もしもし情報局 > 1998年 > 6月16日 > サッカー選手

堂安律の情報 (どうあんりつ)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

【6月20日】今日誕生日の芸能人・有名人

堂安律の情報(どうあんりつ) サッカー選手 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、年齢、出身地、星座]

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
もしもしロボ

堂安 律さんについて調べます

■名前・氏名
堂安 律
(読み:どうあん りつ)
■職業
サッカー選手
■堂安律の誕生日・生年月日
1998年6月16日 (年齢26歳)
寅年(とら年)、双子座(ふたご座)
■出身地・都道府県
兵庫出身

(平成10年)1998年生まれの人の年齢早見表

堂安律と同じ1998年生まれの有名人・芸能人

堂安律と同じ6月16日生まれの有名人・芸能人

堂安律と同じ出身地兵庫県生まれの有名人・芸能人


堂安律の関連記事

サッカー日本代表の堂安律が一般女性と結婚を発表

堂安律と関係のある人

毎熊晟矢: 決勝トーナメント1回戦のバーレーン戦では、約25mから振り出された強烈ミドルシュートがポストに直撃し、こぼれ球を堂安律が押し込み、得点の起点になった。


南野拓実: 日本代表トップチームでは2018年に森保一監督の体制が発足して以降、トップ下のポジションで起用され、2ゴールを上げた同年のウルグアイ戦以降、中島翔哉、堂安律と共に評価を高めた。


三笘薫: 第3戦目のスペイン戦では、後半6分に堂安律が右サイドからグラウンダーのクロスを上げ、そのボールが逆サイドに流れてボールがラインを割る寸前で三笘が折り返し、そのボールを田中碧が押し込んだ。


久保建英: 5月21日、初戦のU-20南アフリカ戦で途中出場から堂安律の逆転ゴールをアシストして勝利に貢献した。


谷晃生: 12月26日、堂安律以来となるユースからトップチームに飛び級昇格を果たした。


久保建英: また7月25日の予選リーグ2戦目のメキシコ戦では、前半7分に堂安律からのパスをダイレクトでゴールへ入れ2試合連続ゴールを決めチームを勝利へと導いた。


伊東純也: 森保一監督就任当初から堂安律の控えに甘んじることが多かったものの、アジア最終予選で遂にスタメン奪取を果たした。


マヌエル=ノイアー: 2022 FIFAワールドカップのグループリーグ初戦の日本戦ではスタメン入りするも後半に南野拓実のシュートを一度はじくもこぼれた球を堂安律に決められ同点にされ、その8分後にも浅野拓磨に角度のないシュートを打たれるとそのニアサイドを撃ち抜かれ2大会連続の黒星スタートに。


伊東純也: この大会全試合に出場し、3戦目のスペイン戦ではプレスから堂安律の同点ゴールをアシストした。


南野拓実: グループリーグ第1戦のドイツ戦では、森保一監督によって途中出場で堂安律と共に2シャドーで起用されたことで好機を創出し、自身のシュートをマヌエル・ノイアーがはじいた流れから、堂安が得点を決めた。


遠藤渓太: 5月27日、U-20イタリア戦でスタメンに抜擢されると堂安律の得点をアシストして決勝トーナメント進出に貢献した。


浅野拓磨: その後堂安律のゴールにより1-1として迎えた83分、板倉滉からのロングフィードを受けると、ドイツDFニコ・シュロッターベックに身体を当てられながらもゴールから角度が無い所で右足を振りぬき、逆転弾となるゴールを奪った。


リック=バンデンハーク: 2020年には当時同チームに所属していた堂安律との対面が実現した。


冨安健洋: 1月21日のサウジアラビア戦ではコーナーキックを頭で合わせ、同大会トルクメニスタン戦の堂安律(20歳207日)の記録をさらに上回り、アジアカップの日本人最年少ゴールを2週間足らずで更新した(20歳77日)。


堂安律の情報まとめ

もしもしロボ

堂安 律(どうあん りつ)さんの誕生日は1998年6月16日です。兵庫出身のサッカー選手のようです。

もしもしロボ

人物・エピソード、所属クラブなどについてまとめました。テレビ、家族、結婚に関する情報もありますね。今年の情報もありました。堂安律の現在の年齢は26歳のようです。

堂安律のプロフィール Wikipedia(ウィキペディア)

堂安 律(どうあん りつ、1998年6月16日 - )は、兵庫県尼崎市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・SCフライブルク所属。ポジションはミッドフィールダー(攻撃的ミッドフィールダー、右サイドミッドフィールダー)。日本代表。

兄は元プロサッカー選手の堂安憂。既婚。

尼崎市立浦風小学校・尼崎市立小田南中学校出身。小学生時代には浦風FCに所属していた。ヴィッセル神戸のサッカースクールにも通いテクニックを磨いた。途中から西宮SSへ所属。中学校へ進学する際に、ガンバ大阪、セレッソ大阪、ヴィッセル神戸、名古屋グランパスエイトのジュニアユースからオファーを受けた末にガンバ大阪ジュニアユースへ入団した。ジュニアユース時代の2012年に史上初となるU-15年代全国3冠を達成。ガンバユースでは左右両方をこなせる攻撃的MFとして早くから頭角を現し、レフティでフィジカルが強いことから同様の特徴を持つガンバユース出身である家長昭博2世と称された。

高校2年となった2015年にトップチームに2種登録されると開幕からトップチームに帯同し、4月7日のACLブリーラム・ユナイテッドFC戦では初のベンチ入りを果たすと、5月27日のACL決勝T1回戦のFCソウル戦で、クラブ史上2番目となる16歳344日の若さで公式戦デビューを果たした。ACLのFCソウル戦、高校2年でのプロデビューは6年前にプロデビューしたガンバユースの先輩である宇佐美貴史と同じシチュエーションとなった。6月3日、J1第10節の鹿島アントラーズ戦で宇佐美の記録を塗り替える16歳11カ月18日でのクラブ史上最年少リーグ戦デビューを果たし、6月20日のJ1第16節ベガルタ仙台戦で公式戦初スタメンで起用された。2015年11月24日には、翌2016年シーズンからのトップチーム昇格が内定した。飛び級でのトップチーム昇格は井手口陽介以来6人目となった。

2016年3月20日、この年から設立されたガンバ大阪U-23のJ3第2節のグルージャ盛岡戦で公式戦初得点。4月23日、J3第6節の大分トリニータではプロ入り初の1試合2得点を決めて、J3リーグ得点ランキング暫定首位に立った。同年7月にエールディヴィジの名門・PSVアイントホーフェンから正式オファーを受けるが、海外経験がありドイツへ移籍した宇佐美や長谷川健太監督のアドバイスを受けガンバ残留を決断した。7月23日、J1・2ndステージ第5節の柏レイソル戦では後半途中から出場し、トップチームでシーズン初出場。8月13日、J1第8節のジュビロ磐田戦では途中出場からJ1初となるアシストを記録した。11月10日、天皇杯4回戦の清水エスパルス戦でプロ入り初先発を果たした。12月1日、アジア年間最優秀ユース選手賞を受賞した。

2017年4月21日、J1第8節の大宮アルディージャ戦ではJ1初得点を含む2得点の活躍を見せた。4月25日、ACL第5節のアデレード・ユナイテッドFC戦ではACL初先発を果たすと、同大会初得点を決めた。

2017年6月23日、オランダ1部のFCフローニンゲンに翌年6月末までの期限付きで移籍することが発表された。8月13日、SCヘーレンフェーンとのリーグ戦初戦で公式戦初先発を果たした。9月21日、カップ戦1回戦のデルデ・ディヴィジ所属ヘルクレスとの試合で移籍後初得点を決めた。9月30日、第7節のPECズヴォレ戦でリーグ戦初得点を決めた。11月19日、第12節のSBVフィテッセ戦では連敗ストップに貢献し、ホームゲームで一部観客の投票によって選ばれるマン・オブ・ザ・マッチに選出された。2018年1月21日、第19節のヴィレムII戦では2018年初得点を決めた。4月23日、フローニンゲンは買い取りオプションを行使し、完全移籍での獲得を発表した。4月29日、第33節のSBVエクセルシオール戦ではシーズン9点目を決め、試合終了後にはサポーターが選ぶMVPに選出された。このゴールで、フローニンゲンの10代選手では歴代3位の記録となった。

2年目となる2018-19シーズンでは、背番号を「7」に変更した。8月12日、SBVフィテッセとの開幕戦でシーズン初得点を決めた。2019年3月3日、第24節のVVVフェンロー戦ではプロ入り初の退場処分を課されている。

2019年8月27日、PSVアイントホーフェンに移籍した。背番号は「25」。クラブ史上初の日本人選手となった。9月14日、第6節のフィテッセ戦で途中出場から移籍後初出場を果たした。9月19日、UEFAヨーロッパリーグ・GL第1節のスポルティングCP戦で欧州リーグデビューを果たした。9月29日、第8節のPECズヴォレ戦で移籍後初得点を決めた。移籍直前には11番のユニフォーム姿で試合に出場していた。

2020年9月5日、ドイツ・ブンデスリーガのアルミニア・ビーレフェルトに2020-21シーズン終了までのレンタルで移籍した。背番号は「8」。加入2日目で古巣フローニンゲン相手のフレンドリーマッチにて途中出場した。10月18日、ブンデスリーガ第4節バイエルン・ミュンヘン戦にてブンデスリーガでの初ゴールを決めた。

年間ベストルーキー賞の候補に選ばれ、月間ベストルーキー賞では、ジュード・ベリンガム、ジャマル・ムシアラ、サイラス・ワマンギトゥカなどの選手より受賞回数を上回り、月間賞候補のノミネート回数では単独最多だった。

シーズン通してクラブでは残留争いに巻き込まれたものの、2021年5月22日の最終節Vfbシュツットガルト戦で試合を決定付ける2点目を決め残留に大きく貢献した。個人としてもリーグ戦全34試合に出場し、チームトップタイの5得点を挙げた。その後ビーレフェルト側は堂安の完全移籍での獲得を目指したものの、COVID-19からくる財政難でそれも叶わず、2021年6月9日に退団が発表された。

2021年9月11日、第4節のAZアルクマール戦で後半から今季初出場を果たしゴールを決めた。 11月26日、UEFAヨーロッパリーグ・GL第5節のSKシュトゥルム・グラーツ戦にて空中でボールを操り、アシストしたことから国内外で大きな話題を呼んだ。2022年5月2日、第31節のヴィレムII戦で開始2分でゴールを決め、4期ぶりに2ケタ得点を記録。KNVBカップ決勝のアヤックス戦では69分から途中出場して好プレーを見せて、日本国籍の選手として初となる優勝を果たした。

2022年7月5日、ブンデスリーガのSCフライブルクへの完全移籍が発表された。背番号は「42」。プレシーズンマッチのRCストラスブール戦で1G1Aを記録した。7月31日、フライブルク初めての公式戦DFBポカールで1.FCカイザースラウテルンと対戦、決勝ゴールを決め、逆転勝ちをした。

2014年にU-16日本代表に選出され、9月のAFC U-16選手権では左サイドバックで起用された。

2016年10月、AFC U-19選手権のメンバーに選出。10月24日、準々決勝のU-19タジキスタン戦では1得点1アシストの活躍で5大会ぶりとなるFIFA U-20ワールドカップの出場権獲得に貢献。10月30日、決勝のU-19サウジアラビア戦では0-0でPK戦の末優勝を果たし、AFC U-19選手権の大会MVPに選出された。

2017年5月、FIFA U-20ワールドカップのメンバーに選出。5月21日に行われた初戦のU-20南アフリカ戦では逆転ゴールを決め、5月27日のU-20イタリア戦では2得点を挙げて、日本の決勝トーナメント進出に貢献した。チームは、決勝トーナメント1回戦で敗れたものの、4試合3得点でチームを牽引し、イタリア戦後にはFIFA公式ツイッターでは「日本のメッシ」と評された。

2018年8月30日、キリンチャレンジカップに挑む日本代表に初招集され、9月11日のコスタリカ戦でA代表初出場を果たした。10月16日のウルグアイ戦でA代表初ゴールを決めた。10月、フランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」が創設した21歳以下の最優秀選手に贈られる若手版バロンドールに当たる賞「コパ・トロフィー」の候補者にノミネートされた。

2019年1月、AFCアジアカップ2019のメンバーに選出。1月9日、初戦のトルクメニスタン戦ではアジアカップにおける日本代表最年少得点を決めた。なお、この記録は同大会1月22日のサウジアラビア戦で、日本代表DF冨安健洋(20歳77日)に更新されている。右サイドMFとしてグループステージのウズベキスタン戦を除く全試合に出場し、準々決勝ベトナム戦では決勝点となるゴールを決めるなどチームの決勝戦進出に貢献。決勝戦カタール戦でも先発出場するが、チームは1-3で敗れ準優勝となった。大会を通して6試合出場2ゴールという成績を残す。FIFAによる今大会の「ブレイクスター」5人のうち1人に選ばれる

2021年6月、東京オリンピックに向けたU-24日本代表で10番のユニフォームを背負い親善試合のガーナ戦で1G1Aを叩き出しチームを勢いに乗せ、6-0と快勝した。直後のジャマイカ戦でも1ゴールを記録した。

2021年6月22日、東京オリンピックに向けたU-24日本代表に選出された。背番号は「10」。

7月12日の東京オリンピック前の強化試合のホンジュラス戦、17日のスペイン代表戦で、1ゴールを記録。U-24日本代表戦では4戦連続ゴールを記録した。東京オリンピック本大会では、全6試合に出場し1ゴールを記録するも、チームは4位で大会を終え、メダル獲得にはあと一歩及ばなかった。

2022年11月1日、2022カタールW杯に臨む日本代表に選出された。11月23日、GL初戦のドイツ戦で後半から途中出場し、同点ゴールを決めてチームを勝利に導いた。12月1日、GL3戦目のスペイン戦でも後半開始から途中出場し、開始2分に大会2点目となる同点ゴールを決めた。直後に田中碧の勝ち越しゴールを演出し、チームも逆転勝利を収めてグループ首位で2大会連続決勝トーナメント進出を決めた。W杯で1大会に複数得点を挙げた日本代表選手は、稲本潤一と本田圭佑、乾貴士に次ぐ4人目となった。決勝トーナメント1回戦のクロアチア戦では先発出場し、チームは敗れたものの、ベスト16進出に大きく貢献した。

2023年6月、キリンチャレンジカップ2023のエルサルバドル戦、ペルー戦の二試合で、これまでの南野拓実に代わり、背番号10を着用した。エルサルバドル戦では三笘薫のシュートのこぼれ球を押し込んでゴールを決めた。

2011年から2019年まで長期間に渡って、日本代表で背番号10を付けた香川真司は、コメントを求められて「あまり軽くコメントはできない。自分が口出しすることではない。」「彼も分かっていると思うけど、一つ言えるのは背番号でサッカーをするわけじゃない。自分の番号にしていけば良いし、良いメンタルしているので、できると思う」と答えた。

人物・エピソード

フローニンゲンへ移籍するまでガンバ大阪に所属していたが、小学校4年生の時には、セレッソ大阪のセレクションを受けている。親との話し合いで「(当時所属していた西宮SSより)もっとレベルの高いチームへ行こう」と決めた末の挑戦だったが、不合格に終わった。堂安がフローニンゲン在籍中に受けたテレビ番組『情熱大陸』(毎日放送)向けの取材で明かしたところによれば、「セレッソから(入団の)オファーが届くような選手になっても1秒で断る」と決めたほど、このセレクションで大きな挫折を味わったという。そのため、中学校へ進学する際には、セレッソからジュニアユースチームへの入団を誘われても断っている。逆に、実兄の憂は、創造学園高等学校へ進学するまでセレッソのアカデミーに所属していた。

日本代表において同年代の中島翔哉、南野拓実との2列目でのコンビネーションは、メディアからは本田圭佑、香川真司、岡崎慎司に代わる新ビッグ3、三銃士と呼ばれる事がある。

アジアカップ2019では長友佑都と共に毎日ジムでトレーニングをし、師弟に近い関係を築いた。準々決勝ベトナム戦の前には長友の前で「ゴールを決められなかったら丸刈りにする」と約束し、その言葉通りゴールを決めた。長友からは「向上心があってホントに情熱がある選手」と評価され、かつて共にプレーしたフィリペ・コウチーニョやマテオ・コヴァチッチと比較して、能力的に全然劣ってないと語られた。

人名 "DOAN"

    2022 FIFAワールドカップ(カタールW杯)のグループステージにおける日本対スペイン戦(12月1日開催)では、1点ビハインド(1点差の劣勢状態)で迎えた後半戦の開始直後に堂安が同点ゴールを叩き込んだが、イスラエルの視聴者(インターネットで見ていた人など)の中にはスペイン側が得点を重ねたものと早合点した人がいた という。それと言うのも、英語の"Doan" もそうだが、「堂安」のヘブライ語の綴りである"דואן"は「ドゥアン」「デュワン」などとも読め、フランス人やスペイン人風の名字に見えたためである。つまり、"Doan" なる選手がゴールを決めてにわかに盛り上がっているならそれはスペインの加点に違いないという勘違いを多くの人がしてしまったという話である。

    "Doan" という綴りは、ベトナムでは一般的な名字 "Đoàn(漢字表記:段)" (発音、音写例:ドゥワーン)であり、AFCアジアカップ2019でベトナム代表と対戦する際、ベトナム・メディアは堂安のことを「両親は日本人でベトナムにルーツはない」とわざわざ解説している。また、同大会での堂安は、同じく "Doan (Đoàn)" とアルファベット表記されるベトナム代表のドゥアン・バン・ハウと対戦し、Doan対決が実現した。

    ドイツに本社を置くプーマと契約期間10年の総額約10億円のスポンサー契約を結んだことが発表された。

    プロ野球、特に読売ジャイアンツ(巨人)のファンとしても知られる。関西出身なのに巨人ファンである理由は、家族の影響に加えて、巨人が最も強く、最も伝統のあるチームだからだと述べている。PSVアイントホーフェン在籍時には、野球オランダ代表のリック・バンデンハークとの対面も実現した。

    2024年6月2日にX、インスタグラムにて結婚を発表。尚、相手は3歳年上の一般女性。

    所属クラブ

    ユース時代

    2005年 - 2010年 浦風FC、西宮少年SS

    2011年 - 2013年 ガンバ大阪ジュニアユース(小田南中学校)

    2014年 - 2015年 ガンバ大阪ユース

      2015年 ガンバ大阪(2種登録)

      プロ経歴

      2016年 - 2018年6月 日本の旗 ガンバ大阪

        2017年7月 - 2018年6月 オランダの旗 FCフローニンゲン(期限付き移籍)

        2018年7月 - 2019年8月 オランダの旗 FCフローニンゲン

        2019年8月 - 2022年 オランダの旗 PSVアイントホーフェン

          2020年9月 - 2021年6月 ドイツの旗 アルミニア・ビーレフェルト(期限付き移籍)

          2022年 - ドイツの旗 SCフライブルク

2024/06/20 05:20更新

douan ritsu


堂安律と同じ誕生日6月16日生まれ、同じ兵庫出身の人

堺井 秀雄(さかい ひでお)
1909年6月16日生まれの有名人 兵庫出身

堺井 秀雄(さかい ひでお、 1909年6月16日 - 1996年6月3日)は、兵庫県芦屋市出身 のサッカー選手、会社役員。 幼少期は兵庫県神戸市で過ごした。関西学院高等商業学部(現在の関西学院大…

一ノ瀬 美咲(いちのせ みさき)
6月16日生まれの有名人 兵庫出身

一ノ瀬 美咲(いちのせ みさき、6月16日 - )は日本のレースクイーン・グラビアアイドル。愛称は「みぃみぃ」。 兵庫県神戸市東灘区に生まれ育つ。父親が淡路島出身。姉が1人いる。 鈴鹿8時間耐久ロ…

田中 冴樹(たなか さえき)
1999年6月16日生まれの有名人 兵庫出身

田中 冴樹(たなか さえき、1999年6月16日 - )は、日本の子役。兵庫県出身。かつて劇団ひまわりに所属していた。 連続テレビ小説 天花(2004年、NHK)栗山勇気 役 ほーむめーかー(20…

モリ淳史(もり あつし)
6月16日生まれの有名人 兵庫出身

モリ 淳史(もり あつし、6月16日 - )は、日本の漫画家。男性。兵庫県神戸市出身。 野部利雄のアシスタントを経て、1998年パチスロパニック7で『一千万人のパチスロ』でデビュー。 漫画作品…

滝 いく子(たき いくこ)
1934年6月16日生まれの有名人 兵庫出身

6月16日生まれwiki情報なし(2024/06/18 21:43時点)

大江 方二(おおえ まさじ)
1945年6月16日生まれの有名人 兵庫出身

6月16日生まれwiki情報なし(2024/06/07 10:37時点)

竹葉 多重子(たけば たえこ)
1966年6月16日生まれの有名人 兵庫出身

竹葉 多重子(たけば たえこ、旧姓:曽我部、1966年6月16日 - )は日本のクレー射撃選手。2000年シドニーオリンピック、2004年アテネオリンピック代表。 兵庫県出身。徳島県育ち。池田高等学…

山田 真哉(やまだ しんや)
1976年6月16日生まれの有名人 兵庫出身

山田 真哉(やまだ しんや、1976年6月16日 - )は、日本の公認会計士・税理士・作家。兵庫県神戸市生まれ。ブシロード社外監査役。行政改革推進会議歳出改革ワーキンググループ構成員。 神戸市立摩…

万波 佳奈(まんなみ かな)
1983年6月16日生まれの有名人 兵庫出身

万波 佳奈(まんなみ かな、1983年6月16日 - )は、日本の女流棋士(囲碁)である。日本棋院東京本院所属。女流棋聖2期。 実妹で同じく棋士である万波奈穂(こちらは兵庫県出身)とともに、姉妹棋士…

福 敬登(ふく ひろと)
1992年6月16日生まれの有名人 兵庫出身

■プロジェクト:野球選手  ■テンプレート 福 敬登(ふく ひろと、1992年6月16日 - )は、兵庫県神戸市垂水区出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。中日ドラゴンズ所属。 …


TOPニュース

Hey! Say! JUMPの有岡大貴松岡茉優が結婚を発表

令和6年6月6日に66歳になった人は?

藤原さくら、ライブ活動休止を発表

サッカー日本代表の堂安律が一般女性と結婚を発表

NHK大河ドラマ「光る君へ」で松下洸平がペラペラの宋語で話題に

King&Prince永瀬廉が右耳負傷の為一時活動休止を発表

いくよくるよの今くるよさん、膵がんの為死去

立憲民主党の蓮舫氏が東京都知事選に出馬

平野紫耀神宮寺勇太岸優太の3人ダンスボーカルグループのNumber_iから新曲「BON」のMV公開。

結婚・離婚・再婚・年の差婚まとめ

元宝塚トップスターの光原エミカが1000万円詐取の疑いで逮捕

超有名女優と結婚した人気歌手が不倫の噂

藤原さくらYouTubeで新曲公開!『初恋のにおい』ショートアニメ

「つばさの党」代表の黒川敦彦ら3人を逮捕


堂安律と近い名前の人

工藤 杏(くどう あん)
1月23日生まれの有名人 東京出身

工藤 杏(くどう あん、1月23日 - )は、日本の女優、アイドル。 1999年4月から2000年3月にかけて声優ユニット企画KiraKira☆メロディ学園の1期生(当時の芸名は新舞りあす)として…

遠藤杏奈(えんどう あんな)
1988年1月8日生まれの有名人 出身

遠藤 杏奈(えんどう あんな、1988年1月8日 - )は、日本の女性ファッションモデルである。主に読者モデルとして雑誌やCMに出演している。 明るくて人当たりがいいところが長所で、喜怒哀楽が激し…

注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
堂安律
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

最近追加された芸能人・有名人

りんごちゃん_(ものまねタレント) 藤井祐眞 吉成名高 平埜生成 五十嵐カノア 清原翔 大山健司 萩原利久 早瀬憩 浅野典子_(競泳選手)

グループ

Travis Japan BABYMETAL WEST. HEADS A.B.C-Z まなみのりさ FLAME カスタマイZ 放課後プリンセス 猿岩石 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「堂安律」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました