もしもし情報局 > 歌手 > 東京都 > S-KEN

S-KENの情報 (エスケン)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

【5月25日】今日誕生日の芸能人・有名人

S-KENの情報 (エスケン) 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、出身地]

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
もしもしロボ

S-KENさんについて調べます

■名前・氏名
S-KEN
(エスケン)
■職業
歌手
■S-KENの誕生日・生年月日
1947年1月17日 (年齢77歳)
亥年(いのしし年)、山羊座(やぎ座)
■出身地・都道府県
東京出身

S-KENと同じ1947年生まれの有名人・芸能人

S-KENと同じ1月17日生まれの有名人・芸能人

S-KENと同じ出身地東京都生まれの有名人・芸能人


TOPニュース

結婚・離婚・再婚・年の差婚まとめ

元宝塚トップスターの光原エミカが1000万円詐取の疑いで逮捕

超有名女優と結婚した人気歌手が不倫の噂

ねじねじファッションの中尾彬(なかおあきら)が死去

細川たかしの新曲ジャケットのクセが強いと話題に

極楽とんぼ山本圭壱の妻、西野未姫が妊娠

藤原さくらYouTubeで新曲公開!『初恋のにおい』ショートアニメ

「つばさの党」代表の黒川敦彦ら3人を逮捕

嵐の松本潤が事務所を退所し独立を発表!本人メッセージもインスタに投稿

元子役の若山耀人容疑者、殺人容疑で再逮捕

フィギュアスケートの宇野昌磨が引退会見!

落馬した吉田隼人騎手近況。藤井勘一郎元騎手がツーショット写真を公開


S-KENと関係のある人

有近真澄: トラブル・イン・マイ・シャドウ(S-KEN/有近真澄)


窪田晴男: パープービー - S-KEN&ホットボンボンズ(1987年)


窪田晴男: 並行して、S-KEN&ホットボンボンズで活動する他、坂本龍一、EPO、矢野顕子らのレコーディング、ライブツアーに参加。


有近真澄: 星屑のカクテル(S-KEN/有近真澄)


松浦恵: 1993年、プロデューサーS-KENと出会いgleeps/日本コロムビアを結成。


窪田晴男: JUNGLE-DA - S-KEN&ホットボンボンズ(1985年)


青木真一: スピードは東京ロッカーズの最初のギグには参加したものの、ケンゴとS-KENの田中唯士の折り合いが悪かったことから、東京ロッカーズの主要5バンド(S-KEN、フリクション、リザード、ミラーズ、ミスター・カイト)の一連の活動には参加していない。


有近真澄: キャッチ・ア・グルーヴ(S-KEN/OTO)


窪田晴男: 千の眼 - S-KEN&ホットボンボンズ(1988年)


永井秀彦: 東京ロッカーズのゴッドファーザー、S-KENプロデュースのもと、目黒マッドスタジオにて初レコーディング(事務所とのトラブルにより未発売)。


永井秀彦: ルースターズ、S-KEN、イミテーション等のツアー・サポートを務め話題となる。


S-KEN

もしもしロボ

S-KEN(エスケン)さんの誕生日は1947年1月17日です。東京出身の歌手のようです。

もしもしロボ

ディスコグラフィーなどについてまとめました。現在、映画、テレビに関する情報もありますね。去年の情報もありました。S-KENの現在の年齢は77歳のようです。

S-KEN(エスケン、1947年1月17日 - )は、日本の音楽プロデューサー、歌手、作家、レーベル&サウンドプロデューサー、イベントプロデューサー、DJ。

東京都大田区大森生まれ。本名 田中 唯士(たなか ただし)ワールドアパート取締役会長。

71年、作曲者としてポーランド音楽祭に参加。世界放浪後、音楽雑誌の編集者として75年ヤマハ音楽振興会の海外特派員として渡米。 ニューヨークに滞在中、CBGBなどのニューヨークパンクロックシーンに刺激を受けて東京に帰国後、伝説のパンクムーブメント『TOKYO ROCKERS』を牽引。 アーティストとしてはデビュー·アルバム『魔都』(81年)、セカンドアルバム『ギャングバスターズ』 (83年)を経て、パンク、ファンク、ブガルー、レゲエなどをハイブリッドさせた自身のバンドs-ken & hot bombomsを結成、80年代のクラブシーンを代表するエポックなイベント『Tokyo Soy Source』に参加しつつ4枚のアルバムを発表。同時期、『異人都市 TOKYO』、『PINHEAD』 などの作家・編集者として、『カメレオンナイト』『ニポニーズナイト』などイベントプロデューサーとしても活動、東京のクラブシーンの創成期を活性化してきた。 91年以降は音楽プロデューサーに専念、「JAZZ HIP JAP(UK クラブチャートイン )」、東京ラテン宣言、クラムボン、SUPER BUTTER DOGから現在にいたるまで、プロデュース作品は109タイトルに及ぶ。 2017年、27年ぶりにアーティスト活動を復活、ソロアルバム『Tequila the Ripper』をリリース。レコーディングには細野晴臣 、トータス松本、東京スカパラダイスホーンズ、竹中直人など旧友から新世代まで34人ものミュージシャンが参加。ビルボードライブ東京を皮切りに s-ken & hot bombomsのライヴも復活。2022年にはs-ken & hot bomboms名義のニューアルバム『P.O. BOX 496』をリリース。2023年には森雅樹(EGO-WRAPPIN')らが参加した新ユニット、s-ken & far east sessionsでのライヴ活動をスタートさせている。 また、2018年、自叙伝『S-KEN 回想録 1971-1991 都市から都市、そしてまたアクロバット』( 河出書房新社 ) を出版。同時に海外特派員時代の自ら撮ったパティースミスやラモーンズなどニューヨークパンク・ロックシーンを網羅した写真展「1977NYC EXPLOSION」も東京、大阪、京都にて開催。2023年には写真家・上出優之利による7年間、18000ショットものストリート・ポートレイトから厳選された写真集、『S-KEN Punk Old Dicks』(SUPER LABO)が出版されている。

1971年、アイ・ジョージが元日にリリースした『自由通りの午後』の作曲を担当(同曲はポーランド音楽祭の日本代表に選抜され同年の『第22回NHK紅白歌合戦』に出場したアイは同曲を歌唱)。

同年、作曲家の佐藤健らと『ピースシティー』を結成。CBS・ソニーからバンドアレンジの「自由通りの午後」などシングルを2枚リリース。

1972年、ヤマハの音楽誌『ライトミュージック』の編集者やコーディネーターで活動の他、作曲活動も続ける。細野晴臣の2ndアルバム『トロピカル・ダンディー』に制作協力。

1975年、財団法人ヤマハ音楽振興会の特派員として渡米。ロサンゼルスやニューヨークから『ライトミュージック』に寄稿、世界歌謡祭のコーディネーターなど多方面で活動。

1978年、ニューヨークより帰国後、ライター、フリー・エディターで活躍しつつ、バンド「S-KEN」を結成。フリクション、LIZARD、ミラーズ、ミスター・カイトらと「東京ロッカーズ」と題したライヴ・パフォーマンスを、S-KENスタジオ、新宿ロフトなどを中心に展開。日本の初のパンク&ニュー・ウェイヴムーブメントとして話題になる。

1979年、オムニバス・アルバム『東京ROCKERS』に3曲参加。

1981年、日本コロムビアより、S-KEN個人としてのデビュー・アルバム『魔都』、シングル『サクサク』を発表。

1983年、東京のストリート・ファッションを、三枚扉に封じ込めたムック『PINHEAD』(CBSソニー出版)を責任編集。2ndアルバム『ギャング・バスターズ』、シングル『恋のバガボンド』を発表。新宿ツバキハウスで初のクラブイベント「ニポニーズ・ナイト」を5回に渡りプロデュース。東京ブラボー、じゃがたら、PINK、竹中直人、中村ゆうじ、沼田元氣、戸川純などが参加。

同年、マルチクリエイターの手塚眞が制作した自主映画『SPh』に用心棒役で出演。

1985年、窪田晴男、ヤヒロトモヒロ、小田原豊らと「S-KEN & HOT BOMBOMS」を結成し、CBS・ソニーよりアルバム『JUNGLE・DA』(S-KEN名義)、シングル『感電キング』を発表。以後、佐野篤、矢代恒彦、多田暁、松永俊弥、今堀恒雄、スティーヴ エトウなどがメンバーとして参加。1990年にバンド活動を休止するまでアルバムを4枚リリースした。

1986年、じゃがたら、MUTE BEAT、トマトスなどと共に、多様なグルーヴとDJをコンビネーションしたクラブイベント「東京ソイソース」プロジェクトをスタート。インクスティック芝浦ファクトリーを拠点に展開。ゲストにいとうせいこう&タイニー・パンクス(藤原ヒロシ、高木完)、ラファエル・セバーグ、近田春夫、ランキン・タクシー、ECDなどが参加。

1987年、アルバム『パー・プー・ビー』を発表。

1988年、アルバム『千の眼』を発表。東京に暮らす外国人を活写した、ノンフィクションにして江戸時代にさかのぼる都市論、『異人都市TOKYO』刊行。

1989年、もうひとつのユニット「S-KEN & TRA TRA TRA」活動開始。窪田晴男、早川岳晴、清水一登、スティーヴ・エトウ、小田原豊などが参加。音楽、ダンス、コメディ、マジックなどミックスした初のクラブイベント「エスケンのカメレオンナイト」プロデュース開始。インクスティック六本木&芝浦ファクトリーなどを拠点にスタート。後に関西にも広がる。大阪では同名のラジオ番組もスタートする。

1990年、新生「S-KEN & HOT BOMBOMS」でアルバム『SEVEN ENEMIES』を発売。

1991年、後楽園ルナパークにて「エスケンのカメレオンナイト」のスペシャルイベント“東京ラテン宣言スペシャル'91”(6日間連続)をプロデュース。浜村美智子、渡辺マリ、オルケスタ・デ・ラ・ルス、フィッシュマンズ、PJバンド、ザ・スリル、桜川唯丸&スピリチュアル・ユニティ、ネーネーズwith知名定男、DJにはラファエル・セバーグなどが参加。この野外イベントに参加した新人アーティストを中心にCD『東京ラテン宣言』(アポロン)を制作、この作品が初めてのCDプロデュースとなる。

1992年、アシッドジャズのコンピレーション・アルバム『JAZZ HIP JAP』プロデュース (NECアベニュー)。以後、翌年1993年にかけてvol2、ミニアルバムも数枚リリース。海外でもリリースが相次ぎ、イギリスの音楽誌『ミュージック・ウイクリー』のセールスチャートで6位となる。収録アーティスト DJタケムラ、EL-MALO、Monday満ちる、DJ KRUSH、DJ MATSUOKAなど。

1993年、日本コロムビアよりS-KENプロデュース“チャンス”レーベル発足、エスカレーターズ、BONNIE PINK(浅田香織名義)、DJ KRUSH、Little Big Bee、カブ、アモーレ・ヒロスケ&ラブマシーン、河内家菊水丸、バキュームプロダクションなどをプロデュース。

1996年4月、自ら発掘した新世代のアーティストコンピレーション・アルバムプロジェクト『SOUP UP』を3年間にわたってプロデュース(東芝EMI)。『SOUP UP』『SOUP UP Vol2』『SOUP UP Vol3』の三部作に収録されたアーティストは、パレード、SUPER BUTTER DOG、マグースイム、Flim-Flam、ソウルレベル、リトル・ビッグビー、クラムボン、ラブライフ、smorgas、フリーボ、コーヒーカラー、DONNY FU。その後10アーティストがメジャー・デビューしている。ワーナーミュージック・ジャパンよりマージナルライン・レーベルを発足。パレード、クラムボン、SPANOVA、Flim-Flamをプロデュース。

1998年、日本クラウンよりLOW BLOWレーベル発足。カメラマンズ、アカカゲ、MONG HANG、DATESPEAKERなどをプロデュース。

1999年、ワールドアパート有限会社をCOOL DRIVEのマネージャーだった浅野勇一と共に設立。代表取締役兼プロデューサーとなる。

2000年、ワールドアパートにおいてPE'Z、中山うり、コーヒーカラー、ROCO、nitt、エイミアンナプルナ、アイララ、DONNY FUなどをプロデュース。

2007年、S-KEN & HOT BOMBOMS 『JUNGLE・DA』『パープービー』『千の眼』『セブン・エネミーズ』4枚同時再発決定。再発を記念してPE'Zとコラボレーション、S-KEN & PE'Z名義によるアルバム『HABANA 2 TOKYO』をiTunes Storeより配信限定リリース。この再発以降、不定期ではあるが、S-KEN & HOT BOMBOMのライヴ活動がオリジナルメンバー(S-KEN(Vo.)、窪田晴男(G.)、小田原豊(Dr.)、佐野篤(B.)、ヤヒロトモヒロ(Perc.)、多田暁(Tp.)、矢代恒彦(Key.))で復活している。

2008年、自転車を主人公にした初の児童小説『ジャバ』を(ソニー・マガジンズ)発表。

2012年、西麻布新世界にてロバート・ハリスと共にトークショー『Old Dicks Talk』 を二年にわたり開催。ゲスト:森本千絵、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、戌井昭人、高橋靖子、いとうせいこうなど、全7回)。

2016年までにシンガーソングライターの久和田佳代、ドラマー山口美代子が率いるファンクバンドBimBamBoomのプロデュースを手がける(107作目)。3月に西麻布新世界にてs-ken&hotbombomsのオリジナルメンバーで復活ライブを開催。同時に25年ぶり7枚目の自身のアルバム制作をスタート。全12曲、プロデュース、ボーカル、作詞、作曲、ベーシック・アレンジを担当。

2017年3月22日、アルバム『Tequila the Ripper』発売。同年5月26日、ビルボードライブ東京にて、「テキーラ・ザ・リッパー」リリースパーティ開催。同年7月15日、フジテレビのドキュメンタリー番組『NONFIX』「70歳!伝説のパンクロッカーの叫び〜やりたいように俺はやる〜」が放送される。

2018年6月12日、初めての自伝『S-KEN回想録 都市から都市、そしてまたアクロバット: 1971-1991』(河出書房新社)を刊行。

2022年5月11日、s-ken & hot bombomsとして32年振りのアルバム『P.O. BOX 496』発売。同年7月20日、ビルボードライブ東京にて、アルバムのリリースライブ「P.O.BOX496 CONNECTION 2022」を開催。

ディスコグラフィー

「シブー / 僕の愛した雲」(1971年)

「自由通りの午後 / バラの花をあなたに」(1972年、CBS・ソニー、SONA-86195)

「サクサク / リビング・トリックス」(1981年)

「恋のバガボンド / 気分は殺し屋」(1983年)

「魔都」(1981年)

「ギャング・バスターズ」(1983年)

「JUNGLE・DA」(1985年)

「Tequila the Ripper」(2017年)

「東京ロッカーズ」(1979年)

「感電キング / バラ色」(1985年)

「パー・プー・ビー」(1987年)

「千の眼」(1988年)

「SEVEN ENEMIES」(1990年)

「P.O.BOX 496」(2022年)

「東京的」(1989年) ※窪田晴男プロデュース

「HABANA 2 TOKYO」(2007年) ※iTunes Store配信限定収録曲 「オールドディック / わが船ハバナを発つ時」

2024/05/25 14:58更新

esuken


S-KENと同じ誕生日1月17日生まれ、同じ東京出身の人

琳 紗織(りん さおり)
1985年1月17日生まれの有名人 東京出身

琳 紗織(りん さおり、本名:林 紗織、1985年1月17日 - )は、ヒラタオフィス所属のタレント。身長160cm、B82 W56 H80。東京都東大和市出身。青山学院大学国際政治学部卒業。 台…

伊藤芽衣(いとう めい)
1982年1月17日生まれの有名人 東京出身

伊藤芽衣(いとう めい、Ito Mei、1982年1月17日 - )は、東京都出身の女性タレント、元グラビアアイドル。 リポーターの仕事や地域活動の公務などで活躍後、独特な声と個性豊かな世界観を生…

石黒 都記子(いしぐろ つきこ)
1972年1月17日生まれの有名人 東京出身

石黒 都記子(いしぐろ つきこ、1972年1月17日 - )は、日本の元レースクイーン、元タレント。東京都出身。 チーム「ジョンソン ニスモ」レースクイーン(1995年) トヨタチーム「トムス」レ…

三浦 光子(みうら みつこ)
1917年1月17日生まれの有名人 東京出身

三浦 光子(みうら みつこ、1917年1月17日 - 1969年6月14日)は、日本の女優。 東京市牛込出身。 牛込余丁町小学校を卒業後に三崎英語学校を経て、大妻高等女学校(現・大妻中学校・高等…

露原 千草(つゆはら ちぐさ)
1918年1月17日生まれの有名人 東京出身

露原 千草(つゆはら ちぐさ、1918年〈大正7年〉1月17日 - 2004年〈平成16年〉3月9日)は、日本の女優。東京府荏原郡大崎町(現東京都品川区大崎)出身。頌栄女子学院高等学校卒業。本名は服部…

谷 よしの(たに よしの)
1917年1月17日生まれの有名人 東京出身

谷 よしの(たに よしの、1917年1月17日 - (2006-02-04) 2006年2月4日(89歳没))は、日本の女優。数多くの映画で脇役を演じる。登場シーンは短いながら庶民的な味わいのある演…

小林 千香子(こばやし ちかこ)
1975年1月17日生まれの有名人 東京出身

小林 千香子(こばやし ちかこ、1975年1月17日 - )は、日本の元女優。身長160cm、血液型はO型。東京都台東区出身。慶應義塾大学文学部国文学専攻卒業。高校時代はチアリーディング部に在籍してい…

工藤 夕貴(くどう ゆうき)
1971年1月17日生まれの有名人 東京出身

工藤 夕貴(くどう ゆうき、1971年1月17日 - )は、日本の女優、歌手。ヒラタオフィス所属。血液型B型。堀越高等学校卒業。父は歌手の井沢八郎、実弟は元俳優で、実業家の工藤正貴。 継父はヒラタオフ…

北川 めぐみ(きたがわ めぐみ)
1946年1月17日生まれの有名人 東京出身

北川 めぐみ(きたがわ めぐみ、1946年1月17日 - )は、日本の女優。本名は北川 恵美。東京都目黒区出身。特技はバレエ、日舞、三味線、ゴルフ。 武蔵野女子学院高校卒業。 1963年に俳優座…

金子 哲也(かねこ てつや)
1970年1月17日生まれの有名人 東京出身

金子 哲也(かねこ てつや、1970年1月17日 - )は、NHKのチーフアナウンサー。 東京都出身。麻布高等学校を経て慶應義塾大学経済学部卒業後、1994年に入局。 祖父に元蕨市長金子吉衛、叔…

出水 ぽすか(でみず ぽすか)
1988年1月17日生まれの有名人 東京出身

出水 ぽすか(でみず ぽすか、1988年1月17日 - )は、日本の漫画家、イラストレーター。東京都在住。 2008年6月に『火炎の竜カゲロウ』で、第62回小学館新人コミック大賞児童部門佳作を受賞…


S-KENと近い名前の人

総師範KSK(そうしはんケイエスケイ)
生まれの有名人 東京出身

総師範KSK(そうしはんケイエスケイ、本名:今井 恵介〈いまい けいすけ〉、1978年7月28日 - )は、日本のYouTuber、タレント。 株式会社アルファ・ジャパンプロモーション所属。東京都出…

ジャック=モンゴルフィエ(Jacques-Etienne Montgolfier)
1745年1月6日生まれの有名人 出身

モンゴルフィエ兄弟(モンゴルフィエきょうだい)は、兄ジョゼフ=ミシェル・モンゴルフィエ(フランス語: Joseph-Michel Montgolfier 、1740年8月26日 - 1810年…

トニク=ウィリアムズ(Tonique Williams-Darling)
1976年1月17日生まれの有名人 出身

1月17日生まれwiki情報なし(2024/05/25 14:57時点)

シャルル=ド=モンテスキュー(Charles-Louis de Montesquieu)
1689年1月18日生まれの有名人 出身

シャルル=ルイ・ド・モンテスキュー(Charles-Louis de Montesquieu、1689年1月18日 - 1755年2月10日)は、フランスの哲学者である。本名は、シャルル=ルイ・ド・ス…

フランソワ=フォレル(Francois-Alphonse Forel)
1841年2月2日生まれの有名人 出身

2月2日生まれwiki情報なし(2024/05/23 17:05時点)

ジョリス=カルル=ユイスマンス(Joris-Karl Huysmans)
1848年2月5日生まれの有名人 出身

2月5日生まれwiki情報なし(2024/05/24 09:59時点)

シャルル=アンドレ=ヴァン=ルー(Charles-Andre van Loo)
1705年2月15日生まれの有名人 出身

2月15日生まれwiki情報なし(2024/05/22 21:33時点)

シャルル=フランソワ=ドービニー(Charles-Francois Daubigny)
1817年2月15日生まれの有名人 出身

シャルル=フランソワ・ドービニー(Charles-François Daubigny, 1817年2月15日 - 1878年2月19日)は、フランスの画家。 パリ生まれ。父Edmond Franç…

ハンス=ルドルフ=ウィーデマン(Hans-Rudolf Wiedemann)
1915年2月16日生まれの有名人 出身

2月16日生まれwiki情報なし(2024/05/25 05:39時点)

エレン=ペイジ(Ellen Philpotts-Page)
1987年2月21日生まれの有名人 出身

エリオット・ペイジ(Elliot Page、以前はエレン・ペイジ/Ellen Pageとして活動、1987年2月21日 - )は、カナダの俳優。 テレビシリーズ『Pit Pony』でキャリアが始まり…

注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
S-KEN
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

最近追加された芸能人・有名人

関太 空道太郎 梅村賢太郎 友保隼平 小林圭輔 しゅうごパーク たーにー ともしげ 芝大輔 中田正子

グループ

ももクロ X21 ベイビーレイズ 東京女子流 まなみのりさ THE ポッシボー さくら学院 フェアリーズ BABYMETAL 放課後プリンセス 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「S-KEN」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました