もしもし情報局 > 1996年 > 8月5日 > サッカー選手

鎌田大地の情報 (かまだだいち)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

【7月15日】今日誕生日の芸能人・有名人

鎌田大地の情報(かまだだいち) サッカー選手 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、年齢、出身地、星座]

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
もしもしロボ

鎌田 大地さんについて調べます

■名前・氏名
鎌田 大地
(読み:かまだ だいち)
■職業
サッカー選手
■鎌田大地の誕生日・生年月日
1996年8月5日 (年齢27歳)
子年(ねずみ年)、獅子座(しし座)
■出身地・都道府県
愛媛出身

(平成8年)1996年生まれの人の年齢早見表

鎌田大地と同じ1996年生まれの有名人・芸能人

鎌田大地と同じ8月5日生まれの有名人・芸能人

鎌田大地と同じ出身地愛媛県生まれの有名人・芸能人


鎌田大地と関係のある人

長谷部誠: DFBポカール準決勝のシュトゥットガルト戦で鎌田大地の得点をアシストして決勝進出を決めたが、この39歳と105日でのアシストはポカールにおいての最年長アシスト記録となった。


鎌田大地の情報まとめ

もしもしロボ

鎌田 大地(かまだ だいち)さんの誕生日は1996年8月5日です。愛媛出身のサッカー選手のようです。

もしもしロボ

エピソード、プレースタイルなどについてまとめました。引退、結婚、テレビ、父親、家族に関する情報もありますね。今年の情報もありました。鎌田大地の現在の年齢は27歳のようです。

鎌田大地のプロフィール Wikipedia(ウィキペディア)

鎌田 大地(かまだ だいち、1996年8月5日 - )は、日本のプロサッカー選手。プレミアリーグ・クリスタル・パレスFC所属。ポジションはミッドフィールダー。日本代表。

弟はサッカー選手の鎌田大夢。大阪府岸和田市生まれ、愛媛県伊予市出身。

大学サッカー名門の大阪体育大学でサッカーを専修していた父・幹雄が高い技術力のある選手を目指し、父の教えで3歳からサッカーを始める。3歳でクワトロ(キッズFCの前身)に入団。

キッズFC(現・FCゼブラキッズ)では小学5年時に一学年上のナショナルトレセンU-12四国に選出。キャプテンだった小6時には、愛媛県少年サッカー選手権大会で優勝。

中学からは、大阪府岸和田市に住む祖父母の家から通える距離にあったガンバ大阪ジュニアユースに進んだ。しかし主戦場であるトップ下のポジションには井手口陽介ら多くのライバルがいた。鎌田は中学入学時に小柄で150cm程だったが、3年間で175cmまで伸び、成長に筋肉が追いつかず、思うようなプレーができない「クラムジー」に陥り、腰の怪我の影響もあり思うようなパフォーマンスが発揮できず、中3になっても途中出場が多かった。守備面やハードワーク面での物足りなさも指摘され、ユースへの昇格は叶わなかった。 中学一年時の2009年にJOMOカップU-13Jリーグ選抜に選出され、韓国戦に出場。この時、同じ小学校でキッズFCのチームメイトだった山本亮太が愛媛FCジュニアユースから選出されている。

技巧派を求めている他Jクラブユースへの道もあったが、選手権への憧れやハードワークを身に付ける目的、父の幹雄と福重監督が大阪体育大時代の先輩後輩だった縁もあり、東山高校に進学。一年生ながら出場した第91回全国高校サッカー選手権京都府大会決勝戦では後のJリーガー仙頭、小屋松らを擁し同選手権で準優勝した京都橘高校に2-3で敗れ、惜しくも選手権出場はならなかった。

二年生時、関西強豪校ひしめくプリンスリーグ関西1部2013では、18試合22得点18アシストの圧倒的数字で得点王とアシスト王のダブルを達成し、チームを3位に導く。東山高校では三年生が早くに引退し三年生不在で臨み4校で争われたプレミアリーグ参入決定戦トーナメントでは帯広北高校戦で2ゴール1アシストし、初戦で前橋育英高校を降した藤枝東高校戦でも決勝ゴールを挙げトーナメントを制し、これらの活躍が翌年のプレミアリーグWESTへ昇格の原動力になった。プリンスリーグの活躍が目に留まり、二年生秋に清水エスパルスに練習参加し、ゴトビ監督に大層気に入られ清水入団が濃厚だった。

主将を務めた三年時には、高校年代日本最高峰のプレミアリーグWEST2014でチームが最下位となり全18試合で総得点が19点の中、プリンスリーグの活躍で徹底したマンマークに遭い、苦しみながらも得点ランキング4位の10得点を記録した。複数の強豪大学から熱心に誘いを受けるが「大学は必要な道かもしれない、でもやっぱり譲れない思いがある。世界的に見て22歳でプロになるのは絶対に遅いと思う。高卒Jリーグ1年目から出ることが理想だし、そうしないといけない。Jリーグの先のことも考えている、世界に出てプレーしたいという夢はずっと持ち続けている、僕の中ではやれる自信は十分にある。」という考えの基、プロ入りを志願し、5つのJクラブが興味を示した中、ゴトビ監督が解任され清水入りが流れて、2014年11月に翌期からのサガン鳥栖への加入が内定した。

2015年、サガン鳥栖に入団。2015年5月10日のJ1第11節松本山雅戦で後半27分から途中出場し、J1リーグ戦初出場を果たし、同試合で同点ゴールとなる鮮やかなダイレクトボレーでプロ初ゴールを挙げる。続く第12節の名古屋グランパス戦では、スコアレスの後半40分から出場し、アディショナルタイムにFW豊田への局面を変える決定的なスルーパスで初アシストを記録。セカンドステージ第1節の柏レイソル戦で2アシスト。2015年8月、京都で行われたU-22日本代表のトレーニング・キャンプに招集される。

2016年6月18日、1stステージ第16節のガンバ大阪戦で2得点し、逆転勝利の立役者となり、MOMに選出される。2016年10月22日の2ndステージ第15節の柏レイソル戦で2得点を挙げ、鳥栖の勝利に大いに貢献して、MOMに選出される、前半40分に豊田とのワンツーで奪った先制点がJリーグ公式から10月度月間ベストゴールに選出される。二年目はリーグ戦28試合出場し7ゴールを挙げる。

フィッカデンティ体制2年目となる、鳥栖3年目のシーズンは、背番号が24番から7番に変更された。 2017年5月27日に行われた第13節のコンサドーレ札幌戦では決勝点をあげて自ら結婚を祝った。2017年6月25日、第16節の浦和レッズ戦では先制点をアシストして、自身のラストゲームを勝利で飾った。

鳥栖最終年の2017シーズンには平均走行距離12.80キロを記録し、そのシーズンのJリーグ全選手の中でトップになった。

2017年6月24日、ブンデスリーガのアイントラハト・フランクフルトに完全移籍することでクラブ間が合意したことが発表された。その後6月29日にはフランクフルト側から、鎌田と2021年までの4年契約を結んだことが公表された。8月12日、DFBポカール1回戦のエルンテブリュック戦で公式戦初先発を果たした。8月20日、開幕戦のフライブルク戦でリーグ戦デビューを飾った。シーズン序盤は好調だったものの、その好調を維持することができず、2017-18シーズンでの出場試合はわずか3試合にとどまった。

2018年8月31日、フランクフルトからシュテンデラやマルコファビアンらとともに構想外となり、ベルギー1部リーグ・シント=トロイデンVVへレンタル移籍する事が発表された。 8月31日と移籍市場が閉まるギリギリのタイミングで遅れてのレンタル移籍となったため、デビューは遅れて9月16日第7節のヘント戦となったが途中出場から鮮やかに二人を躱し移籍後初得点を決めて勝利に貢献した。

2018年9月23日、続く第8節アントワープ戦では後半30分からの出場で左足の狙い澄ましたシュートで得点を挙げる。 。2818年9月30日、第9節アンデルレヒト戦では試合開始早々に味方に退場者が出たのが響き、後半45分から数分だけの途中出場に留まることになった。

2019年10月20日、第11節のコルトレイク戦では2試合連続得点を記録。

2018年10月28日第12節クラブ・ブルージュ戦では強烈なシュートで、2018年11月26日第16節アンデルレヒト戦では狭いコースに小さな穴を通すかのようなシュートでベルギーリーグの強豪相手にどちらも3試合連続となる得点を挙げる。

12月8日、第18節のスタンダール・リエージュ戦でも得点を決め、シーズン2桁得点に到達した。

2019年4 月20日、プレーオフ2のオイペン戦で15ゴール目を挙げ、日本人主要欧州リーグシーズン最多得点記録を更新した、この得点でベルギーリーグデビューが第7節途中出場と遅れながら15得点を記録し、18-19シーズンのベルギージュピラーリーグ得点ランキング最終順位第5位になった。

シントトロイデンが戦ったプレーオフ2と合わせて、リーグ戦34試合15ゴール7アシスト(ベルギーリーグは16チームで試合数が少ない替わりにプレーオフの得点も加算される、18/19シーズンは16チームでリーグ戦30試合と優勝かけてリーグプレーオフ10 試合を戦った)。

ベルギーカップ(2試合1得点2アシスト)と併せて公式戦通算36試合16ゴール9アシスト。

シント・トロイデンでの活躍によりジェノア移籍が濃厚だったが、ジェノヴァ行きの当日にヒュッター監督とボビッチSDから熱心に慰留され、フランクフルト残留となった。 この残留を受け、期待の高さからプレシーズン中に背番号が40番から15番に変更になった。

2019年8月11日、DFBポカール1回戦のマンハイム戦で加入後初得点を決めた。

2019年11月28日、ヨーロッパリーグGL第5節アーセナル戦でEL初得点を含む2ゴールを挙げ、チームを勝利に導き複数メディアからMOMに選出される。

2019年12月12日のGL第6節ヴィトーリア戦ではヨーロッパリーグ2戦連続となるゴールを決め、チームの決勝T進出に貢献した。

2020年2月20日、決勝T1回戦ザルツブルク戦では、プロキャリア初のハットトリックを達成し、MOMに選出される。ELでの日本人の1試合3得点は南野拓実以来2人目であり、ELでハットトリックを達成するのはクラブ史上初の事である。この試合ゴール以外でも相手二人から囲まれながら股抜きで躱し、ヨーロッパリーグ公式からスキルオブザデイと評される。

2020年5月26日、第28節のフライブルク戦でブンデスリーガ初得点を記録した。

2020年5月30日、ブンデスリーガ第29節のヴォルフスブルク戦で2試合連続ゴールを決め、勝利の立役者となり、ブンデス公式MOMに選出される、この鎌田のゴールは当季公式戦二桁ゴールとなると同時に、フランクフルトにとってブンデスリーガでのアウェイゴール1000点目となり、クラブの歴史に名を残す一発となった 。

2020年6月13日、第31節ヘルタベルリン戦で3人抜きドリブルからアンドレシウバにアシストし、ブンデス公式より19/20シーズンベストアシストトップ3に選出される。ヒュッター監督から「圧巻ドリブルは、大きな称賛に値するプレー、まるでスラロームドライバーのようだ。間違いなく月間最優秀ゴールとなるだろう」評された。。

2020年6月17日、第32節シャルケ戦で2試合連続となるアシストでブンデス公式ベストイレブンに選出された。

ヒュッター監督とボビッチSDが契約延長を熱望し、2020年9月16日にフランクフルトと2023年までの2年契約延長を発表した。

12月5日、第10節のドルトムント戦で得点を挙げた。2021年2月21日、バイエルン・ミュンヘン戦では強豪相手に1G1Aの活躍で勝利に貢献した。同シーズンはリーグ第3位となる12アシストを記録し チームに貢献した。

2021年2月14日、第21節ケルン戦でアンドレシウバの得点をアシストし、ブンデスリーガ公式サイトが発表した今節ベストイレブンに選出された。

2021年2月20日、第22節バイエルン・ミュンヘン戦で1得点1アシストを記録し、ドイツ誌キッカーから当節のブンデスベストイレブンに選出される。

2021年4月10日、第28節ヴォルフスブルク戦で1得点1アシストで 勝利の立役者となり、ブンデス公式よりMOMに選出される。

2021-22シーズンヨーロッパリーグ、グループリーグ第3節・第4節のオリンピアコス戦、第5節のアントワープ戦でEL3戦連続ゴールを挙げグループリーグ首位で決勝トーナメントに導く 。決勝トーナメントベスト16・1stレグのベティス戦では決勝ゴールを挙げ、カンプ・ノウでの準々決勝バルセロナ戦2ndレグでコスティッチの決勝ゴールをアシストしチームを準決勝に導くと、準決勝ウエストハム戦の1stレグでは、大会5点目となる決勝ゴールを決めて勝利に貢献した。2022年5月18日、セビリアで開催された決勝のレンジャーズ戦でも先発フル出場し、PK戦では3人目のキッカーとして成功、クラブの42年ぶりヨーロッパリーグ優勝に貢献し、優勝カップを掲げた。UEFAカップを制覇した小野伸二以来、長谷部誠と共に二十年振りの日本人2人目となるヨーロッパリーグ優勝となる快挙となった 。ドイツ勢でのヨーロッパリーグ制覇は97年のシャルケ以来25年振りで、フランクフルトのみならずドイツ中が歓喜した。翌日の市中心部で開催されたパレードは優に10万人以上の人で溢れ返り、フランクフルトの街は歓喜に包まれた。 鎌田はこの21-22ヨーロッパリーグでチームトップ、大会4位タイとなる5得点を記録した。

2022年5月22日ブンデスリーガ公式よりブンデス通算520試合出場を誇るノイベルガー、クラブ最多得点者のヘルツェンバインといったレジェンドと共に歴代フランクフルトベストイレブンに選出される。

2022年8月1日、DFBポカール1回戦のマクデブルク戦では2得点を決めて勝利に貢献した。

2022年8月10日、UEFAスーパーカップでチャンピオンズリーグを制したレアル・マドリードとヘルシンキで対戦し、フル出場した。

2022年9月13日のCLグループリーグ第2節のマルセイユ戦で僅かにオフサイドで取り消されたものの、ネットを揺らすなど攻守に躍動しフランクフルトのCL初勝利に貢献、UEFACL公式よりMOMに選出されトロフィーを授与される。

2022年9月17日の第7節でシュトゥットガルト戦で1得点1アシストし、ドイツ誌キッカーでその試合のMOMと第7節ブンデスベストイレブンに選出された。

2022年10月13日、欧州CL第4節のトッテナム戦でCL初ゴールを決めた。その欧州CL次戦となるマルセイユ戦で先制点を決め、チームの勝利に貢献、11月5日時点で、鎌田はシュート31本で12ゴールを挙げゴール決定率38.7%を記録し、欧州5大リーグでゴール決定率1位を記録した。グループステージ最終節のスポルティング戦で欧州CL3試合連続ゴールとなるPKによるゴールを決め、クラブ史上初のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出に貢献した。

2022年10月15日、第10節レバークーゼン戦で2得点挙げ、最多ボールタッチ、最多のデュエル、最長走行距離を記録し、勝利に貢献し、ブンデス公式MOMに選出される。

2022年10月29日、ドルトムント戦で得点し、ドイツ誌キッカーで12節のブンデスベストイレブンに選出される。

2023年1月28日、第18節バイエルン・ミュンヘン戦でゴール前中央で相手選手を引き付けてフリーのコロムアニにアシストをし引き分けに持ち込む。

2023年4月12日、2022-23シーズンでのフランクフルトの退団が発表され、自身のSNSからもクラブへの感謝が投稿された。

2023年5月3日、DFBポカール準決勝シュトゥットガルト戦でペナルティエリア外からゴール隅を突いたミドルシュートで逆転ゴール挙げ、決勝進出に導く。。

19/20シーズンのヨーロッパリーグ(EL)で鎌田は10試合に出場し6得点2アシスト、ブンデス、ポカールと併せて19/20シーズン公式戦通算10得点9アシスト。

20/21シーズンはブンデスリーガで32試合に出場して5得点14アシスト。 21/22シーズンはヨーロッパリーグ(EL)で13試合に出場し5得点。

22/23シーズンはボランチでの出場が多かった中、ブンデス32試合9ゴール7アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)で3得点、ポカールで4得点、と併せて公式戦シーズン通算16ゴール7アシスト。

ヨーロッパの大会に滅法強く、ヨーロッパリーグ通算では11得点を記録し、アジア人最多得点者となる。 チャンピオンズリーグでも8試合で3得点を記録。

フランクフルトでは公式戦通算179試合40得点33アシストを記録した(得点内訳ブンデス20得点、ポカール6得点、EL11得点、CL3得点)。

2023年8月5日、セリエA・SSラツィオへの完全移籍加入が発表された。契約期間は2024年までの1年契約。背番号は「6」。第3節のナポリ戦で決勝ゴールを決めてシーズン初白星を付けると共に、ラツィオとセリエAでの初ゴールにもなった。また、第4節のユヴェントス戦では初アシストを記録。しかしその後、マウリツィオ・サッリがラツィオの古参選手とフィジカルに優れた選手を偏重し、新加入で技巧派の鎌田はポジション争いに苦戦し出場機会を減らしていった。

2024年3月14日、監督であるサッリが辞任し、新監督としてイゴール・トゥドールが監督に就任すると、トゥドールの理想とするサッカーの適任者が正に鎌田で、チームの中心となり、以後は起用され続けた。3月30日の第30節ユヴェントス戦で先発出場し勝利に導くと、4月19日の第33節ジェノア戦ではルイスアルベルトの決勝ゴールを御膳立てしアシストを記録した。5月19日の第37節では連続無失点記録を継続中だったヤン・ゾマー擁し最少失点の王者インテル相手に左足の鮮烈なミドルシュートで得点を挙げ、この得点が同一シーズンに新旧王者の双方から得点を挙げた1996-97シーズンのピエルルイジ・カジラギ以来の快挙となった。リーグ戦で28試合2ゴール2アシストを記録。

2023-24シーズンをもってチームを契約満了で退団が発表された。

2024年7月1日、プレミアリーグ・クリスタル・パレスFCへの完全移籍加入が発表された。契約期間は2026年までの2年契約。

2016年5月に行われるトゥーロン国際大会に挑むU-23日本代表に招集された。同大会ではトップ下に配されたが、同年開催のリオデジャネイロオリンピックを19歳で五輪を迎える最終年生まれという事も響き、メンバー入りを逃した。

2019年3月、キリンチャレンジカップに挑むサッカー日本代表に初招集され、3月22日のコロンビア戦で代表初出場。10月10日のW杯アジア2次予選のモンゴル戦で代表初得点。

2021年3月25日、国際親善試合の韓国戦でゴール隅に追加点となる得点を挙げ、前半のみで退いたものの勝利に貢献し、最高評価とされた。

2022年6月、パラグアイ戦では1ゴール1アシストの活躍を見せ、MOMに選出される。

2022年11月1日、2022カタールW杯に臨む日本代表に選出された。この大会全試合に出場し、初戦のドイツ戦ではトップの走行距離を記録する などチームのベスト16進出に貢献した。

2023年6月20日のペルー戦では前半37分に絶妙のトラップから三笘薫の先制点をアシスト、後半18分には3点目の起点を作り、後半26分に途中交代しながらも複数メディアでMOMに評された。

エピソード

小学校に入学する頃にはリフティング1000回以上に達し、ヘディングだけでも100回以上を超えていた。「テレビを見るぐらいならリフティングしなさい」と言われるなど、家庭でも両親から厳しく育てられた。キッズFCの松山市内二拠点に通い、週7日休み無しで練習していた。愛媛県の強豪キッズFCで小学二年生から六年生主体の全カテゴリーの試合に出場していた。小学生の時は体が小さかったが、2学年上までならドリブルで5、6人躱してシュートまで持ち込んでいた。キッズFCは当時から、ボールを大事にしてGKから繋ぐパスサッカーを標榜しており、ボールを触る回数を大事にし、ボールになるべく多く触る練習メニューで技術と判断に徹底して拘るスタイルだった、そのトレーニングで技術やサッカー観の礎が培われた。キッズFCの飯尾監督が「試合で負けて泣く選手をたくさん見てきたが、涙に見合う努力を積んだと思える数少ない選手」と全日本少年サッカー県大会で敗退した時の鎌田を振り返った。

小学六年時に夏休みを利用してガンバ大阪ジュニアユースの練習参加した際、二宮スカウトは「良い選手である事は直ぐ分かった。まだ12歳なのでどこまでの選手に成るかは分からないが、少なくともプロに成れる可能性を感じた。大地のプレーに対してワクワクする様な感覚があった事を覚えている。四国にこんな選手がいたのかと驚いた。」、梅津コーチは「見て直ぐに合格という感じだった。姿勢が重要で、姿勢や見るところが他の選手とは違う。」と複数スタッフから認められ入団テストを即突破した。

ガンバ大阪のジュニアユースでプレーしていた中学生時代からつける機会が多かった「14番」がいつしかお気に入りの番号になり、東山高校でも三年間14番を背負うが、鳥栖やシントトロイデンには既に14番の選手がいた為、フランクフルトでは永久欠番だった為、別の番号に。

中学三年時、父幹雄が鎌田の進路について大阪体育大学で一学年後輩の三笘康之(奈良学園登美ヶ丘高校サッカー部監督、三笘薫の叔父)に相談したところ、「福ちゃんのところに預けるのが絶対に良い」と同級生の東山福重監督を推薦する助言が大きなきっかけとなり、東山高校に進学を決めた。

東山高校の福重良一監督は「ボクは日の丸をつけるところでやらないかん選手と思っている」と当時高校二年生だった鎌田の代表入りを確信していた発言を残しており、「大地の技術や努力をみんながリスペクトしていた。大地以上に努力している子を見たら、大地はそれを見習ってそれよりも更に努力していた。」と振り返った。父親の赴任先の兵庫県尼崎市の自宅から京都市の東山高校まで、朝5時に起きて始発に乗り登校、一時間半の朝練をし、放課後部の練習後に自主練習して夜の23時に帰宅。両手両足に重りをつけて坂を走り、学校の廊下にイスを10個置いてドリブル繰り返す、後輩を10メートル間隔に1人ずつ置いて全員を躱したり、「漫画みたいな生活」と自身で振り返った高校時代だった。

鳥栖の森下仁志監督は「サッカーに取り組む姿勢が他の選手と全く違った、僕は練習をハードにやるタイプだが、シーズン中であっても積極的に一人で黙々とドリブルやシュートの自主練習をしていた。目の前の試合より目線が先に向いていた、そんな選手はごく一部、世界に行ける選手と確信した。」と当時の鎌田を振り返った。

2019年11月29日のELアーセナル戦で二得点した後にドイツ紙『BILD』から「キング・カマダ」と銘打って一面で報道される、その後は独メディアやフランクフルトサポーターからも鎌田の愛称はキングカマダになり呼ばれ続けた。

『自分がサッカーを続けるために、お父さんやお母さんにすごく迷惑をかけているから、親孝行したい。普通の親孝行でない親孝行がしたい。そのためにはサッカーなんだ』との想いで、鳥栖とのプロ契約金の全てを両親は受け取らなかったが渡そうとしたり、プロ一年目の終わりに契約更改した際には両親に感謝の手紙と伴にペアの高級腕時計を、プロ契約した弟大夢へは乗用車をプレゼントしたり、フランクフルト4年目には両親に7LDKの新築の家を贈るなどとても家族想いである。

プレースタイル

ジダンやカカといったゲームメイクの才能ある限られた特別な選手にしか務まらない王道司令塔タイプのトップ下だった。長い四肢を活かしつつ繊細なボールタッチで落ち着き払い、靭やかかつエレガントにプレーする。空間認識力が高く俯瞰でも発見しにくいパスコースを瞬時に見つけ出し、スルーパスを得意としている。逆足の左足も苦にせず、両足を使い熟した。鳥栖在籍時から技巧派として広く知られトラップ、ボールキープ力、ドリブル、パス、シュートなどほぼ全てにおいて技術は卓越していた。Jリーグトップの走行距離からも分かるように運動量が多いのも特徴で、ポジションに囚われずピッチを縦横無尽に駆け回るオールラウンダー。

東山高校の福重監督は「パスの出しどころと視野の広さに心底驚いた、見たことがなかった、教えられないものを持っていた。」、「プレーが周りとは全く違った。見ている場所が他の選手と違う、スペースを見つけてそこに入るのがうまかった。パスの出しどころや自分が活きるポジショニングのスペースが面白い。凄いなこいつと思った。」と鎌田を初めて見た印象を語った。鳥栖の森下監督は「本当にうまくて、良い選手だなと思った。プレーの間合いが良い、そこは指導者が教えられない要素でなかなか居ない。操るというか特有の空間を持っていてその間が良い、間を見た瞬間惚れ込んだ。」と初めて見た印象を語り、「ダイレクトボレーのゴールも凄かったが、30メートル近いスルーパスを通したのを見て、これはモノが全く違うと思った。良い選手を沢山見てきた中であのスルーパスは一番の衝撃。試合で使うのが遅かったと後悔した。」と鎌田のリーグデビュー戦を振り返った。鳥栖のフィッカデンティ監督は「テクニックに優れた選手なのに、運動量が豊富で、戦術理解度も高く、チームのために犠牲を払うこともできる」、「完成された攻撃的MF。世界トップ3のリーグでも十分にプレーできる」と言い表した。。

シントトロイデンのマルクブライス監督から「ポジショニング良くプレーでき、テクニックの質は高く、両足でドリブルもできる。それは彼を予測不可能な存在にする。彼のテクニックはリーグのレベルを超越している」、シーフォ以上に試合を支配するプレイメーカーと評された。フランクフルトのヒュッター監督からは「クリエイティブな選手であり、その天賦の才から時折、試合に違いをもたらしてくれる」、「ダイチは天才的なプレーヤー。我々のアナリストたちは彼のことを優れた“ラウムドイター”(スペースを見つけ出す者)という専門用語を使って称している。ライン間の動きがもの凄く上手い。」と評価した。フランクフルトのグラスナー監督は「彼のようにプレーインテリジェンスのある選手を見たことはそんなにない。どこに危険なスペースがあるかを予見する能力が極めて高い」と言及した。ラツィオのトゥドール監督は「鎌田は走力もプレーの質もある完璧な選手。私のサッカーに合う。彼には私の好みにある重要な資質が幾つもある。」、「私は鎌田が好きだ。彼には10のメンタリティがある。彼は頭の中にコンピューターがあり、全ての選手がそうなって欲しい。チームに彼が10人居ればと思う、どんな監督も彼を気に入るだろう。」、「鎌田は良い意味でマシーンのような選手。ミスをしないし、サッカーの才能と結びついたクレイジーな頭脳を持っている。後ろでも前でもプレーできるし、ボールも奪える。彼をリスペクトしているし、私にとってはすごく大きな発見。」、「鎌田は並外れた選手であり、何も間違う事はない。正しいメンタリティを持つ大いな努力家だ」と絶大な信頼を語った。

ドイツを経てベルギーに移籍してプレーする中でFW(セカンドトップ)としての得点力が開花する。海外挑戦後は判断力が更に向上し、プレースピードがより早くなった。ドイツ復帰後はオフザボールのセンスに磨きがかかり、元来得意なトップ下をはじめ、左右のウイングやインサイドハーフ、ベルギー時代に開拓したセカンドトップ、そして守備力を身に付けドイツ最終年に新たに開拓したボランチなど、中盤ならどこでもこなし、様々なポジションで起用される。

ピッチを幅広く動いてパスを引き出して相手選手をおびき寄せ、少ないタッチで再度味方にボールを預ける。それを繰り返すことで相手のプレスを空回りさせて陣形を崩し、スペースを生み出す。味方がチャンスメイクをしている間に自身は相手ゴール前に入り込み、シュートを狙う。ボランチとセカンドトップが融合したような独特なプレーを見せる。球離れが早く、ボールキープにも長けている為、相手にとっては中々捉えづらい選手である。自らボールを持って積極的に仕掛けて行くプレーも得意、プレスをかけずに引いて構える事が多い格下の相手と対戦する時は、ドリブルやスルーパスで打開可能。積極的にプレスをかけてくる格上の相手に対してはそのスタイルの本領を発揮して活躍する。

2024/07/05 23:35更新

kamada daichi


鎌田大地と同じ誕生日8月5日生まれ、同じ愛媛出身の人

原田 真緒(はらだ まお)
1988年8月5日生まれの有名人 愛媛出身

原田 真緒(はらだ まお、本名:同じ、1988年8月5日 - )は、日本のタレント、プロニート。 愛称は、はらだん。 愛媛県松山市出身。済美高校卒業。大阪経済大学 経営学部 経営学科卒業。パイク・…

古川 伴睦(ふるかわ ともむつ)
1954年8月5日生まれの有名人 愛媛出身

古川 伴睦(ふるかわ ともむつ、1954年8月5日 - )は、日本の男性俳優、声優。愛媛県松山市出身。プロダクション・タンク所属。 青山杉作記念俳優養成所出身。以前は劇団仲間に所属していた。 特…

森中 慎也(もりなか しんや)
1960年8月5日生まれの有名人 愛媛出身

森中 慎也(もりなか しんや、1960年〈昭和35年〉8月5日 - )は、日本大学藝術学部放送学科教授で、ラジオパーソナリティー。元札幌テレビ放送(STV)編成局アナウンス部チーフアナウンサー。愛媛県…

宇佐美 敏晴(うさみ としはる)
1947年8月5日生まれの有名人 愛媛出身

■プロジェクト:野球選手  ■テンプレート 宇佐美 敏晴(うさみ としはる、1947年8月5日〈昭和22年〉 - 2018年〈平成30年〉6月19日)は、愛媛県出身のプロ野球選手…


TOPニュース

Hey! Say! JUMPの有岡大貴松岡茉優が結婚を発表

令和6年6月6日に66歳になった人は?

藤原さくら、ライブ活動休止を発表

サッカー日本代表の堂安律が一般女性と結婚を発表

NHK大河ドラマ「光る君へ」で松下洸平がペラペラの宋語で話題に

King&Prince永瀬廉が右耳負傷の為一時活動休止を発表

いくよくるよの今くるよさん、膵がんの為死去

立憲民主党の蓮舫氏が東京都知事選に出馬

平野紫耀神宮寺勇太岸優太の3人ダンスボーカルグループのNumber_iから新曲「BON」のMV公開。

結婚・離婚・再婚・年の差婚まとめ

元宝塚トップスターの光原エミカが1000万円詐取の疑いで逮捕

超有名女優と結婚した人気歌手が不倫の噂

藤原さくらYouTubeで新曲公開!『初恋のにおい』ショートアニメ

「つばさの党」代表の黒川敦彦ら3人を逮捕


鎌田大地と近い名前の人

鎌田 光夫(かまた みつお)
1937年12月16日生まれの有名人 三重出身

鎌田 光夫(かまた みつお、1937年12月16日 - )は、茨城県出身の元サッカー選手(DF)・サッカー監督。 日立市立多賀中学校を経て進学した日立一高では3年次の1955年、神奈川国体・高校の…

鎌田 緑(かまた みどり)
1986年2月24日生まれの有名人 島根出身

鎌田 緑(かまた みどり、1986年2月24日 - )は日本のタレント。島根県出身。株式会社デフィプロモーション所属。グラビアアイドルとしても活動していたが、2013年3月の撮影会を以って卒業した。 …

鎌田 紘子(かまた ひろこ)
1989年9月18日生まれの有名人 東京出身

鎌田 紘子(かまた ひろこ、1989年9月18日 - )は、日本のグラビアアイドルである。東京都出身。 中学時にスカウトされて芸能活動を始め、2004年6月号から2006年5月号まで『ピチレモン』…

鎌田 奈津美(かまた なつみ)
1988年8月19日生まれの有名人 兵庫出身

鎌田 奈津美(かまた なつみ、1988年8月19日 - )は、日本のグラビアアイドル、タレント、女優。アーティストボックスに所属していた。 兵庫県出身。小学館・週刊ヤングサンデー「ミスYS乙女学院'…

鎌田 彩樺(かまた あやか)
2003年4月29日生まれの有名人 広島出身

鎌田 彩樺(かまた あやか、2003年4月29日 - )は、日本の女性アイドル・女優で、SUPER☆GiRLSのメンバー。 広島県出身。エイベックス・マネジメント所属。 幼少期からアイドルに憧れ…

鎌田 あかね(かまた あかね)
1991年8月30日生まれの有名人 東京出身

鎌田 あかね(かまた あかね、1991年8月30日 - )は、日本の元タレントである。本名、鎌田 茜(かまた あかね)。 東京都出身。Y・M・Oに所属していた。 芸能人女子フットサルチームFANT…

鎌田 さゆり(かまた さゆり)
1965年1月8日生まれの有名人 宮城出身

鎌田 さゆり(かまた さゆり、1965年(昭和40年)1月8日 ‐ )は、日本の政治家。立憲民主党所属の衆議院議員(3期)、立憲民主党宮城県連代表代行。宮城県議会議員(1期)、仙台市議会議員(1期)を…

鎌田 次郎(かまた じろう)
1985年7月28日生まれの有名人 東京出身

鎌田 次郎(かまた じろう、1985年7月28日 - )は、東京都大田区出身の元プロサッカー選手。ポジションはディフェンダー、ミッドフィールダー。 FC東京の下部組織出身。ユースでのチームメイトの…

鎌田 紗綾(かまた さや)
1988年11月27日生まれの有名人 青森出身

鎌田 紗綾(かまた さや、1988年11月27日 - )は、NTB→ジョイスタッフ所属のフリーアナウンサー。元富山テレビ放送のアナウンサー。愛称は、さぁや、さぁやんなど。 青森県弘前市出身。東奥義…

鎌田 香奈(かまた かな)
1983年11月15日生まれの有名人 兵庫出身

鎌田 香奈(かまた かな、1983年11月15日 - )は、日本のフリーアナウンサー。大阪府大阪市出身。セイを経て、現在は圭三プロダクション所属。愛称は「かまかな」。 神戸生まれ、大阪育ち。神戸女…

鎌田 梢(かまだ こずえ)
9月11日生まれの有名人 宮城出身

鎌田 梢(かまだ こずえ、9月11日 - )は、日本の女性声優。青二プロダクション所属。宮城県出身。 宮城県宮城野高等学校、青二塾東京校2部3期生卒業。 人物 方言は東北弁(仙台)。 声優と…

鎌田 吉三郎(かまた きちさぶろう)
1937年5月26日生まれの有名人 出身

鎌田 吉三郎(かまた きちさぶろう、1937年〈昭和12年〉5月26日 - )は、日本の俳優、声優(ローカルタレント)である。劇団CBC(中部日本放送放送劇団、1958年 - 1997年)出身、現在は…

鎌田菜月(かまた なつき)
【SKE48】
1996年8月29日生まれの有名人 愛知出身

鎌田 菜月(かまた なつき、1996年〈平成8年〉8月29日 - )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループ・SKE48チームEのメンバーである。愛知県出身。ゼスト所属。 2012年 10…

注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
鎌田大地
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

最近追加された芸能人・有名人

澤繁実 小野寺紘毅 桜井誠_(活動家) 安野貴博 ジャンボ松田 後藤輝樹 石丸幸人 暇空茜 りんごちゃん_(ものまねタレント) 藤井祐眞

グループ

さくら学院 TEAM★NACS 新選組リアン ももクロ タッキー&翼 Kis-My-Ft2 GReeeeN ココリコ 東京女子流 やるせなす 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「鎌田大地」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました