もしもし情報局 > 政治家 > 熊本県 > 園田直

園田直の情報 (そのだすなお)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

園田直の情報 (そのだすなお) 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、出身地]


【ポケモンGO】
ポケモンの発生場所、時間


■名前・氏名
園田 直
(そのだ すなお)
■職業
政治家
■園田直の誕生日・生年月日
1913年12月11日
■出身地・都道府県
熊本出身

園田直と同じ年に生まれた芸能人(1913年生まれ)

園田直と同じ誕生日の人(12月11日)

園田直と同じ出身地の芸能人(熊本県生まれ)


もしもしロボ調査[Wiki(ウィキ)情報]

園田直

来歴・人物

町長・熊本県議会議員を務めた園田二三四の長男として生まれ、天草中学校(現熊本県立天草高等学校)を卒業し大阪歯科医学専門学校(現大阪歯科大学)に進学するが徴兵される。1935年に現役兵として歩兵第13連隊に入営、同年に幹部候補生となる。

兵役を終えて天草郡下浦小学校助教になり、1937年3月から本渓湖煤鉄公司に入社。同年12月予備陸軍少尉に任官し、召集のために退職、歩兵第13連隊に再び入営する。中支方面出征後、独立混成第11旅団参謀部附に移り、1940年、陸軍中尉に進級。1943年、陸軍大尉に進級し、空挺部隊である挺進第1連隊に配属される。マリアナ諸島飛行場への陸海軍合同の強行着陸作戦である剣号作戦に、陸軍部隊指揮官として参加が予定されたが、1945年8月の終戦で召集解除になり復員する。

1946年に天草郡一町田村(河浦町を経て現・天草市)助役に就任し、同年村長。

1947年、第23回衆議院議員総選挙にて初当選。以後通算当選15回(当選同期に田中角栄・鈴木善幸・増田甲子七・中山マサ・倉石忠雄・荒木万寿夫・石田博英・原田憲・櫻内義雄・根本龍太郎・佐々木秀世・中村寅太など)。民主党野党派として1期上の北村徳太郎、当選同期の中曽根康弘らと行動を共にする。同じ熊本選出の大麻唯男に私淑、改進党、日本民主党を経て自由民主党結党後は河野一郎に仕えた。

1967年、厚生大臣に就任。現職厚生大臣としては初めて水俣市を訪れ、水俣病に苦しむ患者のやその家族に謝罪、水俣病を公害に認定した。

1968年、森清の死去を受けて森派(春秋会)会長に就任、園田派を率いる。この頃から福田赳夫を全面支持し、1972年、角福決戦の総裁選でも福田を支援。総裁選後、園田派を解消し藤尾正行、白浜仁吉らと共に福田派入りし、会長代行を務めた。

1976年、党内の反三木首相連合によるグループ・挙党協の福田派代表として、大平派代表の鈴木善幸、田中派代表の江崎真澄と共に「三木おろし」の最前線に立つ。その活躍もあって、同年の福田内閣誕生では園田の悲願でもあった首相の女房役である内閣官房長官に就任した。しかし、翌年の内閣改造では、福田派内の人間関係もあって、派のプリンス安倍晋太郎の官房長官就任は外せなくなり、外様の園田は外務大臣へ横滑りする。官房長官留任を望んでいたが、この一件から福田への忠誠心が薄らいでいった。1978年、外相として日中平和友好条約に署名・調印し、締結を果たす。

1979年の四十日抗争では、福田ではなく大平正芳に投票し、福田派を除名された。1980年、鈴木内閣で再び厚生大臣として入閣、翌年に「日米同盟」に関する解釈の不一致による伊東正義外相の辞任を受け、閣内異動で2度目の外務大臣を務めた。鈴木首相の日米軍事同盟を批判的に見直す立場を支持し、政局の焦点に立った。

1984年4月2日、急性腎不全のため死去。享年70。生前、後継者を指名しなかったため、1986年の総選挙では、長男の園田博之と妻の園田天光光(博之にとっては継母)が双方とも後継者として出馬し、分裂選挙となった(選挙結果、博之が当選し、天光光は落選)。伝記に「空挺隊と園田直」(1984年、非売品)がある。

略歴

1947年 民主党より衆議院選に出馬、初当選。

1949年 - 12月 労農党議員の松谷天光光と党派を超えた電撃結婚。「白亜の恋」と騒がれる。

1955年 - 3月 第2次鳩山一郎内閣で外務政務次官に就任。

1965年 - 12月 衆議院副議長に就任。建国記念の日制定に尽力。

1967年 - 11月 第2次佐藤栄作内閣で厚生大臣として初入閣。

1968年 - 11月 自民党国対委員長に就任。

1969年 - 1月 園田派会長に就任。

1972年 - 7月 園田派を解消し福田派に合流。

1976年 - 8月 三木内閣打倒を目指す挙党体制連絡協議会(挙党協)が結成され、代表世話人に就任。 12月 福田赳夫内閣で内閣官房長官。

1977年 - 11月 福田赳夫改造内閣で外務大臣。第1次大平正芳内閣まで留任。

1978年 - 8月12日 外相として日中平和友好条約を締結。

1979年 - 11月 四十日抗争で福田派から除名処分。

1980年 - 9月 斎藤邦吉厚相辞任で後任の厚生大臣に就任。

1981年 - 5月 伊東正義外相辞任で後任の外務大臣に就任。

1984年 - 4月2日 糖尿病からくる急性腎不全のため死去。70歳。

もしもしロボ「園田直の情報に関する情報が見つかるかもしれないよ!
もしもしロボに再調査を依頼する
(数秒で調査します!)

※新しい情報があった場合は記事が追加されます。無かった場合はページ更新のみされます。

sonoda sunao


ポケモンの発生場所、時間
ポケストップの場所


園田直さんはラフレシアを探しているのかも知れない!


注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
園田直
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

話題の芸能人・有名人

おまかせワード

2  5  チェリム  選挙  レントラー  11  8  7  泡沫候補  3  投票率  6  東京都知事  リグレー  オクタン  松下正寿  地方自治法  10  首長  田川大吉郎  9  ムックル  12  供託金  NHK  松岡英夫  統一地方選挙  1  ビーダル  4 

グループ

THE ポッシボー 放課後プリンセス AKB48 アップアップガールズ(仮) ひめキュンフルーツ缶 E-girls predia HKT48 palet ももクロ Chelip SKE48 ベイビーレイズ asfi アイドリング AeLL. 愛乙女★DOLL 東京女子流 Rev.from DVL CoverGirls 赤マルダッシュ☆ ハロプロ Ange☆Reve ライムベリー PASSPO☆ でんぱ組.inc CheekyParade まなみのりさ 風男塾 キャンディzoo 夢みるアドレセンス GEM 乃木坂46 LinQ アイドルカレッジ Prizmmy☆ GALETTe アリス十番 X21 Candy Kiss Silent Siren amorecarina Splash! BABYMETAL ALLOVER 9nine 乙女新党 SUPER☆GiRLS さくら学院 チームしゃちほこ フェアリーズ からっと☆ Doll☆Elements AKB48G NMB48 私立恵比寿中学 さんみゅ~ Especia 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「園田直」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました