もしもし情報局 > 11月11日 > 作家

フョードル=ドストエフスキーの情報 (FyodorDostoevskii)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

【7月18日】今日誕生日の芸能人・有名人

フョードル=ドストエフスキーの情報(FyodorDostoevskii) 作家 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、年齢、出身地、星座]

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
もしもしロボ

フョードル=ドストエフスキーさんについて調べます

■名前・氏名
フョードル=ドストエフスキー
(読み:Fyodor Dostoevskii)
■職業
作家
■フョードル=ドストエフスキーの誕生日・生年月日
1821年11月11日
巳年(へび年)、蠍座(さそり座)
■出身地・都道府県
不明

フョードル=ドストエフスキーと同じ1821年生まれの有名人・芸能人

フョードル=ドストエフスキーと同じ11月11日生まれの有名人・芸能人

フョードル=ドストエフスキーと同じ出身地の人


フョードル=ドストエフスキーの情報まとめ

もしもしロボ

フョードル=ドストエフスキー(Fyodor Dostoevskii)さんの誕生日は1821年11月11日です。

もしもしロボ

人物、著作などについてまとめました。兄弟、卒業、事件、家族に関する情報もありますね。

フョードル=ドストエフスキーのプロフィール Wikipedia(ウィキペディア)

フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー(ロシア語: Фёдор Миха́йлович Достое́вский [ˈfʲɵdər mʲɪˈxajləvʲɪtɕ dəstɐˈjɛfskʲɪj] ( 音声ファイル)、1821年11月11日〔ユリウス暦10月30日〕 - 1881年2月9日〔ユリウス暦1月28日〕)は、ロシア帝国の小説家・思想家である。レフ・トルストイ、イワン・ツルゲーネフと並び、19世紀後半のロシア小説を代表する文豪である。

28歳で空想的社会主義に関係して逮捕されるが、出獄後、社会主義に批判的になり、キリスト教的人道主義へと思想を変化させ、代表作である『罪と罰』『白痴』『悪霊』『カラマーゾフの兄弟』などを発表し、「現代の預言書」とまでよばれる文学を創造した。ドストエフスキーの著作は、世界中で読まれ、170以上の言語に翻訳されている。ソルジェニーツィンやチェーホフ、ニーチェ、サルトル、ウィトゲンシュタイン、アインシュタイン、日本人では、黒澤明、湯川秀樹、小林秀雄、大江健三郎、村上春樹、三島由紀夫、埴谷雄高などの多くの人物に影響を与えた。

フョードル・ドストエフスキーはモスクワのマリインスキー貧民救済病院の官舎で、ミハイル・アンドレ―ヴィチ・ドストエフスキーの次男として、生まれる。ミハイルは、マリインスキー貧民救済病院の医師であり、後に院長を務めた。母は、モスクワの裕福な商人の娘であった。敷地内にある実家で育つ。兄1人、妹2人、弟2人あり。1827年に、父が八等官に昇進して領地を持つことが許された。

四年後の1831年に、モスクワから150キロメートルほど南に離れたトゥーラ県にあるダロヴォーエを買う。その翌年には、隣村のチェリョーモシナを買い、「地主貴族」になった。しかし、土地を買ってすぐに大火事が起こり、二つの土地の屋敷は灰と化した。同年の夏には領地の屋敷は罹災から復興した。ドストエフスキーは、母が読み書きに使っていた『旧約聖書』や『新約聖書』、またシラーの『群盗』などに強い感銘を受けた。

1833年、中学受験のため兄・ミハイルと一緒にドラシューソフの塾に通い、1834年に文学教育で有名な、チェルマーク寄宿学校に入学。1837年に母が死去した。そののち、兄ミハイルとともにサンクトペテルブルクに遊学。この年咽喉の病により発音が不自由となる。1838年16歳の時に帝都のサンクトペテルブルク陸軍中央工兵学校に入学。

1839年、父が農民に恨みを買い、ドストエフスキー家が所有する2つの領地であるダラヴォーエとチェルマシニャーの境界あたりで惨殺された。1840年に士官候補生となる。1841年、野戦工兵旗手となる。1842年8月、少尉に任官。1843年8月に工兵学校を卒業した。卒業後に勤務したサンクトペテルブルクの工兵隊製図局が肌に合わず、約1年で中尉昇進のうえ退職し作家を目指す。工兵学校生・作家時代を送ったサンクトペテルブルクは、物語の舞台として数々の作品に登場する。

1846年、処女作『貧しき人々』を批評家のヴィッサリオン・ベリンスキーに「第二のゴーゴリ」と激賞され、華々しく作家デビューを果たす。デビュー前のドストエフスキーから直接作品を渡されて読んだ詩人ニコライ・ネクラーソフが、感動のあまり夜中にドストエフスキー宅を訪れたという逸話は有名である。

デビューこそ華々しかったが、続けて発表した『白夜』『二重人格』は酷評をもって迎えられる。

その後、ミハイル・ペトラシェフスキーが主宰する空想的社会主義サークルのサークル員となったため、1849年に官憲に逮捕される。死刑判決を受けるも、銃殺刑執行直前に皇帝ニコライ1世からの特赦が与えられて(この一連の特赦は全て仕組まれたものであった)、シベリアに流刑へ減刑となり、オムスクで1854年まで服役する。

この時の体験に基づいて後に『死の家の記録』を著す。他にも『白痴』などで、死刑直前の囚人の気持ちが語られるなど、この事件は以後の作風に多大な影響を与えた。刑期終了後、セミパラチンスクにおいて兵士として軍隊で勤務した後、1858年にペテルブルクに帰還する。この間に理想主義者的な社会主義者からキリスト教的人道主義者へと思想的変化があった。その後『罪と罰』を発表し、評価が高まる。

自身の賭博にのめり込む性質、シベリア流刑時代に悪化した持病のてんかん(側頭葉てんかんの一種と思われる。恍惚感を伴う珍しいタイプのてんかん)などが創作に強い影響を与えており、これらは重要な要素としてしばしば作品中に登場する。賭博好きな性質は、必然としてその生涯を貧乏生活にした。借金返済のため、出版社との無理な契約をして締め切りに追われる日々を送っていた。あまりのスケジュール過密さのため、『罪と罰』『賭博者』などは口述筆記という形をとった。速記係のアンナ・スニートキナは後にドストエフスキーの2番目の妻となる。

また、小説以外の著名作に『作家の日記』がある。これは本来の日記ではなく、雑誌『市民』でドストエフスキーが担当した文芸欄(のちに個人雑誌として独立)であり、文芸時評(トルストイ『アンナ・カレーニナ』を絶賛)、政治・社会評論、時事評論、エッセイ、短編小説、講演原稿(プーシキン論)、宗教論(熱狂的なロシアメシアニズムを唱えた)を含み、後年ドストエフスキー研究の根本文献となった。ドストエフスキーは『作家の日記』でユダヤ人を批判する反ユダヤ主義的な主張を死去するまで繰り返し、またアーリア民族を賛美した。その一方で、『作家の日記』においてドストエフスキーは、年少犯罪者や養育院など恵まれない子どもたちの生活に深い関心を寄せ、愛や人類の再生について考えていた。

晩年に、自身の集大成的作品『カラマーゾフの兄弟』を脱稿。その数ヵ月後の1881年1月28日午後8時38分、家族に看取られながら亡くなった。ドストエフスキーの葬儀には、三万人の人びと、七十二の団体、十五の聖歌隊が参加した。1月31日にアレクサンドル・ネフスキー大修道院墓地に葬られる。ドストエフスキーの墓には、『カラマーゾフの兄弟』の序文で引用した、新約聖書の『ヨハネによる福音書』第12章24節が刻まれている。

人物

女性関係

ドストエフスキーは多くの女性たちと複雑な恋愛関係を持ったが、それは直接的にも間接的にも作家活動に影響を及ぼした。最初の妻マリアは既婚であり、後の恋人ポリーナ・スースロワとの交際も屈折したものだった。2番目の妻であるアンナ(英語版)は家政をみるだけでなくドストエフスキーの速記役でもあるが、彼女たちはただ伝記のなかに現れるばかりでなく、小説中の登場人物のモデルとも考えられている。

著作

死去するまでに残した著作は全部で35篇で、短編も多く出している。

1841年『マリヤ・ステュアルト』(Мария Стюарт)

1846年『貧しき人びと』(Бедные люди)

1847年『九通の手紙にもられた小説』(Роман в девяти письмах)

1848年『他人の妻』

1849年『ネートチカ・ネズワーノワ』(Неточка Незванова)

1857年『小英雄』(Маленький герой)

1859年『伯父様の夢』(Дядюшкин сон)

1860年『死の家の記録』(Записки из мёртвого дома)

1861年『虐げられた人びと』(Униженные и оскорбленные)

1862年『いまわしい話』(Скверный анекдот)

1863年『冬に記す夏の印象』(Зимние заметки о летних впечатлениях) ヨーロッパ滞在経験が主となっている。

1864年『地下室の手記』(Записки из подполья)

1865年『鰐』(Крокодил)(未完)

1866年『罪と罰』(Преступление и наказание)

1868年『白痴』(Идиот)

1869年『大いなる罪人の生涯』(創作ノート)

1870年『永遠の夫』(Вечный муж)

1871年『悪霊』(Бесы)

1873年『ボボーク』(Бобок)※

1875年『未成年』(Подросток)

1876年『キリストのもみの木祭りに行った男の子』(Мальчик у Христа на ёлке)※

1877年『おかしな人間の夢』(Сон смешного человека)※

1880年『カラマーゾフの兄弟』(Братья Карамазовы)

注:題名に「※」をつけてある作品は、『作家の日記』(Дневник писателя)に収録された短編。

2024/07/16 15:00更新

Fyodor Dostoevskii


フョードル=ドストエフスキーと同じ誕生日11月11日生まれの人

石井 あや_(アイドル)(いしい あや)
1985年11月11日生まれの有名人 神奈川出身

プロフィール 石井あやは日本のアイドル、タレント。1985年11月11日生まれ。神奈川県出身。 身長166cm B94(G) W59 H85。 アバンギャルド所属。 写真集 石井あや十七歳 …

河西 美希(かわにし みき)
1989年11月11日生まれの有名人 山梨出身

河西 美希(かわにし みき、1989年11月11日 - )は、日本のYouTuber、ファッションモデルである。UUUM所属。愛称はみきぽん。 2008年にファッション雑誌「Popteen」のモデ…

勝野 健(かつの けん)
1999年11月11日生まれの有名人 千葉出身

勝野 健(かつの けん、1999年11月11日 - )は、フジテレビのアナウンサー。 千葉県出身。慶應義塾高等学校、慶應義塾大学経済学部卒業。大学卒業後の2022年4月、フジテレビジョンにアナウン…

飯村 真一(いいむら しんいち)
1965年11月11日生まれの有名人 静岡出身

飯村 真一(いいむら しんいち、1965年11月11日 - )は、テレビ朝日のエグゼクティブアナウンサー。 静岡県沼津市出身。沼津市立門池中学校、静岡県立御殿場南高等学校、明治大学法学部を卒業。 …

悠以(ゆい)
1989年11月11日生まれの有名人 兵庫出身

悠以(ゆい、1989年11月11日 - )は、日本のシンガーソングライター、タレント。兵庫県尼崎市出身。所属芸能事務所はホリプロ系列の株式会社ステラキャスティング。 1989年(平成元年)、尼崎市…

小松 未可子(こまつ みかこ)
1988年11月11日生まれの有名人 三重出身

小松 未可子(こまつ みかこ、1988年11月11日 - )は、日本の声優、女優、歌手。三重県桑名市出身。ヒラタオフィス所属。所属レコードレーベルはトイズファクトリー。夫は声優の前野智昭。 代表作に…

秋山 実希(あきやま みき)
1977年11月11日生まれの有名人 愛知出身

秋山 実希(あきやま みき、1977年11月11日 - )は、日本の歌手、女優、タレント。旧芸名、柴田 実希、MIKI。愛知県出身。スターダストプロモーションに所属していたが、2010年4月で辞め、ほ…

東原 亜希(ひがしはら あき)
1982年11月11日生まれの有名人 神奈川出身

東原 亜希(ひがしはら あき、1982年11月11日 - )は、日本のファッションモデル、タレント。所属事務所はプラチナムプロダクション。 “アサヒビールキャンペーンガール”としてデビューした200…

近藤 勇磨(こんどう ゆうま)
1993年11月11日生まれの有名人 愛知出身

近藤 勇磨(こんどう ゆうま、1993年11月11日 - )は、日本の俳優、モデル。 フロムファーストプロダクション1カラット所属。愛知県出身。 2013年、19歳でソニー・ミュージックアーティ…

池田 駿介(いけだ しゅんすけ)
1940年11月11日生まれの有名人 神奈川出身

池田 駿介(いけだ しゅんすけ、本名:池田 紀生(いけだ のりお)、1940年11月11日 - 2010年6月11日)は、日本の俳優、モデル。神奈川県川崎市出身(出生は京都府)。法政大学第二高等学校、…

三上 夏輝(みかみ なつき)
11月11日生まれの有名人 京都出身

三上 夏輝(みかみ なつき、1985年11月11日 - )は日本のタレント。かつてはアライブエンタテインメントに所属していた。京都府出身。 2012年11月10日をもってタレントを辞める事をブログで…


TOPニュース

Hey! Say! JUMPの有岡大貴松岡茉優が結婚を発表

令和6年6月6日に66歳になった人は?

藤原さくら、ライブ活動休止を発表

サッカー日本代表の堂安律が一般女性と結婚を発表

NHK大河ドラマ「光る君へ」で松下洸平がペラペラの宋語で話題に

King&Prince永瀬廉が右耳負傷の為一時活動休止を発表

いくよくるよの今くるよさん、膵がんの為死去

立憲民主党の蓮舫氏が東京都知事選に出馬

平野紫耀神宮寺勇太岸優太の3人ダンスボーカルグループのNumber_iから新曲「BON」のMV公開。

結婚・離婚・再婚・年の差婚まとめ

元宝塚トップスターの光原エミカが1000万円詐取の疑いで逮捕

超有名女優と結婚した人気歌手が不倫の噂

藤原さくらYouTubeで新曲公開!『初恋のにおい』ショートアニメ

「つばさの党」代表の黒川敦彦ら3人を逮捕


フョードル=ドストエフスキーと近い名前の人

フョードル=シャリアピン(Fyodor Shalyapin)
1873年2月13日生まれの有名人 出身

フョードル・イワノヴィッチ・シャリアピン(ロシア語: Фёдор Ива́нович Шаля́пин、ラテン文字転写: Fyodor Ivanovich Chaliapin、1873年2月1…

ビクトル=マルキン(Viktor Fyodorovich Markin)
1957年2月23日生まれの有名人 出身

ヴィクトル・フョードロヴィチ・マルキン(ロシア語: Виктор Фёдорович Маркин, ラテン文字転写: Viktor Fyodorovich Markin、1957年2…

コンスタンチン=ユオン(Konstantin Fyodorovich Yuon)
1875年10月24日生まれの有名人 出身

コンスタンチン・フョードロヴィチ・ユオン(Konstantin Fyodorovich Yuon 〔Константин Фёдорович Юон〕, 1875年10月24日 - 1958年4月11…

スビャトスラフ=フョードロフ(Svyatoslav Fedorov)
1927年8月8日生まれの有名人 出身

8月8日生まれwiki情報なし(2024/07/16 09:25時点)

注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
フョードル=ドストエフスキー
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

最近追加された芸能人・有名人

澤繁実 小野寺紘毅 桜井誠_(活動家) 安野貴博 ジャンボ松田 後藤輝樹 石丸幸人 暇空茜 りんごちゃん_(ものまねタレント) 藤井祐眞

グループ

Number_i SUPER★DRAGON XOX なにわ男子 King & Prince NORD (アイドルグループ) 三四郎 DISH// OCTPATH さくらしめじ 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「フョードル=ドストエフスキー」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました