もしもし情報局 > 辞書 > キャンディーズ

「キャンディーズ(Candies) 」とは

キャンディーズ(Candies) |Wiki【もしもし辞書】


もしもしロボ調査[Wiki(ウィキ)情報]

キャンディーズ

キャンディーズ(Candies)は、1970年代に活躍した日本の女性3人組のアイドルグループである。所属事務所は渡辺プロダクション。多くの楽曲は、当時渡辺音楽出版の社員だった松崎澄夫(元・アミューズソフトエンタテインメント代表取締役社長)のプロデュースによるものであった。

メンバー

伊藤蘭(愛称はラン、1955年(昭和30年)1月13日 - )

藤村美樹(愛称はミキ、1956年(昭和31年)1月15日 - )

田中好子(愛称はスー、1956年(昭和31年)4月8日 - 2011年(平成23年)4月21日)

略歴

キャンディーズのメンバーは、3人とも東京音楽学院のスクールメイツ出身。最終選抜で3人が選ばれたが、彼女ら以外に太田裕美やザ・ヴィーナスのボーカルであったコニーもいた。 1972年(昭和47年)4月に、NHKの新番組『歌謡グランドショー』のマスコットガールとして3人揃って抜擢され、番組プロデューサーから「食べてしまいたいほどかわいい女の子たち」を意味して「キャンディーズ」と名付けられた。3人ともスクールメイツの中でも特に目立つ存在ではなく、『歌謡グランドショー』でもマスコットガール兼アシスタント(椅子・マイク運び・代理音合わせ)に過ぎず、歌手デビューの予定はなかった。しかし『歌謡グランドショー』に出てしばらくたった頃、東京音楽学院をたまたま訪れた松崎澄夫が、教室に入ってきたキャンディーズの3人を見て「かわいい子がいる」と目を留めた。松崎が音楽学院の担当者にレコードデビューの有無を聞くと、「まだです」との返事が返ってきたので、松崎はそのままキャンディーズの歌手デビューを決定した。

1973年(昭和48年)に「あなたに夢中」で歌手デビュー。またデビュー前からは、人気バラエティ番組『8時だョ!全員集合』にもレギュラー出演していたが、デビュー後しばらくはヒット曲に恵まれなかった。デビュー当時のメインボーカルは、当時最も歌唱力が高かった田中が起用された。

だが当時のマネージャーである諸岡義明が、3人の中で伊藤だけファン層が異なる(お姉さん的)ことを発見、諸岡の提案により、1975年(昭和50年)に発売した5枚目のシングル「年下の男の子」で方針を転換。「お姉さん」的キャラクターの伊藤をセンター・メインボーカルに据えて前面に出したところ、これが当たって初ヒットとなり、又オリコンでも初のベストテン入りを果たした。

翌1976年(昭和51年)発売の「春一番」は、オリコンで当時最高の週間3位を獲得。その後1977年(昭和52年)にも「やさしい悪魔」「暑中お見舞い申し上げます」など、シングル曲を立て続けにヒットを飛ばす。それ以降のシングルでは、「わな」が藤村のセンターである以外、全て伊藤がセンターを務めた。その個性の違う3人という組み合わせや、『8時だョ!全員集合』や、『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』などのバラエティ番組でコントまでこなす積極的なテレビ出演と、愛らしい振り付けを交えた数々のヒット曲により、幅広い人気を獲得した。

キャンディーズのデビューから遅れること3年、1976年のデビュー直後から社会現象的に爆発的な人気を博したピンク・レディーとは同じ女性アイドルグループとして比較されることが多かった。それ故、一部では両者をライバルとして見る向きもあったが、当人たちはライバルというより同じ時代を生きる戦友のようなイメージをもっていたようで、田中と増田恵子などはとても仲がよかった。

しかし1977年の夏、人気絶頂となりつつあったキャンディーズは、突如解散を発表する。同年7月17日、日比谷野外音楽堂のコンサートのエンディングで、3人は涙を流しながら、伊藤が「私たち、皆さんに、謝らなければならない事があります」、藤村が「ごめんなさい」、田中が「許してください」と、それぞれファンに対して謝罪。それから「私たち、今度の9月で解散します」と突然の解散宣言。そのとき伊藤が泣き叫びながら発言した「普通の女の子に戻りたい!」は非常に有名になり、当時流行語にもなっている。

翌日の7月18日午後、キャンディーズは所属事務所・渡辺プロにおいて緊急記者会見を行い、また同日夜にはフジテレビ系列『夜のヒットスタジオ』へ生出演の際、改めて陳謝する。当初3人は、2か月後の同年9月末限りで解散する意思を固めていたものの、事前に所属事務所の正式な了承を得ずに発表したこともあり、事務所からの説得と話し合いの末、解散はその後約半年間先送りされることになった。

この電撃的な解散発表からキャンディーズの人気は沸騰し、ラストシングルの「微笑がえし」では、最初で最後のオリコン1位を獲得する。それまでのシングルが1位を獲得したことが無かったため、ファンをはじめ関係者が解散までには1位を獲得させたいとする支援の後押しがあった(後述)。キャンディーズは解散によって、さらに人気を盛り上げたと言える。

1978年(昭和53年)4月4日、後楽園球場に当時空前であった5万5千人を集め、マスコミが歌謡界史上最大のショーと呼び、日本でも『ザ・ピーナッツ さよなら公演』以来2例目となるお別れコンサート(『ファイナルカーニバル』)が行われ、4年半の活動に終止符を打った。なお、後楽園球場でコンサートを開いたのは女性歌手(グループ)において、キャンディーズがはじめてである。この模様は3日後の4月7日にTBS系列で全国に録画収録でテレビ放送され、平均視聴率32.3%(関東地区)という単独アーティストによる音楽番組としては歴代1位の高視聴率を獲得している。最後に述べた「本当に私たちは、幸せでした!!」の口上も有名。コンサートの最後に歌われた「つばさ」は先に解散を知った全国キャンディーズ連盟の有志が作った「3つのキャンディー」という歌への返歌として伊藤が作詞したものである。歌う前に伊藤が「やはりこの歌を歌いたい」と言ったのはそのためである。

なお、解散直後もTBSテレビ『ザ・ベストテン』内では「微笑がえし」が引き続きランクインした為、慰労会を兼ねたスタッフとの日本国外でのバカンス中に、電話ではあるがTV出演をしたことがある。

解散後は一度も再結成を行わなかった。但し、プライベートでは時々3人で集まっていたという。

伊藤は、1980年(昭和55年)に芸能界へ復帰。俳優・歌手の水谷豊と1989年(平成元年)に結婚し、1児の母となる。現在は女優・ナレーターなどでも活動中である。

田中は、1980年に復帰後、主に女優として活動。その間一時ソロ歌手として、音楽活動も行いシングル「カボシャール」などをリリース。1991年(平成3年)に結婚(夫は夏目雅子の兄)。2011年(平成23年)4月21日に乳がんのため55歳で死去。

藤村は、1983年(昭和58年)にソロ歌手として期間限定で復帰、カネボウ春のキャンペーンソング「夢・恋・人」(シングル、アルバムともに同名)を発表。マスコミにも取りあげられ、『ザ・ベストテン』に「今週のスポットライト」で出演、日本テレビ『ザ・トップテン』で10位にランクインしスマッシュ・ヒットとなった。間もなく結婚して以降芸能界の表舞台は出ていなかったが、2011年4月に田中の葬儀に出席、28年ぶりに公の場へ姿を現した。

※自動巡回調査の為、文章がおかしな場合がありますがご了承ください。

もしもしロボ「キャンディーズに関する情報が見つかるかもしれないよ!
もしもしロボに再調査を依頼する
(数秒で調査します!)

※新しい情報があった場合は記事が追加されます。無かった場合はページ更新のみされます。

Candies


ポケモンGO(ぽけもんごー)が日本で配信中!!
「プレイ方法がよく分からない」という人が多いみたい
【ピカチュウを手に入れる方法(裏技)】
初期ポケモン3匹(ヒトカゲ、ゼニガメ、フシギダネ)がマップ上に現れたら、タップせずに移動を続ければ初期ポケモンをピカチュウにできる
キャンディーズさんはロコンを探しているのかも知れない!


注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
キャンディーズ
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

おまかせワード

なないろファンタジー  ジュネス☆プリンセス  サンスポアイドルリポーター  ステーション♪  Doll☆Elements  nanoCUNE  DokiDoki☆ドリームキャンパス  危ない女の子シスターズ  バクステ外神田一丁目  スルースキルズ  BiS  フェアリーズ  VIC:CESS  ナト☆カン  ひめキュンフルーツ缶  とちおとめ25  G☆Girls  palet  さんみゅ〜  ブラウンアイドガールズ  キラポジョ  pramo  BRW108  東京女子流  notall  でんぱ組.inc  KNU  少女時代  バンドじゃないもん!  つりビット 

話題の芸能人・有名人

おまかせワード

バクステ外神田一丁目  Doll☆Elements  サンスポアイドルリポーター  palet  さんみゅ〜  東京女子流  BRW108  G☆Girls  危ない女の子シスターズ  BiS  バンドじゃないもん!  キラポジョ  notall  pramo  ひめキュンフルーツ缶  なないろファンタジー  つりビット  ブラウンアイドガールズ  スルースキルズ  VIC:CESS  ステーション♪  でんぱ組.inc  KNU  とちおとめ25  ジュネス☆プリンセス  フェアリーズ  nanoCUNE  少女時代  DokiDoki☆ドリームキャンパス  ナト☆カン 

グループ

キャンディzoo フェアリーズ AeLL. アイドルカレッジ 愛乙女★DOLL 私立恵比寿中学 アップアップガールズ(仮) アイドリング 9nine ALLOVER NMB48 BABYMETAL 風男塾 赤マルダッシュ☆ ライムベリー SKE48 Silent Siren Chelip GALETTe ももクロ amorecarina ハロプロ Prizmmy☆ PASSPO☆ AKB48G CoverGirls でんぱ組.inc 東京女子流 Ange☆Reve 夢みるアドレセンス ひめキュンフルーツ缶 palet Doll☆Elements CheekyParade Rev.from DVL ベイビーレイズ Candy Kiss predia E-girls さんみゅ~ 乙女新党 さくら学院 asfi GEM SUPER☆GiRLS HKT48 LinQ Splash! 乃木坂46 まなみのりさ 放課後プリンセス X21 アリス十番 THE ポッシボー Especia チームしゃちほこ からっと☆ AKB48 

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「キャンディーズ」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました