もしもし情報局 > 野球 > 石川県 > 泉圭輔

泉圭輔の情報 (いずみけいすけ)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

【5月25日】今日誕生日の芸能人・有名人

泉圭輔の情報 (いずみけいすけ) 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、出身地]

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
もしもしロボ

泉 圭輔さんについて調べます

■名前・氏名
泉 圭輔
(いずみ けいすけ)
■職業
野球選手
■泉圭輔の誕生日・生年月日
1997年3月2日 (年齢27歳)
丑年(うし年)、魚座(うお座)
■出身地・都道府県
石川出身

泉圭輔と同じ1997年生まれの有名人・芸能人

泉圭輔と同じ3月2日生まれの有名人・芸能人

泉圭輔と同じ出身地石川県生まれの有名人・芸能人


TOPニュース

結婚・離婚・再婚・年の差婚まとめ

元宝塚トップスターの光原エミカが1000万円詐取の疑いで逮捕

超有名女優と結婚した人気歌手が不倫の噂

ねじねじファッションの中尾彬(なかおあきら)が死去

細川たかしの新曲ジャケットのクセが強いと話題に

極楽とんぼ山本圭壱の妻、西野未姫が妊娠

藤原さくらYouTubeで新曲公開!『初恋のにおい』ショートアニメ

「つばさの党」代表の黒川敦彦ら3人を逮捕

嵐の松本潤が事務所を退所し独立を発表!本人メッセージもインスタに投稿

元子役の若山耀人容疑者、殺人容疑で再逮捕

フィギュアスケートの宇野昌磨が引退会見!

落馬した吉田隼人騎手近況。藤井勘一郎元騎手がツーショット写真を公開


泉圭輔と関係のある人

高橋礼: 2023年11月6日、アダム・ウォーカーとの交換トレードで泉圭輔と共に読売ジャイアンツに移籍することが発表された。


松田遼馬: しかし2020年は一転して板東湧梧や笠谷俊介、泉圭輔といった若手の生え抜き投手の台頭や高橋礼の中継ぎへの配置転換などもあり、大きな怪我はなかったが二軍暮らしが続いた。


泉圭輔

もしもしロボ

泉 圭輔(いずみ けいすけ)さんの誕生日は1997年3月2日です。石川出身の野球選手のようです。

もしもしロボ

選手としての特徴、人物などについてまとめました。今年の情報もありました。泉圭輔の現在の年齢は27歳のようです。

泉 圭輔(いずみ けいすけ、1997年3月2日 - )は、石川県金沢市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。

金沢市立三馬小学校3年生の時に「三馬クラブ」で軟式野球を始め、金沢市立清泉中学校では同校の軟式野球部に所属する。

高校は石川県立金沢西高等学校に進学。1年生の夏からベンチ入りを果たす。エースピッチャーとなった2年生の夏の第95回選手権石川大会、2年生の秋の秋季石川大会のともに3回戦進出が最高で、甲子園出場の経験なし。3年生の夏の第96回選手権石川大会は、2回戦で遊学館高校に3対4で敗れる。

大学は金沢星稜大学に進学。1年生の秋季リーグからベンチ入りし3勝を挙げる。3年生の秋季リーグでは5勝を記録し、最多勝と敢闘賞を獲得する。4年生の春季リーグ・対高岡法科大学戦において、完封勝利を挙げ注目される。北陸大学リーグでは通算30試合の登板で18勝5敗・防御率1.78の成績を残した。

2018年10月25日に行われたプロ野球ドラフト会議において、福岡ソフトバンクホークスから6位指名を受け、11月11日、契約金4000万円、年俸800万円(金額は推定)で契約合意に達し、12月6日、福岡市内のホテルで入団発表会見が行われた。背番号は53。

2019年は開幕一軍入りこそ果たせなかったが、ウエスタン・リーグでは4試合の登板で1勝0敗・防御率0.00と結果を残し、4月16日に一軍初昇格。同日の千葉ロッテマリーンズ戦でプロ初登板を果たし、打者3人で2奪三振と好投した。プロ3試合目の登板となった4月22日のオリックス・バファローズ戦ではプロ初勝利、24日の同カードではプロ初ホールドを記録した。チーム事情で登録抹消となった5月20日までに11試合に登板し、防御率1.38を記録すると、先発投手の戦線離脱が相次いだことを受けて同30日のオリックス戦でプロ初先発。3回6奪三振2失点の内容で勝敗は付かず、翌31日に出場選手登録を抹消された。8月2日に中継ぎとして再登録されるも、登板機会がないまま、同9日に登録抹消。9月11日にこの年4度目の出場選手登録となり、同16日の北海道日本ハムファイターズ戦で約4か月ぶりの一軍登板を果たし、自己最速の153km/hを計測した。ルーキーイヤーは一軍で14試合(1先発)に登板し、2勝0敗3ホールド・防御率1.96を記録。オフに450万円増となる推定年俸1250万円で契約を更改した。

2020年は新型コロナウイルスの影響で120試合制の短縮シーズンとなり、開幕も6月に延期となったが、中継ぎとして自身初の開幕一軍入りを果たすと、シーズンを通して一軍に帯同。走者を背負った場面での登板や回またぎなど、様々な役割をこなし、この年は40試合の登板で0勝1敗8ホールド・防御率2.08と好成績を収め、チームの3年ぶりリーグ優勝に貢献。ポストシーズンでは登板機会こそ無かったものの、日本シリーズでもメンバー入りを果たし、チームの4年連続日本一の一員となった。オフに1550万円増となる推定年俸2800万円で契約を更改した。

2021年も中継ぎとして開幕一軍入りを果たすと、開幕から16試合連続無失点を記録。自身の好調に加え、4月末に守護神森唯斗が離脱したこともあり、開幕から2試合に1試合のハイペースで登板していたが、5月中旬以降は疲労で大きく調子を落とし、6月25日に出場選手登録を抹消された。その後は二軍再調整となったが、ウエスタン・リーグでも24回2/3を投げ、被安打30・与四球14と不調が続き、そのまま二軍でシーズンを終え、この年は31試合の一軍登板で1勝2敗6ホールド・防御率2.73という成績であった。オフに100万円減となる推定年俸2700万円で契約を更改した。

2022年は自主トレ期間中に右手薬指の化膿を発症し、1月31日まで10日間ほど入院。その影響で春季キャンプはC組スタートとなり、2月26日にB班へ合流したものの、開幕は二軍で迎えた。一軍に昇格できない時期が長らく続いたものの、7月21日に出場選手登録されると、ときにイニング跨ぎもこなすなど、ホールドが付かない場面で結果を残すと、9月以降はホールド機会が増加。本人が「後半戦だけで120回くらいブルペンで肩をつくった」と話したように、7月21日の一軍昇格から10月2日のレギュラーシーズン最終戦までの期間で、30試合に登板とフル回転したが、チームが優勝マジック1で迎えたロッテとのレギュラーシーズン最終戦では2点リードの6回裏から登板するも、山口航輝に逆転3点本塁打を許し、チームはリーグ優勝を逃した。試合後のファンへの挨拶では涙を流し、自宅に戻ってからの1週間は外出を恐れるほど、誹謗中傷に怯える日々を過ごした。ただ、「そこばかり振り返っても意味がないなと思った」と自らを鼓舞し、チームメイトやファンからの激励もあり、ポストシーズンではオリックスとのCSファイナルステージで2試合に登板し、いずれも無失点に抑えた。レギュラーシーズンでは30試合の登板で0勝2敗6ホールド・防御率3.72という成績を残し、オフに現状維持となる推定年俸2700万円で契約を更改した。

2023年は2年ぶりに開幕を一軍で迎えたものの、登板機会が無いまま、4月3日に右手薬指の蜂窩織炎により出場選手登録を抹消された。同30日に実戦復帰、5月19日に一軍復帰を果たしたが、3試合の登板で2回2/3を投げ、5四死球と制球に苦しみ、同29日に登録抹消。二軍でも抹消直後の5登板で計10失点と打ち込まれたが、「“テンポよく打たれる”と改善の仕方も見える。そうやって課題と向き合うことがあまりなかった。そこはいい経験になった」と本人が話したように、コツコツと改善点をつぶし、ウエスタン・リーグでは47回1/3を投げて6四死球と制球面に改善が見られた。ただ、登録抹消後は再び一軍に昇格することができず、この年の一軍登板は3試合に終わった。10月7日に開催されたファーム日本選手権対巨人戦では、3-5で迎えた7回裏に4番手として登板、山瀬慎之助に安打を許したものの後続を抑え無失点で終え降板すると、続く8回表に味方が3点を取り逆転、そのまま6-5で勝利したことにより勝利投手となった。

2023年11月6日、アダム・ウォーカーとの交換トレードで高橋礼と共に読売ジャイアンツに移籍することが発表された。背番号は63。11月15日、現状維持となる推定年俸2700万円で契約した。

2024年、4月12日の広島東洋カープ戦(東京ドーム)で2点ビハインドの場面で移籍後初登板し、1イニングを無失点に抑えると、チームが逆転したため移籍後初勝利、および、1069日ぶりの勝利投手となった。5月3日の阪神タイガース戦でプロ初セーブを挙げた。

選手としての特徴

長身かつ下半身が沈み込まないフォームのオーバースローから投げ下ろされる角度のある投球が特徴。

高校時代はストレートの最速が140km/hだったが、大学入学後に投げ方が似ていると言われ、武田翔太の投球フォームを参考にし、同時に下半身中心のウエイトトレーニングを行い、4年秋のリーグ戦で147km/hを計測した。プロ入り後は最速153km/hまで球速を伸ばしている。変化球は主にスライダー・カットボール・ツーシームを投じる。

人物

愛称は「ずみ」「ずみさん」「いずみん」。

大学2年生まで野球をする傍ら、すき家でアルバイトをしていた。

幼少期から大の巨人ファンで憧れの選手は上原浩治。

5歳のころからアイドルが好きになり、モーニング娘。のライブに行くようになる。小学校時代はAKB48に夢中になり、今は乃木坂46のファン。金沢星稜大時代は握手会のために関東、大阪、名古屋と全国を駆け回った。

グラブには「Grab a chance」と刺繍を入れている。これは乃木坂46の12枚目シングル『太陽ノック』の歌詞からとっている。

2024年1月1日、能登半島の祖父母宅に滞在中に令和6年能登半島地震に遭遇、避難所に一時避難していた。

2024/05/23 01:47更新

izumi keisuke


泉圭輔と同じ誕生日3月2日生まれ、同じ石川出身の人

中田 大輔(なかた だいすけ)
1974年3月2日生まれの有名人 石川出身

中田 大輔(なかた だいすけ、1974年3月2日 - )は日本のプロトランポリン競技選手。J-POWER所属。石川県美川町(現・白山市)出身。日本体育大学荏原高等学校、日本体育大学卒業。 3歳の頃…


泉圭輔と近い名前の人

森 泉(もり いずみ)
1982年10月18日生まれの有名人 東京出身

森 泉(もり いずみ、1982年〈昭和57年〉10月18日 - )は、日本のファッションモデル、タレントである。東京都港区出身。オスカープロモーション(2020年10月17日まで)を経て、株式会社ウォ…

日向 泉(ひなた いずみ)
1990年4月9日生まれの有名人 福島出身

日向 泉(ひなた いずみ、1990年4月9日 - )は、日本の元グラビアアイドル。蒼井葉月に改名したことが準レギュラー番組HPで公開される。その後、葉月に改名。ぱれっと所属。 2010年3月、映画…

小泉 今日子(こいずみ きょうこ)
1966年2月4日生まれの有名人 神奈川出身

小泉 今日子(こいずみ きょうこ、1966年2月4日 - )は、日本の俳優、歌手、執筆家。制作事務所「株式会社明後日」代表取締役、プロデューサー。身長153 cm。血液型O型。アイドルとして松田聖子と…

小泉 エリ(こいずみ えり)
1982年3月28日生まれの有名人 京都出身

小泉 エリ(こいずみ エリ、1982年3月28日 - ) は、日本の女性マジシャン、お笑いタレント。結婚前の本名:横木 絵梨(よこぎ えり)。京都府京都市山科区出身。身長160cm、体重43kg。芸能…

大泉 成子(おおいずみ しげこ )
1964年7月20日生まれの有名人 東京出身

大泉 成子(おおいずみ しげこ 1964年7月20日 - )は、日本の元タレント、女優。 主に1970年代後期から1980年代前半期にかけて活動していた。東京都福生市出身。本名同じ。当時、東京宝映テ…

今泉 佑唯(いまいずみ ゆい)
1998年9月30日生まれの有名人 神奈川出身

今泉 佑唯(いまいずみ ゆい、1998年〈平成10年〉9月30日 - )は、日本の元女優、元タレント。女性アイドルグループ・欅坂46の元メンバー、『ar』の元レギュラーモデルである。神奈川県出身。身長…

今泉彩良(いまいずみ さら)
1994年6月14日生まれの有名人 香川出身

今泉彩良(いまいずみ さら、1994年6月14日 - )は、日本の元女優。香川県出身。以前はトライストーン・エンタテイメントに所属していた。血液型O型。身長160cm。足のサイズ23cm。 200…

泉ノ波 あみ(いのは あみ)
2001年3月1日生まれの有名人 兵庫出身

泉ノ波 あみ(いのは あみ、2001年3月1日 - )は、日本のシンガー、ダンサー、女優、TikToker、YouTuber。元Jewel(旧J☆Dee'Z)メンバー。兵庫県出身。Showtitle所…

泉田 珠華(いずみだ みか)
1973年9月8日生まれの有名人 神奈川出身

泉田 珠華(いずみだ みか、1973年9月8日 - )は日本の女優、タレント。浅井企画所属。本名は泉田 亜紀子(いずみだ あきこ)。旧芸名は泉田 美夏。神奈川県出身。血液型はO型。 1991年に欽…

泉川 朱里(いずみかわ あかり)
1992年10月13日生まれの有名人 出身

泉川 朱里(いずみかわ あかり、1992年10月13日 - )は、日本のタレント、モデルである。所属事務所はフロンティアコーポレーション→キャストパワー。 出演 ドS刑事(2015年4月 - 6月…

和泉 ゆか(いずみ ゆか)
1979年9月20日生まれの有名人 新潟出身

和泉 ゆか(いずみ ゆか、1979年9月20日 - )は日本のタレント、女優。新潟県出身、埼玉県育ち、バックアップ・プロモーション所属。旧芸名は泉 珠恵(いずみ たまえ)。 高校生からタレントとし…

注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
泉圭輔
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

最近追加された芸能人・有名人

関太 空道太郎 梅村賢太郎 友保隼平 小林圭輔 しゅうごパーク たーにー ともしげ 芝大輔 中田正子

グループ

THE ポッシボー アリス十番 AKB48G 9nine 東京女子流 ももクロ predia ベイビーレイズ 夢みるアドレセンス AeLL. 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「泉圭輔」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました