もしもし情報局 > 辞書 > 新社会党

「新社会党(しんしゃかいとう) 」とは

新社会党(しんしゃかいとう) |Wiki【もしもし辞書】


もしもしロボ調査[Wiki(ウィキ)情報]

新社会党

新社会党(しんしゃかいとう、英語: New Socialist Party of Japan)は、日本の政党。1996年3月、社会民主党から独立して結成された。社会主義を掲げている。略称は新社党、社会党。

概要

政策的には日本国憲法の護持・非武装中立・社会主義経済を主張。

社民主義を「大資本の支配を前提にして軍事力の行使を是認」と資本主義の枠内にみなして批判、「資本主義を温存する(資本主義社会の枠内での)『福祉国家』ではなく社会主義国家を」と主張するなど、かつての労農派マルクス主義、社会党左派の流れをくみ、理論的には向坂逸郎の死後分裂した社会主義協会(坂牛派・細川派)の色彩が強い。

これまでの選挙では主に社民党候補を推薦しているが、東京都知事選挙で民主党系無所属の浅野史郎を支援したり、廿日市市長選挙で自由民主党と共同で現職やその後継候補を推薦したりしている。国政選挙でも「よりまし」として愛媛などのように民主党系候補を支援することもあった。第24回参議院議員通常選挙では、日本共産党の候補も推薦している。

党員数が少ないため独自の運動を展開するのは困難な状態にあるが、労働運動では全労協(特に国労の一部など)、連合の一部(自治労、日教組、旧全国一般など)、全労連の一部(京都総評、兵庫労連など)と共闘関係。護憲運動では「憲法を生かす会」を組織。

機関紙として「週刊新社会」を発行している。

党史

日本社会党は1993年に細川内閣が発足した後、それまで反対してきた自衛隊・日米安保条約・小選挙区制・原発などを容認する姿勢に転換した。しかし党内の反発は大きく、小選挙区比例代表並立制導入などを目的とした公職選挙法改正案(政治改革法案)採決では造反が相次いだ。

1996年1月1日、日本社会党参議院議員の矢田部理らは新社会党を結成、衆議院議員2人(小森龍邦、岡崎宏美)、参議院議員3人(矢田部・栗原君子・山口哲夫)が参加した。国会における会派の名称は衆・参ともに「新社会党・平和連合」とした。矢田部らは離党届を提出したが、社民党は受理せず除名処分とした。委員長に矢田部、副委員長に岡崎と小森、書記長に元釧路市長でもある山口が就任した。社会党元副委員長の和田静夫は顧問に就任、しかしその後自由連合に鞍替えした。新党護憲リベラルを経て憲法みどり農の連帯を結成したいとう正敏らも入党。元々護憲リベラルのメンバーと小森は「新党民主フォーラム」という護憲新党準備団体を共同で結成しており、親和性が高かった。他には元議員として上野建一や稲村稔夫、地方議員では当時中野区議会議員だった江原栄昭(後に都委員長に就任)らが入党している。

1996年の衆議院総選挙・1998年の参議院選挙といずれも全員落選し、国会での議席を失った。また、いずれの選挙でも得票率が2%に満たず、政党要件を失い、これまで受けていた政党交付金も支給されなくなった。なお、主な資金源は交付金であったが、この制度については特に憲法上問題とはしていなかった。交付金打ち切り後は党費・個人・団体献金・機関紙購読料などが主な資金源。

2000年の衆議院総選挙・2001年の参議院選挙でも議席回復に失敗。また、反基地闘争で共闘関係にある沖縄社会大衆党の新垣重雄を東京都選挙区で推薦したが、当選には至らなかった。2003年の衆議院総選挙では、初めて社民党と本格的な選挙協力を行い、無所属で候補を擁立したが及ばなかった。2004年の参議院選挙でも公認候補を立てず、原和美らを無所属で擁立した。しかし、他党候補の推薦を除き、当選者は得られなかった。原は2005年の衆議院総選挙、2009年の衆議院総選挙でも兵庫1区より無所属で立候補したが、落選した。

2007年の参議院選挙では、平和運動団体である「キリスト者平和ネット」や「みどりのテーブル」の一部の活動家などと合同で、確認団体「9条ネット」を立ち上げ、栗原を含む9人の比例区候補と、元神戸市議で党副委員長兼兵庫県本部委員長の原和美を選挙区候補として計10人の擁立を発表した。しかし、選挙結果は比例区273,755票(得票率0.46%)で、議席獲得には至らなかった。原を擁立した兵庫以外の選挙区では民主党・社民党系候補や野党系無所属候補を支援し、東京都選挙区から立候補した無所属川田龍平、愛媛選挙区から立候補した無所属友近聡朗(民主・社民・国民新党と共同推薦)らの当選に尽力した。

2010年の第22回参議院議員通常選挙では社民党と共闘し、原が社民党に移籍、比例区から出馬した。原は選挙前に社民党幹事会で入党が了承されたが新社会党への離党届は受理されずに執行部預かりとなり、選挙出馬後は新社会党と社民党の二重党籍となっている。原は個人得票で4位に留まり落選した。

党幹部でメディア露出も頻繁だった原を社民党に移籍させたことや、それに伴い本来規約で禁止されている多重党籍を執行部が積極的に認めていることなどについては批判もあり、2011年、新社会党結党以来初の中央執行委員長選挙になった。本部に批判的な江原栄昭が出馬したが落選し、松枝佳宏が当選した(選挙結果は、松枝得票率が74.7%、江原得票率が20.3%、白票3.8%、無効票1.2%で投票率は77.9%)。2012年6月、委員長の松枝と社民党党首の福島瑞穂が会談し、来る衆議院選挙と参議院選挙において社民党と選挙協力を行う旨の協定を取り交わした。同年12月の東京都知事選挙には支持候補として日本未来の党、共産党、社民党、東京・生活者ネットワークとともに前日本弁護士連合会長で新人の宇都宮健児を擁立した。

2013年1月の委員長選挙において、江原ら本部に批判的な党員53名が推す細川正が立候補したが、松枝(兵庫県本部推薦)が再選された(選挙結果は、松枝の得票率が81.4%、細川正の得票率が18.6%、白票が5.5%、無効票が0.2%で投票率は81.0%)。2013年参議院議員選挙では、社民党、社大党、みどりの風の候補を推薦・支持し、また無所属の山本太郎を支援した。

2014年衆議院議員選挙では社民党支持を決定した。

2015年も委員長選挙となり、前回に引き続き松枝と細川の一騎打ちとなったが、松枝佳宏が三選した(選挙結果は、松枝の得票率が79.7%、細川の得票率が15.9%、無効票4.4%で投票率は81.0%)。なお、中央執行委員長選挙では都道府県別の党員数は公表しているにも関わらず、投票数は明らかにしておらず、江原や細川らは批判している。

2016年参議院議員選挙では、選挙区は1人区の野党統一候補を中心に、社民党、民進党、共産党、無所属候補を推薦・支持し、比例区は社民党を支援した。また、その直後の2016年東京都知事選挙でも野党統一候補の支持に回った。

2017年衆議院議員選挙では、衆院選では17年ぶりに公認候補を擁立(兵庫9区、菊地憲之)。野党共闘の枠組みに加わることを表明した。民進党は共闘を放棄して希望の党への合流を図ったが、共産党と社民党は菊地の推薦を決めた。ただし、菊地は無所属での出馬、代わりに、新社会党は兵庫8区で共産党の堀内照文(前職、比例重複)を推薦、の体制で選挙をたたかったが、両者ともに落選した。

党員の高齢化に伴い、離党・死亡などにより、党員数・党費の減少に歯止めが掛かっていない。党員数は、結党時より半減している。

現在も一定の地方議員を擁する。国政については長らく議席がないが、野党共闘(特に社共共闘)を進め、その中で党勢拡大と議席回復を狙っている。地方では、兵庫県・熊本県などで、ある程度の勢力を保っており、地方議員数は現在22名。

社大党・社民党・日本共産党の支持が強い沖縄県では非常に組織が弱いが、社大党とは友党関係にある。広島県教職員組合は、はっきり新社会党支持を打ち出している。また、衆議院選挙において中選挙区時代の広島3区で当選していた小森龍邦は、部落解放同盟書記長であったが、1993-94年に盛んだった政治改革論議で、細川連立内閣との協力を重視していた他の幹部と意見を異にし、社会党を含む連立与党が提出した政治改革法案に反対票を投じ、その責任を取る形で解放同盟に書記長辞任願いを出し受理された。実質的には解任だったともいわれる。その後小森は解放同盟広島県連顧問就任。現在も広島県の部落解放運動を事実上指揮していると言われる。

※自動巡回調査の為、文章がおかしな場合がありますがご了承ください。

もしもしロボ「新社会党に関する情報が見つかるかもしれないよ!
もしもしロボに再調査を依頼する
(数秒で調査します!)

※新しい情報があった場合は記事が追加されます。無かった場合はページ更新のみされます。

shinsyakaitou


ポケモンGO(ぽけもんごー)が日本で配信中!!
「プレイ方法がよく分からない」という人が多いみたい
【ピカチュウを手に入れる方法(裏技)】
初期ポケモン3匹(ヒトカゲ、ゼニガメ、フシギダネ)がマップ上に現れたら、タップせずに移動を続ければ初期ポケモンをピカチュウにできる
新社会党さんはラフレシアを探しているのかも知れない!


注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
新社会党
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

おまかせワード

窪田志一  深作清次郎  新自ク  畑田重夫  防共挺身隊  貴島桃隆  民主  自民  古賀裕也  東郷健  社会民主党  川村茂久  日本国民権利擁護連盟  東京都制  金子詔一  民主党  出隆  肥後亨  自由  民社  南俊夫  大日本愛国党  1963年東京都知事選挙  福田進  貴族院  日本国民政治連合  日本民主党  河野孔明  雑民党  小田俊与 

話題の芸能人・有名人

おまかせワード

民社  河野孔明  小田俊与  民主  東京都制  日本国民権利擁護連盟  深作清次郎  東郷健  新自ク  貴族院  日本国民政治連合  金子詔一  大日本愛国党  出隆  自民  雑民党  日本民主党  畑田重夫  窪田志一  福田進  貴島桃隆  防共挺身隊  社会民主党  自由  民主党  古賀裕也  南俊夫  川村茂久  1963年東京都知事選挙  肥後亨 

グループ

asfi predia Ange☆Reve 乙女新党 X21 Prizmmy☆ GEM Especia SKE48 キャンディzoo まなみのりさ CheekyParade BABYMETAL 9nine palet E-girls フェアリーズ アリス十番 チームしゃちほこ 放課後プリンセス AKB48G Silent Siren ALLOVER Splash! さくら学院 LinQ ひめキュンフルーツ缶 アップアップガールズ(仮) SUPER☆GiRLS さんみゅ~ amorecarina Doll☆Elements Chelip 赤マルダッシュ☆ 夢みるアドレセンス ももクロ Rev.from DVL Candy Kiss 風男塾 乃木坂46 NMB48 でんぱ組.inc 私立恵比寿中学 愛乙女★DOLL CoverGirls ハロプロ アイドリング 東京女子流 アイドルカレッジ ライムベリー ベイビーレイズ THE ポッシボー PASSPO☆ AKB48 AeLL. HKT48 からっと☆ GALETTe 

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「新社会党」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました