もしもし情報局 > 辞書 >

「を」とは

を|Wiki【もしもし辞書】


もしもしロボ調査[Wiki(ウィキ)情報]

を、ヲは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音において第10行第5段(わ行お段)に位置する。

概要

現代の音韻: おと同じである。通常は母音である。

五十音順: 第47位。や行い段とえ段のいとえおよびわ行う段のうを数に加えると50位。逆に現代仮名遣いで使われないゐとゑを除くと45位。

いろは順: 第12位。「る」の次、「わ」の前。

平仮名「を」の字形: 「遠」の草体。

片仮名「ヲ」の字形: 「乎」の上の部分の変形。

変体仮名Hentai Wo1.jpg(越)

ローマ字: oまたはwo。コンピュータのローマ字入力ではwo。

通話表: 「尾張のヲ」

モールス信号: ・---

手旗信号:1→9

台湾語仮名での「ヲ」は、「ア」「イ」「ウ」「エ」「オ」のいずれでもない第六の母音を示す。発音は「オ」に近いが、口の開け方が狭い(発音記号では [o] )。

発音: Japanese wo.ogg を

現行の現代仮名遣い以前には仮名のひとつとして使われていたが、現代仮名遣いでは格助詞の「…をする(…ヲスル)」以外は使わず、「を」の仮名で表記していた言葉は「お」と書くように定められている。仮名としての「を」を呼ぶ場合には、「お」との混同を避けるため、強調して/wo/(=ウォ)と発音されたり、「ワ行の『を』」「何々『を』のを」「下の『を』」「小さい『を』」「難しい『を』」「重たい『を』」「くっつき(助詞)の『を』」などと呼ばれたりすることがある。

歴史

奈良時代には、「オ」は /o/、「ヲ」は /wo/ と発音されており明確な区別があった。借字(万葉仮名)では、オには意・憶・於・應(応)・隱(隠)・乙などの字が用いられる一方、「ヲ」には乎・呼・袁・遠・鳥・鳴・怨・越・少・小・尾・麻・男・緒・雄などが用いられていた。この時代の日本語では語頭以外には母音単独拍は立たなかったため、オとヲは語頭においてのみ対立していた。

平安時代に入ると「オ」と「ヲ」が語頭において混同されるようになり、オとヲの対立が消滅していった。混同の早い例としては、平安時代初期の『菩薩善戒経』(元慶8年〈884年〉頃の加点)に、「駈」を「ヲヒ」とした例がある。11世紀初頭には語頭の混同例が多くなり、この頃には発音がほぼ統合されていたと見られる。11世紀末までには完全に統合が完了した。統合された後の発音については、/wo/ に統合されたと考えられている。東禅院心蓮(不明 - 1181年)の『悉曇口伝』には、「ア行のヲ」(心蓮は「オ」と「ヲ」の両者に「ヲ」を用いた)について「ヲ者以ウ穴ウ而終開唇則成ヲ音也」という記述が見られ、ウを発音した後オを発音する /wo/ のような発音だったことが分かる。また「ワ行のヲ」も「ア行のヲ」と同音だと述べていることから、ア行のオとワ行のヲがいずれも /wo/ になっていたことが分かる。

11世紀中期から後期頃の成立と考えられるいろは歌には、

とあり、ア行のエとヤ行のエの区別は無いものの(ただしいろは歌にもほんらいア行のエがあったという説がある)、ア行のオとワ行のヲの区別はある。いろは歌以前の成立と見られる天地の詞(10世紀以前に成立か)や大為爾の歌(天禄元年〈970年〉の序文を持つ『口遊』に収録)でも、ア行のオとワ行のヲの区別がある。一方、寛智による『悉曇要集記』(承保2年〈1075年〉成立)には、

とあり、ヤ行のイ、ヤ行のエ、ワ行のウ、ワ行のヲが省かれている。このことから当時の音韻状態は、ア行のエとヤ行のエの区別が既に消失し、ア行のオとワ行のヲの区別も同音になっていた一方、ア行のイとワ行のヰ、ア行のエとワ行のヱは依然として区別されていたという状態だったことがわかる。鎌倉時代に入ると五十音のオとヲが入れ違うようになり、ア行にヲ、ワ行にオを配置したものが一般に使われた。

語中のハ行音がワ行に発音される現象(ハ行転呼)が奈良時代から散発的に見られ、11世紀初頭には一般化した。この現象により、語中・語尾のホの発音が /ɸo/ から /wo/ に変化し、ヲと同音になった。

ハ行転呼やいくつかの音節の統合により、同じ発音になった仮名が多数生じ、仮名遣いに動揺が見られるようになった。藤原定家(1162年 - 1241年)は仮名遣いを定めるにあたり、『下官集』の「嫌文字事」(文字を嫌ふ事)で60ほどの語について「を・お」「え・へ・ゑ」「ひ・ゐ・い」の仮名遣いの基準を示した。定家の仮名遣いは11世紀後半から12世紀にかけて書写された仮名の文学作品の用例を基準とし、「え・へ・ゑ」「ひ・ゐ・い」のなかには音韻が変化した後の仮名遣いをそのまま採っているものがある。また「を」と「お」の区別は、当時の京都における言葉のアクセントを基準にして「を」が高い音節、「お」が低い音節を表すように仮名遣いを定めた。これは当時「を」と「お」がいずれも /wo/の音になっていたのを、 /wo/の音節を含む言葉を仮名で書き分けるための方法として用いたものであった。ただしこのアクセントで以って「を」と「お」を区別することは、11世紀後半に成立した『色葉字類抄』においてすでに見られるものである。

しかしアクセントによる区別で仮名を書き分けた結果、定家の仮名遣いでは「を・お」が音韻の変化する以前の仮名遣いとは一致しないものが多く含まれることになった。例えば「置く」(おく)、「送る」(おくる)、「怒る」(おこる)、「音」(おと)、「愚か」(おろか)は本来は「お」であるが、アクセントによる使い分けに従った結果「を」になっており、逆に「荻」(をぎ)、「惜しむ」(をしむ)、「甥」(をひ)、「折る」(をる)も本来は「を」だが「お」になっている。なお「香る」(かをる)、「竿」(さを)、「萎る」(しをる)は本来はいずれも「を」だが、のちの『仮名文字遣』などではいずれも「ほ」の仮名で記されている。

南北朝時代になると、行阿が『仮名文字遣』(1363年以降成立)を著し、仮名遣いの対象語数は1000語以上と大幅に増やした。しかしこのころの京都方言のアクセント体系には非常に大きな変化が生じており、アクセントの高低が変化した語も少なくなかった上に、複合語になるとアクセントが変化する現象なども生じていた。それまでの京都のアクセントでは、二つ以上の言葉が複合語になるなどしてもそれぞれ同じアクセントに保たれたので、同じ語をアクセントにより常に一貫した仮名で書くことも可能だったのである。これらの変化により、/wo/の音を含む言葉もアクセントが変化する例が多く現れ、『仮名文字遣』の「を」と「お」のアクセントによる書き分けは、それまでの仮名遣いとは食い違うことになった。このアクセントの変化について当時の人々は気づくことができず、長慶天皇は『仙源抄』でこの「を・お」の書き分けに当時のアクセントと合わないものがあったことから、定家の定めた仮名遣いを批判した。しかしこののち一般には『仮名文字遣』に記される仮名遣いが「定家仮名遣」として世に広く受け入れられ、「を・お」の書き分けもこれが典拠とされた。定家仮名遣は和歌や連歌など歌道の世界などで広く使われたが、それ以外の分野では「を」「お」および語中・語尾の「ほ」の書き分けは混用した状態が続いた。

16世紀(室町時代後期)のキリシタン資料におけるローマ字表記では、オとヲは語頭・語中・語尾いずれにおいても uo や vo で表記されている(当時は W という文字は確立しておらず、/w/ にも V が用いられた)ことから、この時代においてもオ、ヲの発音は /wo/ であったことが分かる。

江戸時代に版行された浄瑠璃本では、「を・お」は定家仮名遣に概ね一致する書き分けがなされていたが、変字法的に用い、文中で「を・お」が出てくる度に「を」と「お」を交互に用いるなどの用法も見られた。

江戸時代の契沖(1640年 - 1701年)は、『万葉集』、『日本書紀』などの上代文献の仮名遣いが定家仮名遣と異なることに気付き、源順の『和名類聚抄』(承平年間、931年 - 938年頃成立)以前の文献では仮名遣いの混乱が見られないことを発見した。そこで、契沖は『和字正濫鈔』(元禄8年〈1695年〉刊)を著し、上代文献の具体例を挙げながら約3000語の仮名遣いを明らかにして、仮名遣いの乱れが生じる前の上代文献に基づく仮名遣いへ回帰することを主張した。契沖の仮名遣いは契沖の没後に次第に一般に受け入れられていった。また、本居宣長は『字音仮字用格』(安永5年〈1776年〉刊)で五十音図における鎌倉時代以来の誤りを指摘し、それまでア行にヲ、ワ行にオが収められていたのを本来の位置に正した。

18世紀中頃には、オ・ヲの発音が /wo/ から /o/ に変化し現代と同じになった。享保12年(1727年)に江戸で出版された『音曲玉淵集』には、「ウヲと拗音に唱ふる事悪」とあり、既に当時の江戸ではオ・ヲは /wo/ ではなく /o/ だったとみられる。明和8年(1771年)に上方で成立した『謳曲英華抄』には、「をハうより生ずる故に初に微隠なるうの音そひて唇にふれてうをといはる」とあるが、この本は実際の口語と異なる謡曲の発音を教えるものであるから、既にこの頃には上方の口語でもオ・ヲは /o/ だったと見られる。

しかし1946年(昭和21年)には表音式を基本とした『現代かなづかい』が公布され、現代の発音を反映した仮名遣いが採用された。これにより「お・を」の表記は語源に関わらず「お」に統合されることになったが、助詞の「は」「へ」「を」に関しては使用頻度が高く書き換えの抵抗感が強いため、発音通りに「わ」「え」「お」と書くのではなくそのまま残された。このため、「を」は助詞専用の仮名として残ることになった。これは完全な表音式仮名遣いに移行するまでの繋ぎの予定だったが、『現代かなづかい』はそのまま定着してしまったため、小幅な修正を加えて昭和61年(1986年)に公布された『現代仮名遣い』でも、「を」は助詞のみに残された。

※自動巡回調査の為、文章がおかしな場合がありますがご了承ください。

もしもしロボ「をに関する情報が見つかるかもしれないよ!
もしもしロボに再調査を依頼する
(数秒で調査します!)

※新しい情報があった場合は記事が追加されます。無かった場合はページ更新のみされます。


ポケモンGO(ぽけもんごー)が日本で配信中!!
「プレイ方法がよく分からない」という人が多いみたい
【ピカチュウを手に入れる方法(裏技)】
初期ポケモン3匹(ヒトカゲ、ゼニガメ、フシギダネ)がマップ上に現れたら、タップせずに移動を続ければ初期ポケモンをピカチュウにできる
をさんはナゾノクサを探しているのかも知れない!


注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
を
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

おまかせワード

一世風靡セピア  6月25日  4月5日  ラジオシティ  イーグルス  息っ子クラブ  3月25日  1986年  10月21日  メリーゴーランド  12月12日  10月9日  6月21日  1990年  9月21日  PANAM  1985年  1992年  東京JAP  チェッカーズ  ネバーランド  7月5日  1984年  少年隊  2月15日  9月1日  SALLY  1989年  7月1日  5月27日 

話題の芸能人・有名人

おまかせワード

SALLY  息っ子クラブ  PANAM  7月1日  4月5日  ラジオシティ  メリーゴーランド  12月12日  9月1日  1984年  1985年  3月25日  イーグルス  1990年  1992年  10月21日  チェッカーズ  7月5日  6月21日  9月21日  一世風靡セピア  10月9日  ネバーランド  5月27日  東京JAP  1989年  2月15日  6月25日  少年隊  1986年 

グループ

風男塾 ベイビーレイズ アリス十番 ハロプロ Especia アップアップガールズ(仮) 夢みるアドレセンス GEM 私立恵比寿中学 アイドリング palet SKE48 AeLL. 東京女子流 BABYMETAL Rev.from DVL 赤マルダッシュ☆ AKB48G アイドルカレッジ amorecarina AKB48 からっと☆ ALLOVER さんみゅ~ さくら学院 GALETTe 愛乙女★DOLL NMB48 Ange☆Reve HKT48 CheekyParade 放課後プリンセス Splash! predia Chelip まなみのりさ 9nine 乃木坂46 PASSPO☆ キャンディzoo ももクロ Prizmmy☆ X21 ライムベリー ひめキュンフルーツ缶 Candy Kiss でんぱ組.inc 乙女新党 asfi THE ポッシボー SUPER☆GiRLS E-girls CoverGirls フェアリーズ Doll☆Elements LinQ チームしゃちほこ Silent Siren 

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「を」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました