もしもし情報局 > 辞書 > BiS

「BiS(びす) 」とは

BiS(びす) |Wiki【もしもし辞書】


もしもしロボ調査[Wiki(ウィキ)情報]

BiS

新生アイドル研究会

Brand-new idol Society

1.1 第1期(2010年 - 2014年)

1.2 第2期(2016年 - 2019年)

1.3 第3期(2019年 - )

2.1 第1期

2.2 第2期

2.3 第3期

3.1.1 現メンバー

3.1.2 旧メンバー

3.2.1 最終メンバー

3.2.2 旧メンバー

3.2.3 終身名誉メンバー

3.3.1 最終メンバー

3.3.2 旧メンバー

3.3.3 マネージャー

3.4.1 第1期

3.4.2 第2期

3.4.3 第3期

4.1 シングル

4.2 アルバム

4.3 コンピレーション・アルバム、ベスト・アルバム

4.4 オムニバス参加・ゲスト参加作品

4.5 映像作品

4.6 その他

5.1 ラジオ

5.2 テレビ

5.3 映画

5.4 書籍

6 「IDOL騒動」

7 研究員

8 脚注

9 関連項目

10.1 公式サイト

10.2.1 旧メンバー

10.3 公式ブログ

10.4 インタビュー記事

10.5 その他

略歴

10月 - 公開メンバー選考オーディション

11月 - 活動を開始。

2月4日 - morph-tokyo(六本木)『オンナノコノウタ』にて初ライブ。

2月12日 - 吉祥寺CLUB SEATAにて開催されたイベント"痛音presents『バレンタインハートフルライブ2011〜感謝をこめて〜』"に急遽出演。

3月19日 - バンキンヤ(秋葉原)『アイドルキュレーション☆Night』 にて「パプリカ」を初披露。歌のパートがあるメンバー以外は全編通じてヘッドバンギングを続ける振り付けが衝撃を与える(後に準備体操から始まるバージョンに変更)。

3月23日 - アルバム『Brand-new idol Society』でつばさレコーズよりCDデビュー。レコ発イベント『新生アイドル研究会 報告会DX』を阿佐ヶ谷ロフトAにて開催。

4月24日 - 初の自主企画ワンマン・ライヴ『God save the BiS』を中野 heavysick ZEROにて開催。メンバーのキスマーク入りのチケットが準備され、約80枚のチケットをソールドアウト。ライブ中、代表曲nerveを4回披露したことに加え(オープニングにて3回連続で披露された)、メンバーのプー・ルイとナカヤマ ユキコがステージ上で「パプリカ」PVで見せたディープキスを再現した。

5月5日 - タワーレコード新宿店にてインストアライブを開催。

6月2日 - ヨコヤマリナの脱退を公式HPで発表。その号外をメンバーが配布。

6月24日 - 『下北沢SHELTER異種格闘』を以てヨコヤマリナが脱退。

7月9日 - 下北沢SHELTERにおける『NEVER MIND THE BiS』にてテラシマユフが加入。

10月29日 - 下北沢SHELTERで『BiSのハロウィン/パーティー』開催。謎の大物DJ nozomiがイベントを大いに盛り上げる。

12月20日 - 2011年の目標であった恵比寿リキッドルームでのワンマンライブ『IDOL is DEAD』を開催。一曲目の「nerve」を披露後、ナカヤマ ユキコが脱退を表明する。

12月31日 - 下北沢SHELTERにおける「SHELTER 20th ANNIVERSARY『THE FINAL OF 2011〜第1部〜』」にてナカヤマ ユキコが脱退。

3月24日 - 新宿ロフトプラスワンでCDデビュー1周年イベント『全曲踊ろうぜみんな。あと乾杯しよう。』を開催。その場で渡辺マネージャーが涙ながらにディレクター降板を発表。「IDOL騒動」の発端となる。

4月15日 - 下北沢SHELTER、ワンマンライブ『Killer BiS』で新メンバーワキサカユリカ、ミチバヤシリオの加入とavex traxへのレコードレーベル移籍を発表する。

5月20日 - 堀江GOLDEEにて初の大阪ワンマン『OK BiS』(昼夜2回公園)を開催。

7月18日 - avex traxよりマキシシングル「PPCC」でメジャー・デビュー。

7月20日 - 同日正午から翌21日正午まで、ドン・キホーテ新宿店で『愛DOLはみんなを疲弊させる!? 24時間耐久フリーライブ&握手+チェキ会』を開催。この模様はニコニコ生放送で24時間生中継された。

10月21日 - 赤坂BLITZでの初のワンマンライブ『IDOL is DEAD Repetition』を開催。2013年3月16日に両国国技館でワンマンライブを行う事が発表された。

11月18日 - 四谷アウトブレイクで開催されたイベント『自家発電Vol.00』で、ノイズバンド非常階段とのコラボユニット「BiS階段」としてライブ。ライブ中にBiSのメンバーが鳥の臓物や生麺を客席へ投げ込むパフォーマンスを披露。以後、BiS階段としてのライブ活動もたびたび行うようになる。

1月27日 - 新宿・風林会館での都内最大の女装ニューハーフイベント『プロパガンダ』に出演。1時間ステージで13曲を披露。機材トラブルでライヴが一時中断というハプニングもあったが、ここぞとばかりにマネージャーがステージに登場し、テキーラショット2発+脱衣で事無きを得た。

2月6日 - ワキサカユリカの脱退が公式HP及びワキサカユリカのブログで発表される。

3月16日 - 両国国技館でワンマンライブ『WHO KiLLED IDOL?』を開催。ワキサカユリカがこの公演を以って脱退。「2階席以外は満員」の4000人が集まる。

4月12日 - テラシマユフの脱退が公式HP及びテラシマユフのブログで発表される。

5月26日 - 渋谷Club Asiaにてワンマンライブ『BiS4』、『BiS48』を開催。『BiS4』をもってテラシマユフがBiSを脱退した。また『BiS48』では新メンバー(テンテンコ、カミヤサキ、ファーストサマーウイカ)の発表と、その新メンバーを加えて6人体制でのライブが行われた。

8月16日 - ミチバヤシリオの脱退が公式HP及びミチバヤシリオのブログで発表される。

8月17日 - DDTプロレスリング主催のDDT万博〜プロレスの進歩と調和〜で、プー・ルイが福田洋とシングルマッチを戦う。この戦いは金的ありルールとして実施された。

9月1日 - Zepp DiverCityにてワンマンライブ『IDOL SUiCiDE』を開催。渡辺淳之介から15000人の会場仮押さえ、及び各メンバーに会場を埋めるための案10000字以上を書くように命じる。(後に課題未達成により会場キャンセル)

9月20日 - 同日正午から翌21日正午まで、渋谷COCONUTS LOUNGEで『愛DOLはみんなを疲弊させる!? 24時間耐久フリーライブ&特典会 Repetition』を開催。特典会では握手会、チェキ会に加え、ケツバット会、ビンタ会、ハグ会、罵倒会、高政あーん会、ナース姿でのローション握手会等を開催。カミヤサキが“24時間100キロマラソン”への挑戦を発表。またこのイベントだけでシングル「Fly/Hi」を7000枚以上売り上げ、翌日のオリコンデイリーチャートの2位を記録した。

9月22日 - おながわ秋刀魚収獲祭2013の出演をもって、ミチバヤシリオがBiSを脱退。

10月27日 - KBS京都で行なわれたフェス『ボロフェスタ』で、ノイズバンド非常階段、ロックバンドソウル・フラワー・ユニオンとの合体バンド「ソウルフラワーBiS階段」が実現し、ソウル・フラワー・ユニオンの代表曲「海行かば 山行かば 踊るかばね」、ニューエスト・モデルの代表曲「こたつ内紛争」が演奏され、宮城県女川町の「蒲鉾本舗・高政」の蒲鉾が客席に投げ込まれた。

11月5日 - 二子玉川ライズ・ガレリアにて開催されたイベント『HOT DENPO FESTIVAL 2013』にて、コシノジュンコが正式加入。同イベントのテーマソング「恋する電報Japan」を披露。また、コシノジュンコが終身名誉メンバーに就任することが発表された。

11月10日 - 新木場STUDIO COASTにて開催された『TOKYO BOOTLEG 7th Anniversary』で、コショージメグミの加入を発表。

12月3日 - 広島ナミキジャンクション公演を皮切りに、全国ツアー『BiS after all』がスタート。このツアーでは車中泊と自炊が義務付けられ、ファンからの差し入れや買い食いなども一切禁止となる。またこのツアーの模様が密着撮影され、「ODD FUTURE」のミュージック・ビデオとして公開される。

1月11日 - 代々木公園野外ステージにて『BiSの野外極寒ライブ〜ライブは寒風摩擦〜』と題した野外ライブを開催。かねてよりこの日のライブで今後のグループに関する重大発表をするとアナウンスしていたが、諸事情により発表が出来なくなり、メンバーが悔し涙を流すという事態が発生。

2月12日 - 新宿ステーションスクエアにて『伝えたいことがあるんだ』と題したフリーライブを開催。2014年7月8日に横浜アリーナで行われるワンマンライブ『BiSなりの武道館』でのグループ解散を正式発表。フリーライブは「nerve」「レリビ」の2曲で中止となる。

3月22日 - 渋谷O-WESTで行なわれた『闇鍋音楽祭』で、2度目の「ソウルフラワーBiS階段」が実現し、ソウル・フラワー・ユニオンの代表曲「海行かば 山行かば 踊るかばね」、ニューエスト・モデルの代表曲「こたつ内紛争」に加えて、ジャックスの「堕天使ロック」、BiSの「nerve」が演奏された。

4月13日 - 那覇output公演を皮切りに、ラスト全国ツアー『THE BiS WHO SOLD THE WORLD TOUR』がスタート。2014年6月30日札幌公演までの全24公演。

7月2日 - 新宿ステーションスクエアにて『最後のお願い』と題したフリーライブを開催。売れ行きが伸び悩む解散ライブ『BiSなりの武道館』の集客を呼びかけ、「nerve」を披露した。フリーライブの前にはメンバーが街宣車に乗って都内を周遊した。

7月8日 - 横浜アリーナで解散ライブ『BiSなりの武道館』を開催。元メンバーのヨコヤマリナ、ナカヤマユキコ、ミチバヤシリオを加えた「nerve」に始まり、全49曲を3時間半かけて歌いきった。最後にメンバーの解散後の活動予定と『元BiSなりのワンマンライブ』開催を発表し、約3年半の活動を締めくくった。会場には約8000人が集結した。

7月9日 - 『元BiSなりのワンマンライブ』開催。

9月4日 - 中野heavysickZEROにて、新メンバーを入れての再結成ワンマンライブ『THiS is BiS』を開催。また、オーディションに落選したメンバーのうち5名(のち1名が辞退)がBiSの公式ライバルグループ「SiS」を結成し活動していくことが発表された。その後、SiSは2016年9月25日に中野heavysickZEROにて、お披露目ライブ『THiS is SiS』を開催したが、翌9月26日にスタッフのグループ活動に対する背任行為により活動休止となった。10月6日には、渡辺淳之介のTwitter上に公開された動画で、SiS元メンバーのうち3名のGANG PARADEへの加入とWACK所属、さらに11月13日に東京・新宿BLAZEで開催のGANG PARADEワンマン・ライブ「Barely Last」でお披露目されることが発表された。

11月20日 - 下北沢SHELTERにて、ワンマンライブ『Brand-new idol Society』を開催。このライブでは、2017年2月22日に2ndアルバムを発売することと、1月から全国6都市を回る『Re:STUPID TOUR』を行うことが発表された。

3月28日 - 同日から4月2日まで開催されたWACK合同オーディション最終審査に、プー・ルイとアヤ・エイトプリンスが参加。4月2日に横浜赤レンガ倉庫イベント広場で行われたフリーイベント「WACK EXHiBiTiON」でオオショージメグミ(パン・ルナリーフィ)とヒラノノゾム(ももらんど)のBiS加入、アヤ・エイトプリンスとGANG PARADEのカミヤサキが、5月から9月末までの期間限定でレンタルトレードすることが発表された。また、パン・ルナリーフィとももらんどは、5月30日にLIQUIDROOMで行われた「BAD SOCiAL TOUR」初日公演でお披露目された。

8月6日 - ペリ・ウブの体調不良により、東京・赤坂BLITZで開催が予定されていた「BAD SOCiAL TOUR」最終公演「IDOL is DEAD」が10月6日に延期が決定したのを受け、GANG PARADEとBiSHが出演する代替公演「SORRY!! NEXT BiS ONEMAN is 10.6!!」を開催。同公演にて10月から、GANG PARADEとBiSのツーマン・ツアー「HELL!! CLASH!! BREAK!! TOUR」開催と、当初9月末までを予定していたアヤ・エイトプリンスとカミヤサキのレンタルトレード期間の無期限延長決定が併せて発表された。

8月7日 - ペリ・ウブの体調不良により、8月16日に予定されていたシングル「I can't say NO!!!!!!!」の発売日が10月4日に延期されることが発表された。

9月15日 - プー・ルイがダイエット企画「DiET or DiE」の失敗に伴い、2017年9月16日より活動休止。

10月2日 - BiSH、BiS、GANG PARADEメンバーからなるシャッフルユニット・SAiNT SEXの結成を発表。ユニットにはBiSHのアイナ・ジ・エンドとアユニ・D、BiSのプー・ルイとカミヤサキ、GANG PARADEのユメノユア、ヤママチミキ、アヤ・エイトプリンスが参加。

10月6日 - ワンマンライブ「IDOL is DEAD」延期振替公演を東京・赤坂BLITZで開催。ライブの途中、ステージ上のカミヤサキからの呼びかけに応える形で会場にいたプー・ルイがステージに上がり、そのまま復帰。併せて日本クラウンのレーベル・CROWN STONESより2度目のメジャーデビューと、2018年1月より東名阪ツアーの開催を発表。

10月18日 - SAiNT SEXの“Tシャツ付きシリアルナンバー入りCD”「WACK is FXXK」を、タワーレコード限定で2000枚での限定生産にてリリース。

12月6日 - BiSH、BiS、GANG PARADE、EMPiREのマネジメントを行うWACKと、WACK所属アーティストらの楽曲制作を手がける松隈ケンタ率いるSCRAMBLESの設立3周年記念アルバム『WACK & SCRAMBLES WORKS』発売。BiSH、BiS、GANG PARADE、EMPiREのシャッフルメンバーによるカバー8曲に加え、SAiNT SEX「WACK is FXXK」、EMPiREの初CD音源も収録。

12月8日 - 東京・Zepp DiverCity TOKYOで開催された所属事務所WACKの主催イベント「WACKのフェス。」に出演。SAiNT SEXが持ち曲「WACK is FXXK」をパフォーマンス。終了後にWACK代表の渡辺がステージに登場し、SAiNT SEXの解散を発表。この日の公演が同ユニットのラストライブとなった。さらにアヤとカミヤのレンタルトレードを2018年3月3日で解除することを発表。3月4日に東京・両国国技館で行われるワンマンライブ「BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL??」にGANG PARADEも登場し、“レンタルトレード終了の儀”を行うことを宣言した。

1月6日 - 東京・中野heavy sick ZEROで行われた東名阪ツアー「BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR」の初日公演にて、プー・ルイが3月4日に東京・両国国技館で行われるワンマンライブ「BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL??」をもってグループを脱退することをプー・ルイ本人が発表。

3月4日 - 東名阪ツアー「BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR」のツアーファイナルとなるワンマンライブ「BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL??」を、東京・両国国技館で開催。BiSとGANG PARADEのメンバーが渡辺と共に登場し、“レンタルトレード終了の儀”が執り行われたほか、本公演をもってBiSの発起人であるプー・ルイがグループを卒業。

3月6日 - 合宿型オーディション「WACK合同オーディション2018」実施が発表され、3月12日から18日まで行われるこの合宿に、BiSよりペリ・ウブとパン・ルナリーフィが参加。合宿の模様は、ニコニコ生放送で生中継されることが決定した。

3月7日 - 2度目の“メジャーデビュー”となる両A面シングル「WHOLE LOTTA LOVE / DiPROMiSE」をリリース。「WHOLE LOTTA LOVE」はプー・ルイおよび3月4日公演をもってGANG PARADEへと籍を戻すカミヤサキは不参加で、カミヤとレンタルトレードしていたアヤ・エイトプリンスを加えた新体制BiSの楽曲。一方「DiPROMiSE」はプー・ルイの卒業をテーマにしたナンバーで、プー・ルイ、カミヤサキがBiSのレコーディングに参加したラストソングとなる。

3月18日 - 大阪・大阪城音楽堂にて、WACK所属グループが一堂に会するフリーイベント「WACK EXHiBiTiON」開催。このイベント内で「WACK合同オーディション2018」の結果が発表され、BiSにはアユナ・C(ムロパナコ)、オレンジコバンパイア(ネル・ネール)、チョウショージメグミ(ミュークラブ)、ガミヤサキ(のちに加入辞退)、セントチヒロ・テッテ(トリアエズ・ハナ)が合格。EMPiREのYUiNA EMPiREが5月1日の東京・マイナビBLITZ赤坂でのワンマンを最後にBiSへ完全移籍。また“Jリーグ方式”を取り入れ1stと2ndに分裂となり、1stにはパン・ルナリーフィ、ももらんど、ゴ・ジーラ、セントチヒロ・テッテ、ガミヤサキ、オレンジコバンパイア、2ndにはペリ・ウブ、アヤ・エイトプリンス、キカ・フロント・フロンタール、アユナ・C、チョウショージメグミ、YUiNA EMPiREが所属。さらに7月4日に新体制初となるニューシングルのリリースも決定した。

4月15日 - 1年をかけて47都道県を回るツアー「I don't know what will happen TOUR」スタート。同日、ツアー概要第2弾として6、7月の19公演が発表され、ツアー第2弾はすべて昼夜2公演で、昼はBiS2nd、夜はBiS1stの公演となった。これにより、BiS1stとBiS2ndの2チームに分裂した新体制での活動が本格化することとなった。

4月20日 - ももらんどが精神的にも肉体的にも疲労が重なったことから、BiSとして活動をしていくことが困難な状況と判断され、脱退することが発表された。

5月15日 - 「WACK合同オーディション2018」を経て、BiSに加入した新メンバーの名前とTwitterアカウントを解禁。なお、EMPiREから移籍したYUiNA EMPiREは名前を変更せずに活動することになった。

6月2日 - 「I don't know what will happen TOUR」第2弾公演初日(金沢AZ)より、BiS1st(ビスファースト)、BiS2nd(ビスセカンド)の2部制「BiS.LEAGUE」を導入。ツアー会場でのグッズ購入者を対象とした第1回「BiS.LEAGUE」投票受付開始。

7月3日 - 東京・代々木公園野外ステージでフリーライブ「YOYOGi Don't miss it!!」開催。オープニングアクトとして登場したBiS2ndが「レリビ」をパフォーマンスし、BiS1st・BiS2ndの10人がそれぞれステージで「BiS.LEAGUE」への投票を呼び掛けるアピールタイムが設けられた後、BiS1stがライブを行った。

7月4日 - シングル「Don't miss it!!」リリース。シングルに封入される、シリアルナンバー付きの「BiS.LEAGUE券」でファンが応援するメンバーに投票を行い、その得票数の1位〜5位が次作のBiS1st、6位〜10位がBiS2ndとして活動することになるメンバー入れ替え戦「BiS.LEAGUE」が開幕。その後、渡辺が「今回の分け方のはまりがすごく良かったので」として、次作も1位〜4位がBiS1st、5位〜10位がBiS2ndとする構成人数の変更を発表した。

7月31日 - ニコニコ生放送で第1回「BiS.LEAGUE」集計結果を発表。1位は7265票を獲得したゴ・ジーラ。以下、アヤ・エイトプリンス(6752票)、パン・ルナリーフィ(6579票)、トリアエズ・ハナ(6411票)の4名が次期1st、キカ・フロント・フロンタール (6141票)、ペリ・ウブ(5780票)、YUiNA EMPiRE(2343票)、ムロパナコ(1878票)、ネル・ネール(1735票)、ミュークラブ(1329票)の6名が次期2ndに所属することが決定した。また次期よりキャプテン制が導入され、1stはゴ・ジーラ、2ndはムロパナコがそれぞれ就任。さらにゴ・ジーラには、1stの次作に収録される楽曲の作詞権が与えられた。

8月4日 - TOKYO IDOL FESTIVAL2018に出演。2ndは「BiSBiS」を3回歌唱後、GANG PARADEの「GANG 2」を歌唱。1stは「BiSBiS」を5回歌唱後、GANG PARADEの「Plastic 2 Mercy」を歌唱。

11月14日 - シングル「アゲンストザペイン」リリース。前作同様、1stは3形態、2ndは通常盤のみの1形態。1st完全生産限定盤は2000枚の数量限定生産で、第1回「BiS.LEAGUE」で1位を獲得したゴ・ジーラ作詞の「イツカヤラレルゾ」に加え、BiS1stメンバーによる「アゲンストザペイン」ソロ歌唱バージョンのCDを封入。また今作に合わせて第2回「BiS.LEAGUE」開催。投票には「アゲンストザペイン」各形態の初回生産分に封入されている「BiS.LEAGUE券」またはライブ会場でのグッズ購入者に配布される投票券が必要。投票期間は、11月12日20:00から12月25日20:00までの約1カ月半。その期間中、計12回にわたって中間結果がアナウンスされ、最終的な投票結果は、12月29日に東京・Zepp Tokyoで行われる47都道府県ツアー「I Don't Know What Will Happen TOUR」の最終公演にて発表。

12月29日 - Zepp Tokyoで「I Don't Know What Will Happen TOUR」の最終公演ならびに第2回「BiS.LEAGUE」集計結果を発表。これらの模様はニコニコ生放送でも生中継された。1位は8727票を獲得したゴ・ジーラが連覇。以下、アヤ・エイトプリンス(8540票)、キカ・フロント・フロンタール (8350票)、ペリ・ウブ(8319票)、パン・ルナリーフィ(7943票)、ミュークラブ(6044票)、ネル・ネール(4876票)、YUiNA EMPiRE(4630票)、ムロパナコ(4374票)、トリアエズ・ハナ(3223票)となった。これにより上位4名が次期1st、下位6名が次期2ndに所属するはずだったが、同時に「BiS.LEAGUE」を廃止し10人体制となる事が発表された。さらに、アヤ・エイトプリンス、ネル・ネール、YUiNA EMPiRE、ムロパナコ、トリアエズ・ハナの5名が戦力外通告を受け、新シングル発売後に処遇が決定することとなった。

1月1日 - ネル・ネールが精神的にも肉体的にも疲労が重なったことから、BiSとして活動をしていくことが困難な状況と判断され、脱退することが発表された。

1月3日 – マイナビBLITZ赤坂で行われた「WACKなりの甲子園」のアンコールで、渡辺淳之介から「WACK合同オーディション2019」の開催が発表され、BiSからは戦力外通告されたアヤ・エイトプリンス、YUiNA EMPiRE、ムロパナコ、トリアエズ・ハナの参加が決定した。

2月3日 - WACK主催の全国ツアー「Going Going WACK TOUR」の大阪・なんばHatch公演にて、4月から5月にかけて全国ツアー「BiS Are you ready to go? TOUR」開催を発表。

3月1日 - 日本クラウン内に設立されたレーベル「Revolver records」への参加を発表。3月20日リリースのシングル「Are you ready?」が、Revolver records第1弾作品となった。

3月18日 - 3月20日リリースの4thシングル「Are you ready?」発売を記念して合計69時間に及ぶライブイベント「BiSなりの69フェス。〜Are you ready to 69H?」を22日までの5日間、東京近郊の複数箇所で開催。このイベントは「Are you ready?」購入者を対象としたもので、ライブと特典会を1時間セットで繰り返し実施することを基本とし、5日間で合計69時間・全17部にわたって行われた。69時間の中にはBiSメンバーと研究員の健康を配慮して寝食を共にする食事や睡眠の時間も設けられた。またイベント初日の開会式にはレーベルメイトの歌謡コーラスグループ・純烈がサプライズで応援に駆けつけた。

3月30日 - 長崎・壱岐の島ホールでの「WACK EXHiBiTiON」にて、『Are you ready to go? TOUR』のツアーファイナルである5月11日のマイナビBLITZ赤坂公演を持って解散することが発表された。現メンバー9名から解散の申し入れがあったため、受理したという。また、WACK代表・渡辺より再結成オーディションの開催がアナウンスされ、応募資格は18〜28歳の女性。経験不問で特定のレコード会社やプロダクションと契約のない人、在籍者は4月30日までに事務所等契約解除通知が証明できる人、そして第1期BiSの活動を理解できる人が対象となっている。

5月11日 - 東京・マイナビBLITZ赤坂で行われたワンマンツアー「Are you ready to go? TOUR」のツアーファイナルをもって解散。終演後、WACK代表の渡辺が9人の今後について発表を行い、ゴ・ジーラおよびキカは事務所契約を即時解除。パン、ムロ、YUiNAは契約を継続。アヤ、ミュークラブ、ハナ、ペリは事務所との契約が即時解除となるが、この4人は活動を継続したいとの意思表示があり、4人の今後について「野球でいう、いわゆる“FA宣言”をさせていただきます。移籍金、契約金なし、金的保証なし。即時活動可能です。ご興味ある事務所の方はfa@wack.jpまで。期限は5月末日になります。なおFAメンバーの残留は認めません」と説明した。

6月11日 - 第3期始動。メンバーの発表とともに、赤目と鼻血が加工された顔面のアーティスト写真が公開された。

7月21日・27日・28日 - 「BiS研究員補完計画」を実施。メンバー5名が全国に散らばり、3日間をかけて全76店舗あるタワーレコードおよびTOWERminiを訪店し、アルバム「Brand-new idol Society」の収録曲がダウンロードできるQRコード入りのフライヤーを配布。

7月30日 - アルバムのリード曲「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」のMVが公開。ただしメンバーのフォロワー目標数が未達成だった為、全編にわたって画面全体にモザイク加工が施された状態での公開となった。

8月2日 - メンバー全員がフォロワー目標数15000人を達成し、加工なしの顔面が公開された。

8月4日 - TOKYO IDOL FESTIVAL2019でWACKメンバーが出演するスペシャルプログラム「WACK presents DREAMLIGHTS in TIF」にシークレット出演し、初ライブを行った。「STUPiD」「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」「thousand crickets」の3曲を披露。同日21時には「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」の無修正バージョンMVが公開された他、新たなアーティスト写真、「Brand-new idol Society」の収録曲およびジャケットアートワークが公開された。

8月8日 - アルバム未収録の新曲「少年の歌」「Good bye」「kAsAbutA」の無料配信が、Dropbox(1週間限定)およびSoundCloudで開始された。

8月13日 - CD発売前日に方向性の違い等により、12時を以てマナコ・チー・マナコの脱退が発表された。

8月14日 - フルアルバム「Brand-new idol Society」でデビュー。

8月18日 - 第3期初のワンマンライブ「THiS is BiS」を中野heavy sick ZEROで開催。

9月14日・21日、10月12日 - 第3期初となる東名阪ツアー「PAiNFUL TRiCKY SADiSTiC DEADLY TOUR」を9月14日に東京・下北沢SHELTER、21日に大阪・LIVE HOUSE Pangea、10月12日に愛知・DAYTRIVEで開催。チケットは往復ハガキのみでの応募受付で、抽選はメンバー自身が行い、当落通知はメンバーのサイン入りで返信ハガキが返送された。

10月1日 - 新メンバーとしてズズ・デスが加入。赤目と鼻血が加工された顔面のアーティスト写真が公開され、素顔解禁のタイミングは、Twitterフォロワーの増加具合を見ながら渡辺が判断することとなっている。

10月7日 - 家庭の事情により活動継続が困難となったため、ズズ・デスが脱退。

10月19日・26日・30日、11月16日・17日 - 「BiS研究員増殖計画」を実施。メンバー4名が全国に散らばり、5日間をかけて全76店舗あるタワーレコードおよびTOWERminiを訪店し、11月20日発売のシングルを1枚予約すると来店メンバーとチェキが撮影できる。

11月2日・3日 - 「BiS vs CARRY LOOSE対抗駅伝」を実施。BiSとCARRY LOOSEが共催ライブのメインアクトの座を賭け、各グループのメンバー4人とマネージャー2人の計6人によるチーム編成で、東京・渋谷~静岡・熱海間を2日間かけて駅伝方式で往復し、CARRY LOOSEが勝利。なおゴール後には、東京・タワーレコード渋谷店B1F CUTUP STUDIOにて合同リリースイベントが行われた。

11月20日 - 第3期BiS初のシングル「DEAD or A LiME」をリリース。

11月24日 - 共催ライブイベント「CARRY BiS」を東京・WOMBで開催。「BiS vs CARRY LOOSE対抗駅伝」で勝利したCARRY LOOSEがメインアクト、BiSはオープニングアクトを務めた。なおBiSのライブ終了後には、2020年2月5日に2ndアルバムをリリースすることが発表された。

12月28日 - 「DEAD or A LiME」発売を記念して24時間に及ぶライブイベント「Let's have a 24 hour BiS's party」を東京・UNITで開催。このイベントは「DEAD or A LiME」を1枚購入することで入場でき、ライブと特典会を1時間セットとして計24回実施。

1月3日 – 「WACK合同オーディション2020」の開催が発表され、BiSからはチャントモンキーの参加が決定した(その後、参加メンバーはトギーに変更された)。

1月4日 - 2月3日 - 第3期初となる全国ツアー「"LIVE DAM Ai" presents STAND BY BiS」を8都市で開催。

2月5日 - 2ndアルバム「LOOKiE」をリリース。

4月30日 - 新曲「IT'S TOO LATE」の無料配信が、Dropbox(1週間限定)およびSoundCloudで開始された。

5月20日 - 新曲「DESTROY」をゲリラリリース。数量限定でネット上のどこかに販売。

6月17日 - 新曲「CURTAiN CALL」をゲリラリリース。これもまた数量限定でネット上のどこかに販売。

6月20日 - 無観客ワンマンライブ「HEART‐SHAPED BiS IT'S TOO LATE EDiTiON NO AUDiENCE LiVE」を開催。ニコニコでライブの様子を生配信した。持ち曲の30曲をMC無しで歌い切った。

7月8日 - 新曲「イミテーションセンセーション」をカセットテープでゲリラリリース。数量限定でタワーレコード限定販売。

8月19日 - EP「ANTi CONFORMiST SUPERSTAR」をリリース。同日東京と大阪で2班に分かれ、宣伝カーに乗ってゲリラ街頭PRを行った。

9月9日 - 「HEART-SHAPED BiS IT'S TOO LATE EDiTiON NO AUDiENCE LiVE」の模様を収めた「HEART-SHAPED BiS IT'S TOO LATE EDiTiON NO AUDiENCE LiVE」をインターネット上のどこかでゲリラリリース。メンバーが商品制作を行った完全生産限定のオフィシャルブートレグで、記録媒体にはBlu-rayではなくBlu-ray-Rが使用され、ジャケットには白黒コピーの粗い画質のアートワークが使われており、1000枚限定の同商品は発売直後に完売。その後同日夜に、ライブBlu-ray「HEART-SHAPED BiS IT'S TOO LATE EDiTiON NO AUDiENCE LiVE」を10月14日に正式リリースすることが発表された。

2月24日 - 2nd EP「KiLLiNG iDOLS」が日本クラウン内に新たに設立されたBiSのプライベートレーベルである「ULTRA STUPiD RECORDS」よりリリースされる。

メンバー

イトー・ムセンシティ部 愛称:「ティ部」

ネオ・トゥリーズ 愛称:「ネオトゥリ」

チャントモンキー 愛称:「モンちゃん」

トギー

マナコ・チー・マナコ 愛称:「マナチー」

ズズ・デス 愛称:「ずーちゃん」

プー・ルイ(1990年8月20日 - )愛称:「プーちゃん」

ヒラノノゾミ(1992年5月15日 - )愛称:「のぞしゃん」「ノン様」「のんちゃん」「のぞ氏」

カミヤサキ(1991年9月27日 - )愛称:「サキ様」「サキエさん」

テンテンコ(1990年8月27日 - )愛称:「テンテン」「テンさん」

ファーストサマーウイカ(1990年6月4日 - )愛称:「ウイぽん(ファッサマ改め)」

コショージメグミ(1993年9月28日 - )愛称:「メグモン」

ヨコヤマリナ(4月11日生まれ、永遠の15才)愛称:「りなはむ」

ナカヤマユキコ(1991年11月11日 - )愛称:「ユケ」「うけ」

ワキサカユリカ(1992年8月18日 - )愛称:「ワッキー」

テラシマユフ(1991年7月8日 - )愛称:「ゆっふぃー」

ミチバヤシリオ(1991年9月6日 - )愛称:「ミッチェル」

コシノジュンコ(1939年8月25日 - )愛称:「ジュンコちゃん」

キカ・フロント・フロンタール(9月18日生まれ)愛称:「キカねぇ」

ペリ・ウブ(10月5日生まれ )愛称:「ペリたん」

アヤ・エイトプリンス(5月2日生まれ)愛称:「アヤプリ」

ゴ・ジーラ(8月26日生まれ)愛称:「ゴジラ」「ゴジ」

パン・ルナリーフィ(8月18日生まれ)愛称:「パンナ」「パンルナ」

トリアエズ・ハナ(9月25日生まれ)

ムロパナコ(9月12日生まれ)

ミュークラブ(6月21日生まれ)愛称:「ミュー」「ミューちゃん」

YUiNA EMPiRE(2月7日生まれ)愛称:「ゆいなぴ」

プー・ルイ(1990年8月20日 - )愛称:「プーちゃん」

カミヤサキ(1991年9月27日 - )愛称:「サキ様」「サキエさん」

ももらんど(7月16日生まれ)

ネル・ネール(7月28日生まれ)

渡辺淳之介(わたなべ じゅんのすけ、1984年10月23日 - )愛称:「ジュンジュン」

※自動巡回調査の為、文章がおかしな場合がありますがご了承ください。

もしもしロボ「BiSに関する情報が見つかるかもしれないよ!
もしもしロボに再調査を依頼する
(数秒で調査します!)

※新しい情報があった場合は記事が追加されます。無かった場合はページ更新のみされます。

bisu


ポケモンGO(ぽけもんごー)が日本で配信中!!
「プレイ方法がよく分からない」という人が多いみたい
【ピカチュウを手に入れる方法(裏技)】
初期ポケモン3匹(ヒトカゲ、ゼニガメ、フシギダネ)がマップ上に現れたら、タップせずに移動を続ければ初期ポケモンをピカチュウにできる
BiSさんはカイリューを探しているのかも知れない!


注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
BiS
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

おまかせワード

NEOかしまし娘  七つ星  とんねるずの生でダラダラいかせて!!  B.B.クィーンズ  YURIMARI  NEOちゃっきり娘  鶴光の噂のゴールデンアワー  タンポポ  ミニモニ。  HiP  楽天使  南青山少女歌劇団  東京パフォーマンスドール  アイドル防衛隊ハミングバード  まニャン子クラブ  ドリームキャスト  Z-1  DAIBAッテキ!!  フェアリーテール  ハロー!プロジェクト  ねずみっ子クラブ  Mi-Ke  ザ・ポチ!  MISSION  METAMO  マヒマヒ  DAIBAクシン!!  DORA  プッチモニ  T-BACKS 

話題の芸能人・有名人

おまかせワード

ドリームキャスト  MISSION  ハロー!プロジェクト  DAIBAクシン!!  楽天使  Mi-Ke  YURIMARI  とんねるずの生でダラダラいかせて!!  まニャン子クラブ  Z-1  METAMO  プッチモニ  七つ星  タンポポ  鶴光の噂のゴールデンアワー  ザ・ポチ!  ミニモニ。  NEOかしまし娘  ねずみっ子クラブ  マヒマヒ  フェアリーテール  HiP  DAIBAッテキ!!  B.B.クィーンズ  T-BACKS  アイドル防衛隊ハミングバード  DORA  南青山少女歌劇団  NEOちゃっきり娘  東京パフォーマンスドール 

グループ

predia 私立恵比寿中学 ベイビーレイズ ライムベリー チームしゃちほこ CoverGirls 9nine アイドリング フェアリーズ 乃木坂46 東京女子流 THE ポッシボー ALLOVER Doll☆Elements AKB48 夢みるアドレセンス Silent Siren Especia アリス十番 キャンディzoo GEM Prizmmy☆ 風男塾 Ange☆Reve まなみのりさ Chelip X21 でんぱ組.inc E-girls LinQ さくら学院 ももクロ AKB48G asfi ひめキュンフルーツ缶 SUPER☆GiRLS さんみゅ~ amorecarina SKE48 アップアップガールズ(仮) 放課後プリンセス PASSPO☆ アイドルカレッジ Candy Kiss HKT48 BABYMETAL Rev.from DVL 愛乙女★DOLL CheekyParade 乙女新党 Splash! ハロプロ AeLL. NMB48 GALETTe からっと☆ 赤マルダッシュ☆ palet 

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「BiS」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました