もしもし情報局 > 野球 > 東京都 > 大﨑雄太朗

大﨑雄太朗の情報 (おおさきゆうたろう)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

【5月20日】今日誕生日の芸能人・有名人

大﨑雄太朗の情報 (おおさきゆうたろう) 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、出身地]

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
もしもしロボ

大﨑 雄太朗さんについて調べます

■名前・氏名
大﨑 雄太朗
(おおさき ゆうたろう)
■職業
野球選手
■大﨑雄太朗の誕生日・生年月日
1984年10月18日 (年齢39歳)
子年(ねずみ)、天秤座(てんびん)
■出身地・都道府県
東京出身

大﨑雄太朗と同じ年に生まれた芸能人(1984年生まれ)

大﨑雄太朗と同じ誕生日の人(10月18日)

大﨑雄太朗と同じ出身地の芸能人(東京都生まれ)


TOPニュース

「つばさの党」代表の黒川敦彦ら3人を逮捕

嵐の松本潤が事務所を退所し独立を発表!本人メッセージもインスタに投稿

高橋一生飯豊まりえが結婚!「岸辺露伴は動かない」で共演

フジテレビの生田竜聖アナウンサーが再婚

元子役の若山耀人容疑者、殺人容疑で再逮捕

フィギュアスケートの宇野昌磨が引退会見!

落馬した吉田隼人騎手近況。藤井勘一郎元騎手がツーショット写真を公開

水原一平が歯の治療費930万円を…


大﨑雄太朗

もしもしロボ

大﨑 雄太朗(おおさき ゆうたろう)さんの誕生日は1984年10月18日です。東京出身の野球選手のようです。

もしもしロボ

選手としての特徴・人物、詳細情報などについてまとめました。現在、引退、卒業、テレビ、兄弟に関する情報もありますね。大﨑雄太朗の現在の年齢は39歳のようです。

大﨑 雄太朗(おおさき ゆうたろう、1984年10月18日 - )は、東京都昭島市生まれ、茨城県稲敷郡茎崎町出身(現つくば市)の元プロ野球選手(外野手)。右投左打。愛称は「チャキ」。

8歳から茨城県つくば市の茎崎ファイターズで野球を始める。以前から始めていた柔道を10歳まで両立していた。中学からは竜ヶ崎リトルシニアに所属。同学年に神戸拓光がいる。中学3年時、陸上走り幅跳びで茨城県総体2位。

常総学院高等学校では1年生春から1番二塁手として出場。同学年に横川史学、1学年下に坂克彦がいる。(2000年)1年時、第31回明治神宮野球大会に九州地区代表の東福岡高校と準決勝で対戦し本塁打を記録したが敗退しベスト4。2年生時、2001年の第73回選抜高等学校野球大会に出場し準決勝まで1安打と結果が出ず決勝戦ではスタメン落ちした。3回から途中出場した第一打席目にレフト線2塁打を放ち追加点のホームを踏み茨城県勢初の選抜甲子園大会優勝に貢献した。同年夏の第83回全国高等学校野球選手権大会茨城県予選準決勝で9回1アウトから同点本塁打を含む2試合連続本塁打を記録。第83回全国高等学校野球選手権大会では二試合連続3安打を記録したが敗退しベスト32。3年生(2002年)夏の第84回全国高等学校野球選手権大会茨城県予選決勝では水戸商の長峰昌司から決勝3ランを放ち、ノーシードから第84回全国高等学校野球選手権大会茨城県予選優勝に貢献した。第84回全国高等学校野球選手権大会ベスト8をかけた3回戦では同大会で優勝した森岡良介・筧裕次郎を擁する明徳義塾中学校・高等学校と対戦し6対7で惜敗しベスト16。高校通算22本塁打、甲子園通算11試合33打数10安打、打率.303を記録した。

青山学院大学では1年生から東都大学野球一部春季リーグ戦に9番左翼手として出場。3年生時に第54回全日本大学野球選手権で4試合17打数11安打を放ち[1]首位打者を獲得。(6割4分7厘は個人表彰を開始した第50回大会から第70回現在まで歴代最高打率)その後、日本で開催された第34回日米大学野球選手権では1番打者として全4試合17打数5安打。打率.294を記録。同年の東都一部秋季リーグ戦にてベストナインを獲得した。4年生時に第55回全日本大学野球選手権で2試合連続本塁打を記録。同年の東都一部秋季リーグ戦にて通算100安打(2006年当時20人目、2020年24人)を達成。リーグ戦では通算94試合出場、355打数100安打、打率.282、10本塁打、40打点で、全国大会通算では11試合46打数20安打、打率.438、3本塁打を記録した。

チームとして、2003年東都大学野球一部秋季リーグ戦で優勝、2005年春季から2006年春季まで同級生の円谷英俊、高市俊、横川史学、楠城祐介、下級生の小窪哲也、小林賢司、久古健太郎、井上雄介と共にリーグ戦3連覇を達成し、戦国東都と言われる東都大学野球一部リーグで計4度の優勝を経験。

2003年第34回明治神宮野球大会ベスト4、2005年第54回全日本大学野球選手権優勝、同年第34回日米大学野球選手権日本代表、2006年第55回全日本大学野球選手権準優勝。

2006年、11月21日に行われた大学生・社会人ドラフト会議で西武ライオンズから6巡目で指名され、推定契約金4,000万円・年俸1,200万円で契約し入団した。背番号0。同年のドラフトでは大﨑のほか、横川史学、円谷英俊、高市俊も指名を受け、青山学院大学硬式野球部から同時に4名が指名されたのは1996年に井口資仁・澤崎俊和・清水将海・倉野信次が指名されて以来10年ぶり2回目であった。後に2008年に楠城祐介が指名され青学大同級生5人がプロ野球選手となった。

2007年、二軍での前半戦は代打や途中出場が中心となり、後半戦から主力選手として起用された。打率.274、3本塁打、5盗塁の成績だった。シーズン終盤から一軍に初昇格し、5試合で1番・右翼手のスタメン出場を経験した。

2008年、二軍で規定打席に到達しイースタン・リーグ4位の打率.311、5本塁打、13盗塁を記録した(9月度月間MVP、二軍の優秀選手を受賞)。一軍がパ・リーグで優勝を決め、消化試合に入り一軍に昇格したが1安打に終わった。チームはパ・リーグ優勝の勢いそのままに日本シリーズ優勝、アジアシリーズ優勝を飾った。アジアシリーズでは全試合にベンチ入りし、天津ライオンズ戦では途中出場したが1打数0安打に終わった。

2009年、開幕前のWBC日本代表との強化試合で岩隈久志からホームランを放ち、その後も韓国戦4安打、台湾戦3安打、中国戦2安打と4試合10安打を記録。開幕一軍入りは逃したが、5月上旬に一軍に昇格すると5月31日の読売ジャイアンツ戦で10回裏マーク・クルーンからサヨナラ安打を放ち、プロ初打点が初サヨナラ打となった。6月10日の阪神タイガース戦では9回裏にジェフ・ウィリアムスから代打でサヨナラ押し出し四球を選び、プロ2打点目もサヨナラとなった。この年は75試合に出場し打率.275を記録。同年に行われたU-26 NPB選抜 対 大学日本代表にNPB選抜の一員として出場した。

2010年、4月25日に一般人女性と入籍を発表。4月28日、対千葉ロッテマリーンズ8回戦(西武ドーム)、5回裏に唐川侑己からプロ初の右越ソロ本塁打を記録。6月4日対ヤクルト戦を最後に抹消され、その後は一軍の出場機会はなかった。二軍では規定打席に達しシーズンを通して3割をキープ。二塁を主に守った。

2011年、8月19日に一軍に昇格すると初先発で3安打を記録。その後は主にDHや代打としてシーズン終了まで一軍に定着。代打成績10打数4安打.400を記録。クライマックスシリーズでは5試合11打数3安打2打点の成績を残した。

2012年、自身初の開幕一軍入り。特に6月の活躍は目覚ましく6月月間MVPの最終候補にノミネートされ、月間打率.375を記録した。7月以降は秋山翔吾のケガからの復帰に伴い右投手の先発出場が主な起用となったが、CS争いが激化した9月以降は左右の投手関係なくレギュラーとして定着した。自己最多の107試合に出場。クライマックスシリーズでは3試合全てに先発出場し、全てでヒットを放つ。3試合9打数3安打2打点。

2013年、背番号を9に変更。2年連続での開幕一軍入りを果たしたが、4月2日に出場1打席で二軍へ抹消される。4月27日に再び一軍へ昇格すると同29日対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で満塁から代打で出場し高堀和也から2点タイムリーヒットを放ち、この試合のヒーローになった。5月11日の対福岡ソフトバンクホークス戦で8回裏に代打でヒットを放つと、9回表に公式戦自身初の二塁を守った。翌12日には自身初の4番ライトで出場し、4打数2安打2打点を記録した。交流戦では、出場23試合51打数17安打を放ち規定打席には届かなかったが、打率.333を記録。8月17日の楽天戦では、9回2死1.2塁から代打で出場し金刃憲人からライト前へサヨナラヒットを放った。サヨナラ安打は自身三度目(サヨナラ四球含む)。9月10日に一軍登録を抹消され、シーズン中に再昇格はできなかった。主に代打や右腕のスタメンとして84試合の出場し打率.250を記録した。

2014年、3年連続で開幕一軍入りを果たす。4月17日の千葉ロッテマリーンズ戦で南昌輝から自身初の代打ソロ本塁打を放つ。3、4月は14安打打率318を記録。5月3日の対ロッテ戦では自身初の一塁手として先発出場。5月15日の対北海道日本ハムファイターズ戦では自身初の三塁手として出場。5月20日、交流戦過去9年間150打席以上の現役選手の中で通算打率.352は12球団1位を記録。7月27日に森友哉の昇格に伴い一軍の出場登録を抹消された。代打が主な仕事で前半戦のみの出場だったが、出場51試合で打率.248、代打での成績は32試合29打数9安打4打点.321を記録した。

2015年、開幕を二軍で迎え5月7日一軍に出場登録される。5月12日の対日本ハム戦で初スタメンで第一打席目に右翼スタンドへ決勝点となる本塁打を放つ。6月11日対広島戦で代打で右前安打を放ったのを最後に出場登録から外れた。8月7日に一軍へ再昇格。9月2日対ソフトバンク戦では8回裏1対2のビハインドで迎えた2死一・二塁で代打で出場し五十嵐亮太から右前同点適時打を放つ。9月4日対ロッテ戦1対1延長10回表2死2塁で代打出場し益田直也から左中間へ決勝適時二塁打を放つ。9月6日対ロッテ戦も益田から追加点となる代打での適時打を放った。この年は打率.219、代打では47試合中31試合に出場。26打数8安打5打点、打率.308を記録。二年連続で一軍30試合以上の代打出場で3割を記録した。得点圏は打率.318を記録した。

2016年、開幕を二軍で迎え4月22日一軍に出場登録されるが、4試合6打席5打数無安打に終わり一週間で二軍に降格。以降は一軍への昇格はなかった。二軍での成績は80試合出場、打率.286 1本塁打 11打点を記録し、代打成績は50試合に出場し3年連続となる代打打率3割を記録した。

2017年、二軍のオープン戦では打率.450を残し、2014年以来となる一軍のオープン戦に出場し2試合スタメン出場を果たしたが7打席無安打に終わった。開幕を二軍で迎え10月6日、球団事務所にて戦力外通告を受け現役を引退した。

2017年、12月からアジアに注力したプロフェショナル・ファームとしてマネジメントサービス事業・プリンシパル投資事業を主に行うYCP Japan (現YCP Solidiance)に勤務している。

2019年、11月1日に一般社団法人・日本プロ野球選手会はプロ退団選手を対象としたキャリアサポートのための研修会を初開催した。当会にプロ野球OB講師として現公認会計士の奥村武博、現立正大学准教授の西谷尚徳と共に出席した。

YCPホールディングス(グローバル)リミテッドは2021年12月21日に東京証券取引所マザーズ(外国株)へ株式上場を果たした。尚、2022年4月4日以降はグロース市場へ移行する予定である。

選手としての特徴・人物

身長169cmと小柄ながらミートポイントまでボールを呼び込み、鋭いスイングで角度のある打球が打てる巧打者。

大学の先輩である井口資仁を尊敬し、2011年オフシーズンから現役を引退するまで毎年井口資仁が行う沖縄自主トレに同行していた。また、自主トレを通じストイックに取り組む鳥谷敬のトレーニングを目の当たりにし大きな影響を受けた。主な自主トレメンバーは井口の他に鳥谷敬、竹原直隆、清田育宏、明石健志、塚田正義、茶谷健太などが参加していた。

交流戦開始以降、過去9年間150打席以上の現役選手の中で最高打率となる通算打率.352を記録している。

常総学院高校と青山学院大学には、スポーツ推薦で入学。大学4年時は、ドラフト会議まであえて就職先を決めずに指名を待った。大﨑は現役を引退した後に、「西武に指名されていなかったら大学を卒業してから路頭に迷っていたかもしれないが、当時は『プロ一本』と自身で決めていた為、河原井監督と話し合いの末に退路を断った」と述懐している。

現役引退を表明した直後には、知人や西武ライオンズの球団関係者から仕事を紹介されたが、「履歴書を仕上げるところから自分で仕事を選びたい」との理由で固辞。『会社四季報』を通じた業界研究をきっかけに、志望業種をM&A関連企業やコンサルティング企業に絞り込んだうえで、およそ30社に履歴書を送り、複数の内定先からYCP Japanへ入社した。大﨑によれば、自分の意思と行動によって進学先(高校や大学)を決めてきた経験や、企業経営者を取り上げることの多いテレビドキュメンタリー(『プロフェッショナル 仕事の流儀』や『日経スペシャル カンブリア宮殿』)を現役時代の2007年頃から約10年間にわたって録画で視聴していたことが役に立ったという。YCP Japanへの入社後には、「元プロ野球選手という肩書では野球以外の業種での仕事や一般企業への就職活動に全く通用しないが、次の仕事でも研鑽に努める事が元プロ野球選手として果たすべき責務だ」と述べている。

次男・大二朗は2003年常総学院時代に第85回全国高等学校野球選手権大会優勝時のメンバー(捕手)で、第5回AAAアジア野球選手権大会日本代表として銅メダルを獲得している。卒業後、東京ガス硬式野球部で2012年までプレーした。三男・健吾は2012年常総学院時代に第94回全国高等学校野球選手権大会に1番打者として出場し2回戦敗退。この出場により3兄弟とも甲子園大会に出場しスタメン出場となった。卒業後、流通経済大学硬式野球部として2015年第64回全日本大学野球選手権に出場し準優勝している。

詳細情報

初出場:2007年9月24日、対東北楽天ゴールデンイーグルス24回戦(フルキャストスタジアム宮城)、8回表に細川亨の代打で出場

初打席:同上、8回表に岩隈久志の前に空振り三振

初先発出場:2007年9月27日、対北海道日本ハムファイターズ23回戦(西武ドーム)、1番・右翼手で先発出場

初安打:同上、1回表にライアン・グリンから三塁内野安打

初打点:2009年5月31日、対読売ジャイアンツ2回戦(西武ドーム)、10回裏にマーク・クルーンから中前サヨナラ適時打

初盗塁:2009年7月4日、対東北楽天ゴールデンイーグルス8回戦(クリネックススタジアム宮城)、2回表に二盗(投手:永井怜、捕手:中谷仁)

初本塁打:2010年4月28日、対千葉ロッテマリーンズ8回戦(西武ドーム)、5回裏に唐川侑己から右越ソロ

0 (2007年 - 2012年)

9 (2013年 - 2017年)

阿部真央 「I wanna see you」 (2009年)

N‐Trance Feat. Ex-It「STAYIN' ALIVE (Night Fever Mix)」 (2009年)

Superfly 「Dancing On The Fire」 (2010年)

FUNKY MONKEY BABYS 「ヒーロー」 (2011年 - 2015年)

サザンオールスターズ「アロエ」(2015年シーズン途中 - 2017年)

2005年 第34回日米大学野球選手権 日本代表メンバー

2012年 U-26 NPB選抜対大学日本代表 ※NPB選抜メンバー

2024/05/19 23:42更新

oosaki yuutarou


大﨑雄太朗と同じ誕生日10月18日生まれ、同じ東京出身の人

蜷川 実花(にながわ みか)
1972年10月18日 東京

蜷川 実花(にながわ みか、1972年10月18日 - )は、日本の女性写真家、映画監督。 クリエイティブ・ディレクターとしても活動し、美術、芸術、写真、映像、デザインなどのアートディレクションやイ…

溝口 綾(みぞぐち あや)
1957年10月18日 東京

溝口 綾(みぞぐち あや、1957年10月18日 - )は日本の女性声優。東京都出身。フリー。溝口あや名義でも活動していた。代表作は、『キャプテン翼』の三杉淳役。 高校時代は漫画家を目指していた。…

藤巻 恵理子(ふじまき えりこ)
1974年10月18日 東京

藤巻 恵理子(ふじまき えりこ、1974年10月18日 - )は、日本の女性声優、ナレーター。東京都出身。青二プロダクション所属。 小学3、4年生の頃に、アニメーション映画『風の谷のナウシカ』を見…

桜井 ちひろ(さくらい ちひろ)
10月18日 東京

桜井 ちひろ(さくらい ちひろ、10月18日 - )は、東京都八王子市出身の女性声優・ものまねタレント。1995年より2021年3月31日までケイダッシュステージ所属。血液型はA型。 元祖アニメも…

山脇 〆紀(やまわき ちょめのり)
10月18日 東京

山脇 〆紀(やまわき ちょめのり、10月18日 - )は、日本の男性声優。東京都出身。血液型はAB型。 以前はC&Oプロダクション、トリアスに所属していた。 きらりん☆レボリューション(…

鏑木 海智(かぶらぎ かいち)
2000年10月18日 東京

鏑木 海智(かぶらぎ かいち、2000年10月18日 - )は、日本の子役である。 東京都出身。かつてはテアトルアカデミー・劇団コスモス所属に所属していた。 土曜ワイド劇場 火災調査官・紅蓮次郎…

伊東 健人(いとう けんと)
1988年10月18日 東京

伊東 健人(いとう けんと、1988年10月18日 - )は、日本の男性声優、歌手。東京都出身。81プロデュース所属。レコードレーベルはAstro Voice。 オフィシャルファンクラブ名は伊東家の縁…

石川 弘則(いしかわ ひろのり)
10月18日 東京

石川 弘則(いしかわ ひろのり、10月18日 - )は、日本の男性声優。イエローテイル(ジュニア)所属。東京都出身。 (出典:) イヌゴエ(ニュースキャスター) 戦極姫 シリーズ 戦極姫2 -百…

春風亭 柳昇 〈5代目〉(しゅんぷうてい りゅうしょう)
1920年10月18日 東京

10月18日生まれwiki情報なし(2024/05/16 06:28時点)

吉岡 紗千子(よしおか さちこ)
1941年10月18日 東京

10月18日生まれwiki情報なし(2024/05/16 06:29時点)

坂 信一郎(ばん しんいちろう)
1949年10月18日 東京

坂 信一郎(ばん しんいちろう、1949年10月18日 - )は、フリーアナウンサー。元文化放送アナウンサー。 東京都港区出身。東京都立日比谷高等学校、早稲田大学第一文学部卒業後、1972年文化放…


大﨑雄太朗と近い名前の人

大崎 仁(おおさき ひとし)
1933年1月10日 東京

大崎 仁(おおさき ひとし、1933年(昭和8年)1月10日 - )は、日本の文部官僚。 東京出身(新潟県出身とする資料あり)。1955年京都大学法学部卒業後、文部省入省。文部省の中枢を歩み、筑波…

大崎 昭一(おおさき しょういち)
1945年1月15日 宮崎

大崎 昭一(おおさき しょういち、1945年1月15日 - )は、宮崎県延岡市出身の元騎手・評論家。 記者の質問に対して弱気のコメントをすることが多く「泣きの昭ちゃん」と言われ、レースでは激しく大胆…

大崎 由利子(おおさき ゆりこ)
1951年1月28日 富山

1月28日生まれwiki情報なし(2024/05/17 10:20時点)

大崎 剛彦(おおさき よしひこ)
1939年2月27日 石川

大崎 剛彦(おおさき よしひこ、1939年2月27日 - 2015年4月28日)は、日本の競泳選手。1960年ローマオリンピック200m平泳ぎ銀メダリスト・400mメドレーリレー銅メダリスト。 石…

大崎 悟史(おおさき さとし)
1976年6月4日 大阪

大崎 悟史(おおさき さとし、1976年6月4日 - )は、日本男子陸上競技(長距離走・マラソン)元選手、現指導者。大阪府堺市(堺区)出身。主な実績として各男子マラソン種目で、2006年ドーハアジア競…

大崎 初音(おおさき はつね)
1983年6月20日 北海道

大崎 初音(おおさき はつね、1983年6月20日 - )は、日本プロ麻雀協会所属の女性プロ雀士。北海道登別市出身、血液型はO型。愛称は「卓上のひまわり」。鳴き仕掛けを多用しない門前主体の雀風を持つ。…

大崎 洋(おおさき ひろし)
1953年7月28日 大阪

大﨑 洋(おおさき ひろし、1953年〈昭和28年〉7月28日 - )は、日本の実業家・芸能プロモーター。吉本興業ホールディングス取締役(元社長・元会長)、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局「わ…

大崎 磐夫(おおさき いわお)
1929年8月15日 東京

大崎 磐夫(おおさき いわお、1929年8月 - )は日本の実業家。元ホテルオークラ社長。 東京四番町で生まれ育つ。父は常磐炭鉱会長を務めた大崎新吉。 旧制東京都立第四中学校(のちの東京都立戸山…

大崎 栄(おおさき さかえ)
1964年8月18日 鹿児島

大崎 栄(おおさき さかえ、1964年8月18日 - )は、日本の元陸上競技選手、指導者。千葉県出身。 八千代松陰高等学校時代に頭角を現し、全国高校駅伝で2年連続区間賞を獲得した。チームも過去最高…

大崎 由希(おおさき ゆき)
1987年9月11日 神奈川

大崎 由希(おおさき ゆき)は、日本のグラビアアイドル、ドラマー、タレント、女優。9月11日生まれ(生年非公表)。 神奈川県出身。2歳下の妹がいる。愛猫はラグドール×ヒマラヤンのミックス猫。 2…

大崎 雄太朗(おおさき ゆうたろう)
1984年10月18日 茨城

大﨑 雄太朗(おおさき ゆうたろう、1984年10月18日 - )は、東京都昭島市生まれ、茨城県稲敷郡茎崎町出身(現つくば市)の元プロ野球選手(外野手)。右投左打。愛称は「チャキ」。 8歳から茨城…

安いカラオケ店

2024年最新カラオケ曲ランキング

『ミュージックジェネレーション』がカラオケランキングを発表

カラオケ夏の曲ランキング(好きな夏うた)

カラオケ店でPayPayや楽天Payなどのキャッシュレス決済は使えるのか

注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
大﨑雄太朗
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

話題の芸能人・有名人

おまかせワード

すっぴん  離婚  妊娠  身長  体重  劣化  再婚  結婚  降板  出産 

グループ

アイドリング SKE48 アップアップガールズ(仮) SUPER☆GiRLS 赤マルダッシュ☆ ハロプロ AKB48 乃木坂46 NMB48 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「大﨑雄太朗」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました