もしもし情報局 > 野球 > 栃木県 > 今井達也

今井達也の情報 (いまいたつや)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

【5月25日】今日誕生日の芸能人・有名人

今井達也の情報 (いまいたつや) 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、出身地]

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
もしもしロボ

今井 達也さんについて調べます

■名前・氏名
今井 達也
(いまい たつや)
■職業
野球選手
■今井達也の誕生日・生年月日
1998年5月9日 (年齢26歳)
寅年(とら年)、牡牛座(おうし座)
■出身地・都道府県
栃木出身

今井達也と同じ1998年生まれの有名人・芸能人

今井達也と同じ5月9日生まれの有名人・芸能人

今井達也と同じ出身地栃木県生まれの有名人・芸能人


TOPニュース

結婚・離婚・再婚・年の差婚まとめ

元宝塚トップスターの光原エミカが1000万円詐取の疑いで逮捕

超有名女優と結婚した人気歌手が不倫の噂

ねじねじファッションの中尾彬(なかおあきら)が死去

細川たかしの新曲ジャケットのクセが強いと話題に

極楽とんぼ山本圭壱の妻、西野未姫が妊娠

藤原さくらYouTubeで新曲公開!『初恋のにおい』ショートアニメ

「つばさの党」代表の黒川敦彦ら3人を逮捕

嵐の松本潤が事務所を退所し独立を発表!本人メッセージもインスタに投稿

元子役の若山耀人容疑者、殺人容疑で再逮捕

フィギュアスケートの宇野昌磨が引退会見!

落馬した吉田隼人騎手近況。藤井勘一郎元騎手がツーショット写真を公開


今井達也

もしもしロボ

今井 達也(いまい たつや)さんの誕生日は1998年5月9日です。栃木出身の野球選手のようです。

もしもしロボ

代表経歴、選手としての特徴などについてまとめました。卒業、引退に関する情報もありますね。去年の情報もありました。今井達也の現在の年齢は26歳のようです。

今井 達也(いまい たつや、1998年5月9日 - )は、栃木県鹿沼市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。

小学1年から野球を始め、鹿沼市立西中学校時代はクラブチームの鹿沼レッドソックスに所属し、全国野球大会に出場した。

中学卒業後は作新学院高等学校に進学。 2年夏は栃木大会で背番号「11」でベンチ入りし、準決勝の白鷗大学足利戦に先発するも、四球と大下誠一郎の右前安打でピンチを招き、二死一・三塁からライトスタンドへの同点3点本塁打を打たれ、1回3安打2四死球3失点で降板した。國學院栃木との決勝戦では6回からリリーフ登板したものの制球が定まらず、相手打者に対して頭部死球を与えるなど、1回1/3を1安打4四死球で降板した。チームは夏の甲子園大会出場を果たしたものの今井はメンバー外となった。

2年秋の栃木県大会では背番号「1」としてメンバー入りし、準決勝の文星芸大付戦に先発するも暴投により決勝点を許し、1-2で敗れた。2年冬の期間は監督の小針崇宏の「ピッチャーはマウンドでひとり」という育成方針によって、マウンドでの孤独感や自身に向き合う時間の確保のため、1人で練習に励んだ。

3年春の栃木県大会では2番手格の入江大生に実戦経験を積ませるというチームの方針があり、今井の登板機会は無かった。入江が背番号「1」を背負ったものの、準々決勝で県立栃木工業に敗れ、チームはベスト8に終わった。これをきっかけに入江は一塁手へコンバートした。

エースとして迎えた3年夏の甲子園大会では初戦の尽誠学園戦で自己最速となる151km/hを記録すると、その後の花咲徳栄戦では自己最速を更新する152km/hを計測し、プロから注目された。決勝の北海戦では9回1失点の好投で優勝投手となった。同大会では全5試合に登板し、41イニングで44奪三振、自責点5(防御率1.10)と快投を見せた。

甲子園の後はU-18アジア野球選手権大会に出場し、決勝の台湾戦では5回1失点と好投し、2大会ぶり5度目の優勝に貢献した。

2016年9月16日にプロ志望届を提出し、2016年度ドラフト会議にて埼玉西武ライオンズから単独1位指名を受け、契約金1億円プラス出来高払い5000万円・年俸1300万円(金額は推定)で契約した。背番号は、同年オフにFAで楽天に移籍した岸孝之の11。

2017年は高卒新人ながら春季キャンプA班に抜擢されたが、右肩関節唇の炎症により離脱。その後順調に回復し、4月15日のイースタン・リーグ公式戦で実戦デビューを飾り、7月13日のフレッシュオールスターゲームではイースタン選抜の先発を務め、1イニングを無失点に抑えた。しかし、5月には右肩の違和感、8月には右肩の炎症と故障に悩まされ、ルーキーイヤーは二軍で7試合の登板にとどまり、オフは現状維持の推定年俸1300万円で契約を更改した。

2018年、未成年でありながら1月末に所沢市内で喫煙していたと外部から球団に情報が寄せられ、2月6日に厳重注意処分として、5月までユニフォーム着用禁止および対外試合出場停止が課せられた。5月1日付で未成年喫煙による処分が解除され、6月13日の東京ヤクルトスワローズ戦でプロ初登板初先発を果たすと、6回1失点の好投でプロ初勝利を挙げた。デビュー戦で先発勝利を挙げたのは、球団では松坂大輔以来であった。続く同23日の千葉ロッテマリーンズ戦では4回4失点でプロ初黒星を喫したものの、5回降雨コールドによりプロ初完投が記録された。その後も一軍での先発登板を重ねたが、7月10日に出場選手登録を抹消された。同21日の再登録以降も2度の登録抹消を経験しながらも、本拠地胴上げが懸かった9月29日の福岡ソフトバンクホークス戦では6回2失点と好投するなど、シーズン終了まで先発陣の一角を担った。ポストシーズンでは、ソフトバンクとのCSファイナルステージ第4戦に先発したものの、5回途中4失点で敗戦投手となった。この年は一軍で15試合(14先発)に登板し、5勝5敗・防御率4.81を記録。オフに500万円増となる推定年俸1800万円で契約を更改した。

2019年は自身初の開幕ローテーション入りを果たすと、5月5日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦でプロ初完封勝利を挙げた。これは令和の完封勝利第1号だった。この年は発熱で先発を回避した試合や腰痛で登録抹消された時期があり、規定投球回には到達できなかったものの、シーズン中盤からは3連戦の初戦を任されるなど首脳陣からの期待も大きく、23試合(22先発)の登板で7勝9敗・防御率4.32という成績を残した。ポストシーズンでは、ソフトバンクとのCSファイナルステージ第2戦に先発したものの、3回途中6失点で敗戦投手となった。オフに1700万円増となる推定年俸3500万円で契約を更改した。

2020年は新型コロナウイルス感染の影響で120試合制の短縮シーズン・開幕延期となった。この年はダルビッシュ有をイメージした新たな投球フォームに挑戦し、開幕前の交流試合などでは好投したが、開幕後は6先発で2勝を挙げるも防御率6.25と不安定な投球が続き、中継ぎへ配置転換。リリーフでもなかなか投球内容が向上せず、8月26日の北海道日本ハムファイターズ戦では右打者に対して3死球を与えると、翌27日に出場選手登録を抹消された。10月に先発として再登録されるも結果を残せず、19試合(11先発)の登板で3勝4敗・防御率6.13という成績にとどまった。オフには知人のSNSを通じてダルビッシュと連絡を取り、投球フォームについて相談した。契約更改では700万円減の推定年俸2800万円で契約を更改した。

2021年は3年連続で開幕ローテーション入りを果たすと、四死球の多さを逆手にとって相手打者に的を絞らせず、交流戦前の時点では与四球率6.05ながら被打率.194・防御率2.62と安定した投球内容。交流戦、そしてリーグ戦再開後も防御率2点台を維持し、監督推薦でオールスターに初出場。第1戦の2番手として登板し、2回を無失点に抑えた。後半戦は調子を落としていたが、9月11日のオリックス・バファローズ戦では7回途中までノーヒットピッチング、142球の熱投で9回3安打無失点、自己最多の13奪三振で自身初となる2桁奪三振、2019年5月5日以来となる自身2度目の完封勝利を記録した。その後は完投勝利を記録するなど復調し、この年は年間を通して先発ローテーションを守り、両リーグ最多の与四球数を記録しながらも自身初めて規定投球回に到達。援護に恵まれなかったり降板後に勝利投手の権利が消滅したりと打線やリリーフ陣と噛み合わない試合が多く、25試合に先発して8勝8敗と勝ち星こそ伸び悩んだものの、3完投(リーグ2位タイ)・防御率3.30(チーム1位)と確かな成長を示した1年となった。オフに2300万円増となる推定年俸5100万円で契約を更改した。

2022年も開幕ローテーション入りが内定していたものの、右内転筋の張りでオープン戦最終登板を回避。開幕には間に合わず、4月8日の二軍戦で実戦復帰を果たすも、続く同19日の二軍戦で左足首を捻挫し、再び長期離脱となった。離脱期間で上半身のトレーニングを中心に体重を5kg増やし、6月24日の二軍戦で実戦再復帰。7月7日のオリックス戦でシーズン初登板初先発となり、5回まで無失点に抑えるも、6回裏に味方の拙守もあって3点を失い、6回3失点で敗戦投手となった。続く同14日のロッテ戦では6回6安打1四球6奪三振1失点と好投し、シーズン初勝利を挙げると、後半戦の開幕戦となった7月29日のソフトバンク戦の先発を任され、千賀滉大との投げ合いを制し、6回2失点で勝利投手。その後は金曜日のローテーションを回り、8月12日の楽天戦では6回に打球が右ふくらはぎに直撃しながらも続投。7回には右手薬指に親指の爪が引っかかって出血し、続投を志願しながらも交代となったが、6回2/3を2安打3四死球9奪三振無失点の好投で勝利投手。同26日のオリックス戦では山本由伸と投げ合い、8回117球という状況から志願の続投。9回144球4安打6四球10奪三振2失点と力投すると、延長10回表にチームが勝ち越したことで勝利投手となった。前述のようにタフな登板が続いたこともあり、1度先発登板を飛ばす目的で翌8月27日に出場選手登録を抹消され、最短10日での復帰を目指していたが、その後扁桃腺炎による発熱が続き、実戦登板から離れることとなった。二軍での調整登板を2試合経て、9月28日、CS進出を争う楽天との直接対決で一軍復帰。岸孝之との息詰まる投げ合いを8回4安打4四死球8奪三振無失点の好投で制し、勝利投手となった。この年は3度の離脱があったが、豊田清投手コーチは「結果的にケガで出遅れてしまいましたが、その間もやるべきことにしっかりと取り組んでくれましたしね。本当に“野球人”として一つ階段を上った感じです。」と語り、辻発彦監督も「そういう(3度の離脱があった)中でもすごく人間的にも成長しているのを感じていた。」と首脳陣から精神面での成長を高く評価されており、レギュラーシーズンでは9試合の先発(5勝1敗・防御率2.41)にとどまりながらも、辻監督はCS開催1週間前に今井のファーストステージ第2戦での先発を公言。同じく先発を公言された髙橋光成が柳田悠岐の3点本塁打を含む5失点と崩れ、チームは初戦を落とし、負ければ敗退というマウンドとなったが、スライダーを狙われ、3回裏に柳田の2試合連続となる満塁本塁打を打たれ、4回5失点で敗戦投手となった。オフの11月23日に開催されたファン感謝イベントでは、昨オフに自主トレ同行を願い出てからの1年間で様々な助言をもらってきた武隈祥太の引退スピーチも行われ、花束贈呈役を務めた今井は号泣。この日の帰り道に、武隈が使用していた背番号48への変更を球団に申し入れ、12月1日の契約更改では600万円減となる推定年俸4500万円でサインしたと共に、背番号変更も発表。周囲の反対を押し切り、自らの希望で数の大きい番号を付けるという異例の背番号変更であった。

2023年は楽天との開幕2カード目の初戦でシーズン初登板初先発。7回無失点の好投でシーズン初勝利を挙げると、続く4月13日のロッテ戦では8回一死までノーヒットピッチングを続け、2-0で迎えた9回表も続投。一死一・二塁のピンチを招いたが、後続を抑え、9回138球2安打5四死球11奪三振無失点の熱投で自身3度目(2021年9月11日以来)の完封勝利を挙げた。その後は登板間隔を空けるための登録抹消が一度ありながら、先発ローテーションを回っていたが、5月24日のロッテ戦で3被弾含む8失点を喫し、2回0/3で降板すると、同26日に出場選手登録を抹消された。1か月以上二軍調整が続いたものの、後に本人は「(二軍調整中に)それほど変えたことはない。長い時間をかけて作っているものを、より完成度の高いものにすることだけを考えて、トレーニングや技術的な練習をしています」と故障などは無く、この年の1月に参加した鴻江寿治氏の合同自主トレでの取り組みを継続していたことを明かした。7月4日のロッテ戦で一軍復帰し、8回無失点ながら打線の援護が無く、勝敗は付かなかったものの、続く同12日のソフトバンク戦では7回2失点の好投で勝利投手。7月は4先発全てでHQSを記録し、3勝0敗・防御率0.62と好成績を収め、満場一致で自身初の月間MVPを受賞した。9月21日の楽天戦では8回2失点の好投でシーズン10勝目を挙げ、自身初の2桁勝利を達成した。この年は規定投球回には到達できなかったものの、19試合の先発登板で16度のQSと安定した投球で10勝5敗・防御率2.30を記録。シーズン終了後は第2回アジアチャンピオンシップ(詳細後述)に出場し、オフに3500万円増となる推定年俸8000万円で契約を更改した。

代表経歴

2023年10月24日、第2回アジアチャンピオンシップの日本代表にオーバーエイジ枠として選出されたことが発表された。韓国との決勝に先発したが、味方の失策も絡み、4回2失点(自責点1)で降板した。

選手としての特徴

スリークォーターから最速159km/hのストレートにスライダー、チェンジアップ、カーブなどの変化球を投じる。2021年からは同僚の平良海馬からアドバイスを受けて磨いたというカットボールを持ち球に加えている。

高校時代は制球難に苦しみ、2年夏の甲子園でベンチを外れて以降はランニング・体幹・ウエイトトレーニングのメニューを自分で考えながら取り組み、練習試合では監督から『140キロ超を出すのは禁止』『8割の力で投げること』という2つの制約を課され、3年春以降は連日ブルペンでのフォーム固めに着手し、これらが最後の夏における球速・制球力アップに直結した。

ただ、本人も「試合が続くにつれてフォームが横振りになってシュート回転する球が多かった」と語ったように、甲子園終盤からは疲労でパフォーマンスを落とし、U-18代表でもストレートのコントロールに苦しんだ。

プロ入り後は制球難を克服すべく、岸孝之やダルビッシュ有の投球フォームを参考にしたり、力感を無くしてみたりと試行錯誤を続け、投球フォームを固めることができずにいた。ただ、6年目終了後のオフに鴻江寿治氏の合同自主トレに参加すると、自分の感覚にマッチする投球フォームに辿り着き、「自分の体の癖を生かしていくという理論なのですが、お陰で今年は100球投げても200球投げても、疲労を感じなくなりました」と試合終盤でも球速が落ちず、また登板翌日の体の張りも軽減された。

2022年シーズンから髪を伸ばし始め、2023年の春季キャンプでは髙橋光成と共に『チームロン毛』を結成し、約3か月の制作期間を経て、この年の9月にチームロンゲグッズが販売された。

2024/05/19 23:54更新

imai tatsuya


今井達也と同じ誕生日5月9日生まれ、同じ栃木出身の人

兼崎 順一(かねざき じゅんいち)
1950年5月9日生まれの有名人 栃木出身

5月9日生まれwiki情報なし(2024/05/18 07:23時点)

岩崎 良夫(いわさき よしお)
1947年5月9日生まれの有名人 栃木出身

岩崎 良夫(いわさき よしお、1947年5月9日 - )は、栃木県出身の元プロ野球選手(内野手)。 作新学院高では、2年次の1964年に三塁手、一番打者として夏の甲子園に出場。1回戦は小松実に大勝…

中山 誠吾(なかやま せいご)
1999年5月9日生まれの有名人 栃木出身

中山 誠吾(なかやま せいご、1999年5月9日 - )は、栃木県宇都宮市出身の元プロ野球選手(内野手)。右投左打。 宇都宮市立田原西小学校2年生のときに西サンライズで軟式野球を始め、小学校4年生…


今井達也と近い名前の人

今井 敏明(いまい としあき)
1954年12月29日生まれの有名人 埼玉出身

今井 敏明(いまい としあき、1954年12月29日 - )は、埼玉県出身のサッカー指導者、元サッカー選手。 埼玉県立浦和西高等学校:県総体2位、選手権予選準決勝 早稲田大学ア式蹴球部:関東大学リ…

今井 美桜 (いまい みお)
1997年4月9日生まれの有名人 埼玉出身

今井 美桜 (いまい みお、1997年4月9日 - )は、日本のフリーアナウンサー、キャスター、モデル、YouTuber。埼玉県出身。セント・フォース所属。 2017年11月5日、「ミス青山コンテ…

今井 麻椰(いまい・まや)
1991年1月24日生まれの有名人 東京出身

今井 麻椰(いまい・まや、Maya Imai, 1991年1月24日 - )は、日本の女性フリーアナウンサー及び実業家。 東京都世田谷区出身。東洋英和女学院高等部、慶應義塾大学環境情報学部卒業(カ…

今井 登茂子(いまい ともこ)
1937年1月27日生まれの有名人 出身

今井 登茂子(いまい ともこ、1937年1月27日 - )は、日本のアナウンサーである。 別名義、今井 とも子。 東京都杉並区出身。TJコミュニケーションズ「ともこ塾」代表。TBSアナウンサー第6期…

今井 ちひろ(いまい ちひろ)
1982年10月22日生まれの有名人 東京出身

今井 ちひろ(いまい ちひろ、1982年10月22日 - )は、日本のタレント、ファッションモデル、女優。所属事務所はスターダストプロモーション。 小学生の頃から子役として活躍。ファッション雑誌「…

今井 麻美(いまい あさみ)
1977年5月16日生まれの有名人 山口出身

今井 麻美(いまい あさみ、1977年5月16日 - )は、日本の声優、歌手、舞台女優。学位は学士(文学)(明治大学)。東京都渋谷区生まれ、山口県徳山市育ち。EARLY WING所属。 代表作には『…

今井 正(いまい ただし)
1912年1月8日生まれの有名人 東京出身

今井 正(いまい ただし、1912年1月8日 - 1991年11月22日)は、日本の映画監督。 戦後日本映画の左翼ヒューマニズムを代表する名匠である。東京帝国大学中退後、東宝の前身J.O.スタヂオに…

今井 雅之(いまい まさゆき)
1961年4月21日生まれの有名人 兵庫出身

今井 雅之(いまい まさゆき、1961年(昭和36年)4月21日 - 2015年(平成27年)5月28日)は、日本の元自衛隊員・俳優・演出家・脚本家・タレント・エッセイスト。兵庫県豊岡市出身。代表作は…

今井 トゥーンズ(いまい とぅーんず)
1971年2月13日生まれの有名人 愛知出身

今井 トゥーンズ(いまい トゥーンズ、IMAI TOONZ、男性、1971年2月13日 - )は、日本のイラストレーター、キャラクターデザイナー、コミックアーティスト。 愛知県出身。多摩美術大学美術…

今井 絵理子(いまい えりこ)
1983年9月22日生まれの有名人 沖縄出身

今井 絵理子(いまい えりこ、1983年〈昭和58年〉9月22日 - )は、日本の歌手、女優、政治家。自由民主党所属の参議院議員(2期)。SPEEDのメンバー(事実上の活動停止状態から元メンバーと表記…

今井 由香(いまい ゆか)
1970年9月19日生まれの有名人 静岡出身

今井 由香(いまい ゆか、1970年9月19日 - )は、日本の元女性声優。静岡県熱海市出身。アトミックモンキー最終所属。 1970年9月19日に、静岡県熱海市で誕生。最初になりたかったのは、野球…

注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
今井達也
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

最近追加された芸能人・有名人

渡大生 渡辺亮太 渡辺佳孝 渡辺由一 渡辺泰広 渡邉三城 渡辺三男 渡部学 渡辺正 渡邉将基

グループ

predia AeLL. ベイビーレイズ THE ポッシボー アリス十番 CheekyParade Rev.from DVL 9nine 夢みるアドレセンス AKB48G 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「今井達也」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました