もしもし情報局 > 野球 > 大分県 > 大石弥太郎

大石弥太郎の情報 (おおいしやたろう)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

【5月26日】今日誕生日の芸能人・有名人

大石弥太郎の情報 (おおいしやたろう) 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、年齢、出身地、星座]

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
もしもしロボ

大石 弥太郎さんについて調べます

■名前・氏名
大石 弥太郎
(おおいし やたろう)
■職業
野球選手
■大石弥太郎の誕生日・生年月日
1943年10月6日 (年齢80歳没)
未年(ひつじ年)、天秤座(てんびん座)
■出身地・都道府県
大分出身

大石弥太郎と同じ1943年生まれの有名人・芸能人

大石弥太郎と同じ10月6日生まれの有名人・芸能人

大石弥太郎と同じ出身地大分県生まれの有名人・芸能人


TOPニュース

結婚・離婚・再婚・年の差婚まとめ

元宝塚トップスターの光原エミカが1000万円詐取の疑いで逮捕

超有名女優と結婚した人気歌手が不倫の噂

ねじねじファッションの中尾彬(なかおあきら)が死去

細川たかしの新曲ジャケットのクセが強いと話題に

極楽とんぼ山本圭壱の妻、西野未姫が妊娠

藤原さくらYouTubeで新曲公開!『初恋のにおい』ショートアニメ

「つばさの党」代表の黒川敦彦ら3人を逮捕

嵐の松本潤が事務所を退所し独立を発表!本人メッセージもインスタに投稿

元子役の若山耀人容疑者、殺人容疑で再逮捕

フィギュアスケートの宇野昌磨が引退会見!

落馬した吉田隼人騎手近況。藤井勘一郎元騎手がツーショット写真を公開


大石弥太郎と関係のある人

島谷金二: 初安打・初打点:同上、9回表に大石弥太郎から適時二塁打


渋谷幸春: 初安打:1970年9月20日、対広島東洋カープ22回戦(広島市民球場)、大石弥太郎から単打


田代富雄: 4月17日の中日戦(千葉天台)では大石弥太郎から2本塁打を放ち、奥江英幸をロングリリーフしていた間柴茂有の3年越しの連敗ストップに貢献。


長田幸雄: ^ 大洋は大石弥太郎も獲得しようとしたが、トレード・マネーで阪急と折り合いがつかなかった。


宮本幸信: 1974年オフ、白石静生・大石弥太郎との交換トレードで、渡辺弘基・児玉好弘と共に広島東洋カープへ移籍。


武市瑞山: 半平太は藩論を転換すべく各方面に運動するとともに、長州の久坂玄瑞に大石弥太郎・坂本龍馬らを使者に送り、薩長土勤王密約実現のための連絡を緊密にした。


武市瑞山: 文久元年(1861年)4月、半平太は江戸で諸藩の攘夷派と交際を持っていた大石弥太郎の招請に応じて剣術修行の名目で出立、7月に江戸に到着し、長州藩の桂小五郎や久坂玄瑞、高杉晋作、薩摩藩の樺山三円、水戸藩の岩間金平ら尊王攘夷派と交流する。


島谷金二: 1977年、森本潔、大石弥太郎、小松健二との3対4の大型トレードにより、稲葉光雄、大隅正人と共に阪急ブレーブスへ移籍。


渡辺弘基: 監督の西本幸雄の期待が大きかったが、3年で3対2の交換トレード(大石弥太郎、白石静生←→児玉好弘、宮本幸信、渡辺弘基)で広島へ移籍。


児玉好弘: その後、1974年オフに白石静生・大石弥太郎両投手との交換トレードで宮本幸信・渡辺弘基と共に広島東洋カープへ移籍したが、カープでは殆んど出番が無かった。


白石静生: 安仁屋宗八・外木場義郎・大石弥太郎との先発4本柱で唯一の左腕として重宝されたが、足の状態は最悪で、テープで両足首をきつく巻き、痛み止めの注射をして投げていた。1975年には児玉好弘・宮本幸信・渡辺弘基との交換トレードで、大石弥太郎と共に、阪急ブレーブスへ移籍。


上田利治: 阪急時代は1974年の宮本幸信・渡辺弘基と広島白石静生・大石弥太郎の投手同士の交換トレード、1976年の戸田善紀・森本潔と中日島谷金二・稲葉光雄のレギュラー選手同士のトレード、1976年の正垣宏倫と広島永本裕章・川畑和人、1982年には加藤英司と広島の水谷実雄、1988年に南海の門田博光を新生オリックスの顔として、日本ハム時代も1997年にはエース西崎幸広と西武石井丈裕・奈良原のトレードなど、多くの実績を残した。


間柴茂有: 1976年は4連敗と再びシーズン0勝に終わるが、1977年4月17日の中日戦(千葉天台)で奥江英幸をロングリリーフすると、田代富雄が大石弥太郎から2本塁打を放つなど打線が逆転し、3年越しの連敗を13でストップさせた。


長田幸雄: 結局、大石の低迷により投手補強を目論んでいた広島は阪急の大石弥太郎に目を付け、"大石清⇔大石弥太郎" の「大石交換」が成立した。


大石清: 大石の低迷により投手補強を目論んでいた広島は阪急ブレーブスの大石弥太郎に目を付け、"大石清⇔大石弥太郎" の「大石交換」が成立した。


山根俊英: その後も1995年と1996年には大石弥太郎(統一)が受賞しており、実際には5年連続で日本人監督が受賞することとなった。


内田順三: 初本塁打:1971年5月25日、対広島東洋カープ6回戦(明治神宮野球場)、4回裏に大石弥太郎から右越ソロ


武市瑞山: 8月、半平太は築地の土佐藩中屋敷で少数の同志と密かに土佐勤王党を結成し、大石弥太郎の起草により、隠居させられた老公(山内容堂)の志を継ぎ、一藩勤王を旨とする盟曰(盟約)を定めた。


坂本龍馬: 同年7月、龍馬は再度の江戸剣術修行を申請して8月に藩から1年間の修業が許され、9月に江戸に到着し、大石弥太郎・龍馬と親戚で土佐勤王党を結成した武市半平太らとともに築地の土佐藩邸中屋敷に寄宿した。


長谷川良平: 投手陣では大石清との「大石トレード」で阪急からやってきた大石弥太郎が10勝をあげて投手陣の柱となり、白石静生もそれなりの成績を収めるなど奮闘した。


戸田善紀: 同年オフに大石弥太郎、森本潔、小松健二と共に稲葉光雄、大隅正人、島谷金二とのトレードで中日ドラゴンズへ移籍となった。


稲葉光雄: 1976年オフに、戸田善紀・森本潔・大石弥太郎・小松健二との3対4の大型トレードにより、島谷金二・大隅正人と共に阪急ブレーブスへ移籍。


森本潔: 同年オフには戸田善紀・大石弥太郎・小松健二と共に、稲葉光雄・島谷金二・大隅正人との4対3の大型トレードで、中日ドラゴンズに電撃移籍。


小松健二: 1976年オフに戸田善紀・大石弥太郎・森本潔と共に、稲葉光雄・島谷金二・大隅正人との交換トレードで中日ドラゴンズに移籍。


クリート=ボイヤー: 初安打:1972年4月12日、対広島東洋カープ2回戦(広島市民球場)、大石弥太郎から単打


大石弥太郎

もしもしロボ

大石 弥太郎(おおいし やたろう)さんの誕生日は1943年10月6日です。大分出身の野球選手のようです。

もしもしロボ

詳細情報などについてまとめました。卒業、引退、兄弟に関する情報もありますね。今年の情報もありました。80歳で亡くなられているようです。

大石 弥太郎(おおいし やたろう、1943年10月6日 - 2024年2月22日)は、大分県佐伯市出身のプロ野球選手(投手)・コーチ・監督、解説者。

佐伯鶴城高では2年次の1960年、秋季九州大会県予選2回戦で中津東高を相手に完全試合を達成。決勝に進むが津久見高に完封負け。3年次の1961年の春季九州大会県予選でも決勝に進むが、エース・門岡信行を擁する高田高に完封負け。夏も県予選で敗れ甲子園には届かなかった。打者としても優れた才能を持ち、五番を打って投打の中心をなしていた。

門岡と共に九州高校球界の本格派としてプロからも注目され、東映フライヤーズが積極的に勧誘していたが、卒業後の1962年に阪急ブレーブスへ入団。1年目から一軍に上がり、4月29日の近鉄戦(日生)で初先発登板。5月5日の西鉄戦(西宮)で若生忠男と投げ合い5回を無失点に抑えるなど好投を見せるが、白星には恵まれなかった。

1964年4月19日の近鉄戦(西宮)で三平晴樹をリリーフしてプロ初勝利を挙げ、1965年にはウエスタン・リーグで13勝を記録し投手部門のタイトルを総なめにするが、一軍では思うように成績は伸びなかった。

1967年に大石清との「大石交換」で広島カープへ移籍、これが大きな転機となる。長谷川良平監督に「そんな球投げていて、勝てないわけないだろう。ど真ん中狙って思い切り投げればいい」と言われ、大石は開眼。「タコ踊り」と呼ばれた、大きな体を十分に使ったダイナミックなフォームから繰り出される直球で打者を抑え、先発・中継ぎとフル回転し、移籍1年目に初の2桁となる10勝を記録。

1968年には自身初の開幕投手を務め、その後も1969年から1972年まで4年連続2桁勝利を挙げた。

1971年にはシーズン最多無四球投球を記録し、オールスターにも4度出場(1967年, 1970年 - 1972年)。

1975年に白石静生と共に、児玉好弘・宮本幸信・渡辺弘基との交換トレードで、9年ぶりに古巣・阪急へ復帰。多彩な変化球で抑え役としての活躍を期待されたが、9試合登板で1敗1セーブと応えられずに終わる。

1976年4月11日のロッテ戦(宮城)で村田兆治と投げ合い、2年ぶりの勝利と復帰後初勝利を完封で飾った。同年は2度の完封を含む4勝をマークし、その内の2勝を太平洋から挙げた。

1977年には戸田善紀・森本潔・小松健二と共に稲葉光雄・島谷金二・大隅正人との4対3の大型トレードで中日ドラゴンズへ移籍し、4月3日の巨人戦(後楽園)で初登板。開幕カード2試合目の先発マウンドを任されたが、先発のクライド・ライトと張本勲に1号本塁打を献上して敗戦。同7日の阪神戦(ナゴヤ)ではハル・ブリーデンに2本の本塁打、同17日の大洋戦(千葉天台)では田代富雄に2本の本塁打を献上して共に敗戦。結局シーズン通して勝ち星を1個も挙げられず、防御率7.20と散々な成績に終わった。

1978年はリリーフで2勝を挙げるが、1979年には南海ホークスへ移籍。チームの最下位脱出にリリーフで貢献し、防御率3.95と前年の5.35から大幅に改善。チーム防御率12球団最下位の投手陣において、佐々木宏一郎・金城基泰に次ぐ好成績を挙げた。関西(阪急)→広島→関西(阪急)→名古屋→関西(南海)と渡り鳥の様な生活を送ったが、南海では2年連続未勝利に終わる。

1980年にはある試合で香川伸行とバッテリーを組み、外角ぎりぎりのストレートを自信を持って投げたが、相手打者に難なく弾き返されてしまう。大石自ら自由契約を球団に申し出て、同年限りで現役を引退

引退後はスポルディング日本法人で勤務する傍ら、日本短波放送「たんぱストレートナイター」解説者を務めた。スポルディング入社後はプロの用具担当として野球界に関わり、バットの材質や見分け方、ボールの巻き方、グラブの善し悪しなどを知ることができた。

後に玉澤スポーツへ転籍するが、西武球場に西武の根本陸夫管理部長に挨拶に行った際、根本から「大石、台湾行って野球やれや!」と言われ、1993年から台湾CPBL・統一ライオンズ投手コーチに就任。最初はレベルの低さと国民性の違いに悩み、犠打を指導しようしたところ、「何で自分が犠牲にならないといけないの」と選手に言い返されたこともあった。

1994年からは監督に昇格し、王漢や郭進興の活躍もあり、1995年に前後期優勝を果たす。同年11月のアジア・パシフィックスーパーベースボールでは、台湾のプロ野球チームとして初の国際大会優勝を成し遂げる。

1996年は後期優勝を果たし、台湾シリーズでは前期優勝の味全を倒す。大石自身も2年連続で最優秀監督(最佳総教練)に輝いたが、1992年には森下正夫、1993年と1994年には山根俊英(共に兄弟)が受賞しており、実際には5年連続で日本人監督が受賞することとなった。

退団後は帰国し、1998年には6ヶ月間だけ「呉昭和リトルシニア」でコーチを務め、選手には”左右バランス良く筋力を”とアドバイス。

その後は沖縄県名護市に移住し、沖縄フルーツランドの支配人を務める傍らで安仁屋ベースボールTRY、名桜大学(2010年 - 2014年)の投手コーチ、エナジックのヘッドコーチ(2015年)→監督(2016年)を務めた。

2024年2月22日、心筋梗塞のため名護市の病院で死去。80歳没。

詳細情報

各年度の太字はリーグ最高

最佳総教練(最優秀監督):2回 (1995年、1996年)

オールスターゲーム出場:4回 (1967年、1970年 - 1972年)

37 (1962年 - 1966年)

19 (1967年 - 1978年)

60 (1979年)

53 (1980年)

77 (1993年 - 1996年)

2024/05/25 07:16更新

ooishi yatarou


大石弥太郎と同じ誕生日10月6日生まれ、同じ大分出身の人

釘宮 磐(くぎみや ばん)
1947年10月6日生まれの有名人 大分出身

釘宮 磐(くぎみや ばん、1947年(昭和22年)10月6日 - )は、日本の政治家。 大分県大分市長(3期)、衆議院議員(1期)、参議院議員(1期)、総務省顧問(鳩山由紀夫内閣)、九州市長会会長、…

姫乃樹 リカ(ひめのぎ りか)
1971年10月6日生まれの有名人 大分出身

姫乃樹 リカ(ひめのぎ りか、本名:Rika Nishimura Crigger 、旧姓:西村 理香(にしむら りか)、 1971年10月6日- )は、大分県大野郡犬飼町(現・豊後大野市)出身の日本の…

大山 暁史(おおやま さとし)
1988年10月6日生まれの有名人 大分出身

大山 暁史(おおやま さとし、1988年10月6日 - )は、大分県別府市出身の元プロ野球選手(投手)。左投左打。 亀川ウィングス、別府市立北部中学校ではエースとして活躍。3年時中体連では明豊中学…


大石弥太郎と近い名前の人

大石 千八(おおいし せんぱち)
1935年11月21日生まれの有名人 静岡出身

大石 千八(おおいし せんぱち、1935年(昭和10年)11月21日 - 2011年(平成23年)9月26日)は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(中曽根派)。静岡県吉田町出身。 1954…

大石 里沙(おおいし りさ)
1982年4月24日生まれの有名人 大阪出身

大石 里沙(おおいし りさ、1982年4月24日 - )は、大阪府出身の女優、タレント、元レースクイーン。 2007年4月22日に 大石 里紗から大石 里沙(よみ同じ)へ改名している。 2003…

大石 恵(おおいし めぐみ)
1973年3月20日生まれの有名人 東京出身

大石 恵(おおいし めぐみ、本名=寶井 恵、1973年3月20日 - )は、日本のタレント、女優、キャスター。 セント・フォース所属。既婚。 東京都出身。横浜市立港南中学校、品川女子学院高等部、東京…

大石 尚子(おおいし ひさこ)
1936年8月26日生まれの有名人 神奈川出身

大石 尚子(おおいし ひさこ、1936年8月26日 - 2012年1月4日)とは、日本の政治家である。参議院議員(1期)、衆議院議員(2期)、神奈川県議会議員(5期)を務めた。民主党所属。母方祖父は日…

大石 晃子(おおいし あきこ)
1977年5月27日生まれの有名人 大阪出身

大石 晃子(おおいし あきこ、1977年〈昭和52年〉5月27日 - )は、日本の政治家。れいわ新選組所属の衆議院議員(1期)。れいわ新選組共同代表兼政策審議会長。元大阪府職員。 政治活動では名前表…

大石 参月(おおいし みつき)
1988年3月22日生まれの有名人 静岡出身

大石 参月(おおいし みつき、1988年3月22日 - )は、日本の女性ファッションモデル、女優。エイベックス・マネジメント所属。静岡県浜松市中央区出身。 2004年、母親の薦めでファッション雑誌…

大石 芳野(おおいし よしの)
1944年5月28日生まれの有名人 東京出身

大石 芳野(おおいし よしの、1944年5月28日 - )は日本の報道写真家。元東京工芸大学芸術学部教授。日本ペンクラブ会員。 東京都出身。日本大学藝術学部写真学科卒。戦争、内乱後の市民に目を向け…

大石 育美(おおいし いくみ)
9月30日生まれの有名人 静岡出身

大石 育美(おおいし いくみ、9月30日 - )は、日本の女性声優、女優。以前はアズリードカンパニーに所属していた。静岡県出身。血液型はA型。 ファイテンション☆テレビ内短編アニメ『朝バナ子ちゃん…

大石芽依(おおいし めい)
【LinQ】
1999年3月20日生まれの有名人 福岡出身

3月20日生まれwiki情報なし(2024/05/25 23:33時点)

大石 昌良(おおいし まさよし)
1980年1月5日生まれの有名人 愛媛出身

大石 昌良(おおいし まさよし、Masayoshi Oishi、1980年〈昭和55年〉1月5日 - )は、日本のシンガーソングライター。Sound Scheduleのボーカル・ギター担当。愛媛県宇和…

大石 忠生(おおいし ただお)
1926年1月25日生まれの有名人 佐賀出身

1月25日生まれwiki情報なし(2024/05/17 10:56時点)

注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
大石弥太郎
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

最近追加された芸能人・有名人

磯野恭子 山田晃睦 日比英一 内藤幸位 常木建男 田中良一 高森邦夫 笹原嘉弘 笹原忠義 坂本弘

グループ

東京女子流 BABYMETAL ベイビーレイズ フェアリーズ さくら学院 まなみのりさ THE ポッシボー ももクロ X21 放課後プリンセス 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「大石弥太郎」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました