もしもし情報局 > 歌手 > 兵庫県 > 内藤國雄

内藤國雄の情報 (ないとうくにお)
芸能人・有名人Wiki検索(誕生日、出身地)

【5月20日】今日誕生日の芸能人・有名人

内藤國雄の情報 (ないとうくにお) 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、出身地]

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
もしもしロボ

内藤 國雄さんについて調べます

■名前・氏名
内藤 國雄
(ないとう くにお)
■職業
歌手
■内藤國雄の誕生日・生年月日
1939年11月15日 (年齢84歳)
卯年(うさぎ年)、蠍座(さそり座)
■出身地・都道府県
兵庫出身

内藤國雄と同じ1939年生まれの有名人・芸能人

内藤國雄と同じ11月15日生まれの有名人・芸能人

内藤國雄と同じ出身地兵庫県生まれの有名人・芸能人


TOPニュース

「つばさの党」代表の黒川敦彦ら3人を逮捕

嵐の松本潤が事務所を退所し独立を発表!本人メッセージもインスタに投稿

高橋一生飯豊まりえが結婚!「岸辺露伴は動かない」で共演

フジテレビの生田竜聖アナウンサーが再婚

元子役の若山耀人容疑者、殺人容疑で再逮捕

フィギュアスケートの宇野昌磨が引退会見!

落馬した吉田隼人騎手近況。藤井勘一郎元騎手がツーショット写真を公開

水原一平が歯の治療費930万円を…


内藤國雄

もしもしロボ

内藤 國雄(ないとう くにお)さんの誕生日は1939年11月15日です。兵庫出身の歌手のようです。

もしもしロボ

棋風、人物などについてまとめました。引退、テレビ、現在、ドラマに関する情報もありますね。内藤國雄の現在の年齢は84歳のようです。

内藤 國雄(ないとう くにお、1939年11月15日-)は、将棋棋士。棋士番号77。兵庫県神戸市出身。藤内金吾八段門下。演歌歌手、詰将棋作家としても活動。レコードジャケット、音楽配信での氏名の表記は「内藤国雄」。棋聖、王位のタイトルを通算4期(各2期)獲得。竜王戦1組通算3期。順位戦A級通算17期。

藤内門下に入ったときは13歳にしてようやく藤内よりアマ13級とみなされるなど将棋指しとしては遅咲きであった。

奨励会入会して間もない時期に、同じ関西奨励会に在籍していた加藤一二三と対戦している。同い年ではあるが、当時すでに三段となっていた加藤とは飛車落ちでの対戦となり、熱戦の末深夜となったため、両者協議の上引き分けとして終局した。

その後、猛勉強の末1年足らずで初段格の実力をつけ、奨励会では「西の内藤」と誉れ高く1958年10月に18歳で瞬く間にプロ入りを果たす。

順位戦では順調に勝ち進み、プロ8年目にしてA級八段となる。以降、A級とB級1組の間を3度往復する。

1964年度の最強者決定戦で棋戦初優勝。同棋戦では、1966、1970年度にも優勝する。1965年度の東西対抗勝継戦では、同棋戦史上1位の15連勝の成績で優勝する。

初のタイトル戦登場は、1968年度の王将戦七番勝負である。しかし、大山康晴三冠(王将・名人・王位)に力及ばず、0勝4敗のストレートで敗れる。

2度目のタイトル戦は、1969年度後期の棋聖戦(第15期棋聖戦)五番勝負・中原誠棋聖との戦いであった。後手番での2局で得意の横歩取り空中戦法を披露して勝利するなどし、初タイトルとなる棋聖位に就く。この年度は、NHK杯戦でも優勝する。同1969年度は、当時将棋大賞が制定されていなかったため表彰等はなかったもの、日本将棋連盟が勝敗記録を厳密に管理するようになってからは初となる、年度内における勝率、勝利数、対局数、連勝の4つの記録で1位を達成した。

1971年度、日本将棋連盟杯戦で優勝する。

1972年度の第13期王位戦七番勝負における大山康晴王位との戦いでは、第3局と第5局で大山得意の振り飛車に対し「鳥刺し」戦法含みの序盤戦術を見せて、いずれも勝利。これを含み4-1で奪取し、大山の王位連覇を12で止める。

1973年度後期の棋聖戦(第23期棋聖戦)では、米長邦雄を相手に2連敗から3連勝でタイトル奪取。タイトル通算3期の規定により、奪取を決めた日付(1974年2月4日)をもって九段に昇段した。この規定で九段昇段したのは、内藤が初めてである。ちなみに、米長との対戦は、両者の名の読みが同じであることから「クニオ対決」と呼ばれたり、駄洒落で「くにをあげての一局」と言われたりした。同年度は日本将棋連盟杯戦で、2度目の優勝もし、第1回将棋大賞の技能賞を受賞した。

1974-1981年度は、タイトル獲得がないものの、1974年度に第1回棋王戦(タイトル戦昇格の前年)で優勝、1977年度には名将戦で優勝、1980年度には第3回オールスター勝ち抜き戦で7連勝(5勝以上は優勝扱い)をする。

4度目のタイトル獲得を果たしたのは、1982年度の王位戦であった。中原王位の先手番の2局で矢倉を受けて立って勝つなどして、王位を奪取。8年半ぶりのタイトル獲得となった。同年度は、王座戦でも優勝する活躍もあり、将棋大賞の技能賞(2度目)を受賞した。なお、王座戦は翌年にタイトル戦に昇格したが、防衛に失敗し、タイトルとしての王座を獲得するチャンスを生かせなかった。

1983、1984年度の名将戦では連続優勝し、通算優勝回数を3とする。以降、タイトル戦登場と優勝はない。

以上のように、内藤の棋歴には優勝は多いものの、タイトル戦昇格期の棋王戦と王座戦を含む6回のタイトル防衛戦ですべて防衛に失敗しているため、タイトルの獲得数が多くない。また、これほどの棋歴にもかかわらず名人戦七番勝負への登場が一度もない。

第56期(1997年度)順位戦B級1組で成績が振るわず、4勝8敗に終わる。その最終局(8敗目)の相手は丸山忠久であり、内藤が負けたことによって丸山は史上初の「B級1組12戦全勝」の記録を作った。このとき内藤と有吉道夫が同時にB級2組へ降級したことは、世代交代の象徴と見る向きもあった。しかし、内藤は翌期のB級2組順位戦で、最終局を残して9戦全勝とし、その時点でB級1組への即復帰を決める(最終局は負け)。しかし、その頃にNHKラジオ第1放送に出演した際、「もう1敗しても昇級できたんですよ」と述べ、巡り合せの悪さをコメントしている。

2000年9月、史上5人目となる通算1000勝を達成して特別将棋栄誉賞を受ける。名人戦七番勝負未出場者としては初めての達成であった。

2005年度の第64期順位戦B級2組では、最終局を残して6勝3敗とし、自力昇級の可能性を残す。当時66歳だった内藤が勝って昇級を決めれば、順位戦昇級の最年長記録(花村元司の60歳A級昇級)を更新するところであったが、田中寅彦に逆転負けを喫し、昇級を逃した。

2009年1月26日に、史上6人目となる公式戦1100勝を達成した。なお、1000勝が5人目、1100勝が6人目なのはその間に谷川浩司に勝数を追い越されたからである。

2010年5月24日、有吉道夫の引退に伴い、現役最年長棋士となる。

2013年3月、第71期順位戦においてC級2組への降級が決まる。次期第72期においては最終局で牧野光則に勝利し、3勝7敗として降級点を回避した。72期終了時点(2014年3月時点)で74歳の内藤は、もしこのまま現役を続けた場合には、次期第73期から3期連続で降級点をとっても最低でも77歳4ヶ月で引退することになり、丸田祐三が持つ現役最年長記録77歳0か月を更新する可能性があった。しかし、第73期終盤の2015年1月、内藤は「腰痛と膝痛などで長時間の対局が難しくなってきたことと、私の棋風が(コンピュータ全盛の)現代の将棋と合わなくなってきた」ことなどを理由に、順位戦が終了する3月末で現役を引退することを表明した。

プロ棋士として最後の対局は2015年3月12日の第28期竜王戦6組昇級者決定戦での対中田功戦となり、敗局して引退を正式に表明した。なお、この対局での負けは、加藤一二三、有吉道夫に続く史上3人目の通算1000敗達成であった。内藤引退時の75歳4ヶ月は、丸田祐三の77歳0ヶ月、坂口允彦の76歳3ヶ月に次ぐ高齢記録であった。また、同年度には同じ藤内門下の淡路仁茂もフリークラス規定により引退したことで、藤内門下の棋士8人は全員が引退もしくは物故となった。

棋風

伸びやかな棋風で、居飛車、振り飛車という一くくりの言葉だけでは表せないほど様々な戦法を指しこなす。そのような内藤の棋風は、敬愛していた原田泰夫の命名により「自在流」と呼ばれていた。その自由奔放な戦術・棋風はタイトル戦の大舞台でも披露され、かつ、実績を挙げた。

特に、「空中戦法」の名称で知られる「横歩取り3三角戦法」は、将棋大賞で1994年度から新設の「升田幸三賞」の第1回受賞対象となり、また、後に流行する「横歩取り8五飛」にも影響を与えた。

また人と同じ将棋を指す事や、いつも同じ図面が新聞に載るのが嫌だったと言う内藤は、1969年頃からただ一人(本人談)「横歩を取らせて」指す作戦を採用しており、1969年の第19回NHK杯テレビ将棋トーナメント決勝戦の将棋が得意の「空中戦」のはしりであると言う。

人物

内藤の師匠の藤内金吾(ふじうち きんご)は坂田三吉の弟子であるので、内藤は坂田の孫弟子である。内藤は、これを誇りにしており、ことあるごとに「坂田先生の孫弟子」と語る。

当初内藤は、藤内の将棋道場の看板に横書きされた「藤内」(ふじうち)の文字を逆向きに読み、同じ苗字の人がやっている道場だと誤解。これが藤内の道場に通い始めるきっかけとなった。ちなみに、後々になって内藤は、師匠と姓が同字異音の藤内忍(とうない しのぶ)という弟子を持つことになる。

藤内の弟子で、棋士は内藤を含め8名。1968年に藤内が死去したのち、淡路仁茂、小阪昇、酒井順吉が三段で苦労していたため、すでにプロになっていた内藤は彼らと「若手勉強会」を行い、のちに三名ともプロとなった。

藤内一門は関西将棋界に一大勢力を築いた。藤内の将棋道場が神戸市の三宮にあったため、一門は「神戸組」と呼ばれた。藤内の死後、内藤は一門の総帥的存在となり、「神戸組のドン」と呼ばれるようになった。1983年には神戸組で順位戦Aクラス以上4名(内藤、森安秀光、谷川浩司、淡路仁茂)、タイトル4個獲得(内藤王位・王座、谷川名人、森安棋聖)の全盛期となった。

ただし、有望な少年が関西に現れても自身の弟子にせず、弟分に委ねることがほとんどであった。内藤は棋士となってから2013年に至るまで、前述の藤内忍を含め僅か4人しか弟子を取っていないものの、そのうち神吉宏充及び三枚堂達也をプロの棋士(四段以上)に育て上げた。尚、神吉は2005年9月に吉田正和を弟子に取り、その吉田は2008年10月に棋士となったため、内藤は現役中に孫弟子がプロ棋士になるという、非常に珍しい“快挙”を成し遂げた、内藤と吉田は2012年4月17日の公式戦で対局し、千日手の末に吉田が勝ち、内藤は更に珍しい“孫弟子からの恩返し”を受ける結果となった。

1992年、将棋世界に掲載したエッセイ「我が師 藤内先生の想い出」が、第4回将棋ペンクラブ大賞雑誌部門・大賞を受賞。同エッセイは、書籍『私の愛した勝負師たち』(毎日コミュニケーションズ)に収録されている。

2005年6月から2010年5月まで、日本将棋連盟関西本部長を務めた。

内藤と有吉は長年関西のライバルとしてしのぎを削った間柄とされ、事実、両者が現役棋士であった約51年間で、93局もの公式戦を対局し、内藤49勝・有吉44勝であった。

引退直後の2015年3月20日に、関西将棋会館において記者会見を開いた際にも、内藤自身が有吉をライバル視していた旨を述懐し、「有吉が対局において顔を紅潮させ、闘志をあらわにすることで、自身も闘志をかきたてられたこと。」「現在の自分があるのは有吉のおかげである。」として、有吉に対する感謝の趣旨を述べた。

尚、有吉が引退後も、非公式戦ではあるものの、2012年1月2日にNHK・Eテレで放送された「新春お好み将棋対局 ドリームマッチ2012 東西巨匠ライバル対決」においても、両者の対局が行われた(結果は有吉勝ち)。

詰将棋作家としても活動しており、本人曰く「詰将棋は実戦の終盤から発生したものだが、それだけで十分楽しめる小さな楽園のようなものだと思っている」という感想を述べている。また、ストーリーやメロディがある点で歌とも相通ずるものがあるとも答えている。発表作品は数千以上に上っており、緻密な作風が売りである。

代表作に「玉方実戦初形」、「攻方実戦初形」、「ベン・ハー」がある。

ちなみに内藤本人の感想は、「長編詰将棋の作成に必要なのは、体力、少しの才能、そして、幸運」であった。

神戸新聞の詰将棋コーナーに1967年から2022年までの55年間、2746回の作品提供を行っていた。

余技である演歌歌手としては、1976年から1977年にかけて「おゆき」が100万枚以上を売り上げる大ヒットとなった。歌手名表記は「内藤国雄」。この「おゆき」は、後に演歌界の第一人者となる作曲家・弦哲也にとっても、初のヒット作となった。

当時「棋士の中で最も歌が上手く、歌手の中で最も将棋が強い人物」と称された。内藤の歌声をバーで聴いた「流し」のボスが、その伸びやかな高音と少々ハスキーがかった声質の歌が味わい深く、すっかり惚れ込み「月10万円出すから(流しの歌い手の)プロになれ」と口説いたとの逸話がある。内藤は他に「ああ雪列車」や「男の酒場」などをレコードとして発表している。

内藤のヒットを見て、囲碁界から次の誰かをと、石田芳夫に白羽の矢が立ち歌手デビューしている。

2010年9月21日、「NHK歌謡コンサート」に出演し、「おゆき」を熱唱した。

歌番組への出演だけに留まらず、テレビドラマ(新・座頭市、ふたりっ子)、CM(のほほん茶)などにも出演した。

酒豪として有名で、弟子の神吉曰く「自宅で日本酒を1升空けてから外に飲みに行く」ことがざらだった。早朝まで酒を飲み明かした次の日に、全く二日酔いの素振りも見せず現れることから、同じく酒豪として知られる芹沢博文も「あいつと飲むと殺されそうになる」として酒の強さに脱帽していたという。

ファミリーコンピュータ用ゲーム『内藤九段将棋秘伝』の監修を行った。

クイズ集の「最も将棋が強い芸能人」という問いで答えが「内藤国雄」となっているものがあった。

熱狂的なプロレスファンとして知られる。アントニオ猪木からもらったボクシンググローブでサンドバッグを叩いている、力道山が亡くなったあとの対局ではショックで三番続けて負ける、タイトル戦の立ち会い時とプロレス中継とが重なるとテレビから離れなくなる、など、エピソード多数。

十五世名人である大山康晴を苦手とし、対戦成績も18勝50敗と大きく負け越している。またA級順位戦でも大山から一度も勝利をあげることができなかった。

2024/05/20 00:20更新

naitou kunio


内藤國雄と同じ誕生日11月15日生まれ、同じ兵庫出身の人

長谷川 繁雄(はせがわ しげお)
1929年11月15日 兵庫

長谷川 繁雄(はせがわ しげお、1932年10月2日 -1966年6月24日)は、1950年代半ばから1960年代前半にかけて活躍したプロ野球選手(一塁手、外野手)である。広島県竹原市出身。 竹原…

内藤 国雄(ないとう くにお)
1939年11月15日 兵庫

内藤 國雄(ないとう くにお、1939年11月15日-)は、将棋棋士。棋士番号77。兵庫県神戸市出身。藤内金吾八段門下。演歌歌手、詰将棋作家としても活動。レコードジャケット、音楽配信での氏名の表記は「…

平松 邦夫(ひらまつ くにお)
1948年11月15日 兵庫

平松 邦夫(ひらまつ くにお、1948年(昭和23年)11月15日 - )は、日本の政治家、アナウンサー。 兵庫県尼崎市出身。兵庫県立尼崎高等学校を経て、同志社大学法学部卒業。 大のパチンコファ…

吉田 理恵(よしだ りえ)
1966年11月15日 兵庫

吉田 理恵(よしだ りえ、1983年4月30日 - )は、日本のフリーアナウンサー。シー・フォルダ所属。元北海道テレビ放送 (HTB) の女性アナウンサー。身長160cm。 東京都西東京市出身。血…

大槻 りこ(おおつき りこ)
1970年11月15日 兵庫

出演 J-wave TRAIAL (J-WAVE 1993年4月 - 1995年3月) singin'clock (J-WAVE 1994年4月-1997年3月) 週刊CHINTAI Presens …

大田 良平(おおた りょうへい)
1973年11月15日 兵庫

大田 良平(おおた りょうへい、1973年11月15日 - )は、読売テレビ報道局記者、アナウンサー。 兵庫県西宮市出身。灘高等学校、慶應義塾大学経済学部卒業後、1998年読売テレビにアナウンサー…

鎌田 香奈(かまた かな)
1983年11月15日 兵庫

鎌田 香奈(かまた かな、1983年11月15日 - )は、日本のフリーアナウンサー。大阪府大阪市出身。セイを経て、現在は圭三プロダクション所属。愛称は「かまかな」。 神戸生まれ、大阪育ち。神戸女…

熊澤 枝里子(くまざわ えりこ)
1985年11月15日 兵庫

熊澤 枝里子(くまざわ えりこ、1985年11月15日 - )は、日本のファッションモデル。兵庫県出身。イデア所属。 2004年から2008年6月号までファッション雑誌『CanCam』の専属モデル…


内藤國雄と近い名前の人

内藤 瑛亮(ないとう えいすけ)
1982年12月27日 愛知

内藤 瑛亮(ないとう えいすけ、1982年12月27日 - )は、日本の映画監督・脚本家。 愛知県出身。映画美学校第11期フィクション・コース高等科修了。初等科の卒業制作で制作した15分の学園ホラ…

内藤 正敏(ないとう まさとし)
1938年4月18日 東京

内藤 正敏(ないとう まさとし、1938年4月18日 - )は、日本の写真家、民俗学者。元・東北芸術工科大学大学院教授。日本民俗学会会員。見世物学会評議委員。 東京都大田区蒲田出身。1961年、早…

内藤 ルネ(ないとう るね)
1932年11月20日 愛知

内藤 ルネ(ないとう ルネ、1932年11月20日 - 2007年10月24日)は、日本のイラストレーター、デザイナーである。本名は内藤功(ないとう いさお)。 中原淳一に師事し、1950年代半ばか…

竹内 藤男(たけうち ふじお)
1917年11月30日 茨城

竹内 藤男(たけうち ふじお、1917年(大正6年)11月30日 - 2004年(平成16年)9月7日)は、日本の政治家、官僚。茨城県知事を5期務めた(公選 第8・9・10・11・12代)。元参議院議…

内藤 秀一郎(ないとう しゅういちろう)
1996年5月14日 埼玉

内藤 秀一郎(ないとう しゅういちろう、1996年5月14日 - )は、日本の俳優。埼玉県出身。エイジアプロモーション所属。 2015年、読モBoys&Girlsオフィシャルチーム「FLA…

内藤 有海(ないとう あみ)
8月8日 北海道

内藤 有海(ないとう あみ、1992年8月8日 - )は、日本の女性声優。北海道出身。賢プロダクション所属。総合学園ヒューマンアカデミー卒業。 中学生の時に朴璐美のファンになり、その憧れから声優を…

内藤 玲(ないとう りょう)
1974年6月22日 兵庫

内藤 玲(ないとう りょう、1974年6月22日 - )は、日本の男性声優、舞台俳優。尾木プロ THE NEXT所属。兵庫県芦屋市・大阪府出身。 最初に声優になろうと考えたのは、高校生の時だったが…

内藤 武敏(ないとう たけとし)
1926年6月16日 福岡

内藤 武敏(ないとう たけとし、1926年〈大正15年〉6月16日 - 2012年〈平成24年〉8月21日)は、日本の俳優、ナレーター。本名は同じ。 福岡県小倉市(現:北九州市小倉北区)出身。旧制常…

内藤 剛志(ないとう たかし)
1955年5月27日 大阪

内藤 剛志(ないとう たかし、1955年〈昭和30年〉5月27日 - )は、日本の俳優、声優、タレント、司会者。本名は同じ。 大阪府大阪市東区(現:中央区)生まれ。寝屋川市香里園、枚方市、大阪市東区…

新井一典(ないとう いってん)
1958年5月3日 北海道

内藤 一典(ないとう いってん、1958年5月3日 - )は、日本の俳優、声優。北海道出身。旧芸名:新井 一典(あらい かずのり)。スタジオゾル提携アーティスト。以前は東京俳優生活協同組合に所属してい…

内藤 誠(ないとう まこと )
1936年3月6日 愛知

内藤 誠(ないとう まこと 1936年3月6日 - )は、日本の映画監督、脚本家、著述家。元中部大学人文学部教授。元日本大学芸術学部映画学科講師。 愛知県名古屋市出身。愛知県立刈谷高等学校を経て、…

安いカラオケ店

2024年最新カラオケ曲ランキング

『ミュージックジェネレーション』がカラオケランキングを発表

カラオケ夏の曲ランキング(好きな夏うた)

カラオケ店でPayPayや楽天Payなどのキャッシュレス決済は使えるのか

注目の芸能人・有名人【ランキング】
話題のアホネイター
内藤國雄
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

話題の芸能人・有名人

おまかせワード

8月2日  3月22日  3月30日  KAT-TUN  修二と彰  バーニング  WaT  8月30日  神話  sprout 

グループ

predia ももクロ AKB48G 東京女子流 夢みるアドレセンス アリス十番 THE ポッシボー AeLL. 9nine ベイビーレイズ 

▲ページトップに戻る

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「内藤國雄」を素材として二次利用しています。

twitterはじめました