もしもし情報局 > 1908年 > 11月11日 > 女優

沢村貞子の情報 (さわむらさだこ)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

【7月15日】今日誕生日の芸能人・有名人

沢村貞子の情報(さわむらさだこ) 女優 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、年齢、出身地、星座]

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
もしもしロボ

沢村 貞子さんについて調べます

■名前・氏名
沢村 貞子
(読み:さわむら さだこ)
■職業
女優
■沢村貞子の誕生日・生年月日
1908年11月11日 (年齢87歳没)
申年(さる年)、蠍座(さそり座)
■出身地・都道府県
東京出身

沢村貞子と同じ1908年生まれの有名人・芸能人

沢村貞子と同じ11月11日生まれの有名人・芸能人

沢村貞子と同じ出身地東京都生まれの有名人・芸能人


沢村貞子と関係のある人

津川雅彦: 叔母の沢村貞子からは「雅彦、お前は顔がいいんだから、芝居は4倍うまくならないと認めてもらえない」と若い頃に口酸っぱく忠告されていた。


番匠義彰: 「泣いて笑った花嫁」 - 1962年、松竹、出演:吉田輝雄、高峰三枝子、沢村貞子


加東大介: 1967年4月に行われた東京都知事選挙では、姉の沢村貞子、甥の長門裕之とともに美濃部亮吉の推薦人に名を連ねた。


佐藤和三郎: 〔出演者〕赤羽丑之助:加東大介、父丑吉:谷晃、母タネ:沢村貞子、義弟長十郎:太刀川洋一、妹タツエ:上野明美、おまきさん:淡島千景、有島可奈子:原節子、有島伯爵:平田昭彦、勝やん:三木のり平、木谷さん:河津清三郎


日高真弓: 沢村貞子


加東大介: 父親は宮戸座の座付き作者で演出助手であった竹芝傳蔵、兄は四代目沢村国太郎、姉には福祉運動家の矢島せい子と沢村貞子がいる。


田村道美: 時の花形 1940年 監督島津保次郎、脚本山形雄策、撮影鈴木博、音楽飯田信夫、製作主任関川秀雄、出演丸山定夫、沢村貞子


山本安英: 新築地劇団にはのちに著名な俳優となる人物も研究生として参加したが、そのうち沢村貞子は山本に女優志願の手紙を書いて入団し、千秋実は1936年に研究生として入団した際に芸名を尊敬していた山本に付けてもらったという。


藤原釜足: 1936年、沢村貞子と結婚するが10年後に離婚。


寺田農: 若手時代は遅刻魔だったが、ある作品の撮影に遅刻した際、共演者の沢村貞子に「芝居が下手でも迷惑はかからないけど、遅刻は迷惑がかかるから、遅刻だけはしちゃダメなの。


浅野ゆう子: トットちゃん!(2017年、テレビ朝日) - 沢村貞子


長門裕之: 両親もそうだが、祖父は「日本映画の父」と呼ばれる牧野省三、狂言作者の竹芝伝蔵、叔父に加東大介、叔母に沢村貞子がいるという演劇・映画などを本業とする芸能一家の一員として誕生。


峯村リエ: 明後日 asatte FORCE「わたしの茶の間 沢村貞子の言葉」(2020年10月13日、テキスト:「わたしの茶の間」、構成・演出:コイズミキョウコ、下北沢本多劇場)


マキノ智子: 女優の沢村貞子、俳優の加東大介は義妹弟にあたる。


番匠義彰: 「太陽を抱く女」 - 1964年、松竹、出演:真理明美、沢村貞子、佐野周二


小泉今日子: 交流はほぼなかったが女優の沢村貞子の芯の通った凛とした姿勢に憧れを抱いているという。


番匠義彰: 「さまざまの夜」 - 1964年、松竹、出演:山形勲、沢村貞子、北林早苗


御木本伸介: ほかのレギュラー出演作に、松村達雄と沢村貞子演じる老夫婦の磊落な次男を明朗に演じた松山善三原作のホームドラマ『ひげとたんぽぽ』、坂口良子主演の『幸福ゆき』のヒロインの父親役などがある。


田村道美: 緑の大地 1942年 監督島津保次郎、原作丹羽文雄、脚本山形雄策、撮影三村明、音楽早坂文雄、製作主任関川秀雄、出演入江たか子、丸山定夫、藤間房子、藤田進、江川宇礼雄、原節子、池部良、進藤英太郎、沢村貞子


藤原釜足: 女優の沢村貞子は元妻。


藤吉久美子: 所属事務所の大先輩であった沢村貞子を心の師のように思っており、沢村から言われた「生きることを大事にしなさい」「きちんとした生活があるから、きちんとした仕事ができる」という言葉を自身の心の拠り所にしているという。


番匠義彰: 「東京チャキチャキ娘」 - 1956年、松竹、出演:中村メイコ、日守新一、沢村貞子


橘公子: 1976年12月の『映画の日』に、永年勤続者として高峰秀子・沢村貞子らとともに表彰された。


沢村貞子の情報まとめ

もしもしロボ

沢村 貞子(さわむら さだこ)さんの誕生日は1908年11月11日です。東京出身の女優のようです。

もしもしロボ

人物、受賞などについてまとめました。映画、現在、卒業、結婚、離婚、退社、母親、再婚、テレビ、ドラマ、引退に関する情報もありますね。87歳で亡くなられているようです。

沢村貞子のプロフィール Wikipedia(ウィキペディア)

沢村 貞子(さわむら さだこ、旧字体:澤村、1908年〈明治41年〉11月11日 - 1996年〈平成8年〉8月16日)は、日本の女優、随筆家。本名は大橋 貞子(おおはし ていこ)。

生涯に350本以上の映画に出演し、幅広い役柄と個性的な演技で名脇役女優として活躍した。日本女子大学在学中に新築地劇団へ入り、左翼演劇運動に加わって2度逮捕される。その後日活に入社して映画女優となり、東宝を経て戦後はフリーとなる。エッセイストとしても知られ、半生記『貝のうた』『私の浅草』などを発表している。

1908年(明治41年)11月11日、東京府東京市浅草区猿若町(現・東京都台東区浅草)に、父・加藤伝九郎と母・マツの2男2女の二女として生まれる。父の伝九郎は竹芝傳蔵の名で活躍した狂言作者で、兄の友一は四代目澤村國太郎、弟の徳之助は加東大介の芸名で、ともに映画俳優となった。数え年で6歳の時から長唄と踊りを習い始める。

1915年(大正4年)、浅草尋常小学校に入学。この頃に弟の徳之助(加東大介)が7代目澤村宗十郎に入門して初舞台を踏んでおり、貞子は小学2年生の頃から弟の付き人として宮戸座へ通う。1921年(大正10年)4月に府立第一高等女学校(現在の東京都立白鷗高等学校)に入学。1923年(大正12年)9月1日の関東大震災後は、学費を得るために初代澤村宗之助の4人の子供(文恵、恵之助、雄之助、敞之助)の家庭教師を務める。1926年(大正15年)、女学校の教師を志望して日本女子大学校師範家政学部へ入るが、教師間の裏の世界を見て失望し、役者を志すようになる。

1929年(昭和4年)3月、築地小劇場の女優・山本安英に新劇志望の手紙を出す。当時、築地小劇場は分裂し、中心メンバーの土方与志、丸山定夫らによって新築地劇団が創立。研究生を応募するにおよび、山本の指示でこれに応募し、大学在学のまま研究生となる。沢村貞子の芸名で同年5月、旗揚げ公演『飛ぶ唄』のラシャメンと芸者役、『生ける人形』の電話交換手役で初舞台を踏む。5月末の帝劇公演『何が彼女をさうさせたか』では初めて台詞のある女中役を務める。劇団がプロレタリア演劇運動へ傾斜するようになると、彼女は大学から退学を迫られるが、同年11月に『大臣候補』で丸山の娘役という大役をもらい、丸山の役者根性に触れる。翌1930年(昭和5年)3月の大学卒業直前に先に出していた退学届が受理されるが、4月には新築地の劇団員に昇格する。1931年(昭和6年)、新築地を退団して左翼劇場移動劇場部を独立させたプロレタリア演芸団に土方の指名で入団、日本プロレタリア演劇同盟(プロット)の指令でストライキ中の工場や農村を回ってアジプロ劇に専念する。同年秋、左翼劇場書記長をしていた俳優の今村重雄と結婚する。

1932年(昭和7年)2月、移動演芸団・メザマシ隊に夫の今村や三島雅夫らと参加するが、同年3月末に治安維持法違反容疑で逮捕され、築地警察署に留置される。転向を迫られるが拒否し、2ヶ月の拘留ののち起訴され、市ヶ谷刑務所へ未決のまま収監されて10ヶ月半の独房生活を送る。10ヶ月半後の1933年(昭和8年)4月、転向を声明し、今村との離婚も約束して保釈される。同年5月、左翼劇場創立5周年記念公演『恐怖』の主役に起用されるが、保釈中の身であったため当局から沢村を起用すれば上演禁止との通達を受け、山本が代役に立ち上演される。6月に公判が開かれるが、プロットの指導で転向を取り消して公判は中止され、保釈取り消しの手続きの隙に地下活動にもぐり、1週間後に再逮捕される。築地署に留置されたのち市ヶ谷刑務所へ戻され、12月の公判で転向を声明して、懲役3年、執行猶予5年の判決を受けて釈放される。

1934年(昭和9年)、兄の沢村國太郎のすすめで映画女優になる決心をし、永田雅一の肝いりで日活太秦撮影所現代劇部へ月給60円で入社する。『野の光』の酌婦役でデビューし、続く『嫁ぐ日』では女学生を演じ、『潮』は初のトーキー出演作となった。『潮』出演後、多摩川撮影所に移籍し、添え物映画に出演。やがて『うら街の交響楽』、『情熱の詩人啄木 ふるさと篇』などの話題作にも重要な役どころで助演する。『路傍の石』では性格俳優として注目され、『嫁入り前の娘達』では滝花久子、花柳小菊、原節子らの主演級スターと競演する。『股旅千一夜』では中村翫右衛門の相手役を演じ、弟の加東大介とも初めて共演する。

1936年(昭和11年)、P.C.L.の俳優・藤原釜足と結婚。1938年(昭和13年)、日活を退社して東宝映画に移籍し、『チョコレートの兵隊』、『時の花形』、『馬』などに助演する。1942年(昭和17年)に東宝を退社して夫の藤原と実演に転じ、1945年(昭和20年)には國太郎が結成した新伎座に加入して終戦直後まで舞台活動を続ける。1946年(昭和21年)、藤原と離婚し、京都・都新聞記者だった大橋恭彦と交際、彼と駆け落ち同然に同棲生活に入る。大橋には妻子があったため、内縁関係になる。

1947年(昭和22年)、松竹の『それでも私は行く』にフリーで出演して映画に復帰。その後は手堅い脇役としての個性を買われて各社の作品に起用され、日本映画黄金期の1950年代は年間20本前後もの作品に出演する。役柄は母親、継母、二号を持つ夫の本妻など、様々な中年女を演じ、シリアスな役からコミカルな役まで幅広く活躍した。『太陽とバラ』では不良の息子に手を焼く母親を好演し、『赤線地帯』などの演技と共に毎日映画コンクール女優助演賞を受賞している。『警察日記』、『あらくれ』『女が階段を上る時』、『お早よう』など数多くの名作に出演する一方、『三等重役』や『駅前シリーズ』などの喜劇映画ではコメディリリーフとして芸達者ぶりを見せている。

1968年(昭和43年)、大橋と正式に再婚。1969年(昭和44年)、初のエッセイ『貝のうた』を発表、以来エッセイストとして数多くの著作を世に出している。1977年(昭和52年)に発表した自伝的随筆『私の浅草』は、下町の風情を生き生きと綴りあげた名著と評価が高く、第25回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した。『貝のうた』と『私の浅草』は連続テレビ小説『おていちゃん』の原作となった。

1989年(平成元年)、NHKのドラマ『黄昏の赫いきらめき』を最後に女優を引退。その後は横須賀市に隠居し、執筆活動に励みながら毎日湘南の海を望遠鏡で眺めて過ごした。自然葬を実施する葬送の自由をすすめる会の顧問を務め、生前から夫の骨と散骨することを望んでいた。

1996年(平成8年)8月16日、心不全のため横須賀市の自宅で死去。87歳没。本人の遺志により葬儀では身内だけで納棺式を行い、火葬の後、沢村の遺骨は先立った夫の大橋の遺骨とともに相模湾に散骨された。

人物

3回結婚している。夫は今村重雄、藤原釜足、大橋恭彦。兄は澤村國太郎、姉は矢島せい子、弟は加東大介、甥は長門裕之と津川雅彦、姪は加藤勢津子である。

1967年4月に行われた東京都知事選挙では、弟の加東大介、甥の長門裕之とともに美濃部亮吉の推薦人に名を連ねた。

黒柳徹子は『若い季節』で共演して以来、沢村を「かあさん」と呼び(夫の大橋は「とうさん」と呼んでいる)、慕い続け、深い親交を結んだ。最後のテレビ出演は1996年(平成8年)2月2日放送の『徹子の部屋』である。沢村は既に芸能界を退いていたが、黒柳のたっての希望で実現した。17回出演し、当時女性ゲストの最多出演者でもあった。

料理が得意で、仕事の際にも自作の弁当を持参して共演者やスタッフに振舞う事もあった。また料理に関する著書も出版している。1966年から26年半にわたって書きためた献立日記を元に料理を再現した『365日の献立日記』が、2018年からEテレで放送されている。

受賞

1956年:第11回毎日映画コンクール 女優助演賞『赤線地帯』『太陽とバラ』『現代の欲望』『妻の心』

1977年:第25回日本エッセイスト・クラブ賞『私の浅草』

1979年:第31回NHK放送文化賞

1997年:第20回日本アカデミー賞 会長特別賞(没後追贈)

2024/07/12 14:30更新

sawamura sadako


沢村貞子と同じ誕生日11月11日生まれ、同じ東京出身の人

藤森 麻由(ふじもり まゆ)
1988年11月11日生まれの有名人 東京出身

藤森 麻由(ふじもり まゆ、1988年11月11日 - )は、日本の女優、タレント、ファッションモデル。東京都出身。スタッフ・ワン所属。堀越高等学校卒業。 趣味はプリクラ、カラオケ。 特技はバレー…

華村 りこ(はなむら りこ)
1963年11月11日生まれの有名人 東京出身

華村 りこ(はなむら りこ、1963年11月11日 - )、旧芸名RICO(りこ)は、日本の女性俳優、声優。東京都出身。宝塚音楽学校卒業。宝塚歌劇団卒業生。宝塚歌劇団68期生(入団時の成績は19番)。…

橋本 テツヤ(はしもと てつや)
1944年11月11日生まれの有名人 東京出身

橋本 テツヤ(はしもと てつや、1944年11月11日 - )は、コラムニスト、フリージャーナリスト、司会者、アナウンサー、ナレーター、番組制作会社経営者。 メンタルケア学術学会認定・メンタルケア心…

鳩山 威一郎(はとやま いいちろう)
1918年11月11日生まれの有名人 東京出身

鳩山 威一郎(はとやま いいちろう、1918年〈大正7年〉11月11日 - 1993年〈平成5年〉12月19日)は、日本の政治家、大蔵官僚。正三位勲一等。 第52・53・54代内閣総理大臣を務めた鳩…

土屋 トシヒデ(つちや としひで)
1963年11月11日生まれの有名人 東京出身

土屋 トシヒデ(つちや トシヒデ、1963年11月11日 - )は、日本の男性声優。アーツビジョン所属。東京都出身。旧芸名は土屋 利秀(読みは同じ)。 日本ナレーション演技研究所出身。 趣味・特…

ちあき(1988年11月11日 - )
1988年11月11日生まれの有名人 東京出身

11月11日生まれwiki情報なし(2024/07/15 00:14時点)

小森 和子(こもり かずこ)
1909年11月11日生まれの有名人 東京出身

小森 和子(こもり かずこ、1909年(明治42年)11月11日 - 2005年(平成17年)1月8日)は、映画評論家、タレント。 旧姓は安彦(あびこ)。愛称は「(小森の)おばちゃま」。 東京府東…

櫻井 健二郎(さくらい けんじろう)
1924年11月11日生まれの有名人 東京出身

11月11日生まれwiki情報なし(2024/07/14 10:35時点)

山崎 利男(やまざき としお)
1929年11月11日生まれの有名人 東京出身

山崎 利男(やまざき としお、1929年11月 - )は、日本の東洋史学者。インド史・日印交流史が専門。東京大学名誉教授。 東京生まれ。1954年東京大学文学部東洋史学科を卒業。同年に東大東洋文化…

秋本 翼(あきもと つばさ)
1991年11月11日生まれの有名人 東京出身

秋本 翼(あきもと つばさ、1991年11月11日 – )は、日本のグラビアアイドル。東京都出身。 2012年にDVD『翼をください』をリリースしデビュー。スレンダーな体躯ながら、露出度の高い衣装…


TOPニュース

Hey! Say! JUMPの有岡大貴松岡茉優が結婚を発表

令和6年6月6日に66歳になった人は?

藤原さくら、ライブ活動休止を発表

サッカー日本代表の堂安律が一般女性と結婚を発表

NHK大河ドラマ「光る君へ」で松下洸平がペラペラの宋語で話題に

King&Prince永瀬廉が右耳負傷の為一時活動休止を発表

いくよくるよの今くるよさん、膵がんの為死去

立憲民主党の蓮舫氏が東京都知事選に出馬

平野紫耀神宮寺勇太岸優太の3人ダンスボーカルグループのNumber_iから新曲「BON」のMV公開。

結婚・離婚・再婚・年の差婚まとめ

元宝塚トップスターの光原エミカが1000万円詐取の疑いで逮捕

超有名女優と結婚した人気歌手が不倫の噂

藤原さくらYouTubeで新曲公開!『初恋のにおい』ショートアニメ

「つばさの党」代表の黒川敦彦ら3人を逮捕


沢村貞子と近い名前の人

沢村 ユリ(さわむら ゆり)
1983年11月21日生まれの有名人 埼玉出身

沢村 ユリ(さわむら ゆり、1983年11月21日 - )は、埼玉県出身のグラビアアイドル。ラハイナ所属。 スカウトで芸能界入り。グラビア、各種インターネットTVのゲスト出演、各種イベント、撮影会…

澤村 佳奈。(さわむら かな)
1986年12月1日生まれの有名人 山梨出身

澤村 佳奈。(さわむら かな、1986年12月1日 - )は、日本のアイドル、タレント。山梨県出身。名義としては澤村 佳奈を使用することもある。 Noah〜LOSTHERITAGE〜公認コスプレイ…

澤村 春子(さわむら はるこ)
1月20日生まれの有名人 北海道出身

澤村 春子(さわむら はるこ、明治34年(1901年)1月20日 - 平成元年(1989年)は、日本の女優。新字体沢村 春子、のちに稲田 春子(いなだ はるこ)と改名した。 1901年(明治34年…

沢村 真希(さわむら まき)
2月18日生まれの有名人 神奈川出身

沢村 真希(さわむら まき、2月18日 - )は、日本の女性声優。神奈川県出身。旧名は小沢 雅子(おざわ まさこ)。特技は、声楽、珠算2級。保育士資格を所有。 以前は元氣プロジェクトに所属していた。…

沢村 美奈子(さわむら みなこ)
1965年1月20日生まれの有名人 東京出身

沢村美奈子(さわむら みなこ、1965年1月20日 - ) は、東京都新宿区出身のアイドル歌手。1980年デビュー組と1982年デビュー組に挟まれた1981年デビュー組のひとり。 身長156cm …

沢村 嘉一(さわむら かいち)
1916年1月1日生まれの有名人 滋賀出身

沢村 嘉一(さわむら かいち、1916年(大正5年)1月1日 - 1981年(昭和56年)1月1日、2月20日)は、日本の経営者。第5代凸版印刷代表取締役社長(1967年9月~1981年2月)。藍綬褒…

沢村 栄治(さわむら えいじ)
1917年2月1日生まれの有名人 三重出身

■プロジェクト:野球選手  ■テンプレート 沢村 栄治(さわむら えいじ、旧字体:澤村 榮治、1917年〈大正6年〉2月1日 - 1944年〈昭和19年〉12月2日)は、三重県出…

沢村 宗十郎 〈9代目〉(さわむら そうじゅうろう)
1933年3月8日生まれの有名人 東京出身

3月8日生まれwiki情報なし(2024/07/12 02:23時点)

沢村 国太郎 〈4代目〉(さわむら くにたろう)
1905年6月1日生まれの有名人 東京出身

6月1日生まれwiki情報なし(2024/07/09 15:53時点)

沢村 玲(さわむら れい)
1997年1月2日生まれの有名人 静岡出身

沢村 玲(さわむら れい、1997年1月2日 - )は、日本のアーティスト、俳優、タレント。 静岡県出身で、芸能事務所スターダストプロモーションに所属する。EBiDAN、3人組ダンス&ボーカ…

沢村 凛(さわむら りん)
1963年7月5日生まれの有名人 広島出身

沢村 凜(さわむら りん、1963年7月5日 -)は、日本の小説家。広島県広島市生まれ。広島県立広島国泰寺高等学校、鳥取大学農学部獣医学科卒業。女性。 幼少期より読書家だった母の影響で読書に親しむ…

沢村 一樹(さわむら いっき)
1967年7月10日生まれの有名人 鹿児島出身

沢村 一樹(さわむら いっき、本名:野村 耕蔵(のむら こうぞう)、1967年〈昭和42年〉7月10日 - )は、日本の俳優、司会者、元モデル。 鹿児島県鹿児島市出身。研音所属。 幼少期は裕福で…

注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
沢村貞子
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

最近追加された芸能人・有名人

澤繁実 小野寺紘毅 桜井誠_(活動家) 安野貴博 ジャンボ松田 後藤輝樹 石丸幸人 暇空茜 りんごちゃん_(ものまねタレント) 藤井祐眞

グループ

Ya-Ya-yah TOKIO 爆笑問題 SUPER EIGHT AKB48 PASSPO☆ SMAP アイドリング HKT48 SUPER☆GiRLS 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「沢村貞子」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました