もしもし情報局 > 辞書 > SPEED

「SPEED(すぴーど) 」とは

SPEED(すぴーど) |Wiki【もしもし辞書】


もしもしロボ調査[Wiki(ウィキ)情報]

SPEED

トーク

投稿記録

メインページ

コミュニティ・ポータル

最近の出来事

新しいページ

最近の更新

おまかせ表示

練習用ページ

アップロード (ウィキメディア・コモンズ)

ヘルプ

井戸端

お知らせ

バグの報告

寄付

ウィキペディアに関するお問い合わせ

リンク元

関連ページの更新状況

ファイルをアップロード

特別ページ

この版への固定リンク

ページ情報

このページを引用

ウィキデータ項目

ブックの新規作成

PDF 形式でダウンロード

印刷用バージョン

目次

Deutsch

English

Français

Bahasa Indonesia

Italiano

한국어

Nederlands

Português

Русский

Simple English

ไทย

中文

ページ

ノート

閲覧

編集

履歴表示

閲覧

編集

履歴表示

出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2020年3月)

独自研究が含まれているおそれがあります。(2020年3月)出典検索: "SPEED" – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL

R&B

ヒップホップ

ファンク

ディスコ

J-POP

1995年 - 2000年(第1期)

2001年10月6日(一日限定)

2003年(期間限定)

2008年 - 2013年(第2期)

トイズファクトリー(1996年 - 2001年)

SONIC GROOVE (2003年 - )

伊秩弘将

水島康貴

新垣仁絵

上原多香子

今井絵理子

島袋寛子

メンバー

154cm AB型

ダンス&コーラス担当

159cm A型

ダンス&コーラス担当

156cm O型

メインボーカル担当

163cm A型

メインボーカル担当

来歴

1992年 - 1995年(詳しい期間は不明)より「BRAND-NEW KIDS」として活動し、今井がメインのユニットでSPEEDメンバー4人と千田愛紗、諸見里知美、高江州美紀、比嘉千春 の8人組のユニットだった。ほどなく比嘉が脱退し7人組となり、最終的には6人組だったようである。

1995年、春先に「BRAND-NEW KIDS」の6人の中から選ばれた4人が「沖縄アクターズスクール」の応接室に呼ばれ、揃ってデビューの誘いを受ける。元々は歌唱力を武器とするハイトーンボイスの島袋寛子と曲の低音を支える今井絵理子の2人でのデビュー予定だったが、ビジュアルの完成度の高い上原多香子と最年長でダンスに定評のあった新垣仁絵が加わり、それぞれ1学年ずつ異なる4人体制となった。同年11月11日、日本テレビの音楽バラエティ『THE夜もヒッパレ』で4人揃って初めてのテレビ出演を果たし、同番組の準レギュラーとして活動を開始。12月2日放送分でグループ名を公募する。当初の計画では、事務所の先輩である安室奈美恵やMAXの成功をもとに、当時流行しているユーロビートポップにカウボーイハット・スカートの衣装を着てデビューする予定であったが、メンバー4人がTLCの大ファンでありプロデューサーに、「ああいう(TLC)グループになりたいんです!」と言ってストリートファッションを纏いダンスグループとしてデビューする事が決まったとされている。実際に伊秩弘将が「彼女たちを初めて見たときは、ユーロビートで踊っていた」と語っている。

1996年1月13日、『THE夜もヒッパレ』でグループ名が「SPEED」に決定し、正式に結成された。それから約半年後の8月5日、満を持して発売されたシングル「Body & Soul」で歌手デビューする。メンバー全員が小中学生であることも話題を呼び、デビュー曲ながら60万枚を超えるセールスを記録。翌9月にメンバーは「沖縄アクターズスクール」を卒業した。10月6日、同校の先輩でもある安室奈美恵がMCを務める日本テレビのバラエティ番組『アムロ今田きっとNo.1』にレギュラー出演開始。10月13日にはニッポン放送でラジオ番組『ハイ!SPEEDで行こう!』がスタートし、解散日まで続くSPEEDの冠番組となった。10月18日リリースのセカンドシングル「STEADY」は初のミリオンセラーを記録。年末の『第38回日本レコード大賞』では「Body & Soul」で新人賞を受賞した。

1997年、3月にファンクラブ「SPEED SPIRITS」が発足 。同月発売された3rdシングル「Go! Go! Heaven」は初のオリコンシングルチャート首位を獲得。5月にはファーストアルバム『Starting Over』を発売し、初動売上82万枚でオリコンアルバムチャート首位を記録。7月、お台場特設ステージで初の単独ライブ「Starting Over from ODAIBA」を開催し、2日間で2万人を動員した。10月発売のシングル「White Love」は、グループ最大のシングル売上 となり、年末の『第39回日本レコード大賞』で優秀作品賞を受賞。同日、『第48回NHK紅白歌合戦』に初出場し、トップバッターを務めた。また12月22日には、オフィシャルホームページ内でインターネットライブ「SPEED Interactive Live in Christmas」を開催し、全世界82ヵ国から774万件のアクセスを記録した。

1998年、4月に発売されたセカンドアルバム『RISE』は初動売上132万枚で首位を獲得し、累計でも200万枚を超えるビッグセールスとなる。同年7月、松竹系映画『アンドロメディア』に初主演。7月18日〜10月10日にかけ初の全国ツアー「SPEED TOUR 1998 RISE」開催。史上最年少記録で全国4大ドーム公演を行い、11ヵ所20公演で約30万人を動員した。また11月2日〜11月29日にかけて「1998年バレーボール世界選手権」のオフィシャルサポーターを務め、8thシングル「ALL MY TRUE LOVE」もテーマソングに使用された。12月には初のベストアルバム『MOMENT』をリリースし、2作連続でのダブルミリオンを突破。デビューから3作連続での初動売上80万枚突破は史上初となった。年末には前年同様『第49回NHK紅白歌合戦』に出場し、2年連続でトップバッターを務めた。この年はシングル・アルバム合わせてリリースした5作品が全てオリコンチャートで1位を記録した。

1999年、1月14日〜15日にかけ、沖縄コンベンションセンターで初の凱旋ライブ「SPEED 1999 SPECIAL LIVE」を開催する。この年に入ると、個人でCMやドラマ・映画に出演するなどメンバー個々の活動が本格化する。3月に上原多香子が「my first love」でメンバー初のソロシングルを発売。次いで6月に新垣仁絵が"HITOE'S 57MOV"名義で「INORI」を、8月には島袋寛子が"hiro"名義で「AS TIME GOES BY」を発売し、立て続けにソロデビューを飾った。また、8月21日〜22日放送の日本テレビ『24時間テレビ「愛は地球を救う」』のメインパーソナリティを務め、新垣がチャリティーTシャツのデザインも手がけた。

同年の10月5日に記者会見が行われ、翌年の2000年3月31日でのSPEEDの解散が発表された。当初は10月中旬に発表する予定だったが、週刊誌との関係で約1週間発表が前倒しになった。SPEEDの解散を受けて急遽ファイナルツアーが決定され、11月20日〜12月25日にかけて「SPEED DOME TOUR 1999 REAL LIFE」を4大ドームで開催した。12月22日、第1期ラストアルバム『Carry On my way』を発売。現在この作品が、シングル・アルバム含め、最後のオリコン週間ランキング1位獲得作品となっている。12月31日、『第50回NHK紅白歌合戦』に3年連続出場。前年リリースの卒業ソング「my graduation」を披露し、第1部最高となる視聴率55.5%を記録した。

2000年、3月に今井絵理子が"Eriko with Crunch"名義で「Red Beat of My Life」でソロデビュー。3月24日、『ハイ!SPEEDで行こう!』内の特別企画「あなたの卒業式をプロデュース」として、練馬区立富士見台小学校で卒業式が行われた。3月26日、事務所社長の平哲夫がラジオ番組で解散後の再結成を示唆する。3月31日、解散当日は テレビ朝日の『ミュージックステーション』に生出演し、ファイナルライブを開催。約20分間、ファン500人の前で全9曲をメドレー形式で披露した。この後放送された同局の『ニュースステーション』ではこのファイナルライブの裏側と4人のインタビューを交えた特集が組まれ放送された。解散までの活動期間はCDデビュー日から数えて3年8か月(1335日)だった。期間中にはシングル11枚、アルバム6枚の計17枚、ミュージック・ビデオ4本をリリース。これらを合わせたトータルセールスは約3000万枚・386億円にのぼった。

2001年、8月に一夜限りの再結成発表があり、10月6日に一夜限りの再結成を果たす。解散以来初の再結成であり、阪神・淡路大震災からの復興をアピールする「See阪神・淡路キャンペーン」目玉イベント「淡路夢舞台スーパーフラワーズライブ2001」の初日に登場した。12月12日、12thシングル「One More Dream」発売。 事務所がキャンペーンソングとして新たに作られたこの曲を10万枚限定で発売。12月26日にはスポーツ報知により、発売後2週目で完売したと報じられた。また2001年10月、(当時ソロとして)所属レコードレーベルをトイズファクトリーからSONIC GROOVEへ移籍。ただし、12thシングル「One More Dream」はトイズファクトリーからリリースされている。

2003年、4月に約1年半ぶり2度目となる期間限定の再結成発表があった。 「Save the Children 一緒に、始めよう。プロジェクト」を発足、キャンペーンのメッセンジャーとして集結し日本全国に募金を呼びかけることを発表、5月には期間限定の全国ツアー「Save the Children SPEED LIVE 2003」開催を発表。エイベックス本社で会見を開いた。8月27日、約2年ぶりとなる13thシングル「Be My Love」を発売する。9月〜11月にかけ、期間限定の全国ツアー「Save the Children SPEED LIVE 2003」を開催。11月27日、14thシングル「Walking in the rain/Stars to shine again」・4thアルバム「BRIDGE」同時発売。約4年ぶりのオリジナルアルバムリリースであった。12月31日、形としてはこの日で二度目の再結成は終了した。

2006年、8月1日にトイズファクトリーがデビュー10周年記念サイト「SPEED 10th Anniversary」を開設する。5日、トイズファクトリー在籍時に発売されたInstrumentalを除く全シングル・アルバムの収録楽曲が着うたで配信開始された。

2008年、約5年ぶり3度目の再結成が発表された。8月に第1期時代の全楽曲が着うたフルで、また全シングル11曲がビデオクリップで配信を開始。同月31日、『24時間テレビ「愛は地球を救う」』に出演。全5曲をメドレー形式で披露し、これをきっかけに完全復活することとなった。11月、約5年ぶりとなる15thシングル「あしたの空」発売。大晦日には9年ぶり4回目となる『第59回NHK紅白歌合戦』に出場した。

2010年、4月にニッポン放送で『ハイ!SPEEDでもっかい行ってみよう!』1996年10月から解散当日まで放送された『ハイ!SPEEDで行こう!』が特番として一夜限りで復活した。同月21日、シングル「ヒマワリ -Growing Sunflower-」を発売。4月23日〜7月16日にかけ、前年に引き続き2年連続となる自身6度目の全国ツアー「SPEED LIVE 2010〜GLOWING SUN FLOWER〜」を開催。8月、大阪・長居陸上競技場で野外ライブa-nationに初出演。翌週29日の味の素スタジアム公演にも出演。9月、18thシングル「指環」を発売する。また、CM「HEATFACT」レディス篇が放映開始。イオン「HEATFACT」CMレディス篇の新キャラクターとして約7年ぶりにCM出演をした。CM曲には伊秩弘将が書き下ろした「Let's Heat Up!」が使用された。11月、19thシングル「Let's Heat Up!」を発売。同月、ライブDVD『GLOWING SUNFLOWER SPEED LIVE 2010@大阪城ホール』を発売。

2011年、4月にデビュー曲からのMUSIC CLIPやライブ映像などを収めたDVD『BIBLE -SPEED BEST CLIPS-』をリリース。8には、2010年12月〜2011年1月にテレビCMのみで流れていた新曲「リトルダンサー」をシングルでリリース。CDのリリースはこの1枚のみでこの年はグループより個々の活動が多く、ライブツアーは開催されなかったが、代替として「SPEED FanMeeting 2011」と題したイベントが日本全国4か所で開催された。

2012年、11月に2003年以来9年ぶりのオリジナルアルバム『4 COLORS』をリリース。

2013年、3月にレーベル移籍後のシングル曲のMUSIC VIDEOとオフショット映像を一枚に収めた『SONIC GROOVE CLIPS』をブルーレイでリリース。しかし4月、新垣が結婚した際に所属事務所との契約を更新せず、退所していたことが2014年10月に判明した。

2018年、8月1日にデビュー曲『Body & Soul』から最新アルバム『4 COLORS』までの全楽曲及びミュージック・ビデオが、サブスクリプション定額サービスにおいて一斉にストリーミング配信が行われた。

2020年、10月に公式サイトにおいて謎の日秒数をカウントする表示が掲載された。6日の午前10:00頃に最初の発表を行い、今後の25周年に関するリリース情報を13日に上述の時間内に改めて発表することを動画付で告知された。その後は再び上述のカウント表示に戻った。

2020年10月13日、上述の通り2021年1月13日に初の11枚組CDボックス『SPEED MUSIC BOX -ALL THE MEMORIES-』がリリースされた。これまでにリリースした全楽曲(シングル曲・カップリング曲・アルバム曲)をリリース順に収めたCD8枚に加え、未発表音源「Affection」が初収録される他、CD8枚の全曲がハイレゾによる高音質のBlu-ray Audioを搭載したディスク2枚、1999年に行われた未映像化とされている「Final Summer Dream Stage in 千葉マリンスタジアム」の模様を収めたBlu-ray、これまでの貴重な秘蔵写真などで構成されたヴィジュアルブックレットが付属された豪華BOX仕様で発売される。リリースに先駆けて特設サイトも開設された。25周年を祝福する各アーティスト及び、タレントやプロデューサー等がコメントを寄せている。

2021年8月5日、デビュー25周年を迎えた。これらを記念してグループ初のトリビュート・アルバム『SPEED 25th Anniversary TRIBUTE ALBUM “SPEED SPIRITS”』を11月11日にリリースされた。リリースに先駆け、公式Twitter及びInstagramを開設。

2021年11月1日、上述のトリビュート・アルバムのジャケットビジュアル及びアートワークが元メンバーの新垣仁絵が書き下ろしている事を明かし、同時にグループ脱退後初となるInstagramの公式アカウントも開設されている。

※自動巡回調査の為、文章がおかしな場合がありますがご了承ください。

もしもしロボ「SPEEDに関する情報が見つかるかもしれないよ!
もしもしロボに再調査を依頼する
(数秒で調査します!)

※新しい情報があった場合は記事が追加されます。無かった場合はページ更新のみされます。

supido


ポケモンGO(ぽけもんごー)が日本で配信中!!
「プレイ方法がよく分からない」という人が多いみたい
【ピカチュウを手に入れる方法(裏技)】
初期ポケモン3匹(ヒトカゲ、ゼニガメ、フシギダネ)がマップ上に現れたら、タップせずに移動を続ければ初期ポケモンをピカチュウにできる
SPEEDさんはコラッタを探しているのかも知れない!


注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
SPEED
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

おまかせワード

男性  リンダ3世  ヘルプ  リンクス  スリーファンキーズ  UTC  カテゴリ  1967年  閲覧  ロマンスターズ  1962年  改善  出典  寄付  声優ユニット  ページ  1966年  11月20日  4月  1964年  お知らせ  12月  1960年  4月1日  2月  ログイン  ライブアイドル  トーク  最近の出来事  ローカルアイドル 

話題の芸能人・有名人

おまかせワード

12月  お知らせ  閲覧  1964年  声優ユニット  11月20日  ログイン  寄付  カテゴリ  1962年  ヘルプ  ライブアイドル  1960年  リンクス  トーク  1967年  改善  ページ  1966年  男性  ロマンスターズ  スリーファンキーズ  最近の出来事  出典  リンダ3世  4月1日  UTC  ローカルアイドル  4月  2月 

グループ

東京女子流 アイドリング さんみゅ~ 私立恵比寿中学 でんぱ組.inc ひめキュンフルーツ缶 ハロプロ Chelip Prizmmy☆ CheekyParade 赤マルダッシュ☆ ALLOVER SKE48 愛乙女★DOLL まなみのりさ palet ライムベリー Candy Kiss さくら学院 夢みるアドレセンス predia PASSPO☆ Silent Siren 9nine アリス十番 アップアップガールズ(仮) AKB48 GEM AeLL. ももクロ NMB48 SUPER☆GiRLS BABYMETAL GALETTe 乙女新党 amorecarina キャンディzoo 風男塾 LinQ X21 Splash! アイドルカレッジ Rev.from DVL asfi Especia CoverGirls AKB48G チームしゃちほこ THE ポッシボー Doll☆Elements からっと☆ 乃木坂46 放課後プリンセス フェアリーズ HKT48 ベイビーレイズ Ange☆Reve E-girls 

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「SPEED」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました