーズ  Y  Q  もしもしスタジオ  R  1980年代  1990年代    もしもしピット  1970年代  V 

グループ

CoverGirls SKE48 Chelip LinQ 風男塾 E-girls ライムベリー HKT48 GEM アップアップガールズ(仮) X21 THE ポッシボー チームしゃちほこ CheekyParade NMB48 ハロプロ asfi Doll☆Elements 東京女子流 AKB48G SUPER☆GiRLS Prizmmy☆ キャンディzoo GALETTe 乙女新党 さんみゅ~ 9nine predia アリス十番 アイドリング ひめキュンフルーツ缶 ももクロ フェアリーズ 私立恵比寿中学 Rev.from DVL ベイビーレイズ アイドルカレッジ palet 赤マルダッシュ☆ Silent Siren BABYMETAL 夢みるアドレセンス amorecarina Candy Kiss 愛乙女★DOLL AeLL. 乃木坂46 放課後プリンセス さくら学院 からっと☆ Especia Splash! ALLOVER でんぱ組.inc AKB48 まなみのりさ PASSPO☆ Ange☆Reve 

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「あみん」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました