もしもし情報局 > 1995年 > 12月30日 > シンガー ソングライター

藤原さくらの情報 (ふじわらさくら)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

【6月17日】今日誕生日の芸能人・有名人

藤原さくらの情報(ふじわらさくら) シンガー ソングライター 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、年齢、出身地、星座]

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
もしもしロボ

藤原 さくらさんについて調べます

■名前・氏名
藤原 さくら
(読み:ふじわら さくら)
■職業
シンガー ソングライター
■藤原さくらの誕生日・生年月日
1995年12月30日 (年齢28歳)
亥年(いのしし年)、山羊座(やぎ座)
■出身地・都道府県
福岡出身

(平成7年)1995年生まれの人の年齢早見表

藤原さくらと同じ1995年生まれの有名人・芸能人

藤原さくらと同じ12月30日生まれの有名人・芸能人

藤原さくらと同じ出身地福岡県生まれの有名人・芸能人


藤原さくらと関係のある人

森雪之丞: 2019年 劇団☆新感線39興行・春公演『偽義経冥界歌』作詞(作:中島かずき 演出:いのうえひでのり 出演:生田斗真、りょう、中山優馬、藤原さくら、粟根まこと、山内圭哉、早乙女友貴、橋本じゅん、三宅弘城、橋本さとし etc.)


冨田恵一: ライブにはYONA YONA WEEKENDERS、TENDRE、KIRINJIのステージ、さらに冨田ラボのステージのボーカルゲストに磯野くん、AAAMYYY、TENDRE、長岡亮介、長塚健斗、bird、藤巻亮太、藤原さくら、ぷにぷに電機、堀込高樹、Ryohuが参加した。


村山☆潤: 藤原さくら


細田よしひこ: “坂ノ上茜が24歳で大学進学目指す「ぬけろ、メビウス!!」予告、主題歌は藤原さくら”.


新山詩織: 月9ドラマ「ラヴソング」で共演している藤原さくらはドラマで共演する以前からの友人で一緒に食事をしに行く仲である。


森雪之丞: 2022年 ブロードウェイミュージカル『ジャニス』訳詞(総合プロデューサー:亀田誠治、演出:藤倉梓、出演:アイナ・ジ・エンド、UA、浦嶋りんこ、藤原さくら、長屋晴子(緑黄色社会)、MARU、多和田えみ、菅谷真理恵etc.)


金沢知樹: 春の声、春の歌(2017年)※主演/藤原さくら、斎藤工


ハタヤテツヤ: 藤原さくら


よよよちゃん: 藤原さくら


澤村小夜子: 共演は藤原さくら、さかいゆう、NONE THE WISER、ゴスペラーズ。


冨田恵一: ゲスト・ボーカルはこれまでに参加経験のある吉田沙良、Kento Nagatsuka、長岡亮介、藤原さくら、Naz、坂本真綾、堀込泰行、bird、Ryohuに加え新たに細野晴臣、TENDRE、AAAMYYY、磯野くん、早見沙織(作詞は坂本真綾)、ぷにぷに電機、BASI、kojikoji、藤巻亮太が参加。


森雪之丞: 2020年 劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌』作詞(作:中島かずき、演出:いのうえひでのり、音楽:岡崎司、出演:生田斗真、りょう、中山優馬、藤原さくら、粟根まこと、山内圭哉、早乙女友貴、橋本じゅん、三宅弘城、橋本さとしetc.)


冨田恵一: ゲスト・ボーカルにYONCE、安部勇磨、コムアイ、城戸あき子、髙城晶平、坂本真綾、AKIO、藤原さくら


上白石萌音: 藤原さくらとの間で“やりたいことリスト”を作っている。


山木秀夫: 藤原さくら


藤咲佑: 共演は藤原さくら、さかいゆう、NONE THE WISER、ゴスペラーズ。


藤原さくらの情報まとめ

もしもしロボ

藤原 さくら(ふじわら さくら)さんの誕生日は1995年12月30日です。福岡出身のシンガー ソングライターのようです。

もしもしロボ

音楽、人物などについてまとめました。父親、現在、卒業、ドラマ、テレビ、映画、姉妹、趣味に関する情報もありますね。今年の情報もありました。藤原さくらの現在の年齢は28歳のようです。

藤原さくらのプロフィール Wikipedia(ウィキペディア)

藤原 さくら(ふじわら さくら、1995年12月30日 - )は、日本のシンガーソングライター、俳優。所属事務所はアミューズ、所属レコードレーベルは自主レーベルの「Tiny Jungle Records」。公式ファンクラブは「Meating」。

2024年6月から、耳と喉の不調のためライブ活動を休止中。

福岡県福岡市出身。父親はベーシストの藤原宏二。宏二はイカ天にも出演したプログレッシブロックバンド「たけのうちカルテット」で活動し、その後ヒップホップユニット「Small Circle of Friends」でメジャーデビューをした経歴を持つ。

10歳の時、父親からクラシック・ギターをもらったことをきっかけにギターを始める。その頃から、ギターのフレーズやメロディを断片的に作り始める。

2010年、15歳の時、ドラムやタップダンスをやっていた友人の古賀祐太(映像作家)に影響を受け、本気で音楽に取り組むべく福岡のボーカルスクールVOATに入る。入学して3か月後に、音楽関係者の前で行われたスクール主催の「ショーケース型オーディション」を受け、芸能事務所アミューズと育成契約を結ぶ。このオーディションで藤原をスカウトした人物が、その後マネージャーとなり活動を支えていった。「さくらさんが大人になっても、おばあちゃんになっても音楽を続けていけるようにしたいですね」と言われたことに感銘を受け、アミューズに所属することを決心した。高校時代は地元の福岡や東京を中心に音楽活動を行い、福岡でライブをする時は父親がベースでサポートすることもあった。カフェ、レストラン、ライブハウスでのライブ活動と並行してオリジナルの楽曲制作を行い、3枚のミニ・アルバム(bloom1、bloom2、bloom3)を自主制作。ライブ会場や福岡市内のCDショップで販売されたが、現在は完売している。

2014年3月5日、高校3年生の時に1stスタジオ・アルバム『full bloom』をインディーズにてリリース。高校卒業後、音楽活動に専念するために上京。5月11日・25日、初のワンマンライブ「bloom & green」を東京と福岡で開催。7月19日、静岡・つま恋で行われたアミューズ主催の野外イベント「Amuse Fes 2014」に初出演。10月6日、シンガポールで開催されたライブ「JAPAN TRAVEL FAIR 2014」で初の海外ライブを経験した。10月24日から約半年間、InterFMのラジオ番組「NEXT UP!」のレギュラーDJを務める。10月31日、ベルメゾン「寒さなんて、ホットコット」のCMソングを担当。12月には事務所の先輩であるSkoop On Somebodyの「全国8都市クリスマスライブイベント」でオープニングアクトを務める。メジャーデビュー前の2014年の一年間は、上記以外にも様々なフェスやイベント等に出演し数多くのライブ経験を積んだ。

2015年2月4日、ドラマ『学校のカイダン』(日本テレビ系)の挿入歌として制作された「Just one girl」を配信リリース。同作は初の書き下ろし提供曲だった。そして、3月18日にSPEEDSTAR RECORDSに所属し1stミニアルバム『à la carte』をリリースしメジャーデビューを果たす。5月16日には、ONE OK ROCKのツアー「ONE OK ROCK 2015 “35xxxv” JAPAN TOUR」の宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ公演にサポートゲストとして出演した。6月21日・26日、ミニアルバム『à la carte』を引っさげたワンマンLIVE「bon appétit」を福岡と東京で開催。

2016年1月9日、Billboard Live TOKYOにてスペシャルワンマンライブ「morning bell」を開催。ビルボードライブ東京の当時の史上最年少でメインアクトを務めた。そして2月17日に、メジャー1stフルアルバム『good morning』をリリース。3月、FM802とTSUTAYAのコラボキャンペーン「TSUTAYA ACCESS!」でのキャンペーンソング「Hello Radio」にボーカルとして参加。4月7日から、bayfmのラジオ番組『モーモータウンレディオ』のレギュラーパーソナリティに就任。4月11日からスタートしたテレビドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)で「佐野さくら」役として女優デビューを果たす。演技初挑戦ながら、「歌唱力」「表現力」「感受性」などの選考基準をクリアし、約100人のオーディションで役を勝ち取った。演技だけではなく、ドラマの主題歌である「Soup」を歌唱。6月8日に1stCDシングル『Soup』をリリース。7月にオリコンが主催する第4回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」において、『ラヴソング』での演技が評価され、新人賞を受賞。10月、MTV JAPANが主催する音楽アワード「MTV Video Music Awards Japan 2016」で、特別賞「Best Teen Choice Artist」を受賞。10月9日から2017年9月24日までの一年間、FM802『MUSIC FREAKS』のDJを隔週で担当。12月7日、「Yahoo!検索大賞2016」ミュージシャン部門を受賞。

2017年2月3日・18日に、「藤原さくら Special Live 2017」を大阪と東京で開催。3月12日には、「ビクターロック祭り 番外編 IchigoIchie Join 6」と題した家入レオと大原櫻子と藤原のスリーマンライブを開催。3月29日、2ndシングル『Someday/春の歌』をリリース。4月1日、藤原さくらオフィシャルファンクラブ「Meating」を発足。4月2日、BSフジの子供向け番組『ポンキッキーズ』の新MCに落語家の春風亭昇々と共に就任。そして5月10日に、2ndアルバム『PLAY』をリリース。5月27日から7月22日にかけて、初めての全国ホールツアー「ワンマンツアー2017「PLAY」」を全国10都市11公演で開催。7月12日、プライベートでも親交のある女優・歌手の上白石萌音の「きみに」の作曲を担当。自身初の他ミュージシャンへの楽曲提供となった。9月27日、家入レオ・大原櫻子・藤原さくらによるコラボ曲「恋のはじまり」を配信リリース。10月21日、斎藤工のラジオ番組「TAKUMIZM」(bayfm)で10周年記念企画として制作されたラジオドラマ『春の声・春の歌』に出演。10月25日、『アニ×パラ〜あなたのヒーローは誰ですか〜』(NHK)の第2弾企画「パラ陸上競技」編のテーマ曲に、新曲「Just the way we are」を書き下ろし提供。12月11日から15日にかけて、初のファンクラブ会員限定ツアー「Meet and Meat Tour 2017」を大阪・福岡・東京で開催。

2018年2月7日、『コードギアス 反逆のルルーシュ II 叛道』の主題歌として書き下ろした楽曲「The Moon」をリリース。6月13日に、2nd EP『green』をリリース。初のトータルプロデュース作品で、サウンドプロデュースをOvallのmabanuaが担当。7月15日、日比谷野外大音楽堂でワンマンライブ「藤原さくら 野外音楽会 2018」を開催。9月19日には、3rd EP『red』をリリース。9月29日から11月10日にかけて、mabanuaと共同制作したEP二部作である『green』と『red』を引っさげたワンマンライブツアー「Sakura Fujiwara tour 2018 yellow」を全国9都市で開催。また10月24日から11月9日にかけて、前記のツアーと並行して弾き語りライブ「ひとりぼっちでもさみしくnight」を宮城・山形・香川・熊本の4カ所で開催。12月30日、初のバースデイライブ「これからの女2018」をファンクラブ限定で東京・神田神保町の視聴室にて開催。

2019年1月16日、キャリア初のライブ映像作品『 「野外音楽会2018」Live at 日比谷野外大音楽堂 20180715』と、2nd EP『green』・3rd EP『red』のアナログ盤を同時リリース。3月8日から4月21日にかけて、劇団☆新感線の舞台「いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)』」の大阪・金沢・松本公演に大陸渡りの歌うたい「静歌(しずか)」役で初の舞台出演を果たす。4月下旬から5月下旬までの約1か月間、単身でアメリカに滞在(ロサンゼルスに3週間、ニューヨークに1週間)。ロサンゼルスでは、現地の語学学校で英語を学ぶのと並行して、ギタリストのアダム・レヴィからギターのレッスンを受けた。9月27日から12月30日にかけて、キャリア初のライブハウスツアー「藤原さくら Twilight Tour 2019」を全国21箇所(追加公演含む)で開催。10月23日、ボーカル参加したSANABAGUN.の「Sweet Dreams feat. 藤原さくら」がリリースされる。2019年は藤原さくら名義の新曲のリリースはなかった。

2020年2月12日、「Twilight」と「Ami」の2曲をデジタルシングルとして同時リリース。曲のリリースとしては、2018年のEP『red』以来、約1年5か月ぶりとなった。2月15日から4月28日にかけて、劇団☆新感線の舞台『偽義経冥界歌』の東京・福岡公演に出演する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、東京公演の一部と福岡公演は中止となった。5月3日、InterFM897でレギュラーラジオ番組『HERE COMES THE MOON』を開始。5月6日にデジタルシングル「Waver」を、7月29日に「Monster」をリリース。8月9日には、初の配信ライブ「藤原さくら“配信音楽会 2020”」を開催。9月25日から10月7日にかけて、「Zine4」の制作を記念して、東京・トーキョー カルチャート by ビームスにて、Zineにまつわる展示会を開催。10月21日、3rdアルバム『SUPERMARKET』をリリース。

2021年4月2日、NHK Eテレの子供向け音楽教育番組『ムジカ・ピッコリーノ』の新シーズンにシエリ役でレギュラー出演。4月9日、デジタルシングル「Kirakira」を配信リリース。4月9日にワンマンライブ「Sakura Fujiwara Live 2021 “SUPERMARKET”」を東京・中野サンプラザホールで、18日・19日には追加公演を福岡と大阪で開催。4月15日(14日深夜)からスタートしたドラマ『DIVE!!』(テレビ東京)に「西川恭子」役で出演。4月25日から4週にわたって、朗読配信企画「深夜文学」に出演し、ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』の朗読を配信。5月18日、「君は天然色」(大滝詠一のカバー)を配信リリース。8月25日、ライブ映像作品『「SUPERMARKET」Live 2021 at 中野サンプラザ』と、キャリア初となるライブアルバム『「SUPERMARKET」Live 2021 at 中野サンプラザ』と、Michael Kanekoとのコラボ曲「DRIVEAWAY feat.藤原さくら」の三作品を同日にリリース。9月1日、乳性炭酸飲料「スコール」50周年記念のキャンペーンソングとしてデジタルシングル「mother」をリリース。9月20日、日比谷公園大音楽堂で2018年7月以来2回目のワンマンライブ「藤原さくら 野外音楽会 2021」を開催。12月27日から配信が開始されたLINE NEWS内の動画コンテンツ「VISION」のスマホドラマ『つながりたくて、嘘をつく2』にヒロインの「立花ユナ」役で出演。

2022年1月9日(8日深夜)から配信されたアニメ『ルパン三世 PART6』の第2クール・エンディングテーマ、大野雄二「BITTER RAIN feat. 藤原さくら」の歌唱を担当。1月11日からスタートしたTBS系1月期ドラマ『ファイトソング』に「萩原凛」役で出演。3月23日、約6か月ぶりの新曲「わたしのLife」を配信リリース。3月24日から、俳優の日高七海とポッドキャスト番組『今ファミレスにいるんだけど隣の席の女子が話してる内容がジワジワきてるんだが共有してもいいですか?』を配信開始。5月5日から、約2年半ぶりの全国ツアー「藤原さくら 弾き語りツアー 2022-2023 “heartbeat”」を開催予定。8月11日から17日まで、OMOTESANDO MUSEUM.で開催された写真展『私が撮りたかった女優展 Vol.4』に参加。8月23日・25日・26日に開催されたブロードウェイミュージカル「ジャニス」にオデッタおよびベッシー・スミス役として出演。10月18日(17日深夜)からスタートした日本テレビ系10月期ドラマ『束の間の一花』にヒロイン「千田原一花」役で出演。11月9日、フィジカル作品としては約2年ぶりとなるシングルEP「まばたき」を完全生産限定盤でリリース。

2023年4月19日、VaVaとの共作曲「いつか見た映画みたいに」を配信リリース。5月17日、2年半ぶりのオリジナルフルアルバム『AIRPORT』を発売。7月12日からスタートした日本テレビ系7月期ドラマ『こっち向いてよ向井くん』に「武田麻美」役で出演。8月14日、NHK総合のドラマ『アナウンサーたちの戦争』に「赤沼ツヤ」役で出演。8月18日から20日にかけて、下北沢にあるBONUS TRACK内のGALLERYにて陶芸作品とグッズのポップアップショップ「どうぶつ大集合」を開催。10月、4週にわたって東京・WWW Xでワンマンライブ「週刊空港」(シュウカンエアポート)を二つのバンド編成で開催。10月25日、自主レーベル「Tiny Jungle Records」を立ち上げ新曲「daybreak」を配信リリース。12月13日、シンガーソングライターの優河と音楽ユニット「Jane Jade」(ジェーン・ジェイド)を結成し、1stシングル「moonlight」をリリース。

1月19日、新曲「sunshine」を配信リリース。4月3日、5thアルバム『wood mood』をリリース。4月14日から5月19日にかけて、「Sakura Fujiwara Tour 2024 “wood mood”」を全国5都市で開催。5月20日、アニメーター・髙木麻穂の監督デビュー作であるショートアニメーション『初恋のにおい』に同名の新曲を書き下ろす。6月5日、耳と喉の不調のため歌唱を伴う活動の中止を発表した。

音楽

音楽性

ボーカルは主に中低音域を中心にしたもので、地声と裏声を混ぜたミックスボイスのような発声で歌う。その歌声はスモーキーともブルージーとも形容される。

ギターは主にクラシック・ギターを使用し、基本的にフィンガー・ピッキング(指弾き)で演奏する。自身の声質に合うためナイロン弦を好む。バンド編成でのライブでは、アコースティック・ギター、エレクトリック・ギター、ウクレレ、キーボードなどの楽器も演奏する。弾き語りライブでは、フットパーカッション、リズムマシン、ルーパーも使用する。

藤原さくらは、カントリー・ブルース・ジャズ・フォークなどのルーツ・ミュージックやワールドミュージックの多様な音楽的要素を自分の体で適切に消化したうえで、自身の音楽をあくまでポップ・ミュージックとして昇華させることを志向している。2017年のアルバム『PLAY』までは生音・生楽器で構成されたアコースティックな音作りが特徴であったが、2018年のEP『green』と『red』から楽曲制作に打ち込みを本格的に導入し、ヒップホップ的なテイストを取り入れるようになる。2020年のアルバム『SUPERMARKET』以降は、ファンク、ドリーム・ポップ、ヒップホップ、Lo-Fi HIPHOP、ジプシー・ジャズなどの音楽的要素を取り入れたサウンド・プロダクションを試行している。

音楽的ルーツ

父親の影響で物心つく前からビートルズを聴いて育ち大好きになる。特にポール・マッカートニーの熱狂的なファン。ギターの練習はビートルズの曲を用いて行った。最初はピックを使わずに指弾きでギターを練習し、アルペジオは独自に習得した。幼少期、家ではビートルズをはじめ、トッド・ラングレン、デヴィッド・ボウイ、XTC、クリーム、ザ・フーなどの音楽を聴いていた。ジャンゴ・ラインハルトの演奏動画を見たことでジプシー・スウィングを好きになる。小学校5年生の頃、YUIのように自分で曲と詞を書いて歌う人を“シンガーソングライター”と呼ぶことを知る。ギターを始めた当初はギタリストに憧れていたが、YUIを知ったことがきっかけでシンガーソングライターになることが夢になる。

高校1年生の時にボーカルスクールに入学し本格的に音楽活動を開始するが、声が低くキーの高い曲を歌うことができなかったため自分の声が好きではなかった。だが、スクールで出会った講師に歌声を褒められ、「すごくブルージーで他にない声だね。大事にした方がいいよ」と励まされたことで自分の声との向き合い方を変える。スクールでは発声が独特だったために、講師の勧めもあり当初は発声練習はあまり行わず、作曲のレッスンを集中的に受ける。講師から勧められたノラ・ジョーンズを歌ったら自分でも驚くほど声が出しやすいことを体感し、その後アルバム『Come Away With Me』の全曲をカバーするほど大きな影響を受けた。ノラ・ジョーンズの音楽との出会いは「自分の声質を活かした曲を歌おう」と気づかせてくれた「自分が変われたきっかけ」である。それからは英語詞の曲を書くようになったり、また海外のミュージシャンをより聴くようになっていき、世界の様々なジャンルの音楽を吸収することで自身の音楽性を育てていった。

影響

父親の影響で幼少期からビートルズをはじめとしたUKロックを聴いていた。ポール・マッカートニーを世界で一番尊敬しており、多大な音楽的影響を受ける。女性ミュージシャンではヤエル・ナイム、ノラ・ジョーンズ、YUIを好きで尊敬している。上記以外にもお気に入りのミュージシャンは細野晴臣、トッド・ラングレン、カロ・エメラルド、ビル・ジョーンズ、ケイト・ラズビー、ローラ・マーリング、ザーズ、ムッシュ・ペリネなどがいる。

影響を受けたギタリストは、ジャンゴ・ラインハルト、チェット・アトキンス、トミー・エマニュエル、沖仁、ラリー・コリエル、パコ・デ・ルシアらを挙げている。

2019年頃にはギタリストの打田十起夫に、アメリカのロサンゼルスに短期滞在していた2019年5月にはギタリストのアダム・レヴィにギターのレッスンを受けていたことがある。

英米の音楽以外にも、世界中の民族音楽を学生時代から好んで聴いていた。特にジプシー・スウィングが好き。

楽曲制作

作曲は小学生の頃に始める。作曲は遊んでいるような感覚が強く、発表するしないに関係なく日記を書くように日常的に曲を作っている。

曲作りの方法は大きく2つある。ひとつは最初にテーマや伝えたい内容があって作るパターン、もうひとつは音を楽しむためにメロディやリズムから作るパターンである。前者では歌詞は基本的に日本語になり、後者では音の響きを重視するために歌詞は英語になる傾向がある。ただ、日本語と英語の書き分けを明確に意識しているわけではなく、ギターでアルペジオを弾きながらメロディを探っていくなかで、曲の雰囲気やリズムから自然と歌詞の言語が決まる。自己分析では、英語詞になる場合、ギターのコードや右手のピッキングを重視して思いつくままに英語のような響きで歌詞を当てはめてながら作っていくことが多いので、メロディが自然と洋楽的になる傾向があり歌詞も英語になるのではないかとしている。

作詞をする際、自分の身体に馴染んでいない見慣れない漢字は使用せず、シンプルな言葉の組み合わせに工夫を凝らして深い意味を持った表現になるように意識している。

音楽を始めた小学生の頃から、メジャー調よりマイナー調の曲を作るのが得意であり、マイナー調の曲ならいくらでもメロディやアイデアが浮かんでくる。

2015年のデビューEP『à la carte』から2017年のアルバム『PLAY』までは生音・生楽器を用いセッションしながら曲を作っていくスタイルだったが、2018年のEP『green』と『red』からは新しい音楽的な展開を求めて打ち込み主体の楽曲制作を試行するようになる。2020年のアルバム『SUPERMARKET』からは藤原自身がDAWを用いてデモ音源を制作するようになり、アレンジやサウンド・プロダクションにも自らが直接的に関与するようになる。2023年のアルバム『AIRPORT』ではソングライティングを自己完結するのではなく、まずアレンジャーがトラックを作りそれにメロディと歌詞を乗せていくというように、メロディ構成やコード進行を含めて作曲の初期段階から人と共作する制作方法を採用するようになる。

人物

2人姉妹の次女。

ポール・マッカートニーを尊敬している。ポールのアルバムで一番好きなのは『RAM』。将来の目標のひとつは、ポール・マッカートニーの1stソロアルバム『McCartney』(1970)のように、全楽器を自分で演奏したアルバムを作ること。

mabanua (Ovall)のようなミュージシャンになることが将来の目標のひとつである。多くの楽器をマルチに扱えること、アレンジ・ミックス・プロデュースができること、さらに自分一人でアルバムを作ってしまえるところに憧れと尊敬の念を抱いている。

牛が大好き。そのため牛をモチーフにしたグッズが多い。高校3年生の時、進路希望書の第2希望の欄に「北海道で酪農」と書いたほど牛が好き。2015年8月に、北海道十勝の牧場で約一週間、住み込みで酪農を経験したことがある。好きな牛の品種はホルスタイン。牛を好きな理由として、フォルムの美しさ(かわいさ)と食べて美味しいところを挙げている。高校生時代には、美術の授業で一年間掛けてピンク・フロイドのアルバム『原子心母』のジャケットに描かれた「牛」を模写したこともある。

マッチョをこよなく好んでおり、上記の牛と組み合わせた「牛マッチョ」という名のキャラクターを自らデザインしている。

小学生時代は体操をやっていた。内村航平を尊敬しており、また理想のマッチョとしても好いている。内村のサイン会に行ったことがある。

中学生時代は陸上部に所属しており、800メートル競走と1500メートル競走の選手だった。

趣味は、映画・マンガ・アニメ。特にマンガは自作もするぐらい好き。

フラメンコを習っていた。沖仁のギターで踊ることが夢。

2017年から元Yasei Collectiveの別所和洋にピアノを教わっている。ウーリッツァーがお気に入り。

オートバイの普通自動二輪車免許を持っている。ドラマの役づくりの一環で取得した。

実家でミニチュアプードルを飼っている。名前は「うめ」。

友人である女優・歌手の上白石萌音との間で“やりたいことリスト”を作っている。

2024/06/14 15:33更新

fujiwara sakura


藤原さくらと同じ誕生日12月30日生まれ、同じ福岡出身の人

渚 香織(なぎさ かおり)
1995年12月30日生まれの有名人 福岡出身

渚 香織(なぎさ かおり、1995年12月30日 - )は日本のアイドル。福岡県福岡市出身。 かつての所属事務所はマザーランド。 私立第一経済大学付属高等学校入学後、アイドルユニット「NOOTY…

井上 公造(いのうえ こうぞう)
1956年12月30日生まれの有名人 福岡出身

井上 公造(いのうえ こうぞう、1956年〈昭和31年〉12月30日 - )は、日本の元芸能リポーター。 元雑誌編集長、元スポーツ新聞記者。 福岡県福岡市中央区生まれ。西南学院高等学校、西南学院…

坂本 博之(さかもと ひろゆき)
1970年12月30日生まれの有名人 福岡出身

坂本 博之(さかもと ひろゆき、1970年12月30日 - )は、日本の元プロボクサー。福岡県田川市出身。 太い骨格から放たれるパワーのあるパンチで「平成のKOキング」「和製デュラン」とも呼ばれた。…

馬場 ゆかり(ばば ゆかり)
1982年12月30日生まれの有名人 福岡出身

馬場 ゆかり(ばば ゆかり、1982年12月30日 - )は、日本の女子プロゴルファー。所属はミュゼプラチナム→SMBC日興証券(2016年シーズンから)。福岡県八女市出身。血液型A型。妹の馬場由美子…

三浦 銀二(みうら ぎんじ)
1999年12月30日生まれの有名人 福岡出身

■プロジェクト:野球選手  ■テンプレート 三浦 銀二(みうら ぎんじ、1999年12月30日 - )は、福岡県福岡市南区出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。横浜DeNAベイス…


TOPニュース

Hey! Say! JUMPの有岡大貴松岡茉優が結婚を発表

令和6年6月6日に66歳になった人は?

藤原さくら、ライブ活動休止を発表

サッカー日本代表の堂安律が一般女性と結婚を発表

NHK大河ドラマ「光る君へ」で松下洸平がペラペラの宋語で話題に

King&Prince永瀬廉が右耳負傷の為一時活動休止を発表

いくよくるよの今くるよさん、膵がんの為死去

立憲民主党の蓮舫氏が東京都知事選に出馬

平野紫耀神宮寺勇太岸優太の3人ダンスボーカルグループのNumber_iから新曲「BON」のMV公開。

結婚・離婚・再婚・年の差婚まとめ

元宝塚トップスターの光原エミカが1000万円詐取の疑いで逮捕

超有名女優と結婚した人気歌手が不倫の噂

藤原さくらYouTubeで新曲公開!『初恋のにおい』ショートアニメ

「つばさの党」代表の黒川敦彦ら3人を逮捕


藤原さくらと近い名前の人

藤原 丈一郎(ふじわら じょういちろう)
【なにわ男子】
1996年2月8日生まれの有名人 大阪出身

藤原 丈一郎(ふじわら じょういちろう、1996年〈平成8年〉2月8日 - )は、日本のアイドル、俳優。男性アイドルグループ・なにわ男子のメンバー。愛称は、丈、じょう。 大阪府出身。STARTO E…

藤原 令子(ふじわら れいこ)
1994年8月16日生まれの有名人 岡山出身

藤原 令子(ふじわら れいこ、1994年8月16日 - )は、日本の元女優。 岡山県倉敷市出身。FLaMmeに所属していた。 小学5年生の時、母親が応募した少女漫画誌「りぼん」の読者モデルに選ば…

藤原 理恵(ふじわら りえ)
1970年2月5日生まれの有名人 岡山出身

藤原 理恵(ふじわら りえ、1970年2月5日 - )は日本の女性タレントである。元アイドル歌手。岡山県出身。1991年に結成された女性ユニット 『C.C.ガールズ』の初代メンバーのひとりとしても知ら…

藤原 紀香(ふじわら のりか)
1971年6月28日生まれの有名人 兵庫出身

藤原 紀香(ふじわら のりか、1971年6月28日 - )は、日本の女優、モデル、タレント。第24回(1992年度)ミス日本。 兵庫県西宮市出身。西宮市立生瀬小学校、親和中学校・親和女子高等学校卒業…

藤原 夏姫(ふじわら なつき)
8月9日生まれの有名人 北海道出身

藤原 夏姫(ふじわら なつき、8月9日 - )は、北海道札幌市 出身の日本の声優、グラビアアイドル、コスプレイヤー。メイド喫茶「@ほぉ〜むカフェ」の元メイド。趣味はコスプレ、美少女観察、百合アニメ鑑賞…

藤原 しおり(ふじわら しおり)
1990年8月3日生まれの有名人 岡山出身

藤原 しおり(ふじわら しおり、1990年〈平成2年〉8月3日 - )は、日本のタレント、元お笑い芸人。岡山県岡山市出身。旧芸名はブルゾンちえみ。 ワタナベエンターテインメントに所属し、お笑いコンビ…

藤原 あずさ(ふじわら あずさ)
1998年5月10日生まれの有名人 岡山出身

藤原 あずさ(ふじわら あずさ、1998年〈平成10年〉5月10日 - )は、日本のローカルタレント。女性アイドルグループ・STU48の元メンバーである。岡山県玉野市出身。RAMPAGE所属。 1…

藤原 あき(ふじわら あき)
1897年8月10日生まれの有名人 東京出身

藤原 あき(ふじわら あき、1897年8月10日 - 1967年8月8日)は、日本のタレント、政治家。自由民主党参議院議員(1期)。資生堂美容学校校長。藤原義江の元妻。中上川彦次郎の庶子。参議院議員時…

藤原 ななこ(ふじわら ななこ)
1985年2月7日生まれの有名人 東京出身

藤原 ななこ(ふじわら ななこ、1985年2月7日 - )は、日本の元着エロ系グラビアアイドル。旧名・藤原 七虹(読み方同じ)。東京都出身。フィットワンに所属していた。 2004年のデビュー当初か…

富士原 恭平(ふじわら きょうへい)
1961年2月17日生まれの有名人 東京出身

関連作品(映画) 1991年公開 福沢諭吉 1988年-1989年 もっとあぶない刑事 第5話「争奪」徳丸一三(和光貿易 専務) - 八名信夫 本庄恭兵(恐喝犯) - 富士原恭平 1988年公開…

藤原 誠(ふじわら まこと)
1947年5月11日生まれの有名人 東京出身

藤原 誠(ふじわら まこと、1947年5月11日 - 没年不明(一説に2002年5月13日))は、日本の歌手。東京都府中出身。 東京都府中市に生まれる。小学校5年生よりフルートを習う。神奈川県立川…

藤原 新也(ふじわら しんや)
1944年3月4日生まれの有名人 福岡出身

藤原 新也(ふじわら しんや、1944年3月4日 - )は、日本の作家・随筆家、写真家・旅人である。麻原彰晃の研究家としても知られる。 福岡県門司市(現:北九州市門司区)の門司港地区生まれ。生家…

注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
藤原さくら
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

最近追加された芸能人・有名人

藤井祐眞 吉成名高 平埜生成 五十嵐カノア 清原翔 大山健司 萩原利久 早瀬憩 浅野典子_(競泳選手) 石山順征

グループ

タッキー&翼 さくら学院 D☆DATE 東京女子流 ココリコ フェアリーズ X21 新選組リアン GReeeeN Snow Man 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「藤原さくら」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました