もしもし情報局 > 野球 > 埼玉県 > 宇田川優希

宇田川優希の情報 (うだがわゆうき)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

【5月25日】今日誕生日の芸能人・有名人

宇田川優希の情報 (うだがわゆうき) 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、出身地]

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
もしもしロボ

宇田川 優希さんについて調べます

■名前・氏名
宇田川 優希
(うだがわ ゆうき)
■職業
野球選手
■宇田川優希の誕生日・生年月日
1998年11月10日 (年齢25歳)
寅年(とら年)、蠍座(さそり座)
■出身地・都道府県
埼玉出身

宇田川優希と同じ1998年生まれの有名人・芸能人

宇田川優希と同じ11月10日生まれの有名人・芸能人

宇田川優希と同じ出身地埼玉県生まれの有名人・芸能人


TOPニュース

結婚・離婚・再婚・年の差婚まとめ

元宝塚トップスターの光原エミカが1000万円詐取の疑いで逮捕

超有名女優と結婚した人気歌手が不倫の噂

ねじねじファッションの中尾彬(なかおあきら)が死去

細川たかしの新曲ジャケットのクセが強いと話題に

極楽とんぼ山本圭壱の妻、西野未姫が妊娠

藤原さくらYouTubeで新曲公開!『初恋のにおい』ショートアニメ

「つばさの党」代表の黒川敦彦ら3人を逮捕

嵐の松本潤が事務所を退所し独立を発表!本人メッセージもインスタに投稿

元子役の若山耀人容疑者、殺人容疑で再逮捕

フィギュアスケートの宇野昌磨が引退会見!

落馬した吉田隼人騎手近況。藤井勘一郎元騎手がツーショット写真を公開


宇田川優希と関係のある人

山﨑颯一郎: この年の7月下旬に支配下登録された宇田川優希と共に、レギュラーシーズン終盤に印象的な活躍を見せると、ポストシーズンでも宇田川と共に、豪速球でねじ伏せる圧巻の投球を披露。


佐野如一: 2020年10月26日に行われたドラフト会議にて、オリックス・バファローズから育成ドラフト5位指名を受けた(チームメイトである宇田川優希も育成3位で指名)。


東晃平: その後はウエスタン・リーグで9試合に登板し、1勝3敗・防御率3.98を記録すると、7月28日に宇田川優希とともに支配下選手登録となった。


小木田敦也: ほっこりした性格で慕われており、オリックスでは同学年の山本由伸、宇田川優希、山﨑颯一郎の3人から愛情を込めて「小木田世代」(命名者は宇田川)と筆頭で呼ばれている。


周東佑京: 8月4日の対日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)では1回表に杉浦稔大から自身初の初回先頭打者本塁打、8月13日の対オリックス・バファローズ戦(福岡PayPayドーム)では4-4の同点の9回一死無走者の打席で宇田川優希からシーズン2本目のサヨナラ本塁打を放った。


友杉篤輝: 初盗塁:2023年4月16日、対オリックス・バファローズ2回戦(ZOZOマリンスタジアム)、8回裏に二盗(投手:宇田川優希、捕手:森友哉)


山﨑颯一郎: 愛称は上記の「吹田の主婦」の他、山﨑本人が推している「そうちゃん」、同学年の山本由伸や宇田川優希らから呼ばれる名前の颯一郎を短縮した「ソーイチ(ソウイチ)」などがある。


森下翔太: 特に、11月2日に行われた第5戦では、7回に自身の適時失策で点差を2点に広げられるも、8回に宇田川優希から逆転の2点三塁打を放つ活躍で汚名をそそいだ。


宇田川優希

もしもしロボ

宇田川 優希(うだがわ ゆうき)さんの誕生日は1998年11月10日です。埼玉出身の野球選手のようです。

もしもしロボ

代表経歴、選手としての特徴などについてまとめました。父親、母親に関する情報もありますね。去年の情報もありました。宇田川優希の現在の年齢は25歳のようです。

宇田川 優希(うだがわ ゆうき、1998年11月10日 - )は、埼玉県越谷市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。オリックス・バファローズ所属。

日本人の父親とフィリピン人の母親の間に生まれ、越谷市立宮本小学校2年生のときに兄の影響で少年野球チームの『宮本ジャイアンツ』に加入し、野球を始める。越谷市立西中学校では軟式野球部に所属。中学時代は投手として起用されることもあったが、制球難から試合を作れないことが多く、主に捕手を務めていた。

八潮南高校へ進学し、硬式野球部の新入生挨拶では「自分はこの八潮南でエースになりたいです」と話したが、齋藤監督は宇田川を投手としては意識していなかった。ただ、2014年6月のBチームの練習試合にて、チームを指揮した市川部長が宇田川を先発投手に抜擢すると、2失点完投と好投し、本格的に投手を務めるようになった。3年夏の県大会では杉戸高校との1回戦で15奪三振完封勝利を記録。正智深谷との3回戦では延長15回の末、引き分け再試合に持ち込んだものの、再試合では敗れた。進路は当初BCリーグであったが、2016年6月の帝京Bチームとの練習試合にて、宇田川の投球を見た帝京・金田優哉コーチが仙台大学・森本吉謙監督(大学時代の先輩)に「いい投手なので、大学でもやれるのではないか」と伝え、翌週には森本監督が宇田川の視察に訪れた。森本監督も「いい投手ですね。4年後にはプロに行かせられますよ」と宇田川を評価し、進路に迷った時期もあったが、最終的には仙台大学への進学を選んだ。

仙台大学体育学部に入学。硬式野球部では1年春からベンチ入り。入学当初は76kgだった体重を1年後には90kgに増やすと、2年秋に最速152km/hを計測。また、元々の持ち球であった縦スライダーに加え、フォークを習得したことで成長を遂げ、早くもドラフト候補と言われる存在となった。3年時は春秋と2季連続で規定投球回に到達し、特に春は28回1/3を投げて35奪三振、5試合の登板で2勝1敗・防御率0.64と抜群の安定感を誇った。しかし、3年秋から4年春にかけては調子が上がらず、プロ志望届は提出したが、4年秋も本調子ではない投球が続いた。

2020年10月26日に行われたドラフト会議にて、オリックス・バファローズから育成ドラフト3位で指名を受けた(仙台大学でチームメイトの佐野如一もオリックスから育成ドラフト5位で指名された)。宇田川と佐野は、支配下枠指名でない場合は入団を拒否して社会人野球に進むつもりである旨を、森本監督との相談の上で調査書に記載していた。宇田川自身は4年でやや調子を落としていたことから、支配下で指名されるか不安な気持ちがあり、育成での指名があった時には安堵していたというが、前述の通り、入団拒否の意向を示していたため、当初の意向通りに社会人野球に進むしかないのではと困惑し、当日の記者会見では何も言えなかった。宇田川はその後に佐野と話した際、佐野がオリックス入団に強く前向きだったことや仙台大学の先輩である佐藤優悟からオリックスの環境を教えてもらったことで自身もプロ入りを決断し、指名挨拶で佐野と共に入団の意思を伝えた。

11月21日に契約金300万円・年俸240万円(金額はいずれも推定)で仮契約を結んだ。背番号は013。

2021年は春季キャンプをC組でスタート。ただ、後に本人が「バッターが相手になると自分のピッチングができなくて」と語ったように、実戦で結果を残せず、ウエスタン・リーグ公式戦での登板は1試合にとどまった。秋季キャンプでは投球フォームの変更に取り組み、オフに現状維持の推定年俸240万円で契約を更改した。

2022年は春季キャンプをB組でスタートするも、開幕前の3月21日に無症状ながら新型コロナウイルスに感染。10日間の隔離生活を送った間、筋肉量を大きく落としてしまったことを機に、復帰後は肉体改造に取り組むと、ストレートが常時150km/h中盤を計測するようになった。フレッシュオールスターに選出されていた椋木蓮が出場辞退となり、代替選手として7月23日のフレッシュ球宴に出場すると、1イニングを1安打2奪三振無失点と好投した。7月27日終了時点で二軍公式戦に15試合登板し、防御率1.88と好成績を残すと、翌28日に東晃平とともに支配下選手登録。推定年俸は450万円、背番号は96に変更となった。7月31日に出場選手登録されると、8月3日の埼玉西武ライオンズ戦でプロ初登板となり、1イニングを2奪三振を含む3者凡退に抑えた。9月8日の西武戦では、2回裏一死一塁という場面で先発の椋木が右肘違和感により降板し、宇田川が緊急登板すると、2回2/3を無失点の好リリーフでプロ初勝利を挙げた。当初は点差のある場面での登板が主だったが、徐々に信頼され終盤は重要な場面も任されるようになり、同13日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦でプロ初ホールドを記録。レギュラーシーズンを13試合連続無失点で終え、この年は19試合に登板し、失点を喫したのは2試合のみ。2勝1敗3ホールド・防御率0.81と好成績を収め、チームの逆転優勝の立役者となった。ポストシーズンでは、福岡ソフトバンクホークスとのCSファイナルステージで2試合に登板して無失点。東京ヤクルトスワローズとの日本シリーズでは4試合に登板して1勝2ホールド、計5回2/3を投げて10奪三振・無失点と圧巻の投球でチーム26年ぶりの日本一に貢献。同シリーズで表彰されることは無かったものの、ファンや野球解説者からは『影のMVP』と称された。オフに1250万円増となる推定年俸1700万円で契約を更改した。

2023年は第5回WBCへの出場(詳細後述)を経て、開幕1週間前にチームへ合流し、自身初めて開幕を一軍で迎えた。開幕から9試合の登板で0勝0敗7ホールド・防御率1.17を記録していたが、上半身のコンディション不良により、4月23日に出場選手登録を抹消された。なかなかコンディションが上向かず、調整の日々が続いたものの、6月13日に一軍復帰を果たすと、7月15日のソフトバンク戦では1点リードの9回表、二死一・二塁という場面から登板して打者1人を打ち取り、プロ初セーブを挙げた。この年は46試合の登板で4勝0敗20ホールド2セーブ・防御率1.77を記録し、チームのリーグ3連覇に貢献。ポストシーズンでは、千葉ロッテマリーンズとのCSファイナルステージに2試合登板し、いずれも無失点に抑えて1勝1ホールドを記録。阪神タイガースとの日本シリーズでも好投を続けたが、3日連続・4試合連続登板となった第5戦では火消しでマウンドに上がるも、森下翔太に逆転打を許し、降板後は涙を流した。第7戦では森下を打ち取るなど、3者凡退に抑えて雪辱を果たしたが、チームは1-7で敗れて日本一連覇は果たせなかった。オフに背番号14への変更が発表され、12月19日の契約更改交渉では3100万円増となる推定年俸4800万円でサインした。

代表経歴

2023年1月26日に第5回WBCの日本代表に選出された。3月10日の韓国戦で初登板となり、1イニングを2奪三振を含む3者凡退に抑えた。翌11日のチェコ戦にも登板し、打者1人を空振り三振に抑えたが、アメリカでの決勝ラウンドでは登板機会が無かった。ただ、準決勝でも決勝でも試合開始と同時にブルペンへ向かい、2回から6回にかけて準備を続けており、厚澤和幸投手コーチは帰国後の記者会見で「今回、一番ブルペンのバックアップに回ってくれたのが会長の宇田川で、彼にはゲームではないところで、陰で支えてもらった。彼には感謝したい」と名指しで感謝を述べた。

選手としての特徴

剛速球と2種類のフォークを武器に打者を圧倒するパワーピッチャー。スライダーも投じるが、2023年シーズンの投球割合はストレートが57.9%でフォークが40.1%とほぼ2球種で打者を抑えている。

ストレートは平均152.2km/h(2022年シーズン)・最速160km/hを計測。本人は「高めの真っ直ぐが調子のバロメーター」と話している。

フォークは平均141.7km/h(2022年シーズン)と高速で変化する様から『弾丸フォーク』と称されている。大学時代に習得した球種で決め球にしか使用していなかったが、プロ入り後にチームの守護神平野佳寿の投球を見て、フォークをカウント球としても使えることを学び、捕手の松井雅人からのアドバイスもあり、ストレートに近い軌道で小さく変化するフォークを新たに習得。従来の落差の大きいフォークとの2種類を使い分けている。

投球フォームについては、体重移動時に右膝を外に割る誤った足の使い方を「僕は右足で地面を押すためにこのほうがいいと思ってやっています」と意識的に行っていたが、入来祐作投手コーチが「中垣さんが伝えようとしていることを、アイツはちゃんと理解していないんじゃないか」と中垣征一郎巡回ヘッドコーチに助言。中垣巡回ヘッドと宇田川で再度話し合いを行うと、目指すところは同じながらも方法論にズレがあったことが分かり、もう一度動作修正のドリルから取り組んだところ、投球が劇的に改善された。

2024/05/22 22:10更新

udagawa yuuki


宇田川優希と同じ誕生日11月10日生まれ、同じ埼玉出身の人

近藤 あや(こんどう あや)
1991年11月10日生まれの有名人 埼玉出身

近藤 あや(こんどう あや、1991年11月10日 - )は、日本のモデル、タレント。埼玉県さいたま市出身。埼玉県立南稜高等学校卒業。駒澤大学法学部卒業。日本人の父とフィリピン人の母を持つハーフ。 …

山口 あゆみ(やまぐち あゆみ)
1981年11月10日生まれの有名人 埼玉出身

山口 あゆみ(やまぐち あゆみ、1981年11月10日 - )は、日本の女優。埼玉県出身(一時期福島県に在住)。 淑徳与野高等学校卒業。現在 高岡事務所所属。趣味は犬の散歩、カエルの収集、特技は口…

山口 泰明(やまぐち たいめい)
1948年11月10日生まれの有名人 埼玉出身

山口 泰明(やまぐち たいめい 本名:やまぐち やすあき、1948年11月10日 - )は、日本の政治家。衆議院議員(7期)、外務大臣政務官(第1次小泉内閣)、内閣府副大臣(第3次小泉改造内閣)、衆議…

おかべ りか(おかべ りか)
1950年11月10日生まれの有名人 埼玉出身

おかべ りか(1950年11月10日 - 2017年7月8日)は、日本の女性漫画家・挿絵画家。埼玉県浦和市(現:さいたま市)出身。獨協大学外国語学部フランス語学科卒業。 おもに児童書・絵本・育児誌…

美裕 リュウ(みひろ りゅう)
1977年11月10日生まれの有名人 埼玉出身

11月10日生まれwiki情報なし(2024/05/18 02:30時点)

榎宮 祐(かみや ゆう)
1984年11月10日生まれの有名人 埼玉出身

榎宮 祐(かみや ゆう、本名:Thiago Furukawa Lucas / チアゴ・フルカワ・ルーカス、1984年11月10日 - )は、日本の漫画家・イラストレーター・小説家・バーチャルYouTu…

野本 美穂(のもと みほ)
1974年11月10日生まれの有名人 埼玉出身

野本 美穂(のもと みほ、1974年11月10日 - )は、日本の女優。埼玉県出身。 香港、台湾でも活躍しており、当地での芸名は程嘉美(チェン・ガーメイ)。 1997年から1998年にかけては「野…


宇田川優希と近い名前の人

宇田川 那奈(うたがわ なな)
1993年6月16日生まれの有名人 東京出身

宇田川 那奈(うたがわ なな、1993年6月16日 - )は、日本のタレント。東京都出身。スペースクラフト所属。 2016年3月、東京大学工学部を卒業。同年4月、京都大学大学院情報学研究科へ進学。…

宇田川 ひとみ(うたがわ ひとみ)
1989年11月9日生まれの有名人 東京出身

宇田川 ひとみ(うたがわ ひとみ、1989年11月9日 - )は、日本のグラビアアイドルである。東京都出身。エンジェルガール所属。 鍼灸専門学校卒業。学生生活をしながら2009年にデビュー。 …

宇田川 綾子(うだがわ あやこ)
1973年7月16日生まれの有名人 東京出身

宇田川 綾子(うだがわ あやこ、1973年7月16日 - )は、日本の女優、歌手。東京都江戸川区出身。身長は160cm。体重は46kg。スリーサイズはB82-W58-H85cm。所属事務所は、ミル・ヴ…

宇田川 清江(うだがわ きよえ)
1935年1月4日生まれの有名人 東京出身

宇田川 清江(うだがわ きよえ、1935年1月4日 - )は、元NHKのアナウンサー。 東京府出身。1953年、東京都立小松川高等学校卒業。元々女優志願だったが、家庭の事情もあり1957年に青山学…

宇田川 玄真(うだがわ げんしん)
1770年1月24日生まれの有名人 三重出身

宇田川 玄真(うだがわ げんしん、明和6年12月28日(1770年1月24日) - 天保5年12月4日(1835年1月2日))は、江戸時代後期の蘭方医。本姓は安岡、名は璘。玄真は字。榛斎と号す。養父は…

宇田川 玄随(うだがわ げんずい)
1756年1月28日生まれの有名人 東京出身

宇田川 玄随(うだがわ げんずい、宝暦5年12月27日(1756年1月28日) - 寛政9年12月18日(1798年2月3日))は医学者、蘭学者。名は晋、字は明卿、号は槐園(かいえん)または東海(とう…

宇田川 芳雄(うだがわ よしお)
1929年2月1日生まれの有名人 東京出身

宇田川 芳雄(うだがわ よしお、1929年2月1日 - 2021年4月25日)は、日本の政治家。衆議院議員(1期)、東京都議会議員(6期)を歴任した。 東京府南葛飾郡葛西村(現在の東京都江戸川区)…

宇田川 美樹(うたがわ みき)
1975年3月4日生まれの有名人 東京出身

3月4日生まれwiki情報なし(2024/05/22 01:27時点)

宇田川 榕庵(うだがわ ようあん)
1798年3月9日生まれの有名人 東京出身

宇田川 榕菴(うだがわ ようあん、1798年4月24日(寛政10年3月9日) - 1846年8月13日(弘化3年6月22日))は、津山藩(岡山県津山市)の藩医で蘭学者。名は榕、緑舫とも号した。宇田川榕…

宇田川 憲一(うだがわ けんいち)
1949年4月5日生まれの有名人 東京出身

宇田川 憲一(うだがわ けんいち、1949年4月5日 - )は、日本の実業家。東ソー代表取締役社長、電気化学会会長、日本ソーダ工業会会長、相模中央化学研究所理事長などを歴任。全国発明表彰21世紀発明貢…

宇田川 幸洋(うだがわ ゆきひろ)
1950年5月7日生まれの有名人 東京出身

宇田川 幸洋(うだがわ こうよう、1950年 - )は、日本の映画批評家、映画監督である。東京都生まれ。 1978年、監督映画『おろち』が第2回ぴあフィルムフェスティバル入選を果たす。2004年、…

注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
宇田川優希
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

最近追加された芸能人・有名人

空道太郎 梅村賢太郎 友保隼平 小林圭輔 しゅうごパーク たーにー ともしげ 芝大輔 中田正子 若林史江

グループ

アイドリング SUPER☆GiRLS HKT48 乃木坂46 AKB48 ハロプロ SKE48 赤マルダッシュ☆ NMB48 アップアップガールズ(仮) 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「宇田川優希」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました