もしもし情報局 > 野球 > 千葉県 > 宇佐見真吾

宇佐見真吾の情報 (うさみしんご)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

【5月26日】今日誕生日の芸能人・有名人

宇佐見真吾の情報 (うさみしんご) 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、年齢、出身地、星座]

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
もしもしロボ

宇佐見 真吾さんについて調べます

■名前・氏名
宇佐見 真吾
(うさみ しんご)
■職業
野球選手
■宇佐見真吾の誕生日・生年月日
1993年6月4日 (年齢30歳)
酉年(とり年)、双子座(ふたご座)
■出身地・都道府県
千葉出身

宇佐見真吾と同じ1993年生まれの有名人・芸能人

宇佐見真吾と同じ6月4日生まれの有名人・芸能人

宇佐見真吾と同じ出身地千葉県生まれの有名人・芸能人


TOPニュース

結婚・離婚・再婚・年の差婚まとめ

元宝塚トップスターの光原エミカが1000万円詐取の疑いで逮捕

超有名女優と結婚した人気歌手が不倫の噂

ねじねじファッションの中尾彬(なかおあきら)が死去

細川たかしの新曲ジャケットのクセが強いと話題に

極楽とんぼ山本圭壱の妻、西野未姫が妊娠

藤原さくらYouTubeで新曲公開!『初恋のにおい』ショートアニメ

「つばさの党」代表の黒川敦彦ら3人を逮捕

嵐の松本潤が事務所を退所し独立を発表!本人メッセージもインスタに投稿

元子役の若山耀人容疑者、殺人容疑で再逮捕

フィギュアスケートの宇野昌磨が引退会見!

落馬した吉田隼人騎手近況。藤井勘一郎元騎手がツーショット写真を公開


宇佐見真吾と関係のある人

實松一成: 2017年は開幕一軍入りは果たしたものの、小林の正捕手起用と宇佐見真吾の打撃面での活躍もあって、守備固めもしくは代打での起用が中心となる。


鍵谷陽平: 2019年6月28日に、藤岡貴裕と共に、宇佐見真吾、吉川光夫とのトレードで読売ジャイアンツに移籍。


田宮裕涼: 初出場:2020年9月27日、対オリックス・バファローズ14回戦(京セラドーム大阪)、8回裏に宇佐見真吾に代わり捕手で出場


黒羽根利規: 2018年以降はチームに復帰したベテランの鶴岡慎也や巨人からトレードで移籍してきた宇佐見真吾の台頭もあって出場機会が激減。


高城れに: 同年12月14日に宇佐見真吾との離婚を公式サイトと公式Instagramで発表、結婚から13カ月での離婚となった。


佐藤輝明: 高城は2022年末に同じく“推し”を公言していた宇佐見真吾と結婚したが、ももクロとしての活動を継続することもあり、佐藤は「応援し続けます」とコメントしている。


阿部慎之助: 小林誠司、宇佐見真吾、大城卓三、そして埼玉西武ライオンズからFAで新加入した炭谷銀仁朗との正捕手争いとなった。


山本拓実: 2023年6月19日に齋藤綱記・宇佐見真吾との2対2トレードで郡司裕也と共に北海道日本ハムファイターズに移籍することが発表された。


若月健矢: オフの11月8日に怪我で辞退した宇佐見真吾に代わり、2017 アジア プロ野球チャンピオンシップの日本代表に選出された。


郡司裕也: 2023年6月19日、齋藤綱記、宇佐見真吾との2対2のトレードで山本拓実と共に北海道日本ハムファイターズに移籍することが発表された。


小林誠司: この打撃不振もあり、先発出場を宇佐見真吾や大城卓三に譲ることが増え、出場試合数は過去2年間を下回る119試合で、3年ぶりに規定打席に届かなかった。


鬼屋敷正人: 二軍で河野と争うも互いに伸び悩み、鬼屋敷よりあとに入団した小林誠司や宇佐見真吾らの捕手争いにも割って入ることができなかった。


森和樹: チームメイトに宇佐見真吾と船越涼太がいた。


吉川光夫: 2019年6月26日に鍵谷陽平、藤岡貴裕との交換トレードで宇佐見真吾と共に日本ハムに移籍、3年ぶりにファイターズでプレーすることとなった。


藤岡貴裕: 2019年6月28日、吉川光夫、宇佐見真吾とのトレードで鍵谷陽平とともに読売ジャイアンツに移籍。


高城れに: 同年11月6日には、北海道日本ハムファイターズ所属の宇佐見真吾と結婚したことを、グループの公式YouTubeチャンネルにて生配信で発表した。


廣畑敦也: 続く宇佐見真吾をレフト線へのフライに打ち取るも、髙部瑛斗が判断ミスで捕球せずに打球を見送ってしまい、これがサヨナラ適時打となり、敗戦投手はタイロン・ゲレーロに記録されたものの、1アウトも奪えずに救援失敗。


石川亮: しかし、宇佐見真吾のトレード加入により出番は減り、8月12日に二軍に降格するとそのままシーズンを終えた。


辻本倫太郎: 初出場:2024年4月17日、対東京ヤクルトスワローズ5回戦(バンテリンドーム ナゴヤ)、5回裏に宇佐見真吾の代走で出場


田島慎二: さらに9月5日の巨人戦(松本市野球場)では、3点リードの9回裏に登板したものの、二死から走者を出し長野久義の適時打で2点差に詰め寄られると、なおも走者一塁で途中出場の宇佐見真吾に勝利まであと1球と追い込んでから低めのスプリットを拾われ同点本塁打を被弾した。


梅林優貴: 初打席:2022年4月22日、対福岡ソフトバンクホークス4回戦(札幌ドーム)、7回裏に宇佐見真吾の代打で出場、田浦文丸から空振り三振


齋藤綱記: 2023年6月19日、山本拓実、郡司裕也との2対2トレードで宇佐見真吾と共に中日ドラゴンズに移籍することが発表された。


大野奨太: 2023年は、正捕手の木下拓哉が6月に手の甲の骨折で離脱したが、北海道日本ハムからトレードで獲得した宇佐見真吾や石橋康太がその穴を埋め、また木下も8月に復帰したため1軍での出場機会は無く、9月12日に現役引退を発表。


船越涼太: この時のチームメートに宇佐見真吾と森和樹がいる。


宇佐見真吾

もしもしロボ

宇佐見 真吾(うさみ しんご)さんの誕生日は1993年6月4日です。千葉出身の野球選手のようです。

もしもしロボ

選手としての特徴・人物、詳細情報などについてまとめました。結婚、離婚に関する情報もありますね。去年の情報もありました。宇佐見真吾の現在の年齢は30歳のようです。

宇佐見 真吾(うさみ しんご、1993年6月4日 - )は、千葉県松戸市出身のプロ野球選手(捕手、内野手)。右投左打。中日ドラゴンズ所属。

幸谷小学校在籍時に二ツ木ソフトボールクラブ(現:二ツ木・幸谷ツインズ)でソフトボールを始め、他にもサッカーや少林寺拳法も小学生時代に経験。小金南中学校では軟式野球部に所属した。

柏市立柏高等学校では2年夏にベスト8。2年秋から正捕手になり、森和樹とバッテリーを組む。3年夏は5番打者として出場するも、4回戦敗退。甲子園に出場することはなかった。その他のチームメイトに船越涼太がいた。

城西国際大学に進学し、1年春からリーグ戦に出場。1年秋と2年春にベストナインを受賞。4年は主将になるが、春は代表合宿中に練習で顔面にボールが当たり、その際に顔面の3ヶ所を骨折したため選手としては欠場、コーチ登録でベンチ入りした。この時の負傷により左目に外傷性白内障の症状を発症させてしまった。

2015年夏季ユニバーシアードの野球日本代表に選出され、金メダル獲得に貢献した。

2015年10月22日に行われたドラフト会議で読売ジャイアンツから4位指名を受け、契約金4500万円、年俸800万円で契約した。

2016年は、二軍でチーム3位の41試合(捕手36試合)に出場するも、大学時代の顔面骨折の影響で左目の視力が低下したことなどがあり、イースタン・リーグワーストタイ6捕逸を記録し、打率も.198に終わる。1年目の6月に二軍首脳陣の勧めもあり、左目の外傷性白内障の手術に踏み切った。11月25日から台湾で開催されたアジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBイースタン選抜に選出された。

2017年は、春季キャンプで一軍スタートとなったが4月に右手有鈎骨を骨折。手術を行った後に二軍で試合に復帰し、8月8日の阪神タイガース戦(東京ドーム)で一軍に昇格すると、代打として公式戦初出場。藤川球児から初打席初安打を記録。8月18日の横浜DeNAベイスターズ戦(東京ドーム)では延長10回裏に砂田毅樹からプロ入り初本塁打をサヨナラ本塁打で達成した。このプレーで8月度の「月間アットホームヒーロー賞」を受賞した。8月25日の阪神戦(東京ドーム)では「8番・捕手」として一軍では初めてとなる先発メンバーで起用されると、青柳晃洋から2点本塁打を放った。9月5日に行われた中日ドラゴンズ戦(松本市野球場)では途中出場し、2点ビハインドの9回裏二死一塁で打席に立ち、クローザーの田島慎二にあと1球と追い込まれながらゴルフのようなアッパースイングで同点本塁打を放つ。オフの10月12日に第1回アジアプロ野球チャンピオンシップの日本代表に選出されたが、怪我のために辞退。また、巨人V9時代の正捕手である森昌彦が背負った背番号27への変更が内定したと報道され、12月7日に正式に変更が発表された。

2018年は、29試合の出場で打率.104、3打点に留まる。オフにFA入団した炭谷銀仁朗が西武時代の背番号「27」を用いることが決まり、背番号は32へ変更となった。

2019年は、小林誠司、大城卓三、炭谷とライバルが多く、さらに左の代打にも捕手登録の阿部慎之助がいたため開幕一軍を逃し、3試合の出場に終わる。

2019年6月26日に藤岡貴裕、鍵谷陽平とのトレードで吉川光夫と共に北海道日本ハムファイターズに移籍。これは令和における日本プロ野球(NPB)初のトレードによる移籍であった。6月28日に入団会見が行われ、背番号を30とすることが発表された。また同日に出場選手登録がなされ、会見後に行われた対福岡ソフトバンクホークス9回戦(札幌ドーム)に途中出場を果たしたが、ユニフォーム等の作成が間に合わず、實松一成捕手兼二軍育成コーチのユニフォーム及びキャッチャー防具を着用した。7月2日の対埼玉西武ライオンズ戦(札幌ドーム)ではプロ初の猛打賞を達成すると共に、移籍後初の適時打も放つ活躍。巨人と合わせて自己最多の48試合に出場し、打率.200、9打点を記録した。

2020年は、自身初の開幕マスクを掴み取り、正捕手候補だった清水優心が再調整で二軍落ちしたこともあって主戦捕手として起用が続く。最終的に自己最多の80試合に出場した。7月23日の対ソフトバンク戦(福岡PayPayドーム)で笠谷俊介から3年ぶりで移籍後初となる本塁打を打つも、打率.178と低調であり、完全に正捕手奪取とまではならなかった。

2021年は、32試合の出場にとどまり、本塁打は1本、打率は.116と低調な成績に終わった。

2022年は、沖縄・名護市で行われたキャンプで、新庄剛志新監督から直接指導を受けた。手本として、メジャー歴代1位となる通算762本塁打のバリー・ボンズが挙げられた。メジャーを経験した新庄剛志の元チームメイトで、当時のプレースタイルなどをもとに、身ぶり手ぶりを交えたアドバイスを受けた。開幕戦に8番・捕手としてスタメン出場した。4月18日に行われた東北楽天ゴールデンイーグルス戦(東京ドーム)で先発・田中将大から先制2点本塁打を放ち、これが決勝点となった。その後も新庄剛志監督直伝の「ボンズ打法」で打てる捕手として目立ち、7月2日に行われたオリックス・バファローズ戦(札幌ドーム)では山本由伸から巨人時代のキャリア最多タイに並ぶ4号のソロ本塁打を放った。7月18日時点ではチーム最多の60試合に出場し、正捕手争いで存在感を増した。9月26日の楽天戦(札幌ドーム)でシーズンキャリアハイとなる5号先制ソロ本塁打を放ち、キャリアハイの8勝目がかかった日本ハム先発の加藤貴之を援護する本塁打となった。最終的には自己最多の81試合に出場し、打率.256、5本塁打、24打点という成績を残した。同年オフの11月6日、 『ももいろクローバーZ』の高城れにとの結婚を発表した。

2023年、開幕戦をスタメンマスク(8番・捕手)で迎えたが、開幕から9試合に出場して15打席ノーヒットと結果を残せず、4月20日に登録抹消となった。二軍では32試合に出場し、打率.255、3本塁打、16打点の結果を残した。

2023年6月19日、山本拓実、郡司裕也との2対2トレードで齋藤綱記と共に中日ドラゴンズへ移籍することが発表された。背番号は39。

6月24日に一軍出場選手登録をされると、翌25日のヤクルト戦(バンテリンドームナゴヤ)で移籍後初安打を放ち、同月30日のDeNA戦(横浜スタジアム)には8回に代打で今永昇太からチームの勝利につながる同点適時打を放つなどして、骨折で離脱していた正捕手の木下拓哉に代わりスタメン捕手として起用される機会が多くなった。8月13日の広島戦(バンテリンドームナゴヤ)では、1点ビハインドの延長10回に、前の打者の石川昂弥が同点本塁打を放った直後、2者連続本塁打となるサヨナラ本塁打を打ち、チームの勝利をもたらした。その次の試合である16日の巨人戦(バンテリンドーム)では9回に満塁の好機に代打起用され、2試合連続となるサヨナラ打を放つ。その後は木下が復帰すると一塁手として、石川昂弥が一時離脱すると四番として起用されることがあった。チームが8連敗中だった同月27日のDeNA戦では延長12回にサヨナラ安打を放ち、結局8月月間で合計3本のサヨナラ安打を放った。最終的に移籍後打率.282、3本塁打、14打点の成績を記録し、オフの11月28日に1100万円増の年俸4100万円で契約更改した(金額は推定)。12月14日、高城れにとの離婚を発表。

選手としての特徴・人物

柔らかいリストから力強いスイングで鋭い打球を飛ばす能力に加え、バットコントロールも優れる捕手。守備では二塁送球で2秒を切る強肩が魅力。

2017年シーズン時点では「打撃は強力だが一軍レベルの捕手守備力が無いので、自分ならレギュラーに起用しない」という趣旨の評価を里崎智也は語っていた。持ち前のバットコントロールを生かした本塁打を打つ力を、日刊スポーツTwitterからは『アイドルマスター シンデレラガールズ』の登場人物である安部菜々の通称「ウサミン」に引っかけ、「ウサミンパワー」と称されている。

愛称は名前をもじった「チャーミー」や「チャミ」など。

ももいろクローバーZや、その妹分であるTEAM SHACHIのファンであり、巨人軍入寮時にはDVDやコンサート用のペンライトを持ち込み、その後もたびたびライブに足を運ぶほどだった。2017年のファンフェスティバルでは、選手の夢を叶える企画で「ももいろクローバーZに会ってみたい」と希望し、同グループからメッセージビデオがサプライズで送られた。2018年には、ももクロのメンバーカラーで編み込んだ練習用ミットを特注。同年に開催された、巨人軍とももクロによるコラボレーション企画「ももクロナイター」の始球式では、メンバー全員が代わる代わる投げた球をキャッチャーとして受け止めていた。

2023年9月25日の対阪神戦で、打席に立った阪神のジェレミー・ビーズリー投手がレガースが外れて苦労している様子を見て一塁から駆け寄り、装着を手伝った。この光景を見た両チームのファンから大きな拍手が湧き起こった。

詳細情報

2023年度シーズン終了時

2023年度シーズン終了時

月間最優秀バッテリー賞:1回(2022年交流戦 投手:加藤貴之)

月間サヨナラ賞:1回(2023年8月)

月間アットホームヒーロー賞:1回(2017年8月)

初出場:2017年8月8日、対阪神タイガース14回戦(東京ドーム)、8回裏に西村健太朗の代打で出場

初打席・初安打:同上、8回裏に藤川球児から中前安打

初打点・初本塁打:2017年8月18日、対横浜DeNAベイスターズ18回戦(東京ドーム)、10回裏に砂田毅樹から右越サヨナラ2ラン

初先発出場:2017年8月25日、対阪神タイガース17回戦(東京ドーム)、8番・捕手で先発出場

月間3度のサヨナラ安打:2023年8月 ※落合博満、阿部慎之助に並び史上最多タイ

52(2016年 - 2017年)

27(2018年)

32(2019年 - 同年6月27日)

30(2019年6月28日 - 2023年6月20日)

39(2023年6月21日 - )

「完全感覚Dreamer」ONE OK ROCK(2017年 - 2018年7月)

「U.S.A」DA PUMP(2018年8月 - 同年終了)

「DAYS」FLOW(2019年6月 - 同年終了)

「One More Starting」predia(2019年8月 - 同年終了)

「ロードショー」ももいろクローバーZ(2020年 - )

「Fanfare」TWICE(2020年 - )

「HAPPY HAPPY」TWICE(2021年 - )

2015年夏季ユニバーシアード野球日本代表

2016アジアウインターベースボールリーグ:NPBイースタン選抜

2024/05/25 02:02更新

usami shingo


宇佐見真吾と同じ誕生日6月4日生まれ、同じ千葉出身の人

本橋 大輔(もとはし だいすけ)
1986年6月4日生まれの有名人 千葉出身

本橋 大輔(もとはし だいすけ、1986年6月4日 - )は、日本の男性声優。千葉県出身。ヴィムス所属。 日本ナレーション演技研究所出身。 人物 漢字能力検定3級と調理師免許を所持している。 …

中野 裕斗(なかの ゆうと)
1967年6月4日生まれの有名人 千葉出身

中野 裕斗(なかの ゆうと、1967年6月4日 - )は、日本の俳優、声優。千葉県出身。ムーブマン所属。俳優としては中野祐斗名義で出演していたことがある。 かつて所属していた事務所RIKIプロジェ…

三山 喜三郎(みやま きさぶろう)
1873年6月4日生まれの有名人 千葉出身

6月4日生まれwiki情報なし(2024/05/22 20:13時点)

庄司 陽子(しょうじ ようこ)
1950年6月4日生まれの有名人 千葉出身

庄司 陽子(しょうじ ようこ、1950年6月4日 - )は、日本の漫画家。千葉県茂原市出身、最終学歴はトキワ松学園女子短期大学(当時)卒業。 1950年6月4日、父43歳・母36歳の時に千葉県茂原…

青木 達也(あおき たつや)
1952年6月4日生まれの有名人 千葉出身

青木 達也(あおき たつや、1952年6月4日 - )は、株式会社ハークスレイ代表取締役会長。持ち帰り弁当の草分けであるほっかほっか亭の創業に参加し、持ち帰り弁当ビジネスの普及に貢献した。拓殖大学商学…

小高 佐季子(おだか さきこ)
2002年6月4日生まれの有名人 千葉出身

小高 佐季子(おだか さきこ、2002年6月4日- )は、日本将棋連盟所属の女流棋士。女流棋士番号は61 。千葉県佐倉市出身。田丸昇九段門下。千葉英和高等学校卒業。 千葉県八千代市で生まれ、3歳の…

大溝 しいな(おおみぞ しいな)
1992年6月4日生まれの有名人 千葉出身

大溝 しいな(おおみぞ しいな、1992年6月4日 -)は千葉県出身のタレント、グラビアアイドル。よしもとグラビアエージェンシー所属の元第5期メンバー。 趣味:音楽鑑賞、買い物、歌 特技:料理、毛…

緑川 ちひろ(みどりかわ ちひろ)
1993年6月4日生まれの有名人 千葉出身

緑川 ちひろ(みどりかわ ちひろ、1993年6月4日 - )は、サブカル系グラビアアイドル。元レースクィーン。「ミス東スポ2020」グランプリ。 刑務所の内情に詳しい。他に、飛田新地、ウトロ地区、工…


宇佐見真吾と近い名前の人

吉田 治美(よしだ はるみ)
1950年2月1日生まれの有名人 山口出身

吉田 治美(よしだ はるみ、1950年2月1日 - 2003年11月1日)は、山口県を拠点に活動していたローカルタレント・フリーアナウンサーで、元朝日放送・山口放送アナウンサー。愛称は「治美姫」、「治…

山本 真純(やまもと ますみ)
1976年6月11日生まれの有名人 東京出身

山本 真純(やまもと ますみ、1976年6月11日 - 2010年7月27日)は、元日本テレビアナウンサー。血液型はO型。1999年入社。 東京都杉並区出身。 豊島岡女子学園高等学校、学習院大学理…

頼近 美津子(よりちか みつこ)
1955年8月1日生まれの有名人 広島出身

頼近 美津子(よりちか みつこ、1955年〈昭和30年〉8月1日 - 2009年〈平成21年〉5月17日)は、日本の女性アナウンサー。本名、鹿内 キャサリーン 美津子(しかない キャサリーン みつこ)…

米森 麻美(よねもり まみ)
1967年3月18日生まれの有名人 愛知出身

米森 麻美(よねもり まみ、本名:鈴木 麻美、旧姓:米森)、1967年3月18日 - 2001年9月16日)は、日本テレビの元アナウンサー。 愛知県名古屋市生まれ。小学生から高校にかけ父親の米国赴…

武藤 和子(むとう かずこ)
2010年12月3日生まれの有名人 出身

武藤 和子(むとう かずこ、1930年 ‐ 2010年12月3日)は、日本のアナウンサーである。キリスト教信者であり、洗礼名は「ルチア」。 日本の民放局女性アナウンサーの草分けの一人であり、後年、濱…

宮崎 総子(みやざき ふさこ)
1944年1月2日生まれの有名人 福岡出身

宮崎 総子(みやざき ふさこ、本名:同じ、1944年(昭和19年)1月2日 - 2015年(平成27年)2月24日)は、日本のアナウンサー。愛称は「ミヤちゃん」、「フチャコ」。アナウンサーとしてのテレ…

林 紀子(はやし としこ)
1940年2月27日生まれの有名人 福岡出身

林 紀子(はやし としこ、1940年2月27日 - 2022年1月25日)は、日本の政治家、日本共産党所属の元参議院議員(2期)、元アナウンサーである。群馬県出身。群馬大学学芸学部卒業。 196…

野際 陽子(のぎわ ようこ)
1936年1月24日生まれの有名人 富山出身

野際 陽子(のぎわ ようこ、1936年〈昭和11年〉1月24日 - 2017年〈平成29年〉6月13日)は、日本の女優・アナウンサー・司会者・歌手・ナレーター・声優。身長163cm、血液型はA型。特技…

沼川 浩子(ぬまかわ ひろこ)
1961年11月16日生まれの有名人 熊本出身

沼川 浩子(ぬまかわ ひろこ、1961年11月16日 - 1988年3月28日)は、女性アナウンサー。 熊本県出身。元公明党衆議院議員の沼川洋一は父。4人兄弟の長女。熊本短期大学(現在の熊本学園大…

玉城 美智子(たまき みちこ)
1953年3月13日生まれの有名人 沖縄出身

玉城 美智子(たまき みちこ、1953年〈昭和28年〉3月13日 - 2006年〈平成18年〉11月17日)は琉球放送の元アナウンサー。沖縄県沖縄市出身。結婚後の本名は桑江美智子。 二松學舍大学文…

谷川 明美(たにがわ あけみ)
1966年11月14日生まれの有名人 愛知出身

谷川 明美(たにがわ あけみ、1966年11月14日 - 2007年7月14日)は、元東海ラジオ放送アナウンサー。 愛知県名古屋市出身、本人曰く「生粋のナゴヤっ子」。 多数の企業CMや特別番組での…

注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
宇佐見真吾
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

最近追加された芸能人・有名人

磯野恭子 山田晃睦 日比英一 内藤幸位 常木建男 田中良一 高森邦夫 笹原嘉弘 笹原忠義 坂本弘

グループ

ももクロ ベイビーレイズ フェアリーズ さくら学院 まなみのりさ predia X21 THE ポッシボー 東京女子流 9nine 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「宇佐見真吾」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました