もしもし情報局 > 1945年 > 11月11日 > SF作家

横田順彌の情報 (よこたじゅんや)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

【7月18日】今日誕生日の芸能人・有名人

横田順彌の情報(よこたじゅんや) SF作家 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、年齢、出身地、星座]

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
もしもしロボ

横田 順彌さんについて調べます

■名前・氏名
横田 順彌
(読み:よこた じゅんや)
■職業
SF作家
■横田順彌の誕生日・生年月日
1945年11月11日 (年齢73歳没)
酉年(とり年)、蠍座(さそり座)
■出身地・都道府県
佐賀出身

(昭和20年)1945年生まれの人の年齢早見表

横田順彌と同じ1945年生まれの有名人・芸能人

横田順彌と同じ11月11日生まれの有名人・芸能人

横田順彌と同じ出身地佐賀県生まれの有名人・芸能人


横田順彌と関係のある人

鏡明: 「一の日会」「宇宙気流」「SF倶楽部」での仲間である、SF作家の横田順彌と仲よし。


畑田国男: 急性心不全とも伝えられているが、横田順彌は「畑田さんはぼくの本を幾つかやってくれたんですけど、若くして自殺しちゃったんです。


矢島保治郎: 横田順彌『明治バンカラ快人伝』、筑摩書房、1996年、277-280頁


平井和正: 『ヨコジュンの宇宙寄席』横田順彌編 双葉社


平井和正: 鏡明、横田順彌ら親交のあった後輩SFファンを実名で登場人物にした『超革命的中学生集団』は、破天荒な文体と構成の小説で、大森望から「ライトノベルの元祖」と呼ばれている。


亀和田武: SFファンでもあり、高校時代から横田順彌、鏡明、川又千秋らがメンバーだった有名なSFファンの集まり「一の日会」に出入りしていた。


南沢十七: しかし、1948年(昭和23年)に発表された『緑人の魔都』が、当時にあっては斬新なヒロイック・ファンタジー的世界観と、主人公たちが延々と亀の甲羅を背負い続けながら行動するといったシュールな展開が後になって一部で話題となり、横田順彌『日本SFこてん古典』 やと学会編『トンデモ本の世界』 などで取り上げられた。また、會津信吾と横田順彌は『緑人の魔都』を復刻 した功績で日本トンデモ本大賞の特別賞を受賞している。


長山靖生: また、横田順彌や會津信吾らと共に日本古典SF研究会の創立に参加し、初代会長を務めた。


高平哲郎: 共著:赤瀬川原平・赤塚不二夫・朝倉喬司・糸井重里・上杉清文・及川正通・岡崎英生・、奥成達・鏡明・加藤芳一・高信太郎・小山彰太・坂田明・高平哲郎・タモリ・筒井康隆・中原仁・中村誠一・山口泰・山下洋輔・湯村輝彦・横田順彌


平井和正: 『赤い砂漠の上で』横田順彌編 草土文化


三神吾朗: 1994年(平成6年)になって、永田陽一、横田順彌、佐山和夫の研究によって、三神がオール・ネイションズでプレーしていたことが判明し、ジャップ・ミカド=三神吾朗が定説となった。


伊藤典夫: なぜSFなのか? 奇想天外放談集1 (豊田有恒、平井和正、南山宏、荒巻義雄、田中光二、かんべむさし、堀晃、横田順彌、鏡明、柴野拓美、浅倉久志、都筑道夫、小松左京、半村良、矢野徹、浅倉久志、高齋正、光瀬龍、石上三登志共著) 奇想天外社 1978年


山田太郎: 横田順彌の連作小説『山田太郎十番勝負』の主人公。


山田正紀: 呪われた翼 ジュニアSF選(1987年9月 草土文化)「呪われた翼」 - 横田順彌・編


横田順彌の情報まとめ

もしもしロボ

横田 順彌(よこた じゅんや)さんの誕生日は1945年11月11日です。佐賀出身のSF作家のようです。

もしもしロボ

人物、人間関係などについてまとめました。卒業、現在、結婚、離婚に関する情報もありますね。73歳で亡くなられているようです。

横田順彌のプロフィール Wikipedia(ウィキペディア)

横田 順彌(よこた じゅんや、1945年11月11日(戸籍上は12月1日) - 2019年1月4日)は、日本の著作家(SF作家)・明治文化史研究家。愛称は「ヨコジュン」。横田 順弥と表記されることもある。真木 じゅん名義による著書もある。

佐賀県に生まれ、東京都目黒区緑が丘に育つ。父が58歳、母が42歳のときに誕生した末っ子で、自らが戦中に母の胎内にいたことから「戦中腹派」などと称していたこともある

法政大学第二高等学校を経て法政大学法学部に進み、在学中は落語研究会で活躍した。中日ドラゴンズのファンとしても知られる。

小学5年生の時に貸本屋で『第二の太陽へ』(ミルトン・レッサー著)を借りて感動したことがきっかけとなり、SFにのめり込んでいく。中学生の時にはすでに個人SFファンジンを発行していた。

また大学時代には、定期的に例会を開いていたSFマニアの集まり「一の日会」のメンバーだった(平井和正のSF小説『超革命的中学生集団』には「一の日会」の面々がキャラクターとして登場。横田は主人公・横田順弥のモデルになっている)。

1969年には横田が中心となり、「一の日会」の仲間である鏡明や川又千秋らとともにファンジン『SF倶楽部』を発刊する。第3号では、日本初のSF商業雑誌『星雲』を復刻刊行した。雑誌には筒井康隆、平井和正や浅倉久志も寄稿した。4年半で10冊を刊行し、休刊となった。

大学卒業後、複写印刷会社、PR誌の編集会社などに就いたが、長続きしなかった。作家としては平井和正の紹介で1970年8月3日号の『週刊少年チャンピオン』に掲載されたショートショート「宇宙通信『X計画』」で商業誌デビューした。

初期は、ナンセンスギャグを主題とした「ハチャハチャSF」が人気を集めた。「ハチャハチャ」についてはハヤカワ文庫JA版『宇宙ゴミ大戦争』の小松左京による解説によれば、メチャクチャと言おうにも笑いすぎて息が切れ「ハチャ...ハチャ...」としか発音できない、といったところとされる。ハチャハチャという言葉自体は、東京大学将棋部内部で使われていた用語に由来するもので、同部にも出入りしていた東大SF研の小谷善行が「一の日会」などファンダムに広めたりしたものと言われている。デビュー前は、SF同人誌にシリアスなSFを書いていた。笑いを取り入れたハチャハチャSFを書き始めたのは「シリアスSFよりもユーモアSFを書いたほうが良い」と伊藤典夫から言われたからだと後年記している。

1975年、伊藤典夫、荒俣宏、鏡明と渡米、北米SF大会に参加する(その模様は『ヨコジュンのびっくりハウス』収録)。背の低い横田は、しょっちゅう子供に間違えられたという。一方、鏡明はスペイン人に間違えられた。また世界一のSFコレクター、フォレスト・J・アッカーマン宅を訪ねたところ、日本のSF関係の古本も置いてあり、幻のSF雑誌『星雲』を購入しようとしたところ、アッカーマンは横田にそれをプレゼントした。

大学の落語研究会出身ということもあり、超SF的な奇想で物語がはじまり、落語的な駄洒落で話が落ちる、という作品が多かった。「ポエム君シリーズ」では、穏やかでファンタスティックな童話風の物語を、児童文学としてではない分野として手掛ける試みにも着手した(のち児童文学出版社へ発表舞台が移る)。ごく初期に見せていたリリカルな側面の発展形でもあり、横田の作風としては2本目の柱となった。ハチャハチャ度を抑えながらも地口を散りばめてシュールに展開する『山田太郎十番勝負』などは、両者の中間ともいえる。

高校2年生の時に押川春浪の『海底軍艦』に出会い、戦前の日本で書かれた古典SFに興味を持つ。横田はこの分野の研究の草分け的存在である。また、鏡明はじめ、当時のSF仲間に海外の原書を読める者が多かったが、横田は英語が苦手だったため「自分は古典SFを研究しよう」と決意したという。

『SFマガジン』に連載し、後に単行本にまとめられた『日本SFこてん古典』は、ハチャハチャSFとも共通するユーモアあふれる文体で、SF史的に重要な発見の紹介以外に、「こんな作品があったのか」という奇書も多数紹介した。非常に人気のある連載であり、またSFのみならず、大衆文学史研究に与えた影響も大きい。数社から復刊を打診されたものの、「古典SF研究の定本となってほしくない」という横田の意思があり、復刊は実現していない。

古典SFの研究から明治研究にも進出するようになり、1988年に発表した『火星人類の逆襲』以降は、執筆するフィクションも明治時代を舞台にした作品(特に押川が所属した天狗倶楽部の関係者が登場するものが多い)が主流になっている。同年発表された『快男児 押川春浪』(會津信吾との共著)で日本SF大賞特別賞を受賞している。また古典SFの研究者の育成にも力をいれ、日本古典SF研究会には発足時から立ち会っている。

1990年ごろ、田中光二会長のもとで、日本SF作家クラブ事務局長をつとめるが、後に退会した。

1993年 第2回日本トンデモ本大賞特別賞を受賞(會津信吾&横田順彌 南沢十七 『緑人の魔都』 復刻の功績により)。

古典SF研究の過程で明治時代の文化・人物などに興味を抱き、明治時代の、現在の視点で見ると不思議な文化・事象や、怪人物等を紹介する著作も多数執筆している。特に、学生野球黎明期については、思いいれが強い。その中で、中高生向けに書き下ろされた『百年前の二十世紀』は、1995年度の青少年読書感想文全国コンクール高等学校の部の課題図書に選ばれた。

古典SF研究の研究過程での古本収集についてのエッセイも、ユーモアあふれる文体で書かれており、従来の「古本についての本」の硬い文体とは一線を画した、革命的なものであった。古典SF研究以来の横田の仕事は、若い世代の「古本ブーム」へ先駆者として大きな影響を与えていると、古本愛好家の坪内祐三も評価している。

『SFマガジン』誌上で2002年1月号から「近代日本奇想小説史」を開始して晩年まで連載した他、『日本古書通信』などに単発的にエッセイを発表していた。また、2008年6月まで『小説宝石』に30回にわたって古本エッセイを連載した。2007年には出版芸術社から「異形コレクション」に発表していた明治幻想小説をまとめた『押川春浪回想譚』を出版、同書は『SFが読みたい! 2007年版』のベストSFの中で19位に選ばれた。また2005年から2008年にかけて、講談社青い鳥文庫からジュブナイルSFを発表している(旧作の改作を含めて3作を刊行)。

この時代には「体調が思わしくない」と様々な文章に寄せており、『SFマガジン』での連載を体調不良を理由に休んだことも数回ある。柴野拓美展(2005年)に合わせて神奈川県中郡二宮町の公立図書館で講演する予定であったが、喘息のため直前に断念した。さらに2007年の世界SF大会にも出席する予定だったものの、体調不良のため欠席した。

『近代日本奇想小説史 明治篇』で、2011年には第32回日本SF大賞特別賞を、2012年には第24回大衆文学研究賞大衆文学部門および第65回日本推理作家協会賞評論その他部門を受賞している。

2019年1月4日、心不全のため、神奈川県横浜市の自宅で死去した。73歳没。2019年、日本SF大賞において功績賞が授賞された。

人物

1978年に結婚、娘も誕生したが、1998年に離婚した。離婚の原因は、横田が資料の古本をあまりに買いすぎることだったという。

酒に弱く、ほとんど飲めず、グラス1杯ほどで意識不明になってしまうほどだったという。

人間関係

鏡明と仲がよかったことで知られる。自らの半生記『横田順彌のハチャハチャ青春記』の中でも鏡のことがたびたび書かれている。小柄な横田に対し鏡はずば抜けて長身なため凸凹コンビと呼ばれ、小松左京は「あの二人は土中で繋がっていて、鏡の頭を抑え込むと横田の背が伸びるに違ない」と評した。また、「一の日会」の仲間をはじめ、SFファンあがりの「SF第二世代」の作家たち(堀晃、森下一仁、梶尾真治ら)とも、仲良く交際していた。一方、かんべむさしはSFファン出身ではないが、東西の「ギャグものを書くSF作家」ということで、ライバル視された時期があった。

梶尾真治とともに堀晃を「慢性躁病」と親しみを込めて言っていた。

漫画家の高信太郎とも、「駄洒落づくしの作風」「落語好き」ということで、互いの作品のファンであった。

2024/07/17 00:16更新

yokota junya


横田順彌と同じ誕生日11月11日生まれ、同じ佐賀出身の人

森永 純(もりなが じゅん)
1937年11月11日生まれの有名人 佐賀出身

森永 純(もりなが じゅん、1937年11月11日 - 2018年4月5日)は、日本の写真家。 1937年、長崎県長崎市にて誕生。日本大学芸術学部写真学科を卒業し、1962年にアメリカ合衆国の写真…


TOPニュース

Hey! Say! JUMPの有岡大貴松岡茉優が結婚を発表

令和6年6月6日に66歳になった人は?

藤原さくら、ライブ活動休止を発表

サッカー日本代表の堂安律が一般女性と結婚を発表

NHK大河ドラマ「光る君へ」で松下洸平がペラペラの宋語で話題に

King&Prince永瀬廉が右耳負傷の為一時活動休止を発表

いくよくるよの今くるよさん、膵がんの為死去

立憲民主党の蓮舫氏が東京都知事選に出馬

平野紫耀神宮寺勇太岸優太の3人ダンスボーカルグループのNumber_iから新曲「BON」のMV公開。

結婚・離婚・再婚・年の差婚まとめ

元宝塚トップスターの光原エミカが1000万円詐取の疑いで逮捕

超有名女優と結婚した人気歌手が不倫の噂

藤原さくらYouTubeで新曲公開!『初恋のにおい』ショートアニメ

「つばさの党」代表の黒川敦彦ら3人を逮捕


横田順彌と近い名前の人

横田 二郎(よこた じろう)
1923年1月10日生まれの有名人 茨城出身

横田 二郎(よこた・じろう 1923年〈大正12年〉1月10日 - 2004年〈平成16年〉6月26日)は、日本の実業家、鉄道マンである。 1923年(大正12年)1月10日、茨城県出身。

横田 久(よこた ひさし)
1949年2月14日生まれの有名人 北海道出身

横田 久(よこた ひさし、1949年2月14日 - 2007年8月31日)は、北海道放送(HBC)のアナウンサー。血液型はA。北海道札幌市出身。高崎経済大学経済学科卒業。 大学時代はサッカー部に在…

横田未来(よこだ みらい)
2002年9月8日生まれの有名人 沖縄出身

横田未来(よこだ みらい、2002年(平成14年)9月8日 - )は、日本の女優、モデル、インフルエンサー。沖縄県出身。芸能事務所Incubationに所属。MelTVの元メンバー。 小学1年生か…

横田 りか(よこた りか)
1992年11月18日生まれの有名人 東京出身

横田 りか(よこた りか、1992年〈平成4年〉11月18日 - )は、日本のタレント、レースクイーン、グラビアモデル。東京都出身。「りーのん」の愛称で知られる。 13歳の時にプラチナムプロダクシ…

横田 美紀(よこた みき)
1989年12月27日生まれの有名人 東京出身

横田 美紀(よこた みき、1989年12月27日 - )は、日本のタレント・女優。 東京都出身。ホリ・エージェンシー所属。日本女子大学家政学部家政経済学科卒業。 趣味は音楽鑑賞、映画鑑賞、人間観…

横田 ひとみ(よこた ひとみ)
1月10日生まれの有名人 佐賀出身

横田 ひとみ(よこた ひとみ、1966年1月10日 - )は、日本の元タレント・女優・歌手。 所属していた事務所は東京宝映テレビ(1982年まで) → サンシャインミュージック(1983年から)。 …

横田 真悠(よこた まゆう)
1999年6月30日生まれの有名人 東京出身

横田 真悠(よこた まゆう、1999年〈平成11年〉6月30日 - )は、日本のファッションモデル、女優、タレント、YouTuber。 東京都出身。エイジアクロス所属。『non-no』専属モデル、元…

横田 早苗(よこた さなえ)
1964年7月1日生まれの有名人 東京出身

横田 早苗(よこた さなえ、1964年7月1日 - )は、日本の元アイドル歌手、元女優。本名は同じ。当時の所属事務所は、エイプリル・ミュージック(現・ソニー・ミュージックアーティスツ)、レコード会社は…

横田 かおり(よこた かおり)
1980年7月18日生まれの有名人 東京出身

横田 かおり(よこた かおり、1980年(昭和55年)7月18日 - )は、日本のタレント、ラジオパーソナリティ。 東京都出身、血液型はA型。杏林大学保健学部卒業。ニックネームは「かおりん」「一般人…

横田 ひかる(よこた ひかる)
1995年8月5日生まれの有名人 埼玉出身

横田 ひかる(よこた ひかる、1995年8月5日 - )は、日本の女性ファッションモデル、女優。埼玉県出身。所属事務所はORIGINAL。 趣味は絵を描くこと、カメラ。 特技はテニス 2023年1…

横田 光幸(よこた みつゆき)
1979年11月3日生まれの有名人 愛知出身

横田 光幸(よこた みつゆき、1979年11月3日 - )は、日本のフリーアナウンサーである。 愛知県豊橋市出身。愛知県立豊橋東高等学校、静岡大学工学部卒業。 2003年4月、青森テレビに入社。…

横田 睦美(よこた むつみ)
1967年9月26日生まれの有名人 千葉出身

横田 睦美(よこた むつみ、1967年9月26日 - )は、日本の元アイドル。愛称は「むっちゃん」「むつみ」。 千葉県出身。 1985年11月29日に『夕やけニャンニャン』の『ザ! スカウト・ア…

横田 亜美(よこた あみ)
1991年2月18日生まれの有名人 出身

横田 亜美(よこた あみ、1991年2月18日 - )は、日本のモデル。愛称は「あみみ」 愛知県出身。東海テレビ「名美女」や美少女図鑑 (フリーペーパー)でモデルを務めた。 2009年に南山短期大…

横田みはる(よこた みはる)
1960年11月8日生まれの有名人 東京出身

横田 みはる(よこた みはる、1960年11月8日 - )は、日本の女性声優。東京都出身。 舞台芸術学院卒業。 ぱらーた企画、81プロデュースに所属していた。 特技は和太鼓、琴、日本舞踊。 …

注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
横田順彌
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

最近追加された芸能人・有名人

澤繁実 小野寺紘毅 桜井誠_(活動家) 安野貴博 ジャンボ松田 後藤輝樹 石丸幸人 暇空茜 りんごちゃん_(ものまねタレント) 藤井祐眞

グループ

原因は自分にある。 WATWING PRIZMAX SOLIDEMO 三四郎 10神ACTOR M!LK BMK_(音楽グループ) さくらしめじ MAZZEL 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「横田順彌」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました