もしもし情報局 > 野球 > 三重県 > 東克樹

東克樹の情報 (あずまかつき)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

【5月20日】今日誕生日の芸能人・有名人

東克樹の情報 (あずまかつき) 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、出身地]

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
もしもしロボ

東 克樹さんについて調べます

■名前・氏名
東 克樹
(あずま かつき)
■職業
野球選手
■東克樹の誕生日・生年月日
1995年11月29日 (年齢28歳)
亥年(いのしし年)、射手座(いて座)
■出身地・都道府県
三重出身

東克樹と同じ年に生まれた芸能人(1995年生まれ)

東克樹と同じ誕生日の人(11月29日)

東克樹と同じ出身地の芸能人(三重県生まれ)


TOPニュース

「つばさの党」代表の黒川敦彦ら3人を逮捕

嵐の松本潤が事務所を退所し独立を発表!本人メッセージもインスタに投稿

高橋一生飯豊まりえが結婚!「岸辺露伴は動かない」で共演

フジテレビの生田竜聖アナウンサーが再婚

元子役の若山耀人容疑者、殺人容疑で再逮捕

フィギュアスケートの宇野昌磨が引退会見!

落馬した吉田隼人騎手近況。藤井勘一郎元騎手がツーショット写真を公開

水原一平が歯の治療費930万円を…


東克樹

もしもしロボ

東 克樹(あずま かつき)さんの誕生日は1995年11月29日です。三重出身の野球選手のようです。

もしもしロボ

選手としての特徴、人物などについてまとめました。結婚に関する情報もありますね。去年の情報もありました。東克樹の現在の年齢は28歳のようです。

東 克樹(あずま かつき、1995年11月29日 - )は、三重県四日市市出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。横浜DeNAベイスターズ所属。

四日市市立三重北小学校1年時から、軟式野球チームの「三重クラブ野球少年団」で野球を始める。四日市市立大池中学校時代には「四日市トップエースボーイズ」に所属。野茂英雄が総監督を務める「JUNIOR ALL JAPAN(NOMOジャパン)」の一員としてアメリカ遠征を経験した。

愛知県名古屋市の愛工大名電高校への進学後は、1年夏の選手権愛知大会で2試合に先発した。2年時にはチームが春夏連続で甲子園球場の全国大会に出場したが、1学年先輩で自身と同じ左投手の濱田達郎がエースだったことから、いずれの大会でも登板の機会がなかった。2年秋に濱田からエースの座を引き継ぐと、3年の夏にも選手権本大会へ出場。聖光学院高校との初戦に先発投手として阪神甲子園球場のマウンドを初めて踏んだが、5回まで被安打2と好投しながら逆転負けを喫した。

立命館大学文学部心理学専攻に入学する。大学の硬式野球部では、1年の秋から救援投手として関西学生野球のリーグ戦に登板。2年時に左肘痛を発症したため、秋のリーグ戦に登板せず、左肘の治療と下半身の強化に専念した。2学年先輩の桜井俊貴からエースの座を継いだ3年の春季リーグ戦では、京都大学との1回戦でノーヒットノーランを達成するなどの活躍で、リーグのMVP、最優秀投手、ベストナインを受賞。チームを3季連続のリーグ優勝に導き、全日本大学野球選手権大会にも出場した。4年の春季リーグ戦では、関西大学との1回戦で再びノーヒットノーランを達成。同じ投手による複数回の達成は、関西学生野球リーグ戦史上初の快挙であった。在学中には、リーグ戦で通算41試合に登板。通算投球イニングは231回2/3で、19勝9敗、防御率1.05、235奪三振という成績を残した。

大学4年時の2017年には、第41回日米大学野球選手権と第29回ユニバーシアードの日本代表に選出。先発投手として2試合に登板した日米大学野球では、通算11イニングを無失点という好成績で最優秀投手賞を受賞した。ユニバーシアードでは、予選ラウンドのメキシコ戦と、準決勝の韓国戦に先発登板。いずれも8回を無失点に抑えて白星を挙げたことによって、チームの優勝に貢献した。

2017年10月26日のドラフト会議では、横浜DeNAベイスターズから1位指名を受け、契約金1億円、年俸1500万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は11。担当スカウトは八馬幹典。NPB全12球団のうち、この会議で唯一の単独1位指名となった。

2018年は、石田健大・今永昇太・濵口遥大に続く左腕の先発要員として、春季キャンプを一軍で過ごした。オープン戦での登板3試合を全て無失点に抑えたことから、レギュラーシーズンの開幕から一軍のローテーションに入ると、4月5日の対阪神タイガース戦(横浜スタジアム)で先発投手として公式戦にデビュー。黒星を喫したものの、7回1失点という好投で、阪神打線から9個の三振を奪った。次に先発した4月12日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)でプロ初勝利を挙げると、4月19日の巨人戦(横浜)で2勝目を記録。5月16日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)で、シーズン3勝目をプロ入り後初の完封で記録。この年のNPB全12球団の新人投手による完封勝利一番乗りを果たした。その後も一軍の先発ローテーションに定着すると、6月末までにチームトップの6勝を記録。オールスターゲームには、セントラル・リーグの監督推薦選手として、NPB全球団の新人選手からただ1人出場した。対読売ジャイアンツ戦にはとりわけ強く、前述のプロ初勝利からシーズン11勝目を挙げた9月19日(東京ドーム)まで、登板した5試合すべてで勝利投手になった。9月19日の対戦では、7回裏二死にケーシー・マギーからソロ本塁打を打たれるまで、1人の走者も出さなかった。ただし、シーズンの最後に対戦した9月28日の試合(東京ドーム)では、7回無失点で降板しながらチームがサヨナラ負けを喫している。レギュラーシーズン全体では、一軍公式戦24試合に登板したほか、新人投手でただ1人リーグの最終規定投球回に到達。リーグ2位(左投手ではトップ)の防御率2.45や、チームトップの11勝(5敗)を記録したことを背景に、セ・リーグの新人王に選ばれた。選出の基準になる記者投票では、得票率が99%に達した。11月開催の日米野球で日本代表に選ばれていたが、シーズン終了後に左肘の炎症が判明し、出場辞退を余儀なくされた。オフに、4050万円増となる推定年俸5550万円で契約を更改した。

2019年は、1月の自主トレーニング期間中に左肘の炎症が再発したため、途中からノースローで調整。春季キャンプ以降も、二軍での調整に専念した。5月6日の対読売ジャイアンツ戦(横浜スタジアム)に先発投手としてシーズン初の一軍マウンドを経験したが、プロ入り後自己ワーストの内容(3回8失点)で黒星を喫したことによって、前年から続いていた同カードでの連勝が5で止まった。5月15日の対中日ドラゴンズ戦(横浜スタジアム)で6回1失点に抑えてシーズン初勝利を挙げたものの、以降も左肘の状態が芳しくなく、一軍と二軍を往復。8月23日の対巨人戦(東京ドーム)の登板を最後に戦列を離れたため、シーズン全体では、一軍公式戦7試合の登板で4勝(2敗)にとどまった。オフに、1150万円減となる推定年俸4400万円で契約を更改した。

2020年は、苗字が同音異字(あづま)である東妻純平が入団したことに伴って、ユニフォームの背ネームが「K.AZUMA」に変更された。この年も左肘痛が完治しないまま春季キャンプを二軍でスタート。キャンプ中の2月8日に左肘の内側側副靱帯を損傷していることが判明したため、同月20日にトミー・ジョン手術を受けた。実戦への復帰に1年半ほどの期間を要することが見込まれたが、球団では東を育成選手契約へ移行させずに、左肘が完治するまで支配下選手登録を続ける意向を示した。実際には、シーズンを通じてリハビリに専念したところ、全力でのキャッチボールが可能な状態にまで左肘が回復。シーズン終了後の12月2日には、NPBの野球協約で定められた年俸の減額制限(25%)に近い1080万円減となる推定年俸3320万円で支配下選手契約を更改した。

2021年は、順調にリハビリを重ね、7月11日のイースタン・リーグ、千葉ロッテマリーンズ戦で688日ぶりに実戦復帰。防御率1.95の成績を残し、シーズン終盤の9月28日対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)で767日ぶりに一軍での先発登板を果たした。復帰3戦目となった10月23日の対中日ドラゴンズ戦(横浜スタジアム)で8回無失点の好投をみせ、2019年シーズン以来729日ぶりの白星を挙げた。シーズン終了後の契約更改は810万円減の推定年俸2510万円でサイン。

2022年は、開幕戦となった3月25日の対広島東洋カープ戦(横浜スタジアム)にて開幕投手を任されるが、6回途中に左手指のアクシデントがありそのまま降板し敗戦投手となった。その後も以前のような球の走りが戻らず敗戦を重ね、5月15日の対阪神タイガース戦(横浜スタジアム)で5敗目を喫し登録抹消となった。体力や技術を見直すため1か月間、二軍での再調整を続けた後に一軍に合流し、6月23日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)で6回3失点に抑え、シーズン初勝利を挙げる。7月7日の中日戦(横浜)では8回を3安打無失点に抑えるなど、調子を戻しつつあったが、7月13日に発熱症状を訴え、新型コロナウィルスの陽性判定を受け、登録抹消された。結局、同年も1勝6敗に終わったが11月24日には100万円アップの年俸2610万円で契約を更改した。

2023年は、開幕から先発ローテーション入りを果たし初登板の4月6日の対読売ジャイアンツ戦(横浜スタジアム)で7回無失点に抑え1勝目を挙げる。4月30日の対中日ドラゴンズ戦(バンテリンドーム)で2018年以来の完封勝利、97球でマダックス(100球以下の完封勝利)を達成した。この完封勝利によって、チームとしては1960年以来となる月間7完封と、4月としては月間最多となる16勝を記録した。6月24日の対阪神タイガース戦(横浜スタジアム)ではシーズン2度目の完封勝利。前半戦までに8勝を挙げ、7月には5年ぶり2度目のオールスター出場を果たした。同年9月20日の対広島戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)では7回を投げて4被安打1失点で勝利投手となったが、この勝利で6月1日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦以来の連勝を11(球団では1983年の遠藤一彦以来40年ぶり2人目で、左投手としては初)まで伸ばし、同時にベイスターズの投手としては1999年の川村丈夫以来24年ぶりとなるシーズン15勝を達成した。さらに連勝記録を遠藤がもつ球団記録タイの12まで伸ばし、勝てばリーグ逆転2位となるシーズン最終戦に先発し巨人・山﨑伊織と互いに完投まで投げあうが0-1で敗戦となり連勝はストップした。最終的には新人王となった2018年以来5年ぶりとなる規定投球回に到達し、16勝3敗・勝率.842を挙げ、球団では1993年の野村弘樹以来、30年ぶりとなる最多勝のタイトルを獲得。尚、このシーズンで喫した3敗は全て巨人戦である(4勝3敗)。11月10日には前身となる大洋・横浜時代を通じて投手では球団史上初となるゴールデングラブ賞を受賞、左投手の受賞は珍しく、セ・リーグでは石川雅規以来15年ぶり5人目の受賞となった。また、この年はベストナインも受賞しており、セ・リーグMVPを受賞した投手(この年は村上頌樹)を差し置いてのベストナイン受賞は吉見一起以来12年ぶり、MVPを受賞した先発投手を差し置いてのベストナイン受賞は上原浩治・松坂大輔以来24年ぶりとなった。

選手としての特徴

身長170cmと小柄ながら、オーバースローから最速152km/h(プロ入り後の最速は151km/h)のストレート、チェンジアップ、スライダー、カットボール、ツーシーム、カーブを投げ分ける。チェンジアップへの評価が特に高い。

投球時に上体を三塁側へ仰向け気味に倒しながら腕を振るため、リリースポイントが高く、角度のついた球をストライクゾーンのコーナーへ投げ込めることが特徴。目標の選手に、自身と同じ左投手の石川雅規や田口麗斗を挙げている。

人物

愛称は「ハマのペンギン」または「ハマの東MAX(アズマックス)」。

地元である三重県は中日ファンが多いが、東本人は幼少期には巨人を応援していた。特に高橋由伸に憧れ、その打撃フォームを真似していたという。大学4年秋のNPBドラフト会議では、どの球団からの指名も歓迎する姿勢を示していたが、DeNAによる1巡目での単独指名までは想定していなかったという。

立命大時代に生活していた硬式野球部の寮では一時、後にDeNAでもチームメイトとなる2学年後輩の坂本裕哉と同じ部屋で過ごしていた。坂本がDeNAに入団した2020年には、左投手の先輩として、技術面だけでなくメンタルの保ち方などの助言を送っていたという。

卒論のテーマは「球場によってマウンドからホームベースを見た時の角度と距離における視覚的心理の変化」。

座右の銘は「不動心」。

DeNAへの入団後から使用しているグラブには、「金運と白星をつかむ」という意味で金色のうんこマーク(💩)と白色の星マーク(☆)の刺繍を掌の部分に施している。

2020年に結婚し、第一子となる女児も誕生した。

2024/05/20 00:10更新

azuma katsuki



東克樹と近い名前の人

東 陽一(ひがし よういち)
1934年11月14日 和歌山

東 陽一(ひがし よういち、1934年11月14日 - )は日本の映画監督、脚本家。和歌山県紀美野町出身。早稲田大学第一文学部英文学科卒。 早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社し、助監督として多…

佐藤 東弥(さとう とうや)
1959年4月11日 東京

佐藤 東弥(さとう とうや、1959年4月11日 - )は、日本のテレビドラマディレクター、演出家。日本テレビ放送網ゼネラルディレクター。 日本テレビが制作する映画では、映画監督も務める。 父は映…

東野 翠れん(ひがしの すいれん )
1983年8月25日 東京

東野 翠れん(ひがしの すいれん 1983年8月25日 - )は、日本の写真家、ファッションモデル。父親が日本人で母親がイスラエル人。 14歳から写真を撮りはじめ、ミュージシャンのポートレートなどを…

東松 照明(とうまつ しょうめい)
1930年1月16日 愛知

東松 照明(とうまつ しょうめい、男性、1930年1月16日 - 2012年12月14日)は、日本の写真家。 戦後日本を代表する写真家の一人。ヨーロッパやアメリカでも写真展を開くなど、海外での評価も…

東条 さかな(とうじょう さかな)
1985年2月5日 北海道

東条 さかな(とうじょう さかな、1985年2月5日 - )は、日本のフリーのイラストレーター。血液型はO型。北海道別海町出身。釧路市在住。 タム・グリンシリーズ(青木祐子著、コバルト文庫) 終わ…

伊東 正義(いとう まさよし)
1913年12月15日 福島

伊東 正義(いとう まさよし、1913年〈大正2年〉12月15日 - 1994年〈平成6年〉5月20日)は、日本の政治家。 衆議院議員(9期)、外務大臣(第109代)、内閣総理大臣臨時代理、副総理、…

伊東 秀子(いとう ひでこ)
1943年8月15日 旧 満州

伊東 秀子(いとう ひでこ、1943年〈昭和18年〉8月15日 - )は、日本の弁護士、政治家。衆議院議員(2期)を歴任。夫は北海道大学教授を務めた伊東倫厚。 満洲国(現:中国東北部)で出生し、父…

山東 昭子(さんとう あきこ)
1942年5月11日 東京

山東 昭子(さんとう あきこ、1942年〈昭和17年〉5月11日 - )は、日本の政治家、女優、声優、テレビタレント。自由民主党所属の参議院議員(8期)。志公会(麻生派)顧問。 参議院議長(第32代…

坂東好太郎(ばんどう こうたろう)
1911年5月4日 東京

坂東好太郎(ばんどう こうたろう、1911年〈明治44年〉5月4日 - 1981年〈昭和56年〉11月28日)は、昭和初期の歌舞伎役者、映画俳優。屋号は大和屋。定紋は三ツ大、替紋は花勝見。本名は本間 …

じょじ伊東(じょじいとう)
6月12日 静岡

じょじ伊東(じょじいとう、6月12日 - 2019年10月8日)は、静岡県出身の俳優。身長は176cm、体重は64kg、靴のサイズは26.5cm。元劇団青年団の劇団員だった。 わたしたちの教科書 …

藤東 知夏(ふじとう ちか)
1985年7月16日

藤東 知夏(ふじとう ちか、1985年7月16日 - )は、日本の女性声優。合同会社MYSTAR所属。兵庫県明石市出身。 兵庫県立明石高等学校卒業。エイベックス・アーティスト・アカデミー、声優タレ…

安いカラオケ店

2024年最新カラオケ曲ランキング

『ミュージックジェネレーション』がカラオケランキングを発表

カラオケ夏の曲ランキング(好きな夏うた)

カラオケ店でPayPayや楽天Payなどのキャッシュレス決済は使えるのか

注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
東克樹
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

話題の芸能人・有名人

おまかせワード

1987年  男闘呼組  8月24日  9月3日  1995年  おめで隊  10月  1993年  11月21日  8月19日 

グループ

東京女子流 X21 フェアリーズ ももクロ ベイビーレイズ 放課後プリンセス まなみのりさ THE ポッシボー BABYMETAL さくら学院 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「東克樹」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました