もしもし情報局 > 野球 > 佐賀県 > 池田隆英

池田隆英の情報 (いけだたかひで)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

【5月25日】今日誕生日の芸能人・有名人

池田隆英の情報 (いけだたかひで) 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、出身地]

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
もしもしロボ

池田 隆英さんについて調べます

■名前・氏名
池田 隆英
(いけだ たかひで)
■職業
野球選手
■池田隆英の誕生日・生年月日
1994年10月1日 (年齢29歳)
戌年(いぬ年)、天秤座(てんびん座)
■出身地・都道府県
佐賀出身

池田隆英と同じ1994年生まれの有名人・芸能人

池田隆英と同じ10月1日生まれの有名人・芸能人

池田隆英と同じ出身地佐賀県生まれの有名人・芸能人


TOPニュース

結婚・離婚・再婚・年の差婚まとめ

元宝塚トップスターの光原エミカが1000万円詐取の疑いで逮捕

超有名女優と結婚した人気歌手が不倫の噂

ねじねじファッションの中尾彬(なかおあきら)が死去

細川たかしの新曲ジャケットのクセが強いと話題に

極楽とんぼ山本圭壱の妻、西野未姫が妊娠

藤原さくらYouTubeで新曲公開!『初恋のにおい』ショートアニメ

「つばさの党」代表の黒川敦彦ら3人を逮捕

嵐の松本潤が事務所を退所し独立を発表!本人メッセージもインスタに投稿

元子役の若山耀人容疑者、殺人容疑で再逮捕

フィギュアスケートの宇野昌磨が引退会見!

落馬した吉田隼人騎手近況。藤井勘一郎元騎手がツーショット写真を公開


池田隆英と関係のある人

横尾俊建: 2021年2月27日に、池田隆英とのトレードで東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍することが日本ハム・楽天の両球団から発表され、同年3月3日付で日本野球機構 (NPB) より公示された。


中村剛也: 6月21日に一軍に復帰すると、7月15日の対日本ハム戦(ベルーナドーム)で両者無得点で迎えた9回一死二塁の打席で池田隆英からサヨナラ二塁打を放った。


吉野創士: 2022年は、イースタン・リーグの北海道日本ハムファイターズ戦で、3回に池田隆英の初球を捉えて公式戦初本塁打を記録。


藤城和明: 多摩ケーブルネットワークが展開する地域スポーツ支援の一環として、小学生への野球指導を毎週末に行っているほか、創価大学投手コーチとして週1回程度、八王子のグラウンドに顔を出して指導し、八木智哉・大塚豊・小川泰弘・石川柊太・池田隆英・田中正義・杉山晃基・望月大希・鈴木勇斗を送り出した。


島内宏明: 8月11日に一軍に復帰すると、8月の月間打率は.378と調子を上げ、9月24日の対日本ハム戦(楽天モバイルパーク宮城)では1-1の同点で迎えた9回一死一塁の打席で池田隆英からサヨナラ2点本塁打、10月1日の対オリックス戦(京セラドーム大阪)では3打席連続適時打で自己最多の1試合5打点を記録した。


玉井大翔: 河野竜生・池田隆英・田中正義の勝ちパターンが確立されたこともあり、その後はホールド機会が減少したものの、東北楽天ゴールデンイーグルスとのレギュラーシーズン最終戦で3年連続50試合登板を達成。


藤岡裕大: 初打点:2018年4月1日、対東北楽天ゴールデンイーグルス3回戦(ZOZOマリンスタジアム)、3回裏に池田隆英から右前適時打


杉澤龍: 初出場・初打席:2023年9月13日、対北海道日本ハムファイターズ24回戦(エスコンフィールドHOKKAIDO)、8回表に佐野皓大の代打で出場、池田隆英から空振り三振


矢野広将: 9月14日のアルペンスタジアムで開催の北海道日本ハムファイターズ二軍との交流戦メンバーに選抜され、池田隆英から先制打を放った。


来田涼斗: 1回表二死一塁の局面から第1打席へ臨んだところ、日本ハムの先発投手・池田隆英が投じた初球で初打席本塁打を記録した。


池田隆英

もしもしロボ

池田 隆英(いけだ たかひで)さんの誕生日は1994年10月1日です。佐賀出身の野球選手のようです。

もしもしロボ

選手としての特徴、人物などについてまとめました。卒業、テレビ、家族、趣味に関する情報もありますね。去年の情報もありました。池田隆英の現在の年齢は29歳のようです。

池田 隆英(いけだ たかひで、1994年10月1日 - )は、佐賀県唐津市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズ所属。

唐津市立成和小学校4年生のときに『成和ライオンズ』で野球を始め、当初は捕手だったが、6年生のときに投手へ転向した。唐津市立第五中学校では硬式チーム『東松ワンダーズ』に所属し、4季連続で全国大会に出場。2年時には全国準優勝も経験した。

創価高校では1年秋からベンチ入りし、2年秋から背番号1。3年夏は西東京大会直前の練習試合で右膝を痛め、テーピングとギプスで右膝を固めて実践学園との4回戦で同大会初登板となったが、バント処理の際に右膝を痛めて降板。右膝前十字靭帯断裂の大怪我であり、チームはベスト4まで勝ち進んだが、池田自身は前述の1試合のみの登板であった。甲子園出場経験は無し。

高校卒業後は創価大学へ進学したが、1年間はリハビリの毎日であった。2年秋の明治神宮大会で最速151km/hを計測。4年春に東京新大学野球リーグ戦初勝利を挙げた。6月下旬に右足首の遊離軟骨除去手術を受けたが、4年秋のリーグ戦では4勝0敗・防御率0.83と好成績を収め、最多勝利と最優秀防御率のタイトルに加えてベストナインも獲得。大学4年間ではリーグ戦で29試合に登板し、7勝4敗・防御率2.45という成績であった。また、高校・大学の7年間では田中正義と同級生であった。

2016年10月20日に開催されたドラフト会議にて、東北楽天ゴールデンイーグルスから2位指名を受けた。指名後に出場した関東地区大学選手権では、自己最速の152km/hを計測。11月9日に契約金7000万円・年俸1200万円(いずれも金額は推定)で入団に合意した。背番号は30。担当スカウトは沖原佳典。

2017年は5月と8月に一軍での先発登板が内定していたが、5月は左足首、8月は右足首をそれぞれ捻挫し、この年は一軍登板は無くシーズンを終えた。二軍では11試合登板し、4勝1敗・防御率2.72を記録。オフに現状維持となる推定年俸1200万円で契約を更改した。

2018年は春先からアピールを続け、開幕ローテーション入りを果たし、開幕3試合目の千葉ロッテマリーンズ戦でプロ初登板初先発。2回1/3を4失点(自責点2)で敗戦投手となり、続く4月8日の福岡ソフトバンクホークス戦では6回1失点と好投しながらも敗戦投手となったが、同15日の埼玉西武ライオンズ戦では6回1/3を投げ、11安打2四球で5点を失いながらもプロ初勝利を挙げた。その後は2試合に先発し、変則的な日程もあって5月1日に出場選手登録を抹消され、同15日のソフトバンク戦に中14日で先発。5回86球1失点と好投したものの、2回表に右前腕に打球が直撃した影響で交代を告げられ、勝敗は付かなかった。5月22日のオリックス・バファローズ戦では5回途中7安打5四球5失点の乱調で敗戦投手となると、同25日のソフトバンク戦に中2日でプロ初のリリーフ登板となり、1イニングを3者凡退に抑えてプロ初ホールドを記録。以降もリリーフ起用が続いたが、6月8日の広島東洋カープ戦で1回3安打1四球3失点、続く同13日の中日ドラゴンズ戦でも1回1/3を4安打1四球1失点(自責点0)と打ち込まれ、6月14日に出場選手登録を抹消された。その後の一軍昇格は果たせずにシーズンを終えたが、この年は一軍で15試合(7先発)に登板し、1勝5敗4ホールド・防御率5.91を記録。シーズン終了後には、台湾でのアジアウィンターリーグにNPBイースタン選抜の一員として出場し、台湾選抜との優勝決定戦に先発すると、8回2安打10奪三振無失点と好投し、チームを優勝へ導いたと共にリーグのMVPに輝いた。オフに100万円増となる推定年俸1300万円で契約を更改した。

2019年は春季キャンプを一軍でスタートし、オープン戦では3月16日の中日戦に先発したが、4回途中6安打2四球4失点(自責点3)と結果を残せず、開幕と同時期には膝の手術を受けた。その後、一軍復帰に向けて二軍で実戦登板を重ねるも、今度は左腹斜筋を痛めて離脱。この年は一軍登板が無く、二軍でも6試合の登板にとどまった。レギュラーシーズン終了後の10月1日に戦力外通告を受け、楽天からは育成選手契約を打診された。11月19日に楽天と育成選手契約を締結。背番号は130と発表された。

2020年は新型コロナウイルスの影響で開幕が6月に延期された。開幕直後の6月25日にトレードで池田駿が入団したため、報道上の表記およびスコアボード上の表記が「池田隆」に変更となった。この年は二軍で21試合に登板し、1勝1敗・防御率1.65と好成績を収め、オフに支配下選手登録となった。推定年俸は現状維持の650万円、背番号は30。

2021年2月27日、横尾俊建とのトレードにより、北海道日本ハムファイターズへ移籍することが発表された。背番号は52。

オープン戦では3試合(2先発)に登板して計10イニングを無失点と好投し、開幕ローテーション入り。開幕3試合目の3月28日、古巣である楽天戦で移籍後初登板初先発、さらには自身3シーズンぶりとなる一軍公式戦登板となった。4回に一死満塁のピンチを招き、ゲッツー性の打球をショートへ打たせたものの、これを中島卓也がファンブル。併殺でチェンジが一転、1アウトも取れずに先制を許し、この回一挙4失点。5回8安打2四球3奪三振4失点(自責点3)という内容で敗戦投手となった。移籍後3度目の先発登板となった4月13日の西武戦では、6回1失点に抑えて移籍後初勝利、自身1094日ぶりの白星を挙げた。その後は時折10日間の登録抹消を挟みながら先発ローテーションを回っていたが、援護に恵まれないことが多く、黒星が先行した。8月15日のソフトバンク戦ではドリュー・バーヘイゲンが調整の一環でショートスターターとして先発し、池田は2番手として登板して3回無失点。これが3年ぶりのリリーフ登板となり、ホールドも記録された。後半戦は疲労もあって早期降板が目立つようになり、9月15日に出場選手登録を抹消されて以降は二軍調整が続き、シーズン最終盤の10月26日には中継ぎとして一軍へ再昇格し、この年は18試合(16先発)の登板でリーグ最多タイの10敗を喫したものの、3勝1ホールド・防御率3.94を記録。オフに1050万円増となる推定年俸1700万円で契約を更改した。

2022年はリリーフとして開幕を一軍で迎え、ソフトバンクとの開幕カード3戦目でシーズン初登板となったが、1回2安打1四球1失点で敗戦投手となった。3月31日に出場選手登録を抹消されて以降は二軍で先発調整となり、7月10日のソフトバンク戦でシーズン初先発。6回3安打無四死球3奪三振無失点、二塁すら踏ませない好投でシーズン初勝利を挙げた。続く同18日の西武戦では5回2失点(自責点1)ながらも敗戦投手となり、7月20日には無症状ながら新型コロナウイルス陽性判定を受け、同日に特例2022で出場選手登録を抹消された。離脱後の一軍登板は1試合のみであり、この年は4試合(3先発)の登板で1勝3敗・防御率3.31という成績であった。オフに100万円減となる推定年俸1600万円で契約を更改した。

2023年1月11日に日本ハムは、海外FA権を行使してソフトバンクに移籍した近藤健介の人的補償として、田中正義を獲得したことを発表。高校・大学時代の同級生であり、7年ぶりにチームメイトとなった。この年は春先からリリーフ調整となり、開幕こそ二軍で迎えたものの、4月5日に出場選手登録。開幕ローテーションのコディ・ポンセが故障離脱、先発調整していた鈴木健矢はリリーフとして開幕一軍入り、先発要員のジョン・ガントや根本悠楓が二軍でも不安定というチーム事情があり、4月11日のソフトバンク戦はブルペンデーとなり、その1番手として池田がシーズン初先発。3回裏に先制を許し、なおも二死一・二塁という場面で降板となり、代わった北山亘基が適時打を打たれ、2回2/3を2安打2四球2奪三振2失点という内容で勝敗は付かなかった。その後はセットアッパー、回跨ぎのリリーフ、ピンチの場面での火消しと様々な場面での起用に応えた。交流戦を終えてリーグ戦が再開し、8回のセットアッパーとして起用されるようになると、その地位を確立し、シーズン終了まで役目を全うした。この年は1勝5敗・防御率2.86、チーム最多の51試合・25ホールドと好成績を残し、オフに3000万円増となる推定年俸4600万円で契約を更改した。

選手としての特徴

持ち球は最速156km/hのストレート、スライダー、フォーク、カットボール、シュート、カーブ、チェンジアップ。打者を抑えると雄叫びを上げ、闘志をむき出しにする投球スタイルである。

2021年オフから球速アップに取り組んでおり、2022年の春季キャンプでは新庄剛志新監督が臨時コーチとして招聘したタレントの武井壮に相談すると、神経的なアプローチをアドバイスされ、「“重いものを持ってから軽いものを持って、速く腕を振る”というものです。腕を振るスピードって脳が判断しているので、そのキャパを上げるために、軽いラケットを振るなどして“腕がもっと振れるんだ”というトレーニングをしていきました」というトレーニングを取り入れた。その後の2年間では平均球速が4km/hも増加し、軸であるストレートの威力が増したことで、大小様々な変化球が強力な効果を発揮するようになった。

人物

幼少期には、素潜りでサザエなどを採っていた。小学生の時に、実父が心臓バイパスの手術を経験。後にうつ病を発症したため、それまで専業主婦だった実母が、新聞配達などのアルバイトで家計や池田の学費を賄っていた。このような家庭の事情を背景に、2016年NPBドラフト会議の直前から、『ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう』(TBSテレビ)スタッフの密着取材を受けた。会議の当日(2016年10月20日)に全国ネットで放送された同番組では、池田や家族への取材を基に、以上の生い立ちを再現映像を交えながら紹介。池田自身も、楽天からの指名を受けた後に、生中継を通じて実父と揃って出演した。

ギターやピアノの演奏が趣味で、楽天への入団後から居住している球団合宿所「泉犬鷲寮」の自室にもギターを持参。折に触れてギターを演奏している。また、試合に登板する前には、ブルーノ・マーズの楽曲を聴きながらリラックスに努めている。

2024/05/22 00:48更新

ikeda takahide


池田隆英と同じ誕生日10月1日生まれ、同じ佐賀出身の人

末次 一郎(すえつぐ いちろう)
1922年10月1日生まれの有名人 佐賀出身

末次 一郎(すえつぐ いちろう、1922年(大正11年)10月1日 - 2001年(平成13年)7月11日)は、安全保障問題研究会の主宰者。沖縄返還の功労者として知られ、晩年は日ソ専門家会議を主催して…

中島 宏(なかじま ひろし)
1941年10月1日生まれの有名人 佐賀出身

中島 宏(なかじま ひろし、1938年 - )は、日本の地方公務員、造園家。都市防災美化協会理事長、公益財団法人東京都公園協会評議員。東京都公園審議会委員。元東京都建設局公園緑地部長。公益財団法人都市…

佐々木周太郎(ささき しゅうたろう)
1952年10月1日生まれの有名人 佐賀出身

佐々木周太郎(ささき しゅうたろう、1952年10月1日 - )は、福岡県出身(佐賀県育ち)の男性シンガー。東京都在住。 ムード歌謡独特の「魅惑の歌声」で関東を中心に各地でイベント出演、ライブ活動を…


池田隆英と近い名前の人

池田 ゆうな(いけだ ゆうな)
1995年11月15日生まれの有名人 神奈川出身

池田 ゆうな(いけだ ゆうな、1995年11月15日 - )は、日本のグラビアアイドル、タレント。神奈川県出身。エイジアプロモーション所属。かつて、GDL Entertainmentに所属していた。 …

池田 美優(いけだ みゆう)
1998年10月30日生まれの有名人 静岡出身

池田 美優(いけだ みゆう、1998年〈平成10年〉10月30日 - )は、東京都北区出身のファッションモデル、タレント、コメンテーター、YouTuber。本名は大倉 美優(おおくら みゆう)、旧姓・…

池田 麻理子(いけだ まりこ)
1982年12月24日生まれの有名人 大阪出身

池田 麻理子(いけだ まりこ、1982年12月24日 - )は、日本のタレント。元『恋のから騒ぎ』第11期生メンバー。元松竹芸能所属。旧芸名はMALI(マリ)。 から騒ぎレギュラーの前には『ロンド…

池田 夏希(いけだ なつき)
1987年6月24日生まれの有名人 千葉出身

池田 夏希(いけだ なつき、1987年6月24日 - )は、日本の女性タレント、グラビアアイドル、女優。千葉県出身。かつてアーティストハウス・ピラミッド、セントラルに所属していたが、フリーランスを経て…

池田 ショコラ(いけだ しょこら)
1991年3月14日生まれの有名人 埼玉出身

池田 ショコラ(いけだ ショコラ、1991年3月14日 - )は、日本のバラエティタレント。埼玉県出身。ゼロイチファミリア所属。 目白大学卒業。大学在学中、東京ゲームショウのコンパニオンとして活動…

池田 愛恵里(いけだ あえり)
1990年7月29日生まれの有名人 滋賀出身

池田 愛恵里(いけだ あえり、1990年7月29日 - )は、日本のタレント、スポーツMC、ラジオパーソナリティ、元グラビアアイドル。 今野杏南、水樹たま、清水あいりと共にアイドルユニット「FANT…

池田 正樹 (いけだ まさき)
1971年7月3日生まれの有名人 新潟出身

池田 正樹 (いけだ まさき、イケダ マサキ 1971年7月3日 - )は、日本のモデル。新潟県新潟市出身。Height:180センチメートル、Chest:96センチメートル、Waist:79センチメ…

池田 駿介(いけだ しゅんすけ)
1940年11月11日生まれの有名人 神奈川出身

池田 駿介(いけだ しゅんすけ、本名:池田 紀生(いけだ のりお)、1940年11月11日 - 2010年6月11日)は、日本の俳優、モデル。神奈川県川崎市出身(出生は京都府)。法政大学第二高等学校、…

池田 メルダ(いけだ めるだ)
2000年2月6日生まれの有名人 埼玉出身

池田 メルダ(いけだ メルダ、2000年2月6日 - )は、日本のタレント、グラビアアイドル。埼玉県出身。アイドルグループ・#ババババンビの元メンバー。 2015年1月29日 - 3月14日、オー…

池田 光咲(いけだ みさき)
1990年10月22日生まれの有名人 福井出身

池田 光咲(いけだ みさき、1990年10月22日 - )は、日本の女性ファッションモデル・女優。スターダストプロモーション所属。福井県福井市出身。 2005年3月、ティーン誌『Hana*chu→…

池田 昌子(いけだ まさこ)
1939年1月1日生まれの有名人 東京出身

池田 昌子(いけだ まさこ、1939年1月1日 - )は、日本の声優、女優、ナレーターである。東京府東京市小石川区(現:東京都文京区)出身。東京俳優生活協同組合所属。 オードリー・ヘプバーンの吹き替…

注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
池田隆英
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

最近追加された芸能人・有名人

関太 空道太郎 梅村賢太郎 友保隼平 小林圭輔 しゅうごパーク たーにー ともしげ 芝大輔 中田正子

グループ

9nine さくら学院 ももクロ THE ポッシボー AeLL. X21 東京女子流 ベイビーレイズ predia アリス十番 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「池田隆英」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました